【最新版】動画配信サービス比較ランキングはこちら

【評価】漫画「葬送のフリーレン」はつまらない?あらすじ感想まとめから面白さを紹介

葬送のフリーレンの感想評価

この記事では、漫画「葬送のフリーレン」を読んだ感想評価をまとめています。

ファンタジー漫画でありながらバトルよりも人間模様、心理描写などが得意なこの作品。

独特な世界観も相まって、「ありそうでなかった漫画」になっています。

開始当初こそ人気はぼちぼちでしたけど、瞬く間に「この漫画がすごい」にノミネート、「マンガ大賞」を受賞するなど大人気作品になったのもうなずけます。

では、そんな 漫画「葬送のフリーレン」を読んだ感想評価を始めていきますね。

 

▼試し読みしたい方はこちらから

「葬送のフリーレン」は試し読みできる?無料&安く買う方法を紹介【葬送のフリーレン】漫画全巻を無料&安く読むには?おすすめ電子書籍サービスを紹介

 

「葬送のフリーレン」は設定/あらすじが面白い

まず、「葬送のフリーレン」を読んで思うのが、プロローグ部分で語られる設定(あらすじ)がかなり珍しく、面白いということ。

「葬送のフリーレン」の主人公であるフリーレンは、勇者一行のエルフの魔法使い

ヒンメル:勇者(人間)
ハイター:僧侶(人間)
アイゼン:戦士(ドワーフ)
フリーレン:魔法使い(エルフ)

 

彼女に起こったことを箇条書きでまとめると、このようになります。

  • 長い旅路の後に魔王討伐に成功し、パーティー
  • 50年後に再開の約束をして一人魔法収集の旅にでるフリーレン
  • 再会してみると自分以外が全員老いている(このときはまだ気にしてない)
  • さらに時が進み、ヒンメルが死亡
  • フリーレンは自分がヒンメルたちのことを何も知らないことに気づく
  • たった10年一緒にいただけだと後悔
  • もっと人間を知るための旅に出ていく

 

勇者一行のメンバー、討伐後の世界、こういった漫画はあるにはありますが、魔王討伐から何十年も経った後に旅するという設定の漫画はかなり珍しいと思います。

あっても新世代のキャラクター達が旅するといった設定ぐらいでしょうか。

しかも、旅をする理由が、新たな敵が出てきたとかそういったファンタジーらしいものではなく、旅をしていた際に目を向けなかった、仲間について深く知っていくためというのはほぼ見たことがありません。

そのため、プロローグの設定/あらすじ部分からかなり印象深い作品なんですが、本編を読み進めていくとさらに「お!」っと思わせてくれる内容で、読む手が止まらなくなっていきました。

 

エルフが主人公という切なさ

本編も面白いと思わされた大きな要因の1つは、「葬送のフリーレン」が主人公の特殊性もよく活かしていることにあります。

エルフが主人公なので、作中で流れる時間に対する感覚が通常の漫画と明らかに異なっています。

フリーレンは10年や50年を短い期間だと思っているので、ひとつの依頼に数年かけることもしばしば。

その結果例えば、「ハイターに預けられ、一緒に旅することになった 小さな女の子(フェレン)も、気がつけば自分よりも大きくしっかりした存在になっている」なんてエピソードが起きることもあるぐらいです。

ただ時間がすぎて行くだけだったら問題ないんですが 仲間との別離、かつて子供だった人物が老人になってる、かつて最強だった敵が一般の魔法使いにさえ負けかねないようになっているなどなど。

物語が進めば進むほど、かつての仲間との間に起こった別離が、さらにフリーレンに訪れる未来が想像できてきて、切なくなってくるんです。

フリーレンもその周りにいる人々も優しく、作品全体が温かな雰囲気があふれてるだけに、余計に。

エルフを主人公に据えたことの特質を活かし、読者の心を揺さぶってくる作者たちは、本当に「うまいな~」と何度読み返しても思ってしまいますよ。

 

