ゲームオブスローンズ・シーズン8の感想あらすじまとめ!ついにファイナルシーズンへ!

ゲームオブスローンズ・シーズン8の感想あらすじ

この記事では、海外ドラマ『ゲームオブスローンズ』シーズン8をAmazonプライム&スターチャンネルで見たので、その感想あらすじをまとめています。

 

ゲームオブスローンズも、ついにファイナルシーズンになってしまいましたね。

シーズン1から本当に面白くて、見始めたら止まらなくなってしまった作品だけに、名残惜しくもあります。

そして、そんなファイナルシーズンであるシーズン8は、

・死の軍団がついに壁を越えてきてしまった

・ジョンスノウの呼びかけで、対立する三者が同盟を結ぶことになった

・ジョンスノウとデナーリスが恋人に

・ジョンスノウは実はタガーリン家の血筋であり、王になり得ることが判明した

という非常に気になるところで終わってしまったシーズン7からの続きになります。

 

以下では感想あらすじをまとめていきますが、全話で6話しかないシーズンですから、まず第1話の感想を長めに書き、その後各話の短感を追記していくという流れでまとめていきますね。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

 

ゲームオブスローンズ・シーズン8第1話の感想あらすじ

嵐の前の静けさを感じたスタート

シーズン7の終わりを考えると、シーズン8は予想に反し静かなスタートでした。

デナーリスのドラゴンはナイトウォーカーの手先になってしまい、ついに壁が壊れて、死の軍団と人類との対決は目前!

そんな終わり方でしたからね、シーズン7は。

シーズン8は、話数も少ないし、第1話からガンガン争っていくもんだと予想していたんですが・・・

 

しかし、第1話はキャラクターたちの再会、あるいはこれまでばらばらだった情報が集まっていくことに主眼が置かれていました。

ジョンスノウとアリアとの再会。

ジョンスノウの本名がエイゴンタガーリンだということをジョンスノウが知ることになる。

この2つを中心として。

ですので、少し拍子抜けしたところはありましたね。長いことシーズン8を待ち望んでいましたし。

 

とはいっても、ただ静かなだけではありませんでしたよ。

むしろ嵐の前の静けさというのが正しい表現なんでしょうね。

第2話からでも、人類と死の軍団、そして人類と人類の決戦は避けて通れない雰囲気がプンプンしていて、

 

ジョンスノウとデナーリスの関係はどうなるか

人類と死の軍団を考えた場合、キーマンになるのは間違いなくジョンスノウとデナーリス。

片や死の軍団と戦った経験のある者と、片や最強の戦力を有する者ですからね。

 

そして、この二人は恋人になっているので、戦いを前にイチャイチャしてました(笑)

ドラゴンに乗ってのデートやら、小姑(サンサ)から嫌われてると訴えたりしながら。

このままいったら、二人が世界を収めるんじゃないかとも思えるぐらいだったんですが・・・

 

ジョンスノウが、自分はエイゴンタガーリンであり、王の正統な後継者だと知らされてしまったことから、一気にそれは難しくなってしまいました。

知る前なら、デナーリスが女王になって、ジョンスノウはその夫となればよかっただけですが。

デナーリスが女王であることの正当性に疑問ができてしまい、デナーリスとジョンスノウの間でどちらが真の王なのか決着をつけなければならなくなってしまいましたから。

 

この問題は死の軍団との対決が終わってから本格化するんでしょうが、一体どうなってしまうんでしょうね。

 

サーセイの策略は上手くいくか

死の軍団との対決後、心配なことがもう1つありまして、それはサーセイの行動。

サーセイは口では同盟に賛成しましたが、完全に協力する気はさらさらありません。

上手く死の軍団にジョンスノウたちが勝利した場合、気を抜いている隙に倒す準備を始めていますから。

 

現状サーセイは、ジェレミーに離反され、純粋な戦力でデナーリスに負けている状態。

なので、サーセイにとって、この策略が上手くいくかどうかが、今後の命運を決めると言っても過言じゃありません。

これが上手くいくのかも、気になりますね。

 

サンサの思惑は

また、策略といえば、サンサの出方も気になるんですよ。

サンサはデナーリスへの反感、そして自分の野心を隠そうともしてませんからね。

すでに準備が終わっているサーセイと違って、何をするか決まっているわけではありませんが、でもおそらく自分が上に立つための行動は起こしてくるでしょう。

それはサンサのことを妹&右腕とみているジョンスノウにとって、背後から切りつけられるようなものですし、この点もどうなりますかね。

 

ゲームオブスローンズ・シーズン8第2話~第6話

随時追加していきます。