フィアー・ザ・ウォーキングデッド・シーズン3の感想まとめ【ネタバレ注意】

フィアーザウォーキングデッド・シーズン3前半の感想ネタバレ

今回は、Amazonプライムで見た海外ドラマ『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』のシーズン3の感想を。

見た順番に随時更新して書いていきます。

 

リックたち本家『ウォーキングデッド』とは異なった人物たちに脚光を浴びせた『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』。

そのシーズン3は、バラバラになった家族が、奇しくもメキシコとアメリカの国境付近に同時に出向き。

そして、アメリカ軍の人間たちに捕まってしまう。

そんなシーズン2からの続きとなっています。

>>フィアー・ザ・ウォーキングデッド・シーズン2の感想まとめ【ネタバレ注意】

さらに攻撃まで受けてしまったニックは大丈夫なのか。

家族は出会うことができるのか。

気になるところがいっぱいのままでしたね。

 

では、そんな海外ドラマ『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』のシーズン3の感想を始めていきましょう。

ネタばれ要素もあるのでご注意を。

(紹介している作品は、2018年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はAmazonプライムの公式ホームページにてご確認ください。)

 

目次

フィアー・ザ・ウォーキングデッド・シーズン3のメインキャスト

でも、その前にメインキャストが交代したいるので。

それについて、まとめてみます。

大丈夫な方は、飛ばしてくださいね。

  • トラビス  :主人公格1
  • マディソン :トラビスの恋人・主人公格2
  • ニック   :マディの息子・主人公3
  • アリシア  :マディの娘
  • ルシアナ  :ニックの恋人
  • ジェイク  :ウォーカーへの転化の研究を行っていた若者
  • トロイ   :トロイの兄
  • オットー  :トロイとジェイクの父、集落のリーダー
  • ダニエル  :トラビスと行動を共にした初老の男性
  • ストランド :捕らえられたニックを助けた男性
  • ダンテ   :ストランドの元金持ち仲間
  • ウォーカー :先住民の子孫
  • ジョン   :マーケットの元締め

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第1話の感想

盛りだくさんすぎるスタートな第1話。

 

まず、全体の感想として。

これまで本家ウォーキングデッドの6,70%程度の面白さだったフィアーザウォーキングデッドですが。

シーズン3に入ってから、本家並みにおもしろくなるかもしれない。

それぐらい面白かったんですよ。

 

これが続くなら、相当期待できるシーズンになっていきますよ。

 

また、フィアーザウォーキングデッドシーズン3第1話は、盛りだくさんすぎます。

大きなことだけを箇条書きにしても。

  • 軍に捕まったトラビスたち
  • 女性はもてなされるが、男性は実験に使われている
  • トラビスとニック再会
  • 全員バラバラに逃亡を図るも失敗
  • ジェイクのとりなしで保護される
  • 軍の施設に大量のウォーカーがやってきて逃げるために再度散り散りに

いやー、多すぎでしょう^^

 

しかしついに、本家ウォーキングデッドに近づいてきた感じはしますね。

今回でてきた人間からウォーカーへの転化に関する実験を嬉々としている面々は。

シーズン3の総督、シーズン5の終着駅の面々。

そういった、ひどいことをしているけど、無邪気な人間の集団と似た雰囲気がありましたから。

本家の前日譚的な存在でしたけど、時間がたつにつれて本家に近づいてきたからなんでしょうね。

 

また、それ以外に関しても、だいぶ雰囲気が似てきました。

どうしようもないピンチを、その時の機転で乗り切り逃亡に向かう姿。

大勢ウォーカーがいるところに落とされながらも、独りで倒してしまう姿。

そういったのを見ていると、本家を見ているかのような気さえしましたね。

というか、トラビス強ぇ。

 

逆に、やっぱり外伝なんだなと思ったのは、トロイとジェイク兄弟。

ジェイクは単純に、清廉潔白な感じがウォーキングデッドらしくないんですよね。

マディがトロイに怪我をさせつつ、人質にとって騒動を起こしたのに。

トロイが悪いことしているからといって、マディたちを保護。

そして、トロイを追放しようとするなんて。

ちょっと本家じゃありませんよねー。

リックたちだって、そこまではしません。

 

一方、トロイは不思議な人物なんですよ。

めちゃくちゃな実験を主導しているし。

トラビスを人質にしてマディを自分の物にしようとしたかと思えば。

追い出された後なのに、ジェイクたちがヘリでウォーカーから逃げ出せるよう援護したり。

マディに、すぐにトラビス達に会えるから心配するなとフォローしたり。

悪人と善人がまぜこぜになっている感じで。

こういうタイプもちょっと見たことがなかったので、新鮮でした。

ひょっとして、本人が言っている、人には優先順位があるというのを本気で信じているのかもしれませんね。

トラビス達は低い存在だから軽んじる。

逆に、ジェイクやマディは高い存在だから、大事にする的な。

まぁ、この辺りは続き見ないとわかりません。

 

後、ものすごい気になったのは、ジェイクとトロイの故郷に「聖域」があって。

そこなら安全だと言っていましたが。

もしかして、逃げた先に、ニーガン出てきたりしませんよね?

もしそうなら、絶望的な未来しか見えないんですけどね^^

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第1話の感想、でした。

 

▼この作品を見るのに利用したAmazonプライムはこちら

今なら31日間無料お試し実施中

[/box]

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第2話の感想

衝撃的過ぎた第2話。

 

第2話で最も印象に残ったのは、トラビス。

絶対安全だと思っていた、彼と、アリシア、ルシアナ、ジェイクが乗っていたヘリが何者かに攻撃されたのも驚きましたが。

その余波をトラビスが受けてしまい、大怪我を負ったままヘリから落ちてしまったときには、もう。

フィアーザウォーキングデッドの絶対的な主人公だと思っていたので。

「まさか?!」という思いでしたけど。

さすがに、あの怪我で、かつあの高度だとちょっと・・・

本当に驚きました。

だって、本家ウォーキングデッドでリックがやられてしまうようなもんじゃないですか。

絶対あり得ないと思ってたんですけどねー。

 

一方、他の主要メンバーたちは、ひと悶着はありましたけど。

怪我で意識が無くなっているルシアナを除いては、元気にジェイクが聖域といっていた農場に到着してます。

うん、やっぱり聖域は比喩的表現だったんですね。

まじでニーガン出て来たらどうしようと思っていたので、安心しましたよ^^

ただ、規則が厳しかったりするところは、終着駅や本家聖域を思わせてくるので。

ちょっと気は抜けませんけどね。

 

後、シーズン2で別れたストランド。

彼がマディたちと本拠地にしてたホテルで活躍し。

そしてその後、ホテルからでていくシーンが見れたので。

ストランドも再度合流する可能性十分にありそうですよ。

ただ、個人的には、合流する前にトラビスを回収し。

怪我を治して復活させてくれないかなーってちょっと思ってますが。

高高度からの落下って、ほぼダメなんですが。

たまに助かる人もいるようなので、それに淡い期待を抱いています^^

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第2話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第3話の感想

家族が集落にとけこんでいく第3話。

 

第2話でたどりついた集落において、マディソン、ニック、アリシアは徐々に居場所を作っていきます。

マディソンは、家族のことを思って、積極的に行動しようとしますし。

 

ニックも、なぜかトロイと仲良くなっていきます。

ほんらい仲間の敵だし、憎む相手なんですが。

狂気を持ち者同士、ひかれあったんですかね。

青春グラフィティを見ているかのような、お互いを笑い合うシーンがあったりしましたし。

かなり意外な結末でしたよ。

第2話まで最後まで戦い抜くって感じだったんですけど。

まぁ、集落に居続けるにはプラスになるのは間違いないので、結果としてはいいんでしょう。

ただ、トロイに怒りまくっているルシアナをどうするのかという問題は残っていますけど。

 

意外といえば、アリシア。

彼女は、聖書の勉強会という名を名乗っている。

アメリカの若者的なご機嫌なパーティに参加。

そこで、閉じ込めたウォーカーを見ながら笑い合うとか。

狂気性を帯びた遊びを楽しんでいきます。

そういったことって、今まではニックの役割だったんですけど。

「マディソンに自分を見て欲しい」という欲望のために、押し付けてきたものが爆発したんでしょうね。

まぁ、居場所を見つけたのは良かったのかもしれません。

これまで苦しそうでしたし。

ただ、ウォーキングデッドの世界で、そういった方向への変化って。

だいたいろくでもない結果を生むので、心配でもありますけど。

 

後、マディソン一家とは関係ないですが。

ストランドの方にも変化が。

元金持ち仲間のダンテを頼ろうとしたけど、断られ幽閉された彼ですが。

なんとシーズン2の前半以来のダニエルとの再会を果たすんです。

たぶん。

というのも、以前ダニエルが極限状態になった時、もういなくなった妻の幻影を見たように。

ストランドも、ダニエルの幻影を見ているだけって可能性もありますし。

第4話を見てみないと何とも言えませんけど。

でも仮に本物のダニエルなら、これまでどうしてのか気になると同時に。

ひょっとしたらトラビスが生きている可能性もでてくることに期待が持てるので。

第4話が楽しみですよ。

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第3話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第4話の感想

第4話の感想は、それほど書くことがありませんので、短めに。

内容がストーリー全体には、影響してこない外伝的な話でしたからね。

 

具体的には、生きていたダニエルが、現地の人に助けてもらい。

その後ダンテに気に入られてやとわれる。

しかし、ダンテによって助けてくれた人たちがピンチとなったので救うために、ダンテに反逆する。

そういった内容になります。

 

ただ、閉ざされまくっていたダニエルの心がひらいたのは印象的。

家族以外には決して心を開かず。

いざという時は出し抜いてやろうとしていたダニエルなのに。

厳密な描写はされていないので、本当のところはわかりかねるんですが。

心開いた相手は女性なんですが、ちょっと奥さんに似た雰囲気でしたから。

それが影響したんじゃないかと、個人的に思っています。

ダニエルにとって、幻覚を見てしまうぐらい大事な存在だったので。

もしダニエルに変化をもたらすなら、それしかないかと。

 

ちなみに、ダンテを倒すことで、ストランドも助かりましたよ^^

 

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第4話の感想、でした。

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第5話の感想

前回とはうって変わって、一気に話が進んできた第5話。

 

今回は色々ありました。

アリシアとジェイクがいい感じになってきたこと。

トロイとニックは仲良くなった感じだったけど、全くそんなことはなかったこと。

ルシアナがでていっちゃったこと。

などなど。

 

でも、特に気になったのは2つですね。

1つは、以前マディソン達がいたホテルの状況。

ダニエルとストランドが戻ったら、ウォーカーだらけになってたんです。

人々が押し寄せては来てましたが。

一応安全な場所として成り立ってたはずなんですが。

押し寄せてきた人たちが暴れ出したからなのか。

それとも、敵が現れたからなのか。

今のところ不明ですが、何かしらのことが起きたんでしょう。

今後明らかになるのかな???

 

そして、もう1つは敵の存在。

とうとう、ヘリを攻撃してきた人物が明らかになりましたよ。

どうやら先住民であり、かなり冷酷なタイプのよう。

ちょっとまずくなりましたね。

このタイプは、引かないし、どんな手だって使ってくるタイプ。

人数も結構いますし。

敵として戦うと無傷では絶対にすまないでしょう。

しかも、要望が自分たちの土地を返せですもんね。

いつ牧場までやってくるかわかったものじゃない。

やっぱりまずいですよねー、うーん。

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第5話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第6話の感想

マディソンが好みな感じに変化してきたのを感じた第6話。

 

第6話では、第5話で先住民(ウォーカー)に攻撃されたマディソン達が牧場に帰ってきたことで。

ウォーカーたちの存在が皆に知られてしまい、一度は混乱が生じてしまいます。

しかし、出ていこうとした住民を、トロイが秘密裏に攻撃。

それがウォーカーたちの仕業だと印象付けることで、混乱は収まり。

むしろ、牧場VSウォーカーの展開が決定的なものになっていくんです。

 

ここで、重要な働きをしたのが、意外なことにマディソン。

トロイの行動を把握したうえで、それを使って扇動していくなんて。

これまでの甘ちゃんなマディソンからは変わってきているんですね。

より現実的で、より効率的な方向に。

やっぱりトラヴィスがいなくなったのが大きかったんでしょうね。

子どもたちを守れるのは自分しかいないという風に感情が変化したはずですし。

そのためには、今までのようななんでもかんでも救おうとするっていうのは無理がありますからねー。

 

そして、もう1つ面白い変化が!

牧場の今後を決めていくうえで非常に大事な、次期リーダーは。

現在のリーダーを父親に持っている、ジェイクとトロイのどちらかということになるんですが。

これまで争いが出てこなかったその問題について、第6話で少しずつ表面化してきたんです。

しかも、アリシアはジェイクを。

マディソンはトロイを推していまして。

なので、ひょっとしたらトロイとジェイクが争うと同時に。

アリシアとマディソンが争うなんてこともありえそう!

また、自分を見て欲しくて、なんでもマディソンの望むように行動しがちなアリシアでしたから。

初の反抗期を見ることになりそうで^^

ここはどう変化していくかまだわかりませんけど。

でも、楽しみな材料がでてきたなと思いますね。

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第6話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第7話の感想

マディソンの変化が厄介な方向に変わっただけだと気づいた第7話。

 

第6話では、ついにマディソンがウォーキングデッドらしいキャラに!とか思っていたんですが。

想像以上に変わってしまって、今までとは違った方向の厄介さに変わっただけでした。

 

第7話は、ジェイクとアリシアがウォーカーの元へ和解を求めるために行き。

なんとか交渉のテーブルのついてもらって、その話をオットーに伝える間、一時アリシアがウォーカーの元にとどまるところから始まりました。

これを上手くもっていけたら、暴力なしの解決可能だったですけどねー。

マディソンがアリシアを心配するあまり、トロイをたきつけてアリシアを連れ帰っちゃって。

一気に平和的解決が無くなっちゃいましたよ・・・

 

シーズン3が始まるまでのマディソンなら、ここまでの暴走はなかったはずなんですよ。

倫理観を過度に自分にも周りにも求めるタイプだったので。

まぁ、そのせいで意図しないようなピンチにまわりをさらしてしまって、これはこれで非常に厄介でしたが。

でも今のように、子どものことになると暴走して、絶対にまわりをピンチにすることもいとわない感じではなかった。

トラヴィスのこともあって、子どもへの想いが強くなったんでしょうけど。

それにしたって変わり過ぎですよ。

 

そして、こういう場合、しっぺ返しがやってくるもんですが。

案の定、その暴走が、守るべきニックをピンチにしちゃうんですよ。

牧場の人間の飲み物に薬をそそがれてしまい、多くの人をピンチに追い込みる中で。

ニックもそのその被害を受けてしまいますから。

 

ちなみに、その薬をそそいだのは、久々の登場のオフェリアでした。

どうもホテルを出た後は、ウォーカーの所でかくまわれていたみたいですね。

 

とりあえず、戦いは避けられないんでしょうかねー。

ウォーカーは攻撃する気満々だし。

オットーも逃げる気はない。

マディソンもニックのことがありましたから、今回はイケイケになってもおかしくないし。

かなり危険な状況。

次の第8話は、前半戦の最終回ですし。

大きなことが起こってもおかしくないだけに、次回には期待ですよ。

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第7話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第8話の感想

マディソンの本当の姿がわかった第8話。

 

第8話は、マディソンがウォーカーと話をつけてきて。

オットーを差し出す変わりに、平和的解決を図る(牧場からでていかなくてもいい)ことになり。

その際に、かなり色々なことがあったんですが。

そういうのが全部吹っ飛ぶぐらい、驚いちゃいましたよ。

これまでのマディソンよりも、今のマディソンの方が本当の姿だったことがわかって。

 

それを感じたのは、マディソンが自分の過去を語るシーン。

自分の父から母親を守るために、父を攻撃したことをニックとアリソンに語っていたんですよ。

シーズン3が始まる前のマディソンのイメージなら、ひたすら父親を説得しようとする感じだったんですけどね。

理想論をかかげて。

でも、実際のところは少女の頃から、家族のためなら何でもするタイプだったとは・・・

シーズン1の頃から、家族を大事にするとは思っていましたけど。

そこまで、実をとるとは思ってませんでした。

 

