【最新比較】おすすめVODランキングはこちら

チャネルゼロ:キャンドルコーヴ・シーズン1の感想!ホラーかミステリーか

チャネルゼロ:キャンドルコーヴ(海外ドラマ)の感想

今回は、Huluで海外ドラマ『チャネルゼロ:キャンドルコーヴ』(以下、『チャネルゼロ』)シーズン1。

これを見たので、その感想を書いていきます。

 

チャネルゼロは、予告編を見た段階で、かなり期待していた作品でした。

12歳だった主人公の双子の兄を含む起こった子どもたちが消えた過去の事件。

これには、あるテレビ番組(キャンドルコーヴ)が関係していて。

その番組が28年を超えて、再び放送され始める。

そして、子どもたちの絡んだ奇妙な事件も同時に・・・

こんな感じのあらすじを知ったら、ホラー好きとしてはたまりませんよ^^

 

では、そんなチャネルゼロの感想を始めていこうと思います。

最初の配信で、第1話~第3話まで見ることができたので。

まずは、それらの感想を書くことで、冒頭の雰囲気を書いていき。

そして、見終わった段階で最終回を見終わって感じたことを書いていこうと思います。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

海外ドラマ『チャネルゼロ』のキャスト

でも、その前に少しだけキャストの整理を。

結構な数に上りますので。

 

  • マイク・ペインター:主人公
  • エディ:マイクの双子の兄
  • マーラ:マイクの母
  • リリー:マイクの娘
  • ゲイリー:友人である刑事
  • ジェシカ:ゲイリーの妻
  • デーン:ゲイリーの息子
  • ケイティ:ゲイリーの娘
  • エイミー:女刑事
  • ダフネ:遺族の1人
  • ティム:遺族の1人
  • フランシス:マーラの知人

 

海外ドラマ『チャネルゼロ』シーズン1第1話~第3話の感想

ホラーとミステリーが融合している作品

まず、チャネルゼロは、作品の雰囲気が物凄く好み!

ミステリーとホラーが融合したような雰囲気を味わえます。

 

子どもたちの失踪に、テレビ番組がかかわっていること。

まだ全容がわからない、モンスターのような存在がいること。

登場人物が悪夢にうなされていくようになることなどなど。

こういったことから、ホラー要素が満載。

特に、主人公たちが子供のころキャンドルコーヴを見るつもりだったけど。

大人たちから見ると一心不乱に砂嵐を見ていたというシーンは、ゾッとしましたね。

 

でも、どうやらマイクは精神病を患っており、その際に幻覚を見ていて。

新たな事件が起こったのは、マイクが帰ってきてからなので。

マイクが、その新たな事件にかかわっている疑われているけど。

視聴者側も絶対にないとは言い切れない。

実際、エディの失踪にマイクがかかわっていることが明らかになるし。

過去の事件も、現在の事件もマイクによる犯行という可能性もないわけじゃないんです。

 

あるいは、マイクのことを守ろうとして。

マイクに害をなすものを排除していく老婆(フランシス)がいまして。

彼女の行動の可能性もある。

 

そんなわけで、現在はミステリー要素も十分にあって。

ホラー要素とどっちに落ち着くのかわからない状況です。

 

こういう作風って、ゲームからアニメ化された作品ではありますけど。

『ひぐらしのなく頃に』をも彷彿とさせるので。

最近ちょうど見直したところなので、すごいワクワクさせられてます^^

 

子どもたちへの異変にドキドキする

チャネルゼロでは、過去のマイクがかかわった事件の真相が徐々に明らかになっていきますが。

それと並行して、現在の子どもたちに異変が生じ。

大人たちを悩ませていきます。

 

これがどうなっていくのかわからなくて、ドキドキするんですよ。

それまで大人しかった女の子が、急に失踪したと思いきや。

自分の兄に攻撃を加えたり。

また、別の子どもたちが、集団で人形に攻撃を加えるという行動にでたり。

そして、奇妙なことが起こっている町から、数百キロに離れたところに住んでいるリリー(主人公の娘)。

彼女が夜中に一人で急に、主人公の前に現れたりするんですよ。

 

現在でもすでに、相当奇妙な行動にでている子供たちなのに。

これからどうなっていくんでしょうね。

より凶行に走っていくことも考えられますし。

あるいは、奇妙な行動をとる子どもたちが、町以外にも広がっていくことも考えられる。

もし両方なんてことになったら、ゾンビ映画並みに世界の終焉に向かって行ってしまいそう。

本当に先が読めなさすぎですよ。

 

