Zaifの登録方法&使い方:ローリスクな積立のある仮想通貨取引所

今回は、数ある取引所の中から、初心者におすすめの仮想通貨・暗号通貨の取引所②。

Zaifの登録方法と、その使い方について書いていきます。

 

初心者が、登録しておくべき仮想通貨・暗号通貨の取引所は。

Zaif、コインチェック、ビットフライヤーと3つありまして。

その中でZaifは、最も小規模な取引所。

ですが。

 

  • 低リスクな積立サービスを行っている
  • 利用料の圧倒的安さを誇っている
  • コインチェックで扱っていない通貨も取り扱っている

 

といった特徴を持っており、非常に重要な取引所になっています。

実際、私がもっともお金を預けているのは、現在Zaifですしね。

 

そこで、多くの方がZaifを簡単に利用できるよう。

そんなZaifの登録方法、使い方などを書いていこうと思います。

 

Zaifの登録方法(アカウントの作成)

1.メールアドレス登録~パスワード設定

Zaifの登録方法(アカウント作成)において、まず最初にするのはメールアドレス登録

このメアドは、今後のログインIDにもなるので。

大事なメールなどを気が付かないという事態を避けるために。

まだ仮想通貨・暗号通貨用の新しいメアドを作成していない方は。

ぜひ新しくつくっておくことをおすすめします。

 

後から変更もできますけど、運用し始めてからよりも。

最初からやっておく方が手間が省けますしね。

 

次に、利用規約、重要事項説明を読み、同意を行って。

そして、パスワード設定を行っていきます。

 

ここまでは、よくあるサービス達と同じですね^^

 

2.電話番号認証

次は、本人確認に入ってきまして。

電話番号認証。

電話番号を登録した後。

SNSでくる文字を打ち込み

完成です。

 

3.基本事項登録

その次は、基本事項登録。

これは、名前や住所などなど。

他のところでも登録する際に、求められるものなので。

いつも通り、登録していっていただけたら問題ありません。

 

4.本人確認証の提出

そして、取引所への登録に最も大事なのは、本人確認認証。

これは基本的に必要書類の写真だけでOK。

コインチェックでは、必要書類をもった自分の写真(IDセルフィ―)が必要ですけど。

これは、Ziafがちょっと怪しいなとか、足りないなと思ったときなど。

Zaifが提出して欲しいというときのみでいいんです。

 

ちなみに、必要書類はすこし変わっていまして。

(1)1枚だけで足りるもの。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

(2)2点必要なもの。

  • ①官公庁の公的証明書+②公共料金の明細書
  • ①官公庁の公的証明書を2点

という風に分かれています。

 

(1)の数は、他の取引所と比べて少ないですけど。

集めるのが楽な(2)がもOKというのは、ありがたいですね。

MEMO

①官公庁の公的証明書:健康保険証、住民票など

②公共料金の明細書:電気・ガス・水道料金、携帯電話・固定電話の請求書など

 

そして、これをスマホなどで撮影し。

それをアップロードするだけです。

 

ユーザーがやらないといけないことはここまでで。

早い人なら数分で終了する程度の、簡単なものです。

 

5.確認を待つ

後は、本人確認が完了するのを待つだけなんですが。

Zaifは、ここが遅いんです。

コインチェックやビットフライヤーなら2、3日もあればつくのですが。

Zaifの場合、1~2週間はかかってしまうんですよ。

 

ですので、他の取引所の登録を行おうとしている方には。

そのときに、Zaifを一緒に登録しておくことをいつもおすすめしています。

Zaifのサービスを使いたいと思っても、前から準備しておかないと、すぐに行動に移すことはできませんし。

なにより、Zaifで扱っている仮想通貨・暗号通貨が高騰しそうって情報を得た時。

あわてて登録を始めても、だいたい遅いことになっちゃいますからね

 

ちなみに、いや、本当ですから。

ある通貨が高騰しそうって話を聞いて、それを350円ほどで購入したんですが。

次の日に本当に450円ほどに値段が上がったんです。

でも、もう少し早く到着していたら、350円ではなく300円ほどで購入できたんですよ。

もし300円の頃に10万円ほど購入していたら、15万円の価値になっていて。

350円の頃(12万8500円ぐらい)に購入したのとでは、2万円以上の差があるわけです。

判断ミスならともかく、時間による差ってめちゃくちゃもったいなくて。

そして、たまに思い出すぐらい悔しい^^

なので、絶対に行動は早くやっていきましょうね!

