アナザーエデンの感想!スマホゲームがRPGの王道になりかねん

スマホゲームRPG『アナザーエデン』の感想

今回は、スマホゲーム『アナザーエデン 時空を旅する猫』をプレイしたので。

その感想を書いていきます。

 

『アナザーエデン』は、スマホRPGの一種なのですが。

その出来にびっくりさせられましたよ。

正直スマホゲームがここまでになるのは、少なくとも来年ぐらいまではかかると思っていたのに。

まさかこんなに早く、家庭用ゲーム機に正面からぶつかっていけそうなものができるとは。

ついつい感動して、本当は辻村深月さんの『かがみの狐城』や、沼田まほかるさんの『彼女がその名を知らない鳥たち』。

あと、今試しているサプリに関して、記事を書こうと思っていたのに、それらを後にまわしてこの記事を書いちゃってます^^

 

では、すでに長くなりましたし、そんな『アナザーエデン』の感想を始めていきますね。

(当記事の画像は、Wright Flyer Studios『アナザーエデン』を出典としています。)

 

『アナザーエデン』のストーリーの面白さ

まず、『アナザーエデン』を見る上で、最も大事なのはストーリーの面白さでしょうね。

 

森に捨てられていた(?)兄妹が、16年後人間を一掃しようとする魔族の策略に巻き込まれ。

そのための能力をもつと考えられている妹(フィーネ)が連れ去られた一方。

それを追っていた兄(主人公アルド)は、新たな能力に目覚めるも、魔族に倒されてしまいます。

それでも追いすがるアルドでしたが、さらなる危機に直面することに。

間一髪逃げることに成功しますが、そこは自分が住んでいた時代の800年後の未来。

そこから、アルドのフィーネを救うための、時空の旅が始まっていく。

そういったストーリーなんですよ。

 

最近のスマホゲームのRPGもストーリー重視の作品は増えてきましたが。

導入部分からこんなに大ボリュームなのはなかなか。

というか、これってPSとかニンテンドーとかそういったところのゲームの範疇に入っていると思うんですよね。

でも、やっぱりこんだけしっかりと導入部分が作られると。

ゲームへの期待度がうなぎのぼりになっていきます。

面白すぎて、ぐいぐい進めちゃいましたからね^^

 

『アナザーエデン』の主人公たちがいい味してる

また、キャラクター達もいい味出してるんですよ。

 

まず、主人公のアルドですが。

 

間違いなくリア充。

 

あざとささえ感じてしまうような可愛い妹を持ち。

メガネのクール系お姉さんが幼なじみ(?)で。

さらに天真爛漫系美少女とも仲良くしてますから。

時空を超えて、さらにいろんな人々と出会う前にこれですからね。

うらやましすぎる男ですよ。

ただ、シスコン気味なのが、多少それを台無しにしていますけど^^

妹のお弁当食べたら、HP・MP全回復するとは、なかなかのレベルでしょう。

 

一方、妹のフィーネもブラコン気味。

リセマラをして、もう一度やり直したときには。

ないとはわかっていても、「ポイント高い」とかいいださないか心配になったもんです^^

 

あと、魔王的なポジションにいる魔獣王ですが。

彼も、フィーネをさらったり、アルドを倒したりして、危険な存在のように見えますが。

元々は、赤ちゃんとか、小さいものが好きな好青年タイプの魔獣です。

人間の赤ちゃんに対しても、そうですから。

魔獣の赤ちゃん相手だと、どうなるのか。

ギャップが大きすぎる。

 

とまぁ、こんな感じで、『アナザーエデン』のキャラたちは、いい味してるんですよ。

ガチャで出会ったキャラとかも、かなり特徴のあるキャラばかりですし。

 

『アナザーエデン』のグラフィックのこだわり

そんなストーリーやキャラを支えるグラフィック関係ですが。

これにも強いこだわりを感じるんですよ。

 

単純な美しさも当然すごいと思います。

バトルなんかは、コマンドタイプの王道的なシステムになっているのに。

スキルを使う場面とかは、かなりのこだわりを感じますし。

 

また、フィールドもすごいですね。

雨が降っているシーンとか、相当のこだわりを感じます。

これまでのスマホゲームでよく見かけるような、これみよがしの物じゃなく。

かなり自然に感じることができますから。

 

あと、移動の際のなめらかさですね。

『アナザーエデン』は、縦の画面移動ができるようにすることで。

かなり奥行きを感じるような作りになっているんですよ。

そして、その縦移動が非常になめらか。

一昔の家庭用ゲーム機のゲームでも、縦の画面移動の時はぶつ切り感があったんですけど。

そんなことをほとんど感じないんですよ。

これって、意外とストレスフリーでいい感じです。

 

『アナザーエデン』の声優陣の豪華さよ

『アナザーエデン』は、他にも声優陣も豪華なんですよ。

ガチで。

キャラクターの多いゲームなので、声優陣の数はかなりの数にのぼりますが。

その中にこんな人たちがいますからね。

 

・茅野愛衣 :サーバントXサービスの山神ルーシー(以下略)
・内田真礼 :中二病でも恋がしたいの小鳥遊六花
・佐倉綾音 :Charlotteの友利奈緒
・川澄綾子 :Fateシリーズのセイバー
・佐藤利奈 :とある魔術の禁書目録の御坂美琴
・釘宮理恵 :とらドラの逢坂大河
・早見沙織 :魔法科高校の劣等生の司波深雪
・沢城みゆき:ルパン三世の峰不二子
・小清水亜美:咲-saki-の原村和
・緑川光  :遊戯王の海馬瀬人
・中村悠一 :マクロスFの早乙女アルト
・子安武人 :頭文字Dの高橋涼介

 

このクラスって、大作映画とかだと、ぎりで半分ぐらい揃えられるだけで。

普通のアニメとかだと、3人もいれば十分豪華だといわれるレベルですよね。

それをよく10人以上もそろえられたもんですよ。

いや、すごすぎる^^

 

終わりに

というわけで、スマホゲーム『アナザーエデン』の感想を書いてきました。

ストーリーは面白いわ、キャラがいい味だしてるわ。

さらに、グラフィックにもこだわっていて、声優も豪華すぎる。

スマホゲームでここまでしてくるなんて、ガチすぎますね。

流行っているとはいってもスマホゲームのRPGといえば、家庭用ゲーム機にはないお手軽さなんかで、家庭用ゲーム機とのすみわけをしていたもんですけど。

この『アナザーエデン』クラスになってくると、もう真正面から家庭用ゲーム機をぶっ倒そうとしてる感じさえします。

というか、こんなのが年に何個もでてきたら、RPGジャンルの王道は、スマホゲームに移ってしまいかねません。

スマホゲームの進化は怖いですねー。

以上、アナザーエデンの感想!スマホゲームがRPGの王道になりかねん、でした。

アナザーエデン 時空を超える猫

アナザーエデン 時空を超える猫
無料
posted with アプリーチ

関連記事

ほかのおすすめスマホゲームについて、こちらでまとめて紹介しています。

【スマホゲーム】無料なのに超面白い!人気のおすすめアプリ55選

スポンサーリンク