ゲームオブスローンズ・シーズン7の感想【第7話最終回追記】超決戦が目前!

ゲームオブスローンズ・シーズン7

今回は、海外ドラマ『ゲームオブスローンズ』シーズン7をHuluで見たので。

その感想を書いていきます。

 

ゲームオブスローンズは、現在ウォーキングデッドと人気を2分する大人気海外ドラマ。

シーズン7は、ジョン・スノウが北の王と認められ。

サーセイが女王となり。

デナーリスが故郷ドラゴンストーンへと旅立つ。

そんな大きな変革のあったシーズン6からの続きです。

本当はもっと色々変化はあったんですが、何分登場人物が多いので。

この程度にさせてください^^

 

では、そんなゲームオブスローンズ・シーズン7の感想をさっそく始めていきますね。

全話で7話しかないシーズンですから、まず第1話の感想を長めに書き。

その後、各話の短感を追記していくという流れで。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

ゲームオブスローンズ・シーズン7第1話の感想

衝撃的だったスタート

まず、ゲームオブスローンズ・シーズン7第1話で、真っ先に印象的だったのはOP前の導入。

最初なんだから当たり前という思うかもしれませんが。

いきなり、ウォルダーの一族を全滅させるところからはじまりますからね。

一番最初云々は関係なく、衝撃を受けたでしょう。

 

しかも、アリアがウォルダーに扮していて。

一族を策略に陥れた後に、ウォルダーの顔の下から現れたとなっては。

そりゃ衝撃的ですよ^^

 

しかし、アリアも大きくなって、最初の頃の活発さもなくなってきちゃいましたねー。

策略も見てきて、逃亡生活も長かったので、当然と言えば当然。

でも、今回のような巧妙な策なんかをさらっとできてしまうまでになるとは。

小さいころを見ているだけに、結構複雑ではあります。

まぁ、そういうのはアリアだけじゃなく、サンサやブランなんかにも言えるんですけどね。

 

ジョンスノウにはさっそく暗雲が立ち込めている

そのサンサが絡んだ話なんですが。

北の王として認められ、今後順調に進むかと思われたジョンスノウ側について。

ちょっと怪しくなってきましたね。

 

というのも、ジョンスノウがリーダーとしてふるまおうとしているときに。

サンサが口だしてきて、2人が衝突してしまうから。

2人が衝突している場合ではなんですけどねー。

 

ただ、これに関しては、サンサが悪いと思っています。

ジョンスノウが、王やリーダーとしての行動をしているのに。

その場で口出ししてくるのは、ジョンスノウの威厳などを傷つけるもの。

別に個室とかで、あーした方がいい、こーした方がいい。

そういうのはいいんですよ。

でも、ジョンスノウに従う者たちの前で、ジョンスノウの信用性を下げてしまうようなことをしてしまうと。

徐々に求心力を失っていってしまいかねませんから。

そんなことして、いざという時どうするのかと。

 

デナーリスは順調のようだけど・・・

一方で、デナーリスの方は、一見順調そう。

シーズン6にドラゴンストーンに向かって旅立って。

シーズン7の第1話に到着していますからね。

完全に思い通りになっているような雰囲気になっています。

これなら一気にサーセイを打倒して、鉄の玉座に座れるんじゃないかって期待もできるんですが。

ただ、こう順調だとね。

 

なにか落とし穴があるんじゃなかろうかと、心配になってしまって^^

サーセイの方が、そこまで上手くいってないのが、また不気味で。

 

ちなみに、シーズン7でもデナーリスの登場シーンは美しかったですよ。

ジョンスノウなどの北のシーンが非常に地味なのに対して。

相変わらずデナーリスのシーンは色が多彩で。

この色合いの対比もゲームオブスローンズの魅力の1つですから、大事ですよね。

 

終わりに

というわけで、ゲームオブスローンズ・シーズン7第1話の感想を書いてきました。

今回の第1話は、ストーリーの転換点のような存在でしたから。

少しボリュームは少な目でした。

でも、大きな動きが目前にまでやってきていて、一気にストーリーが始まっていく雰囲気がプンプンするので。

第2話以降に期待を抱かずにいられませんでしたよ^^

このまま続きも一気に見てしまうかも。

以上、【ゲームオブスローンズ】シーズン7第1話の感想、でした。

ゲームオブスローンズ・シーズン7第2話の感想

デナーリスを中心とした、彼女の失敗の回でもある第2話。

今回は、注目すべき点が3つほどありましたね。

 

まず、デナーリスについて。

デナーリスは、ドラゴン3頭という圧倒的戦力を持っていながら。

それを使わずに、戦略でサーセイを打倒すことにしたようなのですが。

それが初手から大失敗。

協力者に王国囲んでもらい、優位に進めていく予定だったのに。

いきなり全滅させられちゃいますからね。

第1話の順調そうな感じから、一気に暗雲が立ち込めてくる展開になってきました。

 