約束ですよ(泣)

▼公式HPで登録▼

 

Zaifの使い方

仮想通貨・暗号通貨の売買の仕方

売買の方法は複数ありまして、ちょっと複雑です。

具体的には、[1]現物買い(売り)と[2]信用買い(売り)の2つの方法。

そして、[1]の中には、入力方法の違いとして(1)指値、(2)成行という2つの方法があるんです。

 

[1]現物買い(売り)

現物買いは利用者が自分の入金したお金で通貨を購入するもので。

逆に、現物売りは、持っている通貨を売却するものです。

通常の売買と変わらないと思っておいてもらって大丈夫です。

 

(1)指値

これは、自分で何でも入力する方法

具体的には。

①コイン(1単位)をいくらで購入するのか

②いくつ注文するのか(買いたい量)

③リミット売り(買い)の価格をいくらにするか

を入力し、売買を行います。

 

たとえば、ビットコインを65万で1万円分購入したい。

でも、もし購入したのが64万円まで下がっちゃったら、それ以上の損は出したくないので売りにだしたい(リミット売り)。

そんなときであれば。

①に65万円

②に0.153

③64万円

と入力して買い注文ボタンをクリックするんです。

 

(2)成行

これは、②買いたい量だけ指定する売買

これだと、②に0.153と入力すれば、それだけでOKです。

市場価格にあわせて購入出来るようになっていますから。

 

管理画面では、指値がベースとなっていますので。

成行を行う場合は、成行のボタンを押してから始めましょう。

MEMO

成行と指値どっちを利用した方がいいかですが。

指値の方が設けるチャンスがあり、メインで使いたいんですが、判断が難しい所もあるので。

難しい判断をしたくない、あるいは慣れるまでは指値に自信がないという方は成行で。

最初からガンガンいきたい、ちょっと慣れてきたという方は、指値でいくというのがおすすめです。

 

[2]信用買い(売り)

次に、信用買い(売り)ですが。

利用者は入金して残っているお金(証拠金)もとにして、信用買いの時はお金を

信用売りの時は通貨を、証拠金の何倍も取引できる方法です。

利益が大きくなる可能性がある分、損失の可能性も大きくなる。

ハイリスクハイリターンな取引ですね。

 

そして、利用者が行わないといけないのは、指値のときとほぼ一緒です。

その項目があるときに、全部入力し。

①価格の横に、レバレッジというのがあるので、取引額を3倍にしたいなら3倍を押し

5倍にしたいなら、5倍を押すだけです。

やること自体はそんなに難しくないです。

注意

仮想通貨・暗号通貨の投資は、上下の激しい投資です。

ですので、信用売買は慣れてくるまで、基本的に避けておく方が賢明です。

「おー、1万円儲けた」、「うわー、2万円なくなった」というのを、短時間で経験してしまうことが普通にありますから。

でも、もし勝負に出たいと思うときはあると思います。

そのときは、余剰資金しか使わないこと。

そして、ここまで下がったら絶対売る(買う)!と決めてから行動しておくことを、強くおすすめします。

 

仮想通貨・暗号通貨の積立(Zaifコイン積立)

Zaifでは、売買の他に積立サービスがあるんです。

これは、毎月決まった額だけ機械的に購入を行ってくれるもので。

積立銀行座手続きをインターネット上で行うだけでOKです。

まず、①名前と生年月日の入力を行い。

次に、②どの銀行にするのかを選択

後は、③銀行口座の詳しい情報を入力していくだけです。

 

