『愛してたって秘密はある』の感想!本編はHuluオリジナルストーリーからだ

ドラマ『愛してたって秘密はある』の感想

今回は、福士蒼汰さん主演のドラマ『愛してたって秘密はある』をHuluの見逃し配信で見たので。

その感想を書いていきます。

 

この『愛してたって秘密はある』の主人公は司法修習生で。

まわりの人間たちも弁護士や検事ばかり。

こういったドラマとしては、『代償』を思い出しますね。

両方とも、招かざる人物にまとわりつかれるという共通点もありますし。

『代償』では、まとりわついてくるのは犯人で。

『愛してたって秘密はある』では、主人公の秘密を暴こうとする人間だという違いはありますけど。

まぁ、実際に見てみたら、内容は正反対かってぐらい全然違うんですけどね^^

 

では、そんな『愛してたって秘密はある』の感想を、さっそく始めていきましょうか。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

『愛してたって秘密はある』のキャスト

でも、その前に簡単にキャストを整理していきます。

ちょっと長いです。

  • 奥森黎(福士蒼汰):主人公、司法修習生
  • 晧介(服部圭亮):黎の父、故人
  • 晶子(鈴木保奈美):黎の母、看護師
  • 安達虎太郎(白州迅):黎の友人、司法修習生
  • 立花爽(川口春奈):黎の恋人、司法修習生
  • 弘晃(遠藤憲一):爽の父、検事正
  • 茜(岡江久美子):爽の母
  • 暁人(加賀賢人):爽の兄、ジャーナリスト
  • 香坂いずみ:黎・爽の恩師、爽の修習先
  • 山田隆也(柄本時生):いずみの事務所のパラリーガル
  • 井上大吾:刑事
  • 一ノ瀬義男:刑事
  • 風見忠行(鈴木浩介):泉の同僚
  • 浦西果凛:謎の女性

 

あぶねぇぇぇ。

我が家は、柄本時生(ときおちゃん)のファンでして。

彼が出るドラマはできる限り見るようにしているんですが。

危うく見逃すところでしたよ・・・

でも、見逃し配信で気づけて、よかったよかった^^

 

『愛してたって秘密はある』の簡単なあらすじ

次に、簡単なあらすじを書いていきますと。

 

高圧的で支配的であった父から、母を守るために取返しのつかないことをしてしまった黎。

彼はその秘密をもちつつ、弁護士となってやむを得ずに犯罪をしてしまった人々を救うことを夢見ている。

そんな黎は、大学の同級生であった爽との結婚に向けて動き出し、幸せを掴もうとするが。

彼の秘密を知る何者かが、それを妨害するかのように、様々な行動にでてくる・・・

 

こんな感じのあらすじですね。

人間ドラマ、恋愛、サスペンスと3つの要素をあわせたドラマになっています。

 

『愛してたって秘密はある』第1話の感想

第1話は、ストーリーのはじめなので、少し長めに感想を書いていきますね。

 

やむを得ずに犯罪を犯した人は許されるのか

この『愛してたって秘密はある』は、3つのテーマがあると思うんです。

1つ目は、やむを得ずに犯罪を犯した人は許されるべきかという、人間ドラマに関連したテーマ。

 

黎は、もちろん肯定の立場に立つわけですが。

どうも、否定の立場に立つ人たちに比べて、肯定の立場にたつ根拠が弱すぎる。

黎は色々言っていますが、最終的に行きつくのは自分の体験談で。

もっと言ってしまえば、自分が許されるために言い続けているだけに聞こえるものばかり。

だから、黎の話を聞いても、全然響いてこないんですよね。

 

なので、こんな弱い武器だけをもって、黎が自分の意思を貫き通せるか。

現状無理そうなだけに、どうなっていくのかは、かなり気になるところです。

黎はその弱い武器を支え棒にして、ギリギリ立っているだけで。

ちょっとした風が吹いただけで倒れそうですからね。

 