ひょっとして、これまでの倫理観に固執するのって。

そうしないと自分が抑えられないからとか、そういうところに由来があるんでしょうか。

あんまりマディソンのことは好きじゃなくて、正直そこまで興味のあるキャラじゃなかったんですが。

今回のことで俄然興味が出てきましたね^^

 

シーズン3後半でも、マディソンの本当の姿をもっと掘り下げてきてくれるとうれしいですが。

でも、シーズン3後半は、もっと大きな問題がありますからねー。

難しいですかね。

オットーがいなくなって、次のリーダーを決めないといけないし。

それに伴って、マディソンとアリシアの戦いも出てくるかもしれない。

他にも、他所にいるダニエルやストランドの問題があって。

今あるのだけでも盛りだくさんですから。

うーん、第9話以降をはやく見ないと!

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第8話の感想、でした。

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第9話の感想

思いのほか展開が早かった第9話。

 

第9話は、後半戦の始まりということで、ウォーカーたちと一緒に住むようになった牧場の風景なんかの描写に時間がとられていたので。

それほどストーリーに関して書くことはなかったエピソードでした。

 

ただ、その中でも、トロイの暴走によってトロイがウォーカーたちと争い。

そして、追放されたことだけは、印象的でしたが。

 

というのも、思ったよりもずっと早かったから!

なんとなく、シーズン3の後半戦は、微妙な空気ながらも、一緒に住んでいく。

でも、その裏で、トロイが暴走するための準備を始めていく。

そして、ラスト2話ぐらいで、両者の対立が表面化し、本格的な争いへ。

っていう流れだとばかり思ってましたからね。

まさか、1話もかからず、そうなっていくとは^^

しかし、これでマディソンVSアリシアの対決はなしか・・・

 

逆に、ストーリー以外でいうと、今回は映像が素晴らしかったですよ。

トロイを追放するために、荒野に行くのですが。

その際の、引きの映像が絵や絵葉書の構図のようで!

この映像の美しさにもこだわるというのは、本家ウォーキングデッドに無い魅力ですよねー。

正直、この映像を見るだけでも、見る価値のあったエピソードだと思うんですよ。

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第9話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第10話の感想

水不足という、FTWDシーズン3特有の問題に直面した第10話。

 

トロイの問題が片付いたかと思ったら、すぐに次の問題が・・・

オットーが隠していた、水が枯渇しかかっているということが発覚します。

このままだと、6週間も持たない。

ですので、マディソンとウォーカーが水を探しに行くんですよ。

 

FTWDには、本家ウォーキングデッドの隙間を埋めるという重大な役割があって。

ようやくシーズン3でも、それを果たしてくれるみたいですね^^

これまでシーズン3のエピソードでは、かなり本家ウォーキングデッドに近い雰囲気が漂ってましたが。

メキシコの乾燥地にいるという舞台設定を上手く利用して、本家では生じえない問題を発生させてくれましたから。

シーズン2の海上で生じる問題と近しい感じです。

 

ただ、シーズン2では、アリシアが余計なことして問題がこじれたわけですが。

そこまで、近づけなくても・・・

今回、水制限を行われて不満を爆発させた住民たちを黙らせるために。

隠しておくはずの水不足の事実を言っちゃうんですよ・・・

水不足だから、助け合わないといけないと、皆が思ってくれると信じて。

まぁ、案の定、暴動が始まるんですけどね。

 

うーん、マディソンが変化してきて、かなり魅力的なキャラになりつつあるのに対して。

アリシアは相変わらず微妙ですね。

正義感があるのはいいのですが、正義感で人が動けば背はないわけで。

楽ですけどね、正義感や倫理観を武器に戦うのって。

でも、そろそろ変化してきてもいいんじゃないかなと思いますね。

結局、生じませんでしたが、マディソンと正面対決が起こった方が良かったかもしれませんね。

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第10話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第11話の感想

マディソン側と、ダニエル側のリンクし始めた第11話。

今回は、それほど大きな問題はなかったので、短めに。

 

簡単に言うと、第10話で水を買おうと市場行ったら、絶体絶命のストランドを発見し。

マディソンが独断で、水を買うお金を使って彼を助けた。

その後、ストランドの案内で、ダニエルのいるダムに行って交渉を始め、勝ち取った。

そういうエピソードです。

 

