「ファンタスティックビースト」を動画でみた感想!素晴らしいグラフィックと大人向けのストーリー

映画「ファンタスティックビースト」をU-NEXTで見た感想

今回は、映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」をU-NEXTで見たので。

その感想を書いていこうと思います。

 

最近、「そういえば映画に関する感想記事を書いてなかったし、U-NEXTに関する記事を書いてなかったなー」と思っていたんですよ。

そうしたら、ちょうどいい具合に「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」が、U-NEXTでレンタルと同時配信されるというじゃないですか。

あまり最新作の映画についても書いてないし、ばっちりなタイミング。

まぁ、劇場版「デスノートLight up the NEW world」も配信されていたので。

どっちを先に見るかは迷いましたが^^

 

では、さっそく映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の感想を始めていきますね。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

(本ページの情報は2017年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

 

映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の感想

より大人向けのストーリー

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」は、「ハリー・ポッター」の新作として注目された作品。

魔法学校に通っていたハリーと違って、主人公のニュートは完全に大人だし、まわりの人間もほぼ大人ばかりです。

なので、必然的にストーリーも大人よりになっていくんです。

 

ニュートは、保護した魔法動物を故郷に帰してあげるため、NYにやってきたんですが。

NYでは、魔法生物が禁止されたり、かなり魔法使いに厳しい社会になっていました。

そのため、魔法使いたちは、自衛のために魔法の存在を隠して生活しています。

でも、まわりとの衝突もなく生活できているかというとそうではなく。

魔法使いを完全にいなくならせようと活動している、なにがなんでも魔法使いが許せない団体も力を持っているんです。

 

もうこの時点で、かなり人間の思想に関連した、難しい話になっていますよね。

でも、それだけじゃありません。

禁止団体のことを悪のように描いていれば、わかりやすい対立ができるんですけどね。

でも、禁止団体側にもしっかりとした考えがあり、また、そのために地道で真剣な活動をしているところを描いてくるんです。

そうすることで、禁止団体の方にも、ちゃんと正義があって、単純にどっちが悪いという対立にならないように配慮しているんですよね。

 

さらに、禁止団体に裏切り者がいて。

しかも、それを操っているのが、魔法使いの中で魔法を秘匿すべきではないというグループの人間。

わかりやすい対立軸をつくらずに、それぞれのグループを一枚岩にしないあたり。

すごいリアルで、深い問題になってますよね。

 

なので、「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」は、従来の「ハリー・ポッター」よりも大人よりの作品だなーと感心させられてました。

 

あいかわらずのグラフィック

映画「ハリー・ポッター」シリーズといえば、圧倒的なグラフィックが売りの1つ

そして、それは「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」にも受け継がれていました。

 

今回は、従来の「ハリー・ポッター」シリーズの終盤ほどの魔法戦の派手さこそありませんでしたけど。

代わりに、ニュートの目的である魔法生物(フランク)の神々しさ姿

建物内のディズニーやUSJを思わせるような遊び心あふれた構造

自動でオリガミになって動く書類、鳥のように飛ぶテーブルクロスなどなど。

十分美しいグラフィックが見ることができましたよ。

 

この辺は、絶対の信頼がおけるところですね。

「ハリー・ポッター」シリーズで、ちょっと奇妙で、でも作りこまれた。

そんなグラフィックが見れないわけないですもん。

 

魔法生物たちがかわいい

ニュートが、連れていた魔法生物は、一瞬怖いけど、実はかわいいというものや。

見たまんまかわいいものばっかりでいいですね。

特に、一番最初からでてくるドゥーガルは、ぶっちぎりでかわいい

 

多分、カモノハシかなんかの一種だと思うんですけど。

そのフォルムがすでにかわいいですし。

また、発想もかわいいんですよ。

逃げ出して、ニュートに捕まりそうになったときに。

なんとか誤魔化してやろうと、置物のふりをしてやりすごそうとか。

たまりませんでした^^

 

このトゥーガルを主人公にした、スピンオフ作品にしても、結構売れるんじゃないかと思いますね。

女の子とか、絶対好きだと思う。

まぁ、守銭奴な性格が難といえば難ですけど。

それはほら、輝くものに目がないとかかわいい設定をつけてあげて、ね^^

 

「ファンタスティックビースト」のキャストについて

今回のキャストに関しては、「あれ、みたことあるな」って人がほとんどでした。

絶対見たことはあるんですけど、じゃあどの作品の誰っていわれると自信がないというか。

ニュート役のエディ・レッドメンや。

ティナ役のキャサリン・ウォーターストーン。

ジェイコブ役のダン・フォグラーもみんなそうでした。

 

ただ、私の場合、映画より海外ドラマでチラホラ見たことがあるから。

そんな風に思っているということもありそう。

なので、誰々がでてる映画だよって紹介はできる自信はありませんね。

逆に、それができる人はすごいかも。

 

ジェイコブがいい味だしてる

アメリカの魔法使いは魔法を使えない人間たちのことを、ノーマジと呼んでいました。

そのノーマジの中で、ニュート達の行動を共にしていた人物(ジェイコブ)がいます。

彼は、序盤にニュートが魔法を行使した時に巻き込まれただけでしたけど。

その後、ニュートと一緒に行動していくうちに、ニュートの仲間のようになっていくんです。

 

このジェイコブがいい味だしているんですよ。

英雄の弟だけあって、万能感のあるニュートに対して。

ふとっちょで根の優しいジェイコブ。

彼がいると、場の空気が明るくなりますし。

また、ちょっとドジな行動をしてくれるので、ストーリーに起伏を与えてくれます

 

なので、「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の中でも、ジェイコブは1,2を争うぐらいお気に入りの存在になりましたね。

もし続編が出たとしても、ジェイコブが再登場するのは難しそうなんですけど。

でも、彼がいた方が、ニュートがより輝いていきますし。

できたら、再登場を願いたいですねー。

 

終わりに

というわけで、映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の感想を書いてきました。

うん、やっぱり面白いですね、「ハリー・ポッター」シリーズは。

大人よりの展開がどうでるかと、少し心配にはなりましたけど。

でも、それを上手く生かして、まとめあげていました。

かなり満足した2時間超でした。

以上、「ファンタスティックビースト」を動画でみた感想!素晴らしいグラフィックと大人向けのストーリー、でした。

 

映像が気になりましたら、U-NEXT会員の方はポイントを利用してご覧下さい。

まだ会員でない方も、無料トライアルがあるので、ご安心を。

見放題コンテンツが31日間利用できるだけでなく、U-NEXTの無料トライアルは、新作を1本見ることができる600円分のポイントがもらえますから

レンタルよりも行くよりお得なので、まだ会員になっていないのでしたら、是非この機会に利用してみてください。

▼くわしくはこちらから▼

 

動画配信サービスについて、それぞれのメリット・デメリットなどをより詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

おすすめはこれ!7つの動画配信サービス(VOD)比較【Hulu/dTV/Amazon/U-NEXT/Netflixなど】

スポンサーリンク
こちらもよく読まれています