漫画好きにはeBookJapan!Kindleと比較してわかったメリット・デメリットを徹底解説

eBookJapanの感想評価

miya

この記事ではeBookJapanの感想評価について書いています。

いま漫画を安く読もうと思うと、絶対に避けて通れないのが、電子書籍販売サービス。

電子書籍は、紙媒体よりも価格が安いですし、なによりセールやキャンペーンが豊富で、上手に使うと本当にお得。

これを上手に利用しないのは、もったいなすぎますからね!

 

そんな電子書籍販売サービスとして、漫画好きに絶対に使ってほしいものがeBookJapan

同じく大手Kindleとの比較によってわかったeBookJapanのメリット・デメリットを踏まえながら、その理由について解説していきます。

お得情報を見逃しにくいなど、eBookJapanの評判の理由がわかりますよ。

eBookJapanとKindle比較一覧

まず最初に、eBookJapanとKindle、電子書籍が読める2つのサービスのどこに違いがあるのか、一覧にしていくとこのようになります。

eBookJapanKindle
面白い漫画へのアクセス
買い物のしやすさ
セールの見つけやすさ
無料漫画の見つけやすさ
試し読みできる漫画の見つけやすさ
専用端末
読み放題サービス(有料)

 

eBookJapanのデメリット/Kindleよりイマイチなポイント

ではまず、eBookJapanのデメリットについて紹介していきます。

漫画を読むうえで、

  1. 専用端末がない
  2. 読み放題サービスがない

といった2つの点が大きなデメリットですね。

 

専用端末がない

eBookJapanには、KindleにおけるKindle端末のような専用端末がありません

専用端末はやはり、サービスに特化しているため、使いやすいことが多いので、電子書籍サービスとしては少し寂しいところですね。

もし専用のガジェットでそろえたいという場合には、利用しない方が無難です。

ただそうじゃないなら、大きなマイナスにはなりません。

というのも、Kindle端末は最も高いKindle Oasis(3万円前後)をのぞくと使い勝手があまりよくないため、そこまで大きなマイナスにはなりませんが。

また、eBookJapanはアプリの使い勝手が良いですし。

 

読み放題サービスの冊数の少なさ

Kindleには、月額980円で電子書籍が読み放題のKindle Unlimitedがあります。

漫画の他、雑誌や小説も読み放題になりますし、漫画も少ないですが完結まで読める作品があってなかなか便利です。

Kindle Unlimited 徹底レビュー【Kindle Unlimited】解約&再登録してわかったオススメの理由!無料期間だけでも面白い漫画を驚きの巻数読める

一方、eBookJapan自体には同じようなサービスはありませんが、運営元であるYahooのサービス、Yahooプレミアムの中に読み放題サービスがあります。

Yahooプレミアムは、月額料金が462円と安いのですが、見放題サービスの読める冊数がKindle Unlimitedより少ないんです。

ただ、そもそも月額がほぼ半額だということを考えると、コスパ面で引けをとっていません。

むしろ、Yahooプレミアム会員には、(PayPayとの連携などが必要になりますが)eBookJapanで購入した漫画代の最大20%がポイントバックされるなど、お得な特典が満載なんです。

そう考えると、わが家のように家族にKindle派の人間がいるならともかく、そうでないなら大きなマイナスにはなりませんよね。

Yahoo
プレミアム
Kindle
Unlimited
雑誌110冊200冊
漫画1.3万冊2万冊
ポイントバック最大20%×
月額462円980円

わが家のように昔ながらのKindle派の家族がいないなら、Yahooプレミアムを利用するのも選択肢にいれていいですよね。

 

eBookJapanのメリット/Kindleよりおすすめのポイント

次に、eBookJapanのメリット、特にKindleよりおすすめのポイントについて紹介していきます。

漫画を読むうえで

  1. セールの見つけやすさ
  2. 面白い漫画へのアクセスのしやすさ
  3. 買い物のしやすさ
  4. 無料漫画の見つけやすさ
  5. しっかり試し読みできる漫画の見つけやすさ

といった5つの点が大きなメリットになりますね。

 

セールの見つけやすさ

まず、私がeBookJapanをおすすめする最大の理由は、そのセール・キャンペーンの見つけやすさ

これがとても、魅力的。

 

逆に言うと、Kindleはこの点について不満が多すぎたんですよ。

Kindleもセール・キャンペーンは多いんです。多いんですが・・・

公式ページがまとめてくれてるものごく一部で、中には特別のページがないものも。

なので、なかなか気づくことができないんですよ、セールやキャンペーンに。

そのためお得なセール・キャンペーンを見逃す結果に何度も陥ってました。

(一時期セール情報をまとめるブログなどを参考にしていた時もありましたが、それもすぐ面倒になりやめてしまいました)

 

一方で、eBookJapanだとセール・キャンペーンがトップページで一覧になっています。

探す手間も、移動の手間もないので、お得なセール・キャンペーンを見逃さなくなれますよ!

