BEASTARS(板垣巴留)の感想!着眼点がすごすぎる青春漫画

BEASTARS/ビースターズの感想

今回は、板垣巴留さんの漫画『BEASTARS』(ビースターズ)を読んだので。

その感想を書いていきます。

 

BEASTARSは、第1巻から一瞬で引き込まれましたよ。

そして久々に「この作者の脳みそはいったいどうなってるんだ?」と思いましたね。

もちろん、コメディなんかでは、そんな気持ちになることはありますよ。

でも、シリアス系の作品では、本当に久しぶり。

普通絶対混ぜないものを混ぜてきましたからね。

 

では、そんな漫画「BEASTARS」の感想を始めていこうと思います。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

試し読みしたい方へ

 

試し読みするならU-NEXTの無料トライアルがおすすめ。

 

これを利用するだけで漫画が600円まで無料になるので、1巻丸々試し読みができますからね。

 

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

「BEASTARS」は出だしからキャッチー(簡単なあらすじ)

BEASTARSの始まりは、ある中学校(チェリートン学園)で男子学生が襲われるというところから話は始まります。

そして、そこから学園が疑心暗鬼になってしまい。

特に、事件後におかしな行動を行っていた主人公(レゴシ)は真っ先に怪しまれいって・・・

そんなミステリー調なところからスタートなんですよ。

 

なので、最初読んだときは、閉ざされた山荘とか、学園ミステリー的なミステリーのような風に進んでいくと思ったもんです。

ミステリー好きな私としては、もうワクワクです。

これからどうなっていくのか気になって気になって。

 

だけど、ページを進めていくと、「おや?」「おやおやおや?」って変わっていくんですよ。

「最初の事件って、物語の発端に過ぎなくて、ひょっとして青春もの?」という風に。

これに思い当った段階で、完全にBEASTARSの世界に入り込んでいましたね。

 

試し読みするならU-NEXTの無料トライアルがおすすめ。

 

これを利用するだけで漫画が600円まで無料になるので、1巻丸々試し読みができますからね。

 

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

「BEASTARS」は青春ものの漫画だけど

というわけで、BEASTARSは基本的に青春ものの漫画なんです。

部活動でのヒエラルキーが元になったドロドロの関係。

痛みを推してでも舞台を成功させ、指導者になりという野心。

友情、恋愛。

自分自身の抑えきれない葛藤。

などなど、青春ものの代名詞のような描写がそこかしこに現れてきますから。

 

しかし、登場人物が全員擬人化された動物たちだということ!

これによって、単なる青春ものでは終わらない作品になっています。

複雑になりがちな青春ものの問題に。

動物としての本能といったものが絡みついてきて、さらに複雑に。

そんな一言では言い表せきれない作品になるんですよ。

 

その中でも、主人公レゴシの問題は根深くて、興味深いですねー。

もともと繊細な性格をしていたレゴシは、事件の後に急にオオカミの被食者としての本能に目覚めてしまうんですが。

その性格から、本能に従った行動に忌避感を覚え、それに思い悩み続けてしまいます。

 

しかも、その被食者としての本能に目覚めた原因の、捕食者であるウサギのハル。

一度は攻撃を仕掛けてしまった彼女に対して、恋心を抱いてしまっている状態なのでなおさら。

ずっとそのことを隠していることに、引け目をもつことになるわ。

ハルへの想いは、被食者の本能が変形しただけだといわれて落ち込むわで。

悩みは深くなっていきます。

 

いや、板垣先生は、なんで青春ものと動物の本能・種族の違いなんてものを混ぜようと思ったんですかね。

「アンパンマン」とか「ぼのぼの」路線とかなら、これまでもありましたけど。

よりにもよって、自分の内面と向き合っていく青春ものですからね。

一体どういうときに、その着眼点を思いついたのか。

真剣に聞いてみたい!

 

試し読みするならU-NEXTの無料トライアルがおすすめ。

 

これを利用するだけで漫画が600円まで無料になるので、1巻丸々試し読みができますからね。

 

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

「BEASTARS」は一体どう終わらせるのか

読んでいるとBEASTARSの終わり方はめっちゃ気になります。

だって、自分の悩みとかそういうのなら、2人で解消していこうとなったりしますけど。

レゴシとハルの間に横たわってるのは、本能とか種族とかいう。

のりこえられない壁ですからねー。

2人が信じあえれば終わりってことはないでしょう。

まわりも肉食獣と草食獣で割れてきていますし。

 

可能性としては、今は別のキャラ(ルイとジュノ)が争っていて、レゴシは参加していない。

指導者(ビースターズ)争いに参加して。

肉食獣と草食獣の垣根をとっぱらって両者の争いをなくす。

その上で、一度目覚めてしまった捕食者としての本能をなんとかするといった風になるんでしょうか?

 

うーん、でもなー。

やっぱり一度でも本能に目覚めてしまったというのが、とてつもなく大きく。

大団円で終わりというのが、どうしても想像できない。

一体どう終わるんでしょうね。

 

試し読みするならU-NEXTの無料トライアルがおすすめ。

 

これを利用するだけで漫画が600円まで無料になるので、1巻丸々試し読みができますからね。

 

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

「BEASTARS」の絵について

最後に、絵について。

これに関しては、かなり賛否あると思いますよ。

顔は多少デフォルメされていますけど、身体はリアル動物とリアル人間の両方を混ぜていて。

違和感を感じる人はいると思いますし。

結構生々しい描写もありますしね。

 

ただ、例えばジョジョのように思いっきり分かれる!ってほどではないので。

そこまで心配はないと思いますけどね。

 

でも、パンダには注意。

マジかわいくない。

「パンダこれかよ」って絶対に思うと思いますよ^^

 

終わりに

というわけで、BEASTARSの感想を書いてきました。

本当に着眼点の面白い漫画でしたね。

青春漫画をベースに、動物の本能や種の違いといった。

おおよそ混ぜようとは思わないものを混ぜ合わせて、面白くしているのがすごいですよ。

終わり方もきになっていきますし。

継続して読んでいかないと!

以上、BEASTARS(板垣巴留)の感想!着眼点がすごすぎる青春漫画、でした。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

(本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)