黎と爽の恋愛がヘルモード

2つ目は、爽との恋愛を続けていけるのかという、恋愛に関連したテーマ。

 

秘密と、そんな風な思考をもった黎ですから、爽との恋愛は難しぎますよ。

爽やかの父、弘晃が、検事という職業についているだけでなく。

しかも、黎と真っ向から反対の立場に立つ思想をもっていますからね。

この父親から、結婚の許しをもらうって。

そんじょそこらの労力じゃ足りない・・・

 

その上、兄、暁人の存在も厄介すぎる。

警察の前を張り付いて、特ダネを狙うタイプのジャーナリストですからね。

黎の秘密なんて、格好の餌。

しかも、弘晃のことを毛嫌いしているため、司法系の職業に就く人間のことを快く思っていなさそうだし。

今後大いに邪魔になってきそうです。

 

こんな相手達を敵に回しながら、黎の秘密を知っている者からの嫌がらせを受け続けるって。

黎は相当不安定になっていきそう。

そんな中で、爽との恋愛を続けていけるのか。

かなり心配ですよ。

 

誰がなんのためにするのか

3つ目は、黎の秘密を知る者は誰で、なんのために様々なことをやっているのかという、サスペンスに関連したテーマ。

 

今のところ、最有力なのは安達虎太郎かなーと思っています。

動機としては、虎太郎が、実は爽のことが好きで。

黎との結婚をやめさせたいというもの。

あるいは、その思想から黎のことを下に見ていたのに。

爽との結婚が決まったりすると、黎が刑事正(弘晃)の後ろ盾ができてしまうため。

それを快く思っていないため、結婚を邪魔したいというもの。

 

次に怪しいのは、晶子。

もし彼女なら、動機は自分だけが幸せになるのが許せないとか。

あるいは、心の支えなので、手元からいなくならないで欲しいとかになりますかね。

あとは、黎に助けられはしたけど、晧介への愛情があって、心の中で想いがくすぶっていたとかかな。

 

一応、風見忠行が晶子への想いをこじらせて行動を起こしたというのも考えましたが。

黎と爽の婚約がきまった時期に、嫌がらせが始まったこと。

黎のスマホにメールを送ってきたことを考えると、ないかなーと。

しっかりと結婚がきまって、晶子が一人になった方が、風見にとっては都合いいですし。

 

なので、情報がない現状では、虎太郎が一番怪しく、次に怪しいのは晶子ですね。

まぁ、これは今後の情報次第で、一気に変化していきますけど^^

 

終わりに

というわけで、『愛してたって秘密はある』の第1話の感想を書いてきました。

色々ある第1話ですから、長くなっちゃいましたけど。

いろんなジャンルの問題が絡み合っているドラマだけに、仕方がないかなと。

しかし、一体今後はどうなっていくんでしょう。

第2話からも楽しみですね^^

以上、『愛してたって秘密はある』の第1話の感想、でした。

 

『愛してたって秘密はある』第2話の感想

容疑者が増えてしまった第2話。

 

いきなり黎が、爽に父親のことを話そうとしてびびりました。

こういう秘密を抱えて、それを愛している系のドラマって最後まで抱えておくもんですが。

爽を加害者家族にしたくないと考えて、言おうとするとは。

第1話では、黎のことを、「キレイなことはいうけど、あまり芯がないタイプ」と思っていたので。

すごく見直したもんですよ!

第2話の間に、評価は元にもどりましたけど・・・

うん、やっぱり爽よりも自分の感情の方を優先するのね。

 

まぁそれは置いておいて、晧介に関する秘密を暴こうとする人物に関して。

第1話では、虎太郎が一番、可能性はぐんと下がって晶子、ほぼないけど一応風見って感じだと思っていました。

でも、黎の家に勝手に侵入している高校生(浦西果凛)が現れ。

一切わからなくなりましたよ^^

こういう普通ではない行動をとる人物がいるなら、誰だって容疑者になりえますからね。

ちょっと中盤ぐらいまで待たないと、予想は安定しないかもしれません。

 

