漫画「花のち晴れ」を読んだ感想!やっぱり同じニオイがするな

今回は、神尾葉子さんの漫画「花のち晴れ」を読んだので。

その感想を書いていこうと思います。

 

「花のち晴れ」は、大人気漫画「花より男子」の後の世界で起こったことを描いている作品です。

でも、実は最初それに気づかずに見てしまったんですよね。

帯とか全然見てなかったので、完全に新しい漫画だとばかり・・・

でも、読んでみたら、「永徳学園?道明寺?え、花より男子じゃん!」てさすがに気づきましたよ。

というか、トップにそう書いてあるし・・・

絵だけ見て読むのを決めてたからorz

 

少女漫画では、こういった次世代の話を書くことって意外と多いですし。

しかも、結構面白いことがあるので、さっそく読んでみることに。

そしたら、やっぱりおもしろくて、読み進めてしまいましたね^^

 

「花のち晴れ」の感想

花のち晴れ 〜花男 Next Season〜 1 (ジャンプコミックス)

「花のち晴れ」を読んでいて、注目したのは以下の3つですね。

音は、生活もそうだし、相談にのってくれる弟とかもいないしで、より大変だなーとかも思いましたが。

特に気になったのは、これらです。

 

ハルトが最初からかわいい

「花より男子」も話が進むにつれてキャラが掘り下げられていき。

道明寺を始めF4のキャラもよくでてきました。

そして、道明寺や花沢類などが、実はかわいらしい性格をしていることが判明していきます。

リアルタイムではなく、大人になってから一気に読んだので、かわいい性格してるなと感じたんですよね。

私は男性なので話の面白さが気に入っていましたが。

女性の場合、かっこよさとかわいらしさとのギャップも、面白さの理由の1つになっていたんじゃないかと思うんです。

 

そして、そのかっこよさとかわいらしさのギャップは、「花のち晴れ」でも健在。

音をバイトの先輩から助けたりなど、決めるところでは決めてくれます。

ただ、ハルトのかわいらしさは、速攻露見するんですが^^

道明寺への一図なあこがれや、ちょっとずれた努力。

やむを得なかったとはいえ通販グッズを買っているのを音に知られた天然ぽさなどで。

男性目線で見ても、いいキャラ作ったなーと、感心しました。

 

現代風のアレンジ

「花のち晴れ」は「花より男子」の設定を受け継いでますが。

そのまんまだとどうしても今の子どもには合わないところがでてくるでしょう。

そこで、少子化や不景気など、現在の情勢をとりいれて設定にアレンジを加えてます。

それに合わせてか、「花より男子」の頃よりも、表紙とかもポップになってたり、絵柄も少し変えてきてる感じがしますね。

流行などがもろにあらわれる学園物だけにしないわけにはいかなかったのでしょうが。

でも、こういうアレンジは読みやすさにつながるので、ありがたいですね。

 

Correct5の今後が気になる

F4の場合、性格は全然違いますが、全員男子なので強い結束がうまれてましたが。

Correct5では女子が入ることでどうなるか気になります。

愛梨はかなり執着心が強そうなので、思わぬ行動もしてくるでしょうし。

また、F4のように楽しんで行動しているというよりかは、ハルトなんかは使命感によって動いていて。

それが他のメンバーとのギャップを生みそう。

後、海斗、一茶、杉丸といった面々の恋愛話もでてくるのかも気になるところです。

ハルトのライバルは今のところ天馬ですが、海斗たちが今後絡んでこないとは限りませんしね。

 

終わりに

というわけで、「花のち晴れ」を読んだ感想を書いてきました。

設定は同じ世界だけど、別の漫画になっている。

でも、やっぱりどことなく似ているニオイのする漫画です。

これを書いている時点では、近々、音への庶民狩りが始まるあたりで。

これから盛り上がっていくので、ますます目が離せませんね^^

隙間時間にさっと読めるので、毎回見ないと。

以上、漫画「花のち晴れ」を読んだ感想!やっぱり同じニオイがするな、でした。

 

本をお得に読みたい方へ

本をお得に読みたいなら、U-NEXTの無料トライアルおすすめ。


これを利用するだけで、最新の漫画や小説にも使える600円分のポイントがもらえるんです。


読みたい本を無料で読んで、解約するということもできるので、読みたい本がある方、この機会にお試しあれ。