『一冊でまるわかり暗号通貨』の感想!初心者が身を守るために必要な基礎知識を得られる本

『一冊でまるわかり暗号通貨』の感想

今回は、森川夢佑斗さんの『一冊でまるわかり暗号通貨2016~2017』(以下、『一冊でまるわかり暗号通貨』)を読んだので。

その感想を書いていきます。

 

『一冊でまるわかり暗号通貨』は、仮想通貨・暗号通貨の初心者が読むべき本の1つなんですが。

同じように入門者・初心者が読んでおくといいとして紹介した。

『5000円ではじめる仮想通貨投資入門』

>>暗号通貨を低リスクで始めたい入門者は「5000円ではじめる仮想通貨投資入門」がわかりやすい

『ビットコインの真実~知らないと損する仮想通貨が現実~』

>>仮想通貨の今後の使い方が見える『ビットコインの真実』の感想

この2つとは、大きく性格が異なります。

 

その2つが実際に使う場面を想定して書かれた本だとすると。

『一冊でまるわかり暗号通貨』は、その前段階。

もっと様々なの仮想通貨・暗号通貨、それ自体についての説明をしてくれる本なので。

 

「この仮想通貨・暗号通貨とは?」といった疑問に応えてくれる

以前紹介した2つの本と、『一冊でまるわかり暗号通貨』の違いをもう少し書いていきますと。

 

まず、『5000円ではじめる仮想通貨投資入門』が、仮想通貨・暗号通貨の投資をミニマムにまとめている本。

『ビットコインの真実~知らないと損する仮想通貨が現実~』は、筆者の体験談をもとに。

投資部分の説明を少なく、でも仮想通貨・暗号通貨が広まり取引が行われている社会を想像させてくれる本なんです。

 

一方、『一冊でまるわかり暗号通貨』は、そういった具体的な使われる場面を想定して書かれていません。

例えば、イーサリアムという仮想通貨・暗号通貨はどうやってできたのか。

どういう技術の産物なのか。

他の技術と比べて、どういう特徴があるのか。

そういったことが書かれていて、「この仮想通貨・暗号通貨とは?」という説明をしてくれる本なんですよ。

しかも結構な数の。

 

具体的に言うと、

  1. ビットコイン
  2. ライトコイン
  3. ネームコイン
  4. ピアコイン
  5. ドージコインモナーコイン
  6. ダッシュ
  7. モネロ
  8. リップル
  9. ステラ
  10. オムニ
  11. カウンターパーティ
  12. ファクトム
  13. ビットシェアーズ
  14. ネクスト
  15. ウェイブス
  16. ネム
  17. イーサリアム
  18. リスク
  19. スチーム
  20. シナリオ
  21. ストージ
  22. メイドセーフ
  23. ディジックス
  24. ザ・ダオ

この24種類もの仮想通貨・暗号通貨の「~とは?」に応えてくれる。

 

すこし情報が古い仮想通貨・暗号通貨も

ただ、残念な点もあるにはありまして。

大きいのが2つほど。

 

1つは、大手三社の取引所ではきいたことがない仮想通貨・乾燥通貨もありまして。

初心者の段階だと、あんまりいらないかなー。

無駄になるかもなーと思っちゃう部分もあるんです。

網羅性を重視した本の宿命みたいなもんですね。

 

そして、もう1つはちょっと情報が古いところ。

例えば、モナーコインのことを一部で流行っているだけだと書いてあったり。

あるいは、ビットコインキャッシュのことが書かれていなかったりと。

なので、そういった新しい仮想通貨・暗号通貨。

状況が変わった仮想通貨・暗号通貨。

そういったことを調べたいときには、あまり向かないかもしれません。

まぁ、発売したのが少し前ですから。

どうしたって仕方がない部分もあるんですけどね。

 

自分の身を守るために必要な知識

「投資に関係ないし、情報も古いんだったらいらないかも」

そう思う方もいるかもしれません。

でも、仮想通貨・暗号通貨系の本の中で、『一冊でまるわかり暗号通貨』は。

最初の頃に買ってよかった本トップ3にあげてもいいぐらい。

買ってよかったなと思った本なんです。

 

やっぱり、『一冊でまるわかり暗号通貨』に書かれているような。

どういう使われ方しそうな技術なのか。

セキュリティーは強いのか弱いのか。

証人目安時間などから考えて、類似の物より使い勝手が良さそうなのか、などなど。

そういった知識を得ることができたというのは大きいですからね。

 

仮想通貨・暗号通貨の場合、その値段の上下に直結するような一次情報を全部得るのは難しく。

ツイッターなどを参考にしたりすることが、めちゃくちゃ多いんですが。

その際、かなり眉唾なもので、多くの人は「そんなわけないだろ」と思っていても。

ある程度の知識さえないために、自分だけが騙されるといったことも防げますし。

 

逆に、ものすごい良い情報だけど、それをつぶやいているひとの言ってることや。

張ってくれているリンク先のニュースの言っていること。

それらに知識がないために全くついていけず、せっかくのチャンスをふいにした判断をしてしまい。

大きな機会損失を出してしまう。

そういったことも防げますしね。

 

『一冊でまるわかり暗号通貨』は、自分を守るために必要な知識を。

完璧に与えてくれてるわけではないですが。

でも、そういったものを徐々に身に着けていけるようになる、基礎的な知識を学ぶことはできますから。

必要な知識を得ることができる、かなり役に立ってくれる本だと思っているわけです。

 

古いのはちょっと困りますけどね^^

でも、多くの情報は現役の情報ばかりですし。

十分役立ってくれてますよ。

 

終わりに

というわけで、『一冊でまるわかり暗号通貨』の感想を書いてきました。

投資の方法などではなく、そのための基礎になる知識を得られる。

かなり参考になる本でしたね。

こういった情報もなしに投資などを行うのは、やっぱり怖いですし。

自分の身を守るために必要だと思うんですよ。

だから、仮想通貨・暗号通貨の初心者の方は、初心者用の別の本を持っていても。

副読本として、この『一冊でまるわかり暗号通貨』を読んでおくべきだと思いますね。

以上、『一冊でまるわかり暗号通貨』の感想!初心者が身を守るために必要な基礎知識を得られる本、でした。

 

仮想通貨・暗号通貨投資を初心者がする前にしておくべきことをまとめましたので。

こちらもあわせてどうぞ。

>> 仮想通貨・暗号通貨投資を始める前に!初心者が絶対すべき5つのこと

 

初めての方におすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨・暗号通貨取引所は複数ありますが。

その中でも、はじめ他の方におすすめなのがコインチェックとZaif。

コインチェックは、操作が簡単で、初めて取引する方にも優しく。

しかも、国内の取引所で最も多くの通貨を扱っているため、最初におさえておきたい取引所なんです。

▼コインチェックを無料登録▼
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

具体的な登録方法はこちら

>>コインチェックの登録&使い方

 

一方、Zaifは、コインチェックで扱っていない通貨なども扱っていて。

コインチェックを補完してくれる存在としても重要ですが。

それ以上に、独自の積立サービスが素晴らしい取引所です。

これなら初めての方でもローリスクな運用をめざすことができますからね。

▼Zaifを無料登録▼

具体的な登録方法はこちら

>>Zaifの登録方法&使い方