大したことないと思うかもしれませんが、これだけで年間数万円ぐらいの違いはでてきます

これを防ぐだけで本代が大幅にお得になりますね。

ですので、eBookJapanをイチオシしているんですよ。

 

面白い漫画へのアクセスのしやすさ

次に、面白い漫画へのアクセスのしやすさですが、これはebookjapanのトップページの見せ方に関係しています。

というのもebookjapanでは、各ジャンルの新作、今話題の漫画が、トップページで見やすく整理されているんですよ。

大型書店でよく行われているような本の特集が、Web上で開催されているのを想像してもらえればわかりやすいと思います。

Kindleも多少そういったことをしてくれていますが、トップページに関してはebookjapanの方が圧倒的に整理されている数が多く見やすいです。

 

そのため、「なんか良い漫画はないかな~?」というときに、面白そうな漫画がさっと目につくようになっているんです。

欲しい漫画を購入しに行ったついでに、別の面白そうなつい漫画も購入してしまうという欠点もあります。

でも、知らなかった面白い漫画へのアクセスは段違いに高いですよ。

 

買い物のしやすさ

これは、ebookjapanの続刊通知機能・新刊自動購入機能のおかげですね。

いつもよく読む漫画を登録しておけば、新しい巻がでたら通知してくれる。

あるいは、自動的に買っていてくれるんです。

これがあれば、「次の巻はいつ発売だっけ?」「今月の何日だっけ?」と確認する手間が省けます。

私のようにシリーズものをいくつも読んでいて、全部を管理するのが大変な人間の味方ですよ。

 

無料漫画の見つけやすさ

eBookJapanは無料漫画も見つけやすいです。

セール情報同様、トップページにいまおすすめの無料漫画一覧がありますから。

また、トップページ上方に無料漫画をまとめているページへのリンクもあるので、すぐにたくさんの無料漫画を見つけることもできますし。

無料漫画のまとめられているページが見つけにくく、また注目漫画の特集などが少ないKindleと比べると、大きな違いです。

おかげで、せっかくの無料漫画を見逃してもったいないということがほとんどないんですよ。

知らなかった面白そうな漫画、以前興味を持っていた漫画、映画化アニメ化するという漫画。

こういった漫画たちって、まずは無料で試してから読むかどうか決めたいので、大変重宝します。

miya

ちなみに、この記事を書いている段階では、3000冊以上無料漫画がありました。時期によって変動しますが、結構な数あるのは間違いありません。

 

しっかり試し読みが出来る漫画の見つけやすさ

eBookJapanでは、セールや無料情報とともに、大きく試し読みができる漫画も整理されています。

多くの場合、人気漫画や話題の漫画が大きく試し読みできるようになっているので、うれしいんですよね。

一方で、Kindleにも大きく試し読みができる漫画もあるのですが、特集されることが少ない、少ししか読めない漫画なのか試し読みを始めるまで分からないという欠点がありました。

ですので、大きく試し読みできる漫画の存在に気付かず、スルーしてしまうことも多々あったことだと思います。

そういったことがないのも、eBookJapanのうれしいところですね。

 

eBookJapanの口コミ・評判

miya

eBookJapanの口コミ・評判も気になると思いますので、そられに関してもまとめておきますね。

 

 

 

eBookJapanのQ&A

eBookJapanの蔵書数は?

eBookJapanは、漫画を中心に50万冊以上を備えています。

一般的な本屋さんだと10万冊もあれば十分な大きさになりますし。

東京や大阪にある大型書店だって、中には100万冊を超えるところもありますが、これはeBookJapanがあまり力をいれていない専門書などを、かなりの割合取り入れている結果。

そういったものを含まずに50万冊以上というのは、非常に多いですね。

実際、書店(中には大型書店でも)や、Kindleで探すことができなかった漫画が、eBookJapanだと見つけることができた。

そういったことは何度もありましたよ!

 

漫画しか買えないの?

eBookJapanの蔵書は基本的に漫画です。

でも、他のジャンルの本も購入できますよ。

具体的には

  • 雑誌
  • 文芸小説
  • ラノベ
  • ビジネス書
  • 専門書(※)
  • 趣味・実用
  • 児童文学・絵本
  • グラビア・写真集

などなど、ほとんどのジャンルはそろっていています。

ただ、専門書に関しては入門書などが中心で、プロが読むような本は少ないですね。

 

削除しても再度DLできる?

電子書籍がいっぱいになって利用しづらくなった時、アプリなどが重くなった時には、電子書籍を一旦削除したくなるもの。

そのため、「後で読みたくなった時にまた読めるのだろうか・・・」という疑問はどうしても持ってしまいます。

でも、eBookJapanはちゃんと再度DLできるようになっているので、ご安心を。

ちなみに、これに関連して、他のPCでも見れるのか、スマホの機種変更しても見れるのかといったことも気になると思いますが、これらも大丈夫ですよ。

 

eBookJapanは本当に安心?

電子書籍の場合、販売元が消滅しないかどうかの問題が付きまとってきます。

そのため、怪しいところを利用するのは心配だと思います。

でも、eBookJapanも、電子書籍サービスが始まった初期から続いていてすでに15年以上の電子書籍サービスの老舗です。

しかも、今は運営がヤフーに変更されていて、さらに安定感が増しています。

ですので、eBookJapanは安心ですよ。

 

eBookJapanがおすすめの理由まとめ

というわけで、eBookJapanの評価について書いてきました。

まとめますと、専門家レベルの専門書をたくさん買う予定の方、専用端末でそろえたいという方には向かない電子書籍販売サービスだと思いますが。

それ以外の方には。

おすすめポイント
  • 50万以上の蔵書
  • セール情報を見逃しにくい
  • 無料漫画・試し読み漫画の見つけやすさ
  • 面白い漫画へのアクセス
  • 新刊自動購入機能など買い物しやすい

というメリットをもつ電子書籍販売サービスなので、非常におすすめです。

miya

まずは登録してセールなどを利用するところから始めてはいかがでしょうか。

以上、漫画好きにはeBookJapan!Kindleと比較してわかったメリット・デメリットを徹底解説、でした。