地獄少女・宵伽(シーズン4)の感想【第4話追記】Hulu見逃し配信で視聴中

アニメ『地獄少女・宵伽』の感想・あらすじ・ネタバレ

※第4話の感想追記

今回は、アニメ『地獄少女・宵伽(シーズン4)』をHuluの見逃し配信で見たので。

その感想を書いていきます。

 

『地獄少女』は、大人気の和風ホラーアニメ。

ちょっと残酷で、ときに救いのないストーリーで。

非常に夏らしいアニメです。

なのに、なぜかいつも残暑の季節に放送されることが多くて。

「夏に放送されるないもんかなー」といつも思っていたんですよ。

でも、シーズン4になってついに夏に放送ですよ!

いやーうれしい^^

 

では、そんな『地獄少女・宵伽』の感想を始めたいと思います。

ただ、さすがに10年近くぶりの新シーズンですから。

最初に簡単なあらすじと魅力、キャラの整理などをしてからという流れにしていきますね。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年7月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

『地獄少女』の簡単あらすじ

『地獄少女』は、一言でいえば「人を呪わば穴二つ」なアニメ。

午前0時にだけつながるサイトに、恨んでいる人の名前を書き込むと。

その人を地獄少女が地獄におくることができるという都市伝説があり。

自分では解決できない悩みを持つ人たちが、そこに書き込んでいく。

でも、その代償として、自分も死後地獄にいくことに・・・

 

これをベースにストーリーが、一話完結で進んでいくんですが。

人を呪わないといけないぐらい悩んでいる人たちがでてくるため。

基本的にストーリーは重苦しいものが多いです。

 

しかも、あいたちは、仕事として地獄におくっているだけなので。

それが本当に正しいことなのか、といったことは考慮されません。

だから、ときにすごく残酷な結末になることも。

 

そんな感じのストーリーなんですよ。

「詳しいことは、『地獄少女・宵伽』の第1話でご確認を!」と言いたいところですが。

『地獄少女・宵伽』の第1話は、ある程度のことを知っていることを前提とした構成になっているので。

詳しいことはわかりません。

なので、この記事を書いている時点ではHuluでシーズン1が配信されていたので。

詳しく知りたい方は、そちらもあわせてごらんください。

※ シーズン2、シーズン3もその後配信が始まりました。

▼詳しくはこちら▼

 

『地獄少女』の魅力

個人的に『地獄少女』の魅力は3つあると思ってます。

 

ストーリーの独自性

1つ目は、そのストーリーの独自性。

上でