THE FLASH(フラッシュ)シーズン3の感想!物語はより複雑に

海外ドラマ『フラッシュ』シーズン3の感想

今回は、海外ドラマ『THE FLASH(フラッシュ)』シーズン3を見たので。

その感想を書いていきます。

 

シーズン3は、別世界からやってきたズーマを倒したのち。

歴史を変更(母親を助けた)し、別の時間軸を作り出してしまった。

そんなシーズン2からの続きです。

>>フラッシュ・シーズン2の感想!壮大すぎるスケールに

シーズン3も、シーズン2同様、スケールの大きな話ではありましたけど。

ストーリー展開が複雑になってきて、少しだけ違った雰囲気を感じるシーズンでもありました。

 

では、そんなフラッシュ・シーズン3の感想を始めていきますね。

まずは、第1話の感想を書いた後に。

最終回を見終わった後の感想を書くという流れで。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

フラッシュ・シーズン3第1話の感想

バリーがすごく楽しそうな序盤

シーズン2の後、どうなっていくかと思いきや。

バリーは、ものすごく幸せそうな生活をおくっていました。

 

今までの友人や仲間はいませんけど。

代わりに、両親は健在だし。

この世界のアイリスとの関係も良好。

フラッシュが担っていた街を守る活動も、別人が行っている。

その上、唯一危険をはらんでいるソーンを閉じ込めておくことにも成功。

 

バリーが待ち望んでいた生活を邪魔するものはないって感じです^^

シーズン1、2とも、ピンチに陥ったり、暗い話があったりしているのを見ている。

特に、シーズン2の第1話で、仲間を遠ざけ孤独に活動している姿を見ているので。

こういう生活をおくれるのも「良かったなー」と思ってしまいましたね。

 

中盤以降バリーの物語は急変する

しかし、そんな幸せそうなのが続いていっても、ヒューマンドラマ系の海外ドラマならともかく。

DCコミック系の海外ドラマだと、当然話は進んでいかないわけです^^

そうしたら、案の定物語は急変していきました。

 

元いた時間軸と現在の時間軸が同一化しようとしており。

バリーは過去の記憶が少しずつ消えていくし。

また、現在が固定されてしまって、現在起こったことを覆すことは不可能になってしまう。

そして、そんな状況になっていっているのに、現在の世界でフラッシュ的活動をしていたウォリーが敵に倒されてしまうんですよ。

だから、このまま世界が固定されれば、バリーの記憶はすべて失われた上、ウォリーがいなくなった世界が完璧に出来上がってしまうことになります。

 

じゃあ、世界を元に戻せばいいということになりますけど。

世界を元に戻すということは、つまりソーンから母親を助けず、せっかく助けた母親を犠牲にし。

そして、ズーマに倒された自分の父親も見捨てるってこと。

なので、簡単に判断できる類のものじゃないんです。

 

最終的に、バリーは、ソーイにお願いして、世界を元に戻してもらうんですけど。

その苦悩を考えると、ちょっと・・・

これまでも、暗い話はありましたけど。

自分から犠牲がでるようにお願いするのは、ちょっとレベルが違います。

判断を間違えてしまったとか。

あるいは、救えなかったとか、そういったものと比べて。

 

客層はあってるのかな?

そんな感じで進んでいく第1話だったんですが。

ちょっと思ったことが。

それは。

 

「ニーズにあった話なのかな?」

 

ということ。

 

私の好みかどうかと聞かれると、世界の大きな流れに飲み込まれていく系の。

複雑なストーリーは、大好物です^^

RPGとか大好きですしね。

 

ただ、DCコミック系の海外ドラマが好きな方がもとめているのって。

くすっと笑えるところがあったり。

爽快な戦いがあったりするような。

ゲームでいうところの、アクションゲームやアクションRPGにような感じが好きなんじゃないかと思うんです。

もしそうなら、シーズン1第1話で描かれているような、話が色々入り混じってくる感じは。

求めているところじゃないんじゃないかなーって思ってしまうんです。

 

この辺の変化は、どう評価されるのか。

全話を見終わった方々にしてもらうしかないですけど。

少しだけ違った雰囲気を感じられたのは、間違いないですね。

 

終わり

他にも、せっかく元の世界に帰ってきたのに、微妙に変化してしまっていることや。

新しい世界で、スノー博士が眼科医だったのは面白かったなど、感想は色々ありましたが。

メインの感想は、上のような感じですね。

このままの雰囲気なら、シーズン3は賛否両論になりそうな気がしますが。

どうなっていくのか気になるところです。

以上、フラッシュ・シーズン3第1話の感想でした。

 

