「グランメゾン東京」第1話の感想・あらすじ【ネタバレ注意】尾花と倫子の挑戦が始まる

グランメゾン東京の感想あらすじ

この記事では、ドラマ「グランメゾン東京」第1話の感想などをまとめています。

久々の木村拓哉と鈴木京香が共演することで話題になった、このドラマ。

レストランが舞台ということで、絶対美味しそうなドラマになると思っていたら、案の定第1話からそうなっていました。

では、その第1話を見たので、感想やあらすじを紹介していきますね。

ネタバレ要素もあるので、その点ご注意を。

 

ドラマ「グランメゾン東京」あらすじ

かつて二つ星レストランを経営していた尾花夏樹は、かつて起こした事件が原因でフランス料理界から追い出される存在になっていた。

しかしそんな尾花は、フランスにやってきていた早見倫子と出会い、その料理への熱さや才能に惹かれ、一緒にレストランを開くことに。

倫子が夢見ていたミシュランの星を、倫子に取らせるために。

 

ドラマ「グランメゾン東京」感想

尾花が起こした事件は意外なものだった

予告編などを見て、尾花がなにかしらの事件を起こして、料理界を去っていったのは知っていました。

ただ、傲慢になっていたとはいえ、料理への情熱をもっていることは見て取れていたので、どんな事件を起こしたのか皆目見当もつかなかったんですよね。

普通の事件などだったら料理界を追い出されるとは思えないけど、料理に関する事件も起こしそうもないし。

 

でも、尾花は、意外にも両方の事件を同時に起こしてしまっていたんです。

アレルギー食材を、よりにもよって大統領の食事会で出してしまった上、さらに悪いことに何か文句を言われた際、官僚を殴ってしまって・・・

そりゃフランス料理界を追い出されても仕方はありませんよね。

ただ、尾花が官僚を殴ったのは、尾花自身のためと言われているのですが、そこに関してはちょっと疑問はありますが。

 

ちなみに、有名店じゃなく街の普通のレストランで細々とやっていくなら、尾花でも大丈夫なんじゃ?と思うかもしれません。

でも、尾花はそれさえもできないんですよね。

借金と女性問題を繰り返したせいでできなくなったという、日頃の行いが原因で(笑)

 

嫌われてるけど仲間が集まりそう

倫子と一緒に東京でレストランを開くことにした尾花でしたが、最初にやったことは一緒に仕事するためかつての同僚を勧誘すること。

でも、けんもほろろに断られちゃいうんですよね。

 

でも、その理由が事件を起こしたことへの嫌悪感。

同僚への当たりのきつさ。

そういったところが原因じゃなさそうなんです。

むしろ、「尾花と世界一のレストランを作っていけると思っていたのに、それを壊しやがって」という失望が大きいんじゃないかと思うんですよね。

 

ですので、その夢に火が付いたら、また昔の仲間が集まってきてくれるんじゃないかと感じました。

世界一のレストランを目指すための、場所はできていますからね。

 

最初の仲間はやはり京野

そして、さっそく仲間をゲットできた尾花。

最初の仲間は、給仕役であり、レストランの全体を見通せるなくてはならない存在・京野陸太郎でした。

(京野は料理人として修業していたけど、尾花など若い才能がある人間が弟弟子に次々に現れたことで給仕役となった人物。)

 

でも正直、ドラマを見ていると、「まぁ、京野はすぐ仲間になるよね」と思ってしまいました。

最初こそ、本気で尾花に怒っていた京野でしたけど、その際でも尾花を認めている雰囲気はプンプンしていましたし。

困っている人がいたら助けずにはいられない性格をしている上。

同じく料理の才能がない倫子から、尾花と一緒に仕事したくなる熱い気持ちを伝えられ、くすぶってた想いに火をつけられたりすると、ねぇ。

「まぁ最悪第1話で仲間にならなくても3話以内に仲間になるな」そんな風に考えた人が多いはずです。

 

ただ、1つ気になるのは、尾花の後輩である平古祥平の存在。

京野から尾花の誘いに乗るなよといわれたのに、その京野が真っ先に尾花陣営に入っちゃって、祥平はどうしたらいいのか(笑)

 

見てるとお腹が減ってきて危険

最後に、料理について。

いや、これは危険ですよね。

最初に尾花が作った、サフランなどで味付けしたオイルをかけた蒸し手長エビの料理から、ライバルレストラン「gaku」の創作料理まで。

全部美味しそうでたまりませんでした。

個人的には、京野の大好物だという、5種の肉でつくったクスクスが最高!

「グランメゾン東京」は9時からのドラマですが、夜中に見てしまったら絶対お腹が減ってきて我慢できないはず。

危険極まりありませんね。

そして、それと同時に次回からもいろんな料理が見れるであろうことに期待しかありません。

 

終わりに

といわけで、「グランメゾン東京」第1話の感想をまとめてきました。

とうとう尾花と倫子の挑戦が始まりましたね。

メンバーは大人ばかりなのに、ちょっと青春ぽさも感じられてワクワクしましたよ。

特に、尾花、倫子、京野がまだ内装も何もない、グランメゾン東京のために賃貸物件に集まるシーンからは期待しかありません。

第2話以降も、この雰囲気が続いていくといいですね。

以上、「グランメゾン東京」第1話の感想・あらすじ【ネタバレ注意】尾花と倫子の挑戦が始まる、でした。

 

ドラマ「グランメゾン東京」の見逃し動画を無料で見る方法は?

そんなドラマ「グランメゾン東京」を、Paraviを利用して見ることができます。

そして、Paraviは30日間の無料体験を実施しており、これを利用すれば無料で見逃し動画を見ることが出来るんです。

30日以内に解約すれば費用はかかりませんし、「グランメゾン東京」を見逃した方はこの機会にぜひお試しください。

 

▼詳しくはこちら

グランメゾン東京の見逃し動画を無料で見る方法ドラマ「グランメゾン東京」見逃し動画を無料視聴する方法!キムタクと鈴木京香の12年ぶりの共演

 

(紹介している作品は、2019年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もあるので、詳細はParavi公式ホームページにてご確認ください。)