一方、晧介のことを暴こうとする手は、そうそうに進んでいますね。

海に捨てたはずの、晧介の車まで。

謎の人物の証言によって、引きあがられたりしますし。

黎への新たなメッセージも送られてきちゃいましたからね。

これで、現存する晧介に関する証拠は、とりあえず全部明るみになったのかも。

なんとなくですが、次回あたりから暁人(爽の兄)の出番が増えてきそうな気がしますね。

 

以上、『愛してたって秘密はある』の第2話の感想、でした。

 

『愛してたって秘密はある』第3話の感想

もうなにがなんだかわからない第3話。

 

第3話は、みんな思わせぶりな行動が多くて、困ってしまいます^^

あんなに人の好さそうだった晶子が、弘晃と会う時に悪女風な物言いをしてみたり。

黎の家に忍び込んでいた女性が、黎と爽がデートしているすぐそばに現れ。

また、虎太郎とつながっていて、爽の昔の写真をもらったり。

などなど、みんな謎の行動をとることが多すぎます^^

 

予想通り虎太郎は、爽のことが好きみたいで。

謎の女性を使って、黎を陥れようとするという可能性はやっぱり高いですけど。

ひょっとしたら、その女性の方が主体的に動いている可能性もありますよね。

 

それに、第2話見たときに「ないかな?」と思っていた晶子も。

これまで明らかにしてこなかった、裏の顔がありそうで、がぜん可能性は上がっています。

最後の最後に、階段から落とされたことが、本当に落とされたのか。

それとも、自分から落ちたのかによって、だいぶ変わってきますけど。

そして、もし落とされたのなら、風見の可能性だってでてくるわけで・・・

 

第2話でも、誰が犯人なのかわからなくなりましてけど。

第3話にきて、さらにわからなくなるとは^^

 

後、暁人のことも気になりますね。

真相を明らかにすることにとらわれている感じがして。

弘晃との仲がこじれてそうなったのか。

もともとそういう性格で、だからこじれたのかはわかりませんけど。

でも、ちょっとずつ、黎の事件にどうやって関係してくるのかがわかってきましたね。

 

以上、『愛してたって秘密はある』の第3話の感想、でした。

 

『愛してたって秘密はある』第4話の感想

(ここから2017年8月の情報になります。)

爽にも秘密があることが分かった第4話。

 

第4話は、謎の女性=果凛が本格的に参戦してきましたね。

黎のことが好きなのはわかりましたけど。

かなり歪んだ愛情を持っている感じですね。

黎を落とすというよりは、黎と爽の中をかき乱すのが楽しそうで。

黎に好かれる方に努力するという感じではなさそう。

黎の周りの女性を排除していったら、最終的に自分が愛されると思っているタイプっぽいですね。

 

でも、気になったのは、そこではありません。

爽の方にも、黎に言えない秘密があるらしいんですよ。

その内容自体は、第5話で明らかになるみたいですけど。

一体何なんでしょうね。

女子高生時代の写真に意味があるようですが。

今のところわかりません。

 

しかし、父親のことも、今回の秘密も、いくつも黎に秘密を隠していたのに。

よく黎の秘密について暴こうとするなと思っちゃいましたよ。

なんか爽のイメージが第1話からだんだん変わってきてます。

正直あんまりいい感じじゃなくなってきましたねー。

 

あとイメージといえば、第4話で気になったのは、晶子のこと。

第3話にもあったような不自然な行動は、第4話でも目立ってきてます。

ちょっと晧介の被害者で可哀そうな人であり。

また黎の幸せを一番に祈る母親。

そういうイメージから、ますます離れてきてます。

爽と同じく、何かしらの秘密が出てきてもおかしくないですね。

 

以上、『愛してたって秘密はある』の第4話の感想、でした。

 

『愛してたって秘密はある』第5話の感想

怖すぎる第5話。

 

今回は怖い話が続きましたね。

まず自分に起きたら怖すぎるものとしては、黎が用意した婚約指輪。

新しく爽と購入したはずなのに。

気がついたら、埋めたはずの晧介の物になっていたとか・・・

 

それができるのは、嫌がらせをしている犯人だけでしょうけど。

家に置いてあった指輪をどうやって交換したのか?