フラッシュ・シーズン3第23話・最終回を見終わった感想

ラスボスの意外性

フラッシュは、最初予想していなかった人物がラスボスになる海外ドラマですが。

シーズン3もその伝統は継続。

絶望し闇に染まった未来のバリー(サビター)。

彼が今回のラスボスですからね。

 

しかし、フラッシュは今回が最後ってわけじゃないのに。

こんな最後の最後にもってこいのキャラを出して大丈夫なんでしょうかね。

DCコミック系の海外ドラマは、それこそ無限に敵を登場させられるジャンルではありますけど。

ソーイと並んで、最高レベルに因縁を創り出せる相手だっただけに。

シーズン4以降、どうなっていくのか気になるところです。

 

12モンキーズやウエイワードパインズとかのジャンルでは?

全体的なストーリーに関しては、やっぱり今回はDCコミック作品にしては複雑だったんじゃないかと思ってしまいます。

 

バリーが新しい世界を生み出してしまった影響で、元の世界は少し変化してしまうし。

その影響で、アイリスがサビターに狙われることとなる。

また、サビターを倒しても、今度はスピードフォースの混乱が生じ。

その原因を作ったバリーがスピードフォースの中に幽閉されるなど。

色々な事象が影響しあって変化する展開が多かったんです。

 

なので、これはDCコミック作品が担うジャンルじゃなくて。

『12モンキーズ』や、『ウエイワードパインズ』など。

様々な要因が絡み合って行くタイプの海外ドラマっぽいなと感じました。

>>12モンキーズ・シーズン2の感想【最終回追記】シーズン3に続く

>>ウェイワード・パインズ・シーズン2を最終話まで見た感想!シーズン3に期待

 

第1話の感想でも書いたのですが、私は大好物なんですけど。

やっぱり否定的な意見ってでるんじゃないかなーと思いますね。

物語的には複雑になって面白いと思いますけど。

ファンがもとめているのとは、少し違うような気がしますから。

 

gleeファンは第17話絶対に見るべき

後、印象的だったのは、第17話での展開。

ストーリー展開に全く関係ない、『スーパーガール』とのコラボ回だったんですけど。

ここで、『glee』ファンにはたまらない展開が起きましたから。

 

フラッシュの主人公バリーを演じているグラント・ガスティンは、gleeのセバスチャンを演じ。

スーパーガールの主人公カーラを演じているメリッサ・ブノワは、gleeのマリーを演じ。

そして、第17話の敵役(?)を演じているダレン・クリスは、gleeのブレインを演じており。

この3人を同時見ることができたんです。

 

しかも、第17話は、ミュージカルな世界に閉じ込められたバリーとカーラが。

ミュージカルを演じ終らないと、解放されないというストーリーですから。

久々にセバスチャンとマリー。

そして、ブレインの歌声を聞くことができたんですよ。

超うれしい^^

 

その中でも、元々ブレインファン、特にウォブラーズでのブレイン好きだった私としては。

大勢の人数と踊りながら歌うブレインの姿が、もう最高でしたね。

いまだにgleeの曲聞いているぐらい好きなので。

あの雄姿をもう一度見ることができるなんて!

まぁ、メインボーカル3人のうち1人という扱いじゃなかったら、もっと良かったですけどね^^

 

そんなですから、gleeファンは、第17話は絶対に見るべきだと言い切れます。

シーズン3全体も面白かったですけど。

それでも、第17話の衝撃が大きすぎて。

第17話だけ、何度も何度も見てしまいそうです^^

 

終わりに

上に書いたメインの感想以外にも。

他にも、スピードフォースに幽閉されたバリーは今後どうなるのかが気になったり。

また、時間的には短いですけど、4人のスピードスターの森の中での戦いは。

これまでの街中での戦い以上に迫力があってよかったといった。

見どころの多いシーズンでしたね、シーズン3は。

しかし、シーズン4はどういう雰囲気の作品になるんですかね。

シーズン3が受け入れられず、原点回帰するのか。

あるいは、シーズン3が受け入れられて、このままの雰囲気で進むのか。

気になるところですよ。

以上、フラッシュ・シーズン3第23話・最終回を見終わった感想、でした。

動画を無料で見る方法

この作品を見るのに利用したHuluですが、現在2週間見放題の無料お試しが実施されています。


見たい作品を無料で見て、そのままやめるということもできるので、この機会にお試しあれ。