海外仮想通貨取引所のおすすめランキング3選!国内との違いは?

今回は、海外の仮想通貨取引所についてご紹介します。

ある程度、仮想通貨取引を行っていると、どうしても海外の取引所を使いたくなるものです。

日本の取引所にはない通貨もいっぱいありますからね。

私も、海外取引所を利用して、いろんな通貨を購入していますし。

 

でも、どこを利用したらいいのかは、最初の頃はちょっと難しいですよね。

ですので、今回はおすすめの海外仮想通貨取引所ランキングと。

国内取引所との違い、ならびに注意するポイントなどをまとめています。

 

では、さっそく始めていきましょうか。

 

海外仮想通貨取引所のおすすめランキング3選をチェック!

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨は、国内の取引所だけではなく海外の取引所でも同じように購入できます。

どちらもインターネット上で仮想通貨をやり取りできる点では一緒で、海外の取引所を利用する方は増えました。

海外仮想通貨取引所に対して次のイメージを持っている方はいませんか?

・国内の取引所とは違って危険性が高いのでは?
・仮想通貨が失われる可能性があるのでは?

場所によっては信頼性に欠けるところはありますが、きちんとした取引所を選んでいれば有効活用できますよ。

以下ではおすすめの海外仮想通貨取引所をランキング形式で3つ紹介してますので、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

 

1位 Binance(バイナンス)

海外の仮想通貨取引所の中でも、今最も勢いがあるのは中国のBinance(バイナンス)です。

Binance(バイナンス)は、2017年の7月にCEOの元OKCoinによって設立されました。

開設されてから僅か1ヵ月でグローバル取引量がトップ10にランクインした実績を持ち、2017年後半の注目すべき海外仮想通貨取引所なのは間違いありません。

なぜBinance(バイナンス)で仮想通貨を購入するのが良いのか、おすすめポイントをチェックしておきましょう。

  • ビットコインだけではなくイーサリアムやリスクを中心に80種類以上の仮想通貨を取り扱っている
  • 今はまだ価値のないアルトコインや草コインを購入して先行投資ができる(これから上がる可能性がある)
  • 全ての取引手数料が0.1%と非常に安く、独自トークンのBNBを使って支払った場合は更に50%の割引を受けられる
  • Binance(バイナンス)自身がICOを管理していて、自分の口座から直接参加することができる
  • 二段階認証によってメールアドレスとパスワードだけではログインできず、セキュリティ性を高めている

取り扱っている仮想通貨の種類が多かったり、手数料が安かったりといった理由でBinance(バイナンス)は確かな実績を得ていますね。

中でも、Binance(バイナンス)はビットコインの分裂によって誕生したビットコインキャッシュやビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンドなどのフォークコインの購入も可能です。

今後もビットコインは次のフォークコインへと分裂予定で、全ての取引に対応する予定となっています。

・ビットコインプラチナ
・ビットコインウラニウム
・ビットコインシルバー
・ビットコインキャッシュプラス

中国が運営しているためICO規制や取引所規制が行われるのがデメリットですが、それでもおすすめできる海外仮想通貨取引所です。

BNBトークンを使えばどこよりもお得に仮想通貨を取引できますので、是非一度海外のBinance(バイナンス)を利用してみてください。

▼バイナンス公式HPをチェック▼

 

2位 Kucoin(クーコイン)

海外仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)は、「毎日の登録数が制限されている」「登録を受け付ける時間帯が変わる」といった理由で登録できないことがあります。

そんな時には、第2のバイナンスとも呼ばれているKucoin(クーコイン)がおすすめです。

Kucoin(クーコイン)は2017年に誕生した香港の海外仮想通貨取引所で、勢いのあるサービスだと注目を集めていますよ。

「中国の取引所よりも何となく香港の取引所の方が安心できる」と考える日本人も多いのではないでしょうか。

他の海外仮想通貨取引所と違い、Kucoin(クーコイン)にどんな特徴があるのかまとめてみました。

  • ビットコイン以外のマイナーなアルトコインや草コインを購入でき、取り扱う仮想通貨の種類が多い(64種類)
  • 独自トークンのKCSを保有していると、取引所の取引と送金の手数料の50%がホルダーに分配される
  • ユーザーが増えた影響でKCSの人気が高まり、1ヵ月間で20倍以上に価格が高騰している
  • 取引手数料は0.1%と格安の料金で、独自トークンのKCSを保有している人は更に最大で30%割引となる
  • シンプルで使いやすい取引画面が採用されていて、仮想通貨の初心者でも安心して利用できる
  • 画面右上に設置されているプルダウンから日本語ページへと切り替えることができる

「海外の仮想通貨取引所は英語ができないと不便なのでは?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、Kucoin(クーコイン)のように日本語対応している取引所は多く、英語ができない人でも安心です。

取り扱う仮想通貨は64種類と国内の取引所と比べて圧倒的に多いですし、バイナンスでは取引できないコインも取り扱っていました。

創業したのはアリババグループのAnt Financialに在籍していたMichael Gan氏ですので、十分に信頼することができるでしょう。

「世界的なプロモーションの開始」「日当たりの取引ボリュームを5,000BTC以上に増やす」など様々な取り組みを行っていますので、海外の仮想通貨取引所の選び方で迷っている方はKucoin(クーコイン)を利用してみてください。

 

3位 BITTREX(ビットレックス)

BITTREX(ビットレックス)は、海外の仮想通貨取引所の中でも比較的バランスが取れています。

取引量の多さやセキュリティ面など魅力的なところが多く、2017年の前半は日本人から最も人気がありました。

何と言っても200種類以上の仮想通貨を取り扱っているのがBITTREX(ビットレックス)の最大の特徴で、次のようにマイナーな草コインもたくさんあります。

・1ST(FirstBlood)
・ABY(ArtByte)
・AUR(AuroraCoin)
・EDG(Edgeless)
・SPHR(Sphere)

国内最多の仮想通貨を取り扱うコインチェックですら12種類ですので、BITTREX(ビットレックス)がいかに多いのかお分かり頂けるのではないでしょうか。

自分が興味を持ったアルトコインへと先行投資し、今後の爆発的な価格の高騰に期待できるのは嬉しいですね。

他にも、海外仮想通貨取引所のBITTREX(ビットレックス)のおすすめポイントを幾つか挙げてみました。

  • 海外の取引所では珍しく日本初の仮想通貨のモナコインを取引できる
  • 取引の手数料は全ての通貨に対して0.25%と、日本の販売所よりも安く設定されている
  • パスポートを使った本人確認を行えば1日の送金制限の2,000ドルが解除される
  • アカウントへのログイン時や取引所から送金する際に、二段階認証を設定してセキュリティ性を高められる
  • 取引量の規模が多く、気持ち的に安心して仮想通貨の取引を行うことができる

大手の取引所なだけあり、セキュリティ性や安全性にも拘っています。

「以前にアカウントの凍結があった」「日本語には対応していない」といったデメリットがあるものの、これからも海外仮想通貨取引所の中心的な存在になるのは間違いありません。

面白いマイナーコインを保有して10倍100倍と大きく儲けたいと考えている人は、BITTREX(ビットレックス)を利用してみてください。

海外の仮想通貨取引所を利用するメリット!国内との違いは?

仮想通貨を購入するに当たり、海外の取引所と国内の取引所では大きな違いがあります。

大手で知名度の高い取引所を利用していれば、どちらを利用してもトラブルが引き起こされることはありません。

しかし、取り扱っている仮想通貨の種類や取引の手数料に違いがありますので、海外仮想通貨取引所を利用するメリットを幾つか見ていきましょう。

 

  • 国内の取引所では取り扱っていないマイナーなアルトコインを購入できる
  • 全ての仮想通貨で指値注文ができるので、購入にかかる手数料が安く設定されている
  • 値幅が取りやすいのでデイトレードで儲けようとしている方におすすめ

 

国内の仮想通貨取引所は、coincheck(コインチェック)やbitflyer(ビットフライヤー)が有名です。

仮想通貨の初心者も積極的に利用していますが、取り扱っている仮想通貨はビットコインを中心に12種類程度となっています。

アルトコインはイーサリアムやビットコインキャッシュなど知名度の高い仮想通貨しか取引できないものの、海外の取引所は何十種類、何百種類と豊富です。

「○○は将来的に値上がりするかも」といった仮想通貨を見つけても保有できなければ意味がないため、国内の取引所で取り扱っていないコインを購入しようと考えている方は海外の取引所を上手く使ってみてください。

 

海外仮想通貨取引所を利用する上で押さえておきたいポイント

海外仮想通貨取引所では、以前に次のような事件が起こりました。

Bithumbハッキング事件:韓国最大の取引所がハッキングに遭って1億円以上が盗み出された
poloniexハッキング:2014年に10%のビットコインが盗まれる事件が起こった
BTCeロシア関与:不正にマネーロンダリングしている疑惑で公式サイトが凍結されている

こういった事件が起こった背景で、「国内の取引所を使った方が安全なのでは?」と不安を抱える方がいます。

そこで、以下では海外仮想通貨取引所を利用する上で押さえておきたいポイントをまとめていますので、事前にチェックしておきましょう。

 

  • 二段階認証などセキュリティ体制が整っている取引所を選ぶ
  • 情報流出の被害を最小限に抑えるために専用のメールアドレスを使う
  • 1日に何回も売買を行う場合はオフラインのハードウォレットで保管する
  • 取引所が運営しているニュースサイトで安全なのか情報を仕入れる

 

取引所の選び方や利用方法について正しい知識を持っていれば、海外でも国内でも安心して利用できますよ。

仮想通貨取引所の利用自体に危険性は一切ないので、事前に情報収集をしてから仮想通貨を使った投資を始めてみてください。

以上、海外仮想通貨取引所のおすすめランキング3選!国内との違いは?、でした。

 

海外仮想通貨取引所の利用は、円では行うことができないので。

ビットコインなどを国内取引所で購入し送金することが必要になってきます。

そして、ビットコインを購入するなら、最大手のビットフライヤーがおすすめ。

安心感があり、また取引量が多いですからね。