非常に簡単なのに、難しいこと勉強したくないけど、仮想通貨・暗号通貨は欲しいなーとか。

毎回取引を行うのは、すこしめんどくさいとか。

そういった方々でも、仮想通貨売買を行うことができますし。

なにより、安定した仮想通貨・暗号通貨投資ができるというのが、大きいです。

注意

Zaifコイン積立は、多くの銀行などの口座で利用できます。

しかし、ゆうちょ銀行とみずほ銀行という、最大手クラスの2つが利用できません

ですので、他行の口座を作成しておきましょう。

 

Zaifがおすすめな理由

Zaifの登録方法などを紹介してきました。

次に、ではなぜZaifがおすすめなのかを書いていきますと。

その理由は3つあるんです。

 

1.Zaifコイン積立の存在

まずなんといっても、Zaifコイン積立の存在。

これが大きすぎますね。

 

Zaifコイン積立では、楽さもありますが、その安定性が素晴らしいんです。

というのも、毎月決まった金額のお金を日割りして、それで毎日仮想通貨・暗号通貨を購入するという方法(ドル・コスト平均法)がとられているからなんです。

 

利用者の理想としては、本来最も安い金額の時に購入したいのですが。

もし自分で取引していたら、最も高い金額の時に購入してしまう可能性だってあります。

でも、高い日も安い日も毎日毎日、仮想通貨・暗号通貨を機械的に購入されていくとなると。

ある一定の金額で購入したのと同じような状態になるため。

大儲けもない代わりに、大損もない。

そんなローリスクな投資が可能になっていくんです。

詳しくはこちらをどうぞ

>>Zaifコイン積立はローリスクで超おすすめ!デメリットもあるけど

 

だから、たとえ運用期間は、ビットコインなどを安定して買い増ししていきたい人にも人気なサービスですが。

なにより初心者にとって、非常にありがたいサービスです。

将来的に、自分で売買するようになるにしても、まだ慣れない段階でローリスクな安定した投資ができるのって大きいですからね。

 

2.手数料の安さ

次に、圧倒的な手数料の安さですよ。

マイナスの手数料(取引したらお金もらえる)も。

0%も。

他の取引所では考えられない数字ですからね。

これだけでも、利用価値は十分あります。

手数料なんて、安ければ安いにこしたことはありませんもん。

 

3.コインチェックで扱ってない仮想通貨・暗号通貨

最後に、最も多くの仮想通貨・暗号通貨を扱っているのはコインチェックですが。

Zaifはコインチェックに次ぐ種類の仮想通貨・暗号通貨を扱っていて。

しかも、そのコインチェックでも扱っていない、人気の仮想通貨・暗号通貨を扱っているんです。

なので、コインチェックとZaifを登録しておくと、有名なものはほぼ網羅できることになるので。

その意味でも、Zaifを登録しておく価値はあるんですよ。

 

ちなみに、そのコインチェックで扱っていない仮想通貨・暗号通貨の代表格はモナコインという。

国産の仮想通貨・暗号通貨ですが。

これ自体は、ビットフライヤーでも購入することはできます。

でも、手数料のことを考えると、絶対にZaifの方がいいので。

Zaifを推しているんですよ。

 

終わりに

というわけで、Zaifの登録&使い方について書いてきました。

登録はすぐですが、使い始められるようになるまで少し時間がかかるのが、玉に瑕なところがあります。

でも、積立は便利ですし。

手数料は激安だし。

網羅性も上がる。

そんな取引所なので、仮想通貨・暗号通貨の投資をするなら。

ぜひとも登録しておきたい登録所といえますね。

使い方も、初心者でも簡単に売買できるようなシステムにされていますし。

やっぱり、初心者が最初に登録するにはぴったりな取引所ですね。

もし別のところに登録されていても、あわせて登録しておくことをおすすめします。

通貨の種類も多く、取引の幅を広げることができますからね。

以上、Zaifの登録方法&使い方:ローリスクな積立のある仮想通貨取引所、でした。

▼Zaifで取引を始める▼