ただ、今回もマディソンの内面がより掘り起こされているので。

結構重要なエピソードではあったんですよ。

どうして牧場にいようとするのかなど。

マディソンの過去の性格や暮らしから解説されていましたから。

 

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第11話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第12話の感想

胸熱な展開から、別の胸熱な展開に進んでいった第12話。

 

今回は、まずもってニックが、ウォーカーの部下からリーダーだと考えられていることに感動しちゃいましたよ。

シーズン1の頃のニックといえば、ダメな男の代名詞みたいなキャラクターだったのに。

いろんな経験を経て成長していって、身内じゃない人間に認められるまでになるなんて!

性格が破たんしているところは変わってないですが^^

それでもこんな風になるなんて全く想像してなかったので、本当感慨深い。

 

でも、残念ながらその深掘りはされませんでした。

精神が摩耗したトロイが、ウォーカーの群れをつれてきたせいで、それどころじゃなくて・・・

その影響でジェイクは、ウォーカーになっちゃうし。

牧場の人間たちは、多くがやられ、残った人々も地下室に逃げ込むのがやっと。

リーダーとして認められたことを喜ぶ状況では、全くなくなっちゃいましたらからねー。

 

でも、正直この展開は、ウォーキングデッドファンにはたまりませんね。

本家ウォーキングデッドは、シーズン6第1話並みの大群。

そんなものに囲まれて、少数で立ち向かうとか。

ウォーキングデッドの醍醐味ですから!

 

しかし、こっからどうなりますかね?

メインキャラは、地下室にはアリシアとオフェリア、ウォーカーの部下のみ。

外には、ニックとトロイ。

遠くに、マディソン、ウォーカー、ストランド。

この状態で、数万はいそうなウォーカーをどうするか。

うーん、難しそう。

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第12話の感想、でした。

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第13話の感想

再び本家にない展開で心躍った第13話。

 

第13話は、フィアーザウォーキングデッドの面白さが全面に出ていたんじゃないかとおもっています。

第12話で地下室に牧場の人間たちが逃げ込んだわけですが、空調が壊れて空気が足りなくなるという事態になり。

そして、全滅しないように、アリシアが見捨てる人間と見捨てない人間を選別しなければならない。

そういったエピソードがありましたから!

これは、本家では見れないタイプの展開で、かなりドキドキさせられましたし。

なにより、その決断をするのが、今まで甘えが強かったらアリシアにさせるというのが、もう。

この現実を叩きつける感じこそ、ウォーキングデッド系の醍醐味ですよ。

 

しかし、その辛い決断には大きな意味があったんですけどね。

マディソン達がやってきて、ウォーカーたちの対処したんですが。

その際、アリシアたち以外は空気が足りずに全滅していて。

もし選別を行わなかったら、アリシアたちも助からなかったでしょから。

 

ただねー、そこまでのことが起こっても、アリシアの潔癖症な性格が直らなかったのには驚きですよ。

自分たちの身を守ることを最優先することが、正義に反するとでも思ってるんでしょうね。

マディソンの考えについていけないからと言って、グループ(といっても8人しかいませんが)から離脱していくんですもん。

 

うーん、この変に頑固な考え&かっこつけと、思いつきの行動はクリスと被るなー。

そして、そういった行動に出た後、クリスは・・・

アリシアもそうなっちゃうんでしょうか?

次回もすぐに見ないと!

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第13話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第14話の感想

絶対にストランドがなにかやらかしてる第14話。

 

第14話は、オフェリアがウォーカーに噛まれて体調を崩し。

そして、ダニエルが来るまでの間、マーケットで休憩していたが。

看病の甲斐なく、ダニエルがくるまで持たなかった。

それが一番のハイライト。

・・・になるはずだったんですけどねー。

 

借金をもっていて、非常に危険な状態だったストランドがマーケットの元締め(ジョン)の所に行き。

良い話があるなんて言うんですもん。

こんなの、絶対にダニエル達のいるダムの情報を伝えて、のし上がる気じゃん・・・

以前ダンテが言っていた、ダニエルのダメさが全面に出てきてしまいましたねー。

うーん。

 

そして、ダメと言えば、ニック。

最近カッコいい姿ばかり見せていたのに、マーケットには色々な物資があって。

そこで欲しいものを手に入れることができたせいで。

シーズン1のダメなニックに逆戻りですよ。

あのイカれてるトロイが引くほどのレベルの^^

次回には戻ってますかねー。

おそらくジョン達がダムに攻めてくることになりますから。

 

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第14話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第15話の感想

案の定な事態な第15話。

 

第14話を見た時の予想通り、ばっちりジョン達はダムに攻めてくることになりましたね。

予想外と言えば、アリシアがジョンに気に入られて、現在ジョンの所にいることと。

トロイに自分の本質を突かれて逆上したマディソンがトロイを倒してしまったこと。

 

牧場のことを怪しんだダニエルがトロイを疑り始め。

そして、ニックから情報を吐き出させようとしたのに。

それをかいくぐってニックはトロイをかばいきった。

そんな状態での行動だったので、つい「あー、あー、あー」ってなってしまいましたよ。

せっかく、ダニエル相手にも意思を貫き通して、前回の心配なんてふっとぶほどニックがかっこよかったのに。

台無しです^^

 

まぁ、すでに戦いは始まっていまして。

ストランドが悪さをしたせいで、ダム側は絶対絶命になっているので。

そんなことを言ってる場合ではないですけどね。

次回最終回ですが、家族のだれにも被害がなく切り抜けられるんでしょうか。

アリシアあたり本当に危険だと思うんですが。

 

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第15話の感想、でした。

 

『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第16話の感想

いったいもうなんて言っていいのかわからない第16話。

 

この記事を見ている方で、もしまだシーズン3を見ていない人は。

絶対に第16話見てください!

今回、ニックがかっこよすぎる上に。

熱すぎる展開。

そして、絶望的な結末になって、もうなんて言っていいのかわからないぐらい素晴らしい最終回になっていますから。

 

どういうことかというと、ジョン達に囲まれてしまった家族を助けるに。

起動したら自分もまきこまれることをわかった上で、ダムの爆破装置を見せ。

マディソンたちを逃がそうとする。

その時のニックの姿が、別に気負ったりもせず、普段通りひょうひょうとしていて。

でも、恐ろしい存在であるジョンと渡り合っていくんですから。

もう最高でね。

「ああ、これまでの破滅的な行動も、徐々に形成されていったリーダーとしての資質も、このシーンもためにあるんだ・・・」

そう思えるほどに。

 

また、マディソン達が逃げきるには時間が足りないのに、ジョンがしびれを切らして行動をし始め。

ニックが絶体絶命のピンチにおちいった時に。

別行動していたウォーカーや、ダニエルが助けに来た。

そんなシーンがあって、胸が熱くなったんですよ

 

そして、最終的にニックが自分がまだいるのに、ダムを爆破するんですが。

その結果。

ダムにいた、ニック、ダニエルはどうなったか不明。

ボートで逃げたマディソン、アリシア、ストランドは、水の流れに飲まれてしまい。

マディソン以外誰も陸に上がってこれなかった。

そうなっちゃったんです。

ひょっとしたら、全員生き残ってる可能性もありますが。

逆に、マディソン以外だれも残らないなんてこともある。

(今回でてきた心象風景を見たら、十分あり得る)

そんな絶望的な展開になっているんですよ。

 

いや、もうどうするんですかね。

シーズン4。

トラビス不明。

ニックも不明ですから。

こんな主人公クラスが3人中2人もいなくなるかもしれないとか。

なかなかない展開過ぎて、次が待ち遠しくてたまりませんよ!

早く始まらないかなー、シーズン4。

以上、『フィアーザウォーキングデッド』シーズン3第16話の感想、でした。

>>フィアー・ザ・ウォーキングデッド・全シリーズあらすじ感想まとめ【ネタバレ注意】

 

フィアー・ザ・ウォーキングデッドの動画を無料で見る方法

フィアー・ザ・ウォーキングデッド全シリーズを見たいと思った方には、Amazonプライムの無料のお試しがおすすめ

全シーズンの配信、ならびに最新シーズンを最速でみることができる最適ですから。

見たい作品を見て、そのままやめるということも可能ですので、この機会にお試しあれ。