様々な謎が気になって仕方がない

でも、他にも様々なことがわかっていなくて。

それらも気になって仕方がありません。

特に、この3つは絶対的に。

 

1つは、キャンドルコーヴを誰が配信しているのか。

どうもキャンドルコーヴは、誰かが休止番組があるときにゲリラ的に配信していた番組らしいんです。

(マイクが砂嵐を見ていたのは、いつ始まるかわからないから待機していただけのよう)

でも、誰が何の目的で配信し始めたのか。

過去もそうですけど。

現在、マイクが故郷に帰ってくる、その直前から開始しているのは、なぜか。

遠く離れたリリーにどうやって見せたのか。

気になりますねー。

ホラーとミステリー。

真実の内容によっては、どちらをメインに進むかの分かれ道になるでしょうから。

 

次に、ところどころで現れる謎の生物の正体。

マイクの周りにだけいるなら、マイクの幻覚だという結論にもなりえましたけど。

マイク以外にも見えて、めんどうをみているフランシスがいる以上。

幻覚ということはないでしょう。

 

そして、そのフランシスが、なんでマイクを守っているのか。

これがさっぱりわかりません。

どういう思い入れがあるんでしょうね。

現状、ミステリー的な作品になるなら、マイクと並んで。

犯人の可能性が一番高い女性ですけど。

もし犯人が彼女なら、過去の事件も、現在の事件もマイクのために行ったとも考えられるわけで。

その動機も不明だし。

唯一わかっているのは、マーラ(マイクの母)と友人のようだということだけで。

それ以外のことは、謎の生物並みにわかりませんよ。

 

終わりに

というわけで、チャネルゼロ第1話~第3話の感想を書いてきました。

今月は、感情を持ったアンドロイドものである『ヒューマンズ』もそうですが。

( >>ヒューマンズ(海外ドラマ)の感想!ハラハラするアンドロイドもの )

 

今月は、本当に先が読めない、良作が続きますな。

途中でやめることができず、配信されている分を一気見してしまうぐらい^^

ミステリーなのかホラーなのか。

子どもたちがどうなっていくのか。

などなど。

次々に気になることが、一気にやってきますからね。

おすすめです^^

以上、チャネルゼロ:キャンドルコーヴ第1話~第3話の感想、でした

チャネルゼロ:キャンドルコーヴ・シーズン1の第6話・最終回後の感想

懐かしいホラー作品の雰囲気

まずチャネルゼロを見終わって感じたのは、懐かしいホラー作品だなーということ。

サスペンス的な雰囲気は途中まではあったんですが。

最終回近くではホラー一色になったんですよ。

とはいっても、最近のホラーとは少し異なりますが。

 

最近はウォーキングデッドをはじめとした怖くないホラー。

あるいはアメリカンホラーストーリーのように、怖いけど、その怖さには意味がある。

そういった作品が増えてきました。

 

でも、チャネルゼロは、子供番組に出てくるキャラクターが、実在のモンスターとして出てきたりするため。

意味のない怖さを時折感じるんですよ。

このナンセンスな怖さに、私が子どもの頃に深夜にやっていた。

ホラー作品のようなニオイがして。

懐かしい気分になりながら見ることができました^^

 

主人公は実質マーラ

エディは、様々なモンスターがいる世界にとらえられていて。

マイクの身体を乗っ取って、そこから解放されることをもくろんでいました。

そのためにマイクの娘リリーを同じく閉じ込めてしまい。

マイクにリリーを解放する代わりに、身体をよこせと交換条件をつきつけるんです。

そして、マイクはその交換条件をのむことになります。

 

しかし、それをマーラが阻止しちゃうんですよ。

マイクの身体が動かないようにして。

マイク同様、エディも閉じ込められ続けるようにして。

 

詳しい描写がないので、なんともいえないんですが。

リリーの行動や、マイクのしたり顔からいって、裏から指揮したのはおそらくマイクなんですけどね。

でも、エディの本当の母親は自分だと言って、攻撃してくるフランシスを倒したのはマーラですし。

エディを閉じ込める実行を行い、最終決着をつけたのも、マーラ。

さらに、マーラの心理描写シーンも多かったことを考えると。

見終わった後に「あれ?実質主人公はマーラじゃない?」って思っちゃいましたよ^^

 

シーズン2はどうなっていくのか

しかし、マイクもエディも閉じ込められていて、外にでることはできない。

この状況で、シーズン2ってどうやって展開させるんでしょうね。

 

都市伝説の映像化ということで、別の都市伝説をとりあげるのか。

それとも、最後の最後にふたたびキャンドルコーヴが流れたし。

現れることができないはずのマイクが一瞬出てきたことを考えると。

ひょっとしたら、キャストそのままで、さらにキャンドルコーヴを掘り下げていくのか。

どっちもありそうで、なかなか気になるところです。

 

だからチャネルゼロのシーズン2が始まったら、絶対に見る予定です^^

以上、チャネルゼロ:キャンドルコーヴ・第6話最終回を見終わった後の感想、でした。

 

(紹介している作品は、2017年11月時点の情報です現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

こちらも読まれています

おすすめ海外ドラマランキング《2021》おすすめ海外ドラマ28選|マニア歴30年の選ぶ最高傑作をジャンル別に紹介海外ドラマ用おすすめVOD《VOD》海外ドラマ見放題比較!おすすめの本命サブスクを紹介|マニアが動画配信8サイトから厳選動画のためのおすすめタブレット動画視聴用タブレットおすすめランキング!youtubeやVOD再生するのに最強の1台を《2021最新版》

 


 

 

「数が多くてどれがいいかわからない....」

「いま使っているVODがイマイチ」

 

そういった方のために、年間500以上の動画を観る動画マニアの視点から、VODおすすめランキングを作成しました。

 

無料視聴OKで気軽にお試しもできるので、ぜひあなたにぴったりのVODを見つけて下さい。

 

1位:U-NEXT

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、VODを超えた日本最大級のエンタメサービス。

イチオシする最大の理由は、「ないエンタメがない」と言うほどのコンテンツの充実度。

動画、雑誌、電子書籍すべてが楽しめるので、1つのサービスだけでエンタメを満足することができるんです。

特に動画が素晴らしく、20万以上の動画が見放題な上、新作も次々にスピード配信されていくので、見たい動画が見つかりますよ。

無料登録で31日間お試しができるので、気軽にお試しください。

おすすめ度
月額料金 1990円(実質負担額790円)
 ※1200円分ポイントで戻ってくる
サービス・20万以上の動画見放題
・80誌以上の雑誌読み放題
・500冊以上の漫画読み放題
・レンタル動画(ポイントor課金)
・電子書籍購入(ポイントor課金)
・課金額の40%ポイント還元
無料体験 31日間無料
 600円分のポイントもらえる

▶▶ 公式:U-NEXT

↓ U-NEXTの詳細はこちら ↓

U-NEXTのメリットデメリット《評価レビュー》U-NEXTのメリット・デメリット!5年以上使ってわかったユーネクストの特徴を徹底解説

 

2位:Hulu

Huluは、海外ドラマを見るなら絶対外せないVOD。

定番の作品が充実しているのはもちろん、ウォーキングデッドやNCISの日本最速で配信される作品、独占配信作品など、ここでしか見れない作品も多数ありますから。

他にも、日テレ系ドラマの見逃し配信や、劇場版コナン・ハリーポッターの一挙配信など、家族で楽しめるコンテンツも充実していますよ。

おすすめ度
月額料金 933円
サービス・7万以上の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
無料体験 2週間無料

▶▶ 公式:Hulu

↓ Huluの詳細はこちら ↓

Huluの評判メリットデメリット《Hulu感想評価》7年以上使ってわかったメリット・デメリットを徹底解説

 

3位:Amazonプライム

アマプラの特徴

Amazonプライムは、月額料金をとにかく少なくしたい人にイチオシのVOD。

月額料金は最安で、ワンコイン以下。それなのに、音楽聞き放題サービスなどの、Amazon独自のサービスまでついてくるんです。

見放題動画は少なめではありますが、それでも数万程度はありますし。

他のVODより新作が見放題になりやすい、バラエティやドラマのオリジナル作品が見れるといったメリットがあるので、安かろう悪かろうとはなりません。

メインは別に、2つ目のVODとして利用している人も多く、そういった使い方もおすすめです。

おすすめ度
月額料金 月額500円
 年額4900円(月408円)
サービス・数万程度(非公開)の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
・音楽聞き放題などAmazonサービス
無料体験 30日間無料

▶▶ 公式:Amazonプライム

↓ アマプラの詳細はこちら ↓

《評価レビュー》アマゾンプライムはコスパ最高!料金に比べてメリットが多すぎる

 

その他の人気VOD

↓ 詳細はこちら ↓

おすすめVODランキング《2021》おすすめ!動画配信サービス(VOD)比較ランキング‐人気12社から今選ぶべきサブスクを厳選紹介!