これまで自分にひどいことをしてきたヴァリスを部下とむかえる度量をみせたり。

また、ついにジョンスノウとの会談を設けようとしたりと。

良い方に進む要素もあるので、大失敗に終わるかはわかりませんが。

でも、今の段階では苦しくなりそうではありますね。

私なら、ドラゴンで一気に攻めて行ったらいいのにとか思ってしまいますけど^^

 

2つ目はジョンスノウについて。

デナーリスの状況が怪しくなってきた一方で、ジョンスノウは逆に、良い方向に進んでいますね。

今回もデナーリスとの会談に行くことについて、サンサに皆の前で苦言を呈されちゃいましたが。

でも、自分いない間にサンサを王代理にするという。

信頼を武器に、もめごとを解決するという手段に出ましたから。

 

そして、3点目は、戦闘シーン。

第2話では、ラスト10分ほどから、大掛かりな船上戦が行われるんです。

やはり大人数同士の対戦は、たまりません。

大掛かりな船上戦といえば、『ブラックセイルズ』なんかもありますが。

>>ブラックセイルズ・シーズン4の感想【第10話最終回追記】さよならフリント

でも、魔法的な要素がある分、さらに息をつかせない攻防を見ることができましたね。

情報量が多いので、全部のシーンを完璧に見ることができるわけではありませんが。

その分、非常に迫力があって。

こういう戦闘は、シーズン7では初めてなので、やっとゲームオブスローンズが本格的に始まって気持ちになれました^^

以上、【ゲームオブスローンズ】シーズン7第2話の感想、でした。

 

ゲームオブスローンズ・シーズン7第3話の感想

ジョンスノウとデナーリスが手を組んだ第3話。

 

今回はなんといっても、やっぱりジョンスノウとデナーリスの会談が行われ。

そして、ドラゴングラスの発掘が許されたでしょう。

最初こそ、自分に膝まづかせようとした上、死の軍団などの話を信じようとせず。

ジョンスノウの望みを聞こうとしなかったデナーリスですが。

ティリニオンの説得などによって、態度を軟化させたんですよ。

 

多少つっけんどんな態度ではありましたが。

でも、いきなり見たこともなく初対面の相手の言う。

死の軍団やらホワイトウォーカーやらの話を信じろっていうのが無理な話なわけで。

まぁ仕方がない所もあったと思いますね。

 

それに結果こそ大事。

ちょっとサーセイの残虐な行動を見ていたら、一筋縄ではいかなそうですし。

2人が仲間になったことは計り知れませんからね。

 

後、第3話の大きい出来事としては、サンサとブランが再開したこともあげられるでしょうね。

アリアも近くにいるし、ジョンスノウも含めて4人がそろう期待感が強くなってきましたから。

あと、第2話の船上戦に続いて、今回行われた陸上戦もすごかった!

まるでシュミレーションゲームのような攻防が見られて、大迫力でした。

以上、【ゲームオブスローンズ】シーズン7第3話の感想、でした。

 

ゲームオブスローンズ・シーズン7第4話の感想

ついにデナーリスがやってしまった第4話。

 

うーん・・・

これまでデナーリスは、ドラゴンを戦力として使わないと言っていたんですよ。

ティリオンがたてた計画で行けると判断して。

でも、戦況が危うくなるや、ティリオンに激高し。

そして、さっそくドラゴンを戦場へ投入しちゃうんです。

 

これは良くない傾向ですねー。

そりゃあ現在の戦況は、一気にデナーリス有利に運ぶでしょう。

対ドラゴン対策の武器も思ったほどの効果は得られませんでしたし。

でも、こういう力押しの方法だと、いつかしっぺ返しを食らいそうで。

ちょっとストーリーの流れが変わってきましたね。

今後戦いは激しくなっていくでしょうけど。

ひょっとしてここからは、流れがサーセイに向く?

 

後、第4話では、個人的に最大の見どころがありまして。

それはアリアとブライエニーの模擬戦。

これが最高に興奮できるものでした。

というのも、大剣を使う正統派なブライエニーに対して。

アリアはレイピア&トリッキーな動きで対抗していくんですよ。

これが非常に面白い。

完全に日本人が好きな、スピードと技のタイプが、パワータイプを圧倒していく感じでしたからね。

別に大群同士の争いもあったんですけど、正直こっちの方が面白かった。

いやー、またやらないかなー。

以上、【ゲームオブスローンズ】シーズン7第4話の感想、でした。

ゲームオブスローンズ・シーズン7第5話の感想

予想外すぎるだろ!な第5話。

 

第4話で戦いが激しくなっていくだろうと予想を立てていましたが。

まさかまさかの、戦いがおさまりそうなんですが・・・

というのも、死の軍団がやってきそうで、戦っている場合ではなくなって来たから。

 