可能性としては、一緒に住んでいる晶子。

あるいは、勝手に侵入してくる果凛が可能性が高い。

というか、この二人以外だと、ハードルが高すぎるんですけどね。

 

その中で晶子への不信感は、日ごとに増していきますね。

第4話で、凶器が爽のところにおくりつけられてきたんですけど。

それを見た晶子は、取り乱すというよりかは。

ちょっと精神バランスを崩しているような、狂気性をかんじさせられる状態になっていました。

普通に考えたら、ショックなことがあって、一時的にそうなったというのが正しいんでしょうけど。

ひょっとして、晧介の事件、あるいはそれ以前から精神バランスを崩していて。

それが顕在化してきただけなんてことも。

もしそうなら、黎の幸せを崩すような今回の嫌がらせをする理由があまりなかった晶子が実行していても。

それほど変じゃないんですよね。

う~ん。

 

あと、気になったのは、風見のこと。

彼、晶子、晧介の3人の写真を見て、うなっていたシーンがありましたが。

これは晶子のことが好きだったのに晧介にとられたのを思い出したのか。

あるいは、晶子を憎んでいたのか。

2つが考えられるため、非常に気になります。

まだワンシーンしかないので、なんともいえませんが。

これは次回以降も気にしていかないといけないポイントですね。

 

以上、『愛してたって秘密はある』の第5話の感想、でした。

 

『愛してたって秘密はある』第6話の感想

みんなに「そりゃそうだ」と思われたであろう第6話。

 

第5話の感想で、ちょっと勘違いしてました。

黎が持っていた指輪、絶対晧介のものだと決めつけてましたが。

そういや晶子のものの可能性あったんですよね。

いや、結局晧介のだったんですけどね。

でも、第6話では、そこにいくまでに紆余曲折がったので。

決めつけはよくなかったと思いまして。

ごめんなさい。

 

そんな指輪に関連して、第6話ではこんなシーンがあったんです。

黎はイタズラの主から贈られた来た物を、黎は部屋の倉庫に収納していたのに。

黎が外から帰ってきたら、倉庫の中身が空っぽになってた!

といった。

これだけ聞くと、イタズラの主が有能そうに見えてくるんですけどね。

でもどちらかというと、黎に問題がありすぎるようにしか見えないんですよ、これが。

というのも、その直前に黎の家が監視されているのがわかったはずなのに。

なのに、倉庫のカギを同じ部屋にある机の引き出しにしまい。

そのまま外出するんですもん・・・

犯人からしたら、まるわかりでしょ。

黎は驚いていましたけど、視聴者からすると「そりゃそうだ」とツッコミを入れたくなりました^^

というか、みんなそうに違いない!

 

でも、中盤こそちょっとコメディチックになりはしましたけど。

最後の最後でストーリーが動き出しそうな大事なことが起こりました。

爽が風見のことを、風見が爽のことを知っていて。

そして、爽いわく風見が犯人だというんです。

本当に最後だったので、詳細は第7話になりますけど。

これまで果凛のこと以外、何にもわからなかったことを考えると。

どういった方向に話が進もうと、大きな一歩になるのは間違いないですね。

 

それに加えて、とうとう黎のことを本格的に疑い始めた刑事たち。

自分の仕事のネタのために、妹の婚約者の母親(晶子)をも情報源にしようとする暁人。

彼らにも、第7話からは動きが出てくるのが予想されます。

なので、第7話はかなり楽しみな回ですよ^^

以上、『愛してたって秘密はある』の第6話の感想、でした。

 

『愛してたって秘密はある』第7話の感想

爽の秘密が明らかになった第7話。

 

第7話は、基本的に2つのことがメインに進んでいきました。

1つは、虎太郎が果凛とつながりがあることが黎にばれたこと。

この2人は、何がなんだかよくわからない感じになってきましたね。

 

果凛の方は、本当に黎に愛されたいのかわからないような物言いばかりしてますから。

例え思惑通り上手くいき、黎と爽が別れたとして。

果凛の方に行くとは思えない。

もし、本当に果凛が黎に愛されたいと思っているという風にしてるなら。

人物設定で、ちょっと不気味な女性というイメージを強く押し出しすぎたように感じるレベル。

逆に、本当は別の思惑があるというんでしたら。

果凛の言動は、よくわかりますけどね。

でも、現状はどっちかわかりません。

 

一方、虎太郎もなかなか。

黎への嫉妬があるんでしょうけど、言ってることがめちゃくちゃです。

だって、虎太郎って、友達の彼女が好きで。

結婚することが決まると、何食わぬ顔をしながら普段通り生活をしている裏で。

爽のためだといって、友達に嫌がらせをはじめ。

直前に開き直った態度とったすぐ後に、開き直んなと怒鳴るって・・・

あ、あと指輪をもってるのも虎太郎でしたか。

もうめちゃくちゃですよ。

ただ、すごくリアル設定ではあるなと思います。

嫉妬にかられて支離滅裂になった人間って、思いもよらない行動しますから。

自分は悪くない、悪いのは相手だといった感じに。

だから、めちゃくちゃ度は上ですが。

果凛よりは虎太郎の行動の方がまだ理解はできますね。

 

そして、もう1つのメインは、爽の秘密について。

風見が弘晃(爽の父)に対する恨みをもち。

その復讐のために爽を高校生時代に連れ去ったというものなんです。

これ自体、序盤からは想像つかなかったことですが。

個人的に注目していたのは、これ自体ではなくて。

これと絡んで、晶子の言動が日増しに不気味な感じになってきたことなんですよ。

風見へいつも味方だという風に接したと思えば。

逆に、風見にすべての責任を押し付けようとする。

徐々に高まっていった晶子への疑惑ですが。

第7話でものすごい跳ね上がり方しましたね。

少なくとも、第8話は晶子の行動が気になって仕方がなくなってきました。

いや、早く続き来ないかな^^

 

以上、『愛してたって秘密はある』の第7話の感想、でした。

 

『愛してたって秘密はある』第8話~第10話・最終回の感想

第8話から第10話は、ストーリーの全容を掴むための1つのエピソードのようだし。

最終回後を描いたHuluオリジナルストーリーの橋渡し的存在のように感じられたので。

この3話の感想をまとめて書いていきますね。

 

第8話から第10話までのおかげで、誰も得しないようなイタズラの全容なやっとわかりましたね。

諸悪の根源だと思っていた晧介の暴力が、実は弘晃(爽の父)による取り調べによって精神のバランスを崩していたことに理由があること。

晶子が自分のために自首までしたのに泣いてばかりで動けなかったのは、黎のもう1つの人格である『朔』が影響していたこと。

((注)朔の漢字は、本編では出てきていませんでしたが、Huluのオリジナルストーリーの説明のところにありました。)

イタズラは、朔と晶子の二人によって行われていたこと。

こういった風になっていたとは。

 

ある意味、晶子が怪しいというのはあっていましたね。

まぁ、根本的なところは違ったんですけど^^

 

しかし、二重人格かー。

最近、ドラマでも小説でもあまり二重人格の自分が犯人という結末は少なくなっていたので。

なんとなく除外したのか、全然浮かんできませんでしたね。

ただ、第8話の終わりぐらいから、そうなんじゃないかというヒントはありましたけど。

 