淡々とした描写の中に感じる温かさ

先ほど、作品全体が温かな雰囲気あふれていると紹介しましたが、描写自体はフリーレンは(その周囲の人々も)基本的に淡々としているんですよ。

感情が大きく動くシーンというのはかなり少ないですし。

フリーレン自身、自分のことは魔法オタクでいろんなことに頓着しない性格で、仲間のこともそんなに興味がないはずだと思っていたぐらいですから。

でも、ヒンメルたちとの別れで大いに悲しみ、新たな仲間が仲間が喜んでいたら自分も嬉しくなる、など。旅を通してフリーレンは自分の中にないと思っていた感情を、徐々に自覚していきます。

そういったシーンを読んでいると、「あの感情なかった娘がこんなに成長して!」といった子供を持った親のような気分にされ、心がじんわりあたたかくなってくるんですよね。

そのため淡々とした描写が多いにもかかわらず、作品全体では温かさを感じるという、不思議な感覚にしてくれるんです。

これはなかなか味わえない感覚なので、「葬送のフリーレン」のおすすめポイントの1つにしてよいと思っています。

 

「葬送のフリーレン」の感想評価まとめ

まとめますと、「葬送のフリーレン」は

  • 珍しく面白い設定
  • 主人公の特性からくる切なさ
  • 作品全体から感じる温かさ

をもったおすすめ漫画だという風に評価できますね。

ファンタジー漫画の中でも、バリバリのバトルを読みたい人にはあまり向かない作品だと思います。

一方で、ヒューマンドラマなどの心を揺さぶられる漫画も好きだという人にはドストライクの作品だと思いますので、ぜひ読んでみてください。

 

「葬送のフリーレン」第2巻を読んだ感想

第1巻ののんびりとした展開から打って変わって話が進み始めました。

主人公がクールな為淡々とした描写は健在ですが、感情豊かなシュタルク(アイゼンの弟子)がパーティに参加したことでにぎやかになりましたし。

また、ここにきて魔王軍の生き残りによる 罠と襲撃が始まってきましたから。

ファンタジー世界を舞台にしたヒューマンドラマに、バトル要素が加わって ドキドキした続きが待ち遠しい作品に変更されたわけですね。

(バトル漫画好きには向かないと紹介したことは撤回しないといけないぐらい、しっかりとバトルしています。)

死んだヒンメルに再び 会うためだけだった冒険が、より大きな流れに沿って進んでいきそうで続きが待ち遠しいですよ。

 

「葬送のフリーレン」第3巻を読んだ感想

第2巻のバトル展開に引き続き、魔王軍とのバトルが展開されています。

今回衝撃だったのは、フリーレンの強さの秘密。

本来魔王軍の幹部に匹敵できるほどの強さをもっていないフリーレンが、どうやって魔王軍を圧倒するための強さを手に入れたのか。

これまでにないような秘密だったので、読んでいて興奮しちゃいました。

もう今回の展開読めただけでも「葬送のフリーレンを読んでよかった!!」と思えるほどで大満足です!

(後半に新キャラ・ザインが登場して、展開がまた大きく変わっていくので、魔王軍のバトルが終了した以降も面白いんですけどね)

 

「葬送のフリーレン」第4巻を読んだ感想

せつない・・・!超せつない・・・!

仲間になるまで話数をかけ、既存メンバーともうちとけたパーティメンバーのあっさりした離脱。

また、フェレンのさらなる成長。

これらから、遠くない未来にまたフリーレンが一人になってしまうことが連想されてしまって、読んでて胸にくる巻でした。

フリーレンが感情面で成長してしまってるせいで、ヒンメルたちと別れたときよりつらくなるんじゃ?いやでも成長してるからこそ、つらさに耐えれるんじゃ?

など、いろいろ考えさせられましたよ。

 

▼こちらも読まれています

「葬送のフリーレン」は試し読みできる?無料&安く買う方法を紹介【葬送のフリーレン】漫画全巻を無料&安く読むには?おすすめ電子書籍サービスを紹介