【最新比較】おすすめVODランキングはこちら

『イントリートメント』シーズン2の感想!さらにビターになるだと?

海外ドラマ『イン・トリートメント』のシーズンの感想

※第35話(最終回)を見終わった感想を追記しています。

今回は、Huluで海外ドラマ『イントリートメント』のシーズン2を見たので。

その感想を書いていきます。

 

『イントリートメント』の簡単なあらすじを書くと、セラピスト(ポール)とそれにまつわる人たちとの人間ドラマを描いた作品と感じになりますね。

セラピストの恋愛や苦悩なんかが、やたらリアルに、しかもビターに描かれているため。

日本よりもセラピストが身近なアメリカでは、大ヒットした作品でした。

でも正直、シーズン1の段階で43話もあったので。

海外ドラマ「イン・トリートメント」の感想・ネタバレ「イン・トリートメント」ドラマの感想!ビターなセラピストもの

それで終了とばかり思っていたんですよ^^

まさか、メンバーを変えてシーズン2がでてくるとは。

すごい人気ですね。

 

では、そんな『イントリートメント』のシーズン2の感想をさっそく始めていきますね。

流れとしては、はじまりの第1話を見た時の感想の後、最終回を見た感想を書いていく感じで。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

『イントリートメント』シーズン2第1話の感想

シーズン1の関係はうまくいかなかった様子

まずは、シーズン2の最初の話なので、シーズン1の最終回後にわかったことについて。

 

『イントリートメント』はシーズン1も、たいがいリアルでビターな話が多かったんですよ。

特に、ポールが患者との恋愛(ローラ)とのことで悩んだり。

また、ポール自信が仕事に悩みをもって、セラピスト(ジーナ)に話を聞いてもらったりしたあたりなんかは。

 

でも、シーズン2は、さらに苦い感じですね。

シーズン1でポールは、ローラのことを手放してしまいましたが。

それでも完全に切れてはいないんじゃないかなと、淡い期待を抱いていましたが。

うん、そんなことなんて全然ないです^^

思いっきりローラの影なんてありませんもん。

やっぱり、ローラとは、もうどうしようもなかったんですね。

まぁ、求愛されていたのをかわしまくって、やっと愛していたのを自覚したのに。

最後の最後で、そのほかの男と同じ扱い受けたらしかたがないかぁ・・・

 

でも、ジーナとこじれたというのにはびっくりしました。

そのローラのことの相談を受け、他にも仕事の愚痴を聞いてくれていた、セラピスト仲間のジーナ。

そんな彼女が、ポールが訴えられているときに、有利な証言を言ってくれない可能性があるとか・・・

どんなにこじれたんでしょうねぇ。

 

しっかし、シーズン1の終わりで、自分には何も残ってないと考えているポールの考えは正しかったんですね。

そこは、できれば外れて欲しかったなー。

そして、シーズン1で感じた、胃が重くなる感じが続々と甦ってきましたよ^^

 

まじでさらにビターにいくのか(訴訟編)

でも、シーズン2は、そんなところで終ってくれません。

「お前のセラピーが間違っていたから!」といった感じで。

元患者(シーズン1のアレックス)の遺族に2000万ドルの慰謝料請求をされちゃってますからね。

 

セラピストの診療で、約2億円の訴訟か・・・

ちょっと日本では考えられない感じですよね。

PTSDの患者が、自分を自由にしてくれといってきて。

そうしたら、「〇〇をすべきだった」となって訴訟とか。

もっと戦う相手は別にいるだろうと思うんですけど。

でも、これが訴訟大国アメリカなんでしょう。

アレックスの件は、多少特殊な事情もありましたが、それでもね。

 

しかも、遺族に同情が集まり、ポール負けそうだっていうんですから。

陪審員制度をとっているアメリカらしい話です。

リアルなのはとても素晴らしいと思うんですけど。

でも、どこまでビターに作っていくのか、もう。

 

まじでさらにビターにいくのか(過去の患者編)

これだけでお腹いっぱいなところがありますが。

まだまだシーズン2は行きますよ^^

 

ポールの元患者であるミア。

彼女は、ポールの弁護士役を買って出てくれるんですが。

でも、それはポールを助けたいとかじゃなくて。

彼に自分の成長を見せつけたかったためですからねー。

だから、質問とかも優しくない。

味方になるはずなのに・・・

 

どうもミアも、ポールのことが好きだったようで。

仕事が終わった後に放っておかれたのを、捨てられたと考え。

絶対見返してやると思っていた様子。

セラピストと患者の関係の本とか読んでいると、こういったこともあるみたいですけど。

でも、こんな弱ってるときに、連続して嫌なことが続かなくても・・・

 

アレックスの一件と言い、どんだけセラピストはむくわれないのか・・・

そんな風に思っちゃいますね。

 

終わりに

というわけで、『イントリートメント』シーズン2第1話の感想を書いてきました。

シーズン1に続き、というかそれ以上に視聴者の胃が重くなるような気配がプンプンしますね。

まぁ、それが魅力な海外ドラマですし、それによってリアルなセラピストの世界を描けてるんですから。

ファンとしては、文句いっちゃダメなんですけどね。

それにしても、最初のジャブの段階は、もう少しなんとかならなかったのかと思っちゃいますね^^

以上、『イントリートメント』シーズン2第1話の感想!さらにビターになるだと?、でした。

『イントリートメント』シーズン2第35話(最終回)後の感想

とりあえずのハッピーエンドかな?

『イントリートメント』は、形式上はおそらくハッピーエンドということになるんでしょうかね?

一応、今回最大の問題であった、訴訟によって仕事を失うといったことは回避できたので。

まぁ、日本の裁判だとまず無理。

でもアメリカの裁判なので、あるいはというレベルでしたからね。

セラピーを拒絶してきたクライアントに対して。

遺族側が「もっとみておけ!」といって訴訟を提起するのは。

 

だから、日本人の視聴者としては、「あ、やっぱりか~」という程度の感想でした。

現在受け持っているクライアントたちとの問題の方が、正直思っちゃいましたよ。

ミアのも、エイプリルのも、オリヴァー(ある意味ベスとルーク)のも、ウォルターのも。

どれもこれも一筋縄ではいきませんでしたから。

 

とはいえ、やっぱりポール本人には大きな問題ですからね。

ポールにとっては、患者を失ったりはしたけど、それでもハッピーエンドじゃないかと。

 

セラピスト同士の会話はめんどくさい

シーズン1に引き続きシーズン2でも、ポールはジーナに相談していました。

今回は、セラピストのことだけじゃなく、親に対することなんかもあって。

その悩みは、深いものになっていたんですよ。

だから、興味深くはありました。

興味深くはあったんですが。

ときおり、

 

2人の会話がめんどくさすぎる^^

 

という思いに駆られちゃいました!

 

だって、2人とも、会話するときに、自己分析するだけじゃなくて。

相手の行動分析までしてきますからね。

だから、自分の行動の本質について、「おそらく~だったんだろう」みたいな話し方したり。

相手に対しては、「その時どう思った?」「あなたの行動の本当の意味は、~なんじゃない?」

そんな話し方になってくるんですよ。

しかも、2人とも頑固だし。

 

だから、普段は大丈夫なんですけど。

ついつい「ねんどくせーなぁ、おい」とか思っちゃうんですよ^^

 

ジーナとの別れ

とまぁ、そんな感じでめんどくさい会話を続けた2人でしたが^^

シーズン1では有耶無耶でしたが、今回は完全に別れる感じになってしまいましたね。

ポールが、ジーナに対して、自分にはもう必要ないと言って。

 

しかし、訴訟で有利な証言をしてくれるかも疑わしいという状況からスタートし。

それでもポールの悩みに付き合ってくれたジーナに対して、あっさりとしたもんだなと思いますねー。

この辺はやっぱり感覚の違いですかね。

でも、もう自分を解放して欲しい的な発言は、さすがに・・・と思ってしまいます。

そのたぐいの言葉がセラピストにとって効果的なことはしっているでしょうに。

 

でも、セラピストだって人間で、悩みがあるといったところにフォーカスを置いたドラマですから。

セラピストを離れたポールが、他の患者と同じようにわがままを言うというのも。

このドラマの主題にそうという観点は、正解なんでしょうね。

 

まぁ、なんだかんだいっても、とりあえずジーナとの関係はこれで本当に終わりそうです。

Huluでは、シーズン3が9月から放送されるようですが。

そのシーズン3では、ポールは新しいセラピストのもとに行くようですから。

 

すごくいいイメージがあるというわけではありませんでしたが。

シーズン2にジーナが再度登場した段階で。

「今後もずっとジーナはレギュラーとしてでてくるんだな」と思っていただけに。

最後の最後で、ちょっとびっくりしちゃいました。

 

終わりに

というわけで、イントリートメント・シーズン2の最終回を見た後に感じたことを書いてきました。

いやー、長かった!

30分ドラマでも、35話ですから。

シーズン1の40話超えほどではないにせよ、やっぱり長いのは長いです^^

でも、他では味わえないようなしずかーなドラマでよかったのは間違いないです。

funnyじゃなくて、interstingといった感じの面白さが前面に出ているドラマってあんまりないですしね。

しかし、すぐにシーズン3が始まって、また30話近くあるのか~。

これは秋も長そうです^^

以上、イントリートメント・シーズン2の感想でした。

 

(紹介している作品は、2017年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

こちらも読まれています

おすすめ海外ドラマランキング【2021】おすすめ海外ドラマ28選|マニア歴30年の選ぶ最高傑作をジャンル別に紹介海外ドラマ用おすすめVOD【VOD】海外ドラマ見放題比較!おすすめの本命サブスクを紹介|マニアが動画配信8サイトから厳選動画のためのおすすめタブレット動画視聴用タブレットおすすめランキング!youtubeやVOD再生するのに最強の1台を【2021最新版】

 


 

 

「数が多くてどれがいいかわからない....」

「いま使っているVODがイマイチ」

 

そういった方のために、年間500以上の動画を観る動画マニアの視点から、VODおすすめランキングを作成しました。

 

無料視聴OKで気軽にお試しもできるので、ぜひあなたにぴったりのVODを見つけて下さい。

 

1位:U-NEXT

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、VODを超えた日本最大級のエンタメサービス。

イチオシする最大の理由は、「ないエンタメがない」と言うほどのコンテンツの充実度。

動画、雑誌、電子書籍すべてが楽しめるので、1つのサービスだけでエンタメを満足することができるんです。

特に動画が素晴らしく、20万以上の動画が見放題な上、新作も次々にスピード配信されていくので、見たい動画が見つかりますよ。

無料登録で31日間お試しができるので、気軽にお試しください。

おすすめ度
月額料金 1990円(実質負担額790円)
 ※1200円分ポイントで戻ってくる
サービス・20万以上の動画見放題
・80誌以上の雑誌読み放題
・500冊以上の漫画読み放題
・レンタル動画(ポイントor課金)
・電子書籍購入(ポイントor課金)
・課金額の40%ポイント還元
無料体験 31日間無料
 600円分のポイントもらえる

▶▶ 公式:U-NEXT

↓ U-NEXTの詳細はこちら ↓

U-NEXTのメリットデメリット【評価レビュー】U-NEXTのメリット・デメリット!5年以上使ってわかったユーネクストの特徴を徹底解説

 

2位:Hulu

Huluは、海外ドラマを見るなら絶対外せないVOD。

定番の作品が充実しているのはもちろん、ウォーキングデッドやNCISの日本最速で配信される作品、独占配信作品など、ここでしか見れない作品も多数ありますから。

他にも、日テレ系ドラマの見逃し配信や、劇場版コナン・ハリーポッターの一挙配信など、家族で楽しめるコンテンツも充実していますよ。

おすすめ度
月額料金 933円
サービス・7万以上の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
無料体験 2週間無料

▶▶ 公式:Hulu

↓ Huluの詳細はこちら ↓

Huluの評判メリットデメリット【Hulu感想評価】7年以上使ってわかったメリット・デメリットを徹底解説

 

3位:Amazonプライム

アマプラの特徴

Amazonプライムは、月額料金をとにかく少なくしたい人にイチオシのVOD。

月額料金は最安で、ワンコイン以下。それなのに、音楽聞き放題サービスなどの、Amazon独自のサービスまでついてくるんです。

見放題動画は少なめではありますが、それでも数万程度はありますし。

他のVODより新作が見放題になりやすい、バラエティやドラマのオリジナル作品が見れるといったメリットがあるので、安かろう悪かろうとはなりません。

メインは別に、2つ目のVODとして利用している人も多く、そういった使い方もおすすめです。

おすすめ度
月額料金 月額500円
 年額4900円(月408円)
サービス・数万程度(非公開)の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
・音楽聞き放題などAmazonサービス
無料体験 30日間無料

▶▶ 公式:Amazonプライム

↓ アマプラの詳細はこちら ↓

【評価レビュー】アマゾンプライムはコスパ最高!料金に比べてメリットが多すぎる

 

その他の人気VOD

↓ 詳細はこちら ↓

おすすめVODランキング【2021】おすすめ!動画配信サービス(VOD)比較ランキング‐人気12社から今選ぶべきサブスクを厳選紹介!