「でも、これで全部わかってすっきり!」

とはならなかったんですよ、地上波に流れた部分では。

とにかく、モヤモヤが残りまくる・・・

その理由として、果凛とは結局何だったんだろうとか、色々説明が不十分だったというもあるんですけど。

なによりも朔のことですよ。

  • 朔の本当の行動原理はわかっていない。
  • 黎自身は対決していない。
  • 朔が消えたと思えない。

などなど。

朔のことを語る時間が少なすぎる。

テーマとしては、黎と爽の恋愛がメインなんでしょうけど。

視聴者としては、朔が出てきた段階で、もうそれはどうでもよくなっていて。

朔のことを語る時間が無くなることばっかり気になって、やたら時計を観ちゃっていましたよ^^

 

ですので、正直この段階で終られると、困ってましたね。

Huluのオリジナルストーリー見つけるまで、「ええ~?」という気分でしたから。

だから、最終回の感想らしくはないですけど。

ここでの感想はここで終わらせておきますね。

以上、『愛してたって秘密はある』の第8話~第10話・最終回の感想、でした。

 

『愛してたって秘密はある』Huluオリジナルストーリー前編の感想

というわけで、Huluでは、モヤモヤっとした解消できるように、その後の話に関して。

前編と後編に分かれて、続きのオリジナルストーリーを観ることができます。

 

その前編は、警察の取調室の鏡越しに、黎と朔が初めて出会い。

朔の考えが語られることがメインになっています。

どういったことを考えて行動していたのかも興味深かったですけど。

でも、現在の朔の状況の方が、ずっと面白い。

第10話で爽の機転で、黎が朔ごと逮捕されましたけど。

あれが、まさか悪手だったとはねー。

朔が出られるのは、黎の罪のことを知っている人間の前でのみだったようで。

逆に、逮捕され黎のことが世間に知れ渡ってしまったことで。

朔がいつでも出られるようになったなんて、全然想像もしてませんでしたよ。

 

第5話ぐらいから、このドラマに対して少しずつテンションが下がっていっていて。

第10話を観終わったときに、最低のテンションになっていたのに。

まさかここで最高潮なテンションになろうとは。

かなりいい感じのサイコミステリーに変貌してきましたからね。

 

でも、ストーリーだけじゃないんですよ。

福士蒼汰さんの演技も大きい。

このドラマを通して福士蒼汰さんの驚く演技とかちょっと苦手だなと思っていて。

演技に関しては、あまり評価してなかったんですけど。

こんなにサイコなキャラの演技ができるとは。

ちょっと『悪の教典』のハスミンを演じた伊藤英明さんのことを思い出したぐらい気に入りました。

 

本当にこのオリジナルストーリー部分が本編かっていうぐらい「真の完結編」という感じなので。

これを配信してくれたHuluには感謝したですね。

いやー、後編も楽しみだわ。

以上、『愛してたって秘密はある』Huluオリジナルストーリー前編の感想、でした。

 

『愛してたって秘密はある』Huluオリジナルストーリー後編の感想

Huluオリジナルストーリーの後編は、黎がいると爽が意固地になって自分の幸せがつかめない。

だから、自分に身体を明け渡せと黎が朔に言われるところから始まります。

 

前編と異なり、後編は好き嫌いが分かれてしまいそうな内容でしたね。

というのも、朔に身体を奪われ、そこから爽が頑張るという流れるなっていきますからね。

そのため、もう全部サイコミステリー調で行ってしまえばいいと考える派は、不満に感じるでしょうし。

ドラマのコンセプトはやっぱり取り入れるべき派は、納得の方向だと思うんです。

 

私は若干前者で、ただ同時にまとめあげるにはこれしかなかったかなとも思うという立場に立っていますね。

この辺の評価は、本当に難しい。

どっちがいいと言い切れないところがありますから。

なので、結局のところ、この作品に関してはご自身の目で見て判断してもらい。

それぞれで判断してもらうしかないですねー。

以上、『愛してたって秘密はある』Huluオリジナルストーリー後編の感想、でした。

動画を無料で見る方法

この作品を見るのに利用したHuluですが、現在2週間見放題の無料お試しが実施されています。


見たい作品を無料で見て、そのままやめるということもできるので、この機会にお試しあれ。