【名探偵コナン 紺青の拳】映画23作目の感想あらすじ!キッドとの相棒関係が激熱&また出国したくなる

名探偵コナン「紺青の拳」の感想あらすじ

この記事では、映画「名探偵コナン 紺青の拳」の感想あらすじを書いていきます。

 

映画「名探偵コナン」の23作品にあたる今作は、

21作品目「から紅の恋歌」の服部平次

22作品目「ゼロの執行人」の安室透

に続く、人気キャラ(怪盗キッド)が登場する回として、公開前から注目されていた作品でしたね。

実際大人気だった「ゼロの執行人」以上の初日動員をたたき出したぐらいですからね。

 

ちょっとした違いから個人的には「ゼロの執行人」の方が好みではありますが、でも面白かったのは間違いありません。

では、そんな「名探偵コナン 紺青の拳」の感想あらすじまとめを始めていきましょうか。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

映画「コナン」を無料で見る方法

Huluでは期間限定で、から恋の紅歌までの映画「コナン」21作品を一挙配信中。

14日間無料ですべてを見ることができますから、お気軽にお試しください。

14日以内に解約すれば費用は一切かかりません

(紹介している作品は、2019年5月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

「名探偵コナン 紺青の拳」の感想あらすじまとめ

完成度の高いトラベルミステリーで出国したくなる

シンガポールのマリーナベイ・サンズで殺人事件が発生し、シンガポール警察にも一目置かれる実業家で犯罪行動心理学者のレオン・ローが殺害現場を調べると、そこにはなぜか「血まみれになった怪盗キッドのカード」が残されていた。

一方、シンガポールで空手トーナメントに出場する京極を応援するため、蘭・園子・小五郎は新一と共に現地入りする。しかし、この新一はキッドの変装であり、本物の新一であるコナンを拉致してパスポートと装備を奪い、彼をスーツケースに隠して怪しまれないように不法入国していたのであった。コナンはあらかじめシンガポール人に見えるようキッドに変装を施されており、無事に日本に帰るため「アーサー・ヒライ」の偽名で蘭たちと行動を共にする。

出典:Wikipedeia名探偵コナン 紺青の拳

 

前々作「から紅の恋歌」が恋愛、前作「ゼロの執行人」が陰謀を中心にした作品だったのに対して、今作はよりミステリーど真ん中を攻めてきた作品になっていました。

 

・第一事件の犯人と思われる人物の完璧なアリバイ。

・どうして第一事件の現場にキッドを示す証拠が残っていたのか。

・第二事件の犯人として扱われるようハメられたキッド。

・キッドとレオンとの頭脳戦。

 

そういった謎解き要素が、海外の異国情緒あふれる雰囲気の中に随所にちりばめられており、トラベルミステリーとして高い完成度の作品となっていましたからね。

 

しかし、まさか子供向けアニメでこんな雰囲気が味わえるとは思いませんでしたね。

トラベルミステリーの醍醐味として、見終わった後にその場面に旅行に行きたくなるというのがありますが、まさにそうなっちゃいましたよ。

見終わった後に、旅行会社でパンフレットもらってきちゃったぐらい(笑)

これは、映し出される背景の雰囲気、登場キャラたちの日常とは違ったテンションなど、そういった描写を非常にうまくやってくれた証拠ですね。

 

そして、これを感じたのは私だけじゃないようです。

 

いや、完全に旅の琴線を触れられちゃいましたよ。

日程的にちょっと苦しいのですぐにはいけませんが、出来たら来年の冬にでも行きたいなと本気で思ってます。

 

また、この雰囲気が楽しめるなら、後何回か映画を見に行きたくなりますね。

ちなみに、「紺青の拳」を見に行くことを、「出国する」というらしいです。

なので、見終わった今、ダブルの意味で出国したくなってますね。

 

キッドとの関係は安室との関係とはまた違ったものに

「紺青の拳」を語る上で、コナンとキッドの関係について語らないわけにはいきませんね。

今作のコナンとキッドは、「憎まれ口をたたきあう相棒」という関係になっていました。

 

最初は、こんな風に利害が一致しただけの薄い相棒関係でした。

容疑者にされてしまい、真犯人を特定してほしいキッド。

パスポートがなく連れてこられたため、キッドが捕まってしまったら帰国できないコナン。

 

でも、ストーリーが進むにつれて、シンガポールを揺るがす大事件に発達していき、これによってお互いの利害を超えて事件の解決にあたる強い絆で結ばれた相棒になっていったんですよ。

コナンと平次に近い感じの。

 

一方で、前作「ゼロの執行人」で見せたコナンと安室との相棒関係とは、大きく雰囲気が違っていましたよ。

同じように大きな事件を解決しようとしていたし、お互いを信頼してはいるんですけどね。

でも、安室は日本を守るという大義があるため、いざとなったらコナンを切り捨てる雰囲気があります。

そのため、どうしてもコナンと安室だと一歩引いた相棒関係になってしまうんですよね。

名探偵コナン「紺青の拳」の感想あらすじ【名探偵コナン 紺青の拳】映画23作目の感想あらすじ!キッドとの相棒関係が激熱&また出国したくなる

 

とはいっても、どちらがいいというわけではありませんけどね。

どちらがいいかは、完全な好みによります。

キッドとコナンの少年漫画的な熱い相棒関係か、安室とコナンのクールさが漂う相棒関係かの。

(個人的には、安室とコナンの相棒関係の方が好み。なので、「ゼロの執行人」の方が好みなんです)

 

今回の園子は一味違った

今作ではキッドとコナンのほかに、京極真も大事な役割を果たすのですが、彼のヒロインである園子は、これまでと一味違いましたよ。

もう京極真のヒロインというよりかは、完全に今作のヒロインでした。

蘭もヒロインっぽいところは大いにあったんですよ?

(灰原も多少は)

 

でも、相手が悪すぎました(笑)

京極とのデートを楽しみ、京極が秘密を明かしてくれないことで怒り・悲しみ、そして京極が自分とのことをとても大事にしてくれてると気づいて喜ぶ。

そんな園子でしたからね。

「から紅の恋歌」のもみじぐらいしか勝てませんね!

 

終わりに

というわけで、「名探偵コナン 紺青の拳」の感想あらすじについて書いてきました。

これはハマる人は超ハマる映画ですね。

キッドが出てくるわ、トラベルミステリーとしての完成度高いわですから。

なので、まだ見ていない方は一度見てみてください。

以上、【名探偵コナン 紺青の拳】映画23作目の感想あらすじ!キッドとの相棒関係が激熱&また出国したくなる、でした。

(紹介している作品は、2019年5月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

あわせて読まれています

Huluが映画「名探偵コナン」を一挙配信【映画「名探偵コナン」】動画を無料で見る方法!Huluが劇場版を一挙配信【2019年追記】映画「名探偵コナン」おすすめランキング映画「名探偵コナン」おすすめランキング【2019年最新】大人気23作品の中で本当に面白いのをご紹介