しかし、一応死の軍団のメンバーを掴ませてきて、死の軍団が実在することの証拠を見せることが前提とはいえ。

デナーリスだけでなく、サーセイまで信じようとしたのは想像もつきませんでした。

ジョンスノウとデナーリスが、手を組んで死の軍団と戦っているうちに、裏から攻撃をしかけそうなキャラだから。

その辺を足がかかりに、逆転を狙うんじゃないかとも考えてたんですけどねー。

これまた、まさか子どもができたから、まず家族を守ろうという風に意識が変わるなんて。

後は、ジョンスノウががんばって死の軍団のメンバーを壁の外から連れてくるだけです。

 

ただ、ジョンスノウ、デナーリス、サーセイの話がまとまりそうな一方で。

サンサが野心を見せかけていて、それが危うい雰囲気をだしてきてます。

これがどうでるか。

一応、アリアはサンサよりもジョンスノウを優先させてくれているようで。

背後にうごめく思惑とかの調査をしてくれていますが。

北には、ジョンスノウ否定派もまだまだいますからねー。

ちょっと予断を許さない状況になっていると見た方がいいでしょうね。

以上、【ゲームオブスローンズ】シーズン7第5話の感想、でした。

 

ゲームオブスローンズ・シーズン7第6話の感想

さすがに今回は無理かと思った第6話。

 

いやー、今回のジョンスノウの絶体絶命っぷりはヤバかったです。

死の軍団のメンバーを連れていくために、接触し捕まえたはいいが。

数万単位でいそうな死の軍団に周囲をぐるりと囲まれ、数人でこれに対処しなくてはならない。

一応デナーリスが助けにきてくれたけど、ドラゴンが一体あっさりやられてしまうし。

皆を逃がすためにジョンスノウが一人残る。

 

こんな状況でしたからね。

本当に無理だと思いましたよ。

それまでにも散々危険なフラグを立てまくってましたし^^

まぁ、結局はなんとか助かるんですけどね。

 

そんなジョンスノウがいない北部では。

サンサとアリアの仲に亀裂が入っている状態に!

自分たちの父を聞きに陥れた原因の1つがサンサにあるということを知ったアリアと。

アリアの存在が自分を脅かすんじゃないかと恐ろしくなってきたサンサ。

まぁ、仕方が状況ではありますね。

ただ、アリアが激高して、激しく争うってなりそうな場面なんですが。

今回はむしろサンサの恐怖心のせいでこじれていきそうなんですよね。

もし、実際にサンサとアリアが争うことになったら・・・

そうなればサンサの野心が爆発した状態になるでしょうから。

ジョンスノウの立場も危うくなるかも。

現在デナーリスといい雰囲気になっていますが。

そんな場合じゃないかもしれませんね^^

以上、【ゲームオブスローンズ】シーズン7第6話の感想、でした。

 

ゲームオブスローンズ・シーズン7第7話最終回の感想

信じていたよサーセイな第7話。

 

今回でゲームオブスローンズ・シーズン7も最終回!

最後の最後なので、色々ありましたよ。

3者会談は上手くいき、休戦&協力関係の宣言が出されたこと。

ジョンスノウの本名が、エイゴン・タガーリンなこと。

実の父親はレイガー・タガーリン(デナーリスの兄)で、ジョンスノウとデナーリスは、叔母と甥の関係にあること。

その上で、ジュンスノウとデナーリスが恋人関係になったことなどなど。

本当に盛りだくさん!

 

でも、サーセイがしっかりと本当の姿を見せてくれたのが、印象的でしたね。

死の軍団を目の当たりして恐怖したり。

ティリオンに説得され、休戦&協力関係を宣言したりするんですが。

実にらしくない。

子供ができたら、あの性格がここまで変わるのかって思ってましたが。

全然変わってなくて、安心ですよ!

だって、ジョンスノウとデナーリスが、死の軍団と戦って消耗させるために。

約束の戦力は出さないつもりだし。

その上で、死の軍団を2人が倒したとみるや、いつでも攻撃できるように戦力を整えようとしていますからね。

やっぱり、サーセイはこうじゃないと始まりません^^

まぁ、その結果、ついていけなくなったジェイミーがサーセイの下を離脱して一人ぼっちになるんですけど。

 

そんなことが起こっている間に、シーズン7は終わるわけですが。

最後の最後に、ついに死の軍団が壁にやってきた挙句。

デナーリスのドラゴンを、ドラゴンゾンビというのがぴったりな状態にして味方にしており。

その力でもって、壁を破壊してしまうんですよ。

ですので、おそらくシーズン8(ファイナルシーズン)は、第1話から死の軍団との戦いになることが予想できます。

いや、完全に人類の存亡をかけた、超大戦の幕開けですよ。

デナーリスだけでなく、ジョンスノウも鉄の玉座にすわる権利があるとわかり。

鉄の玉座が誰のものになるのかも含めて。

シーズン8が待ち遠しくてたまりませんね!

以上、【ゲームオブスローンズ】シーズン7第7話の感想、でした。

\まずは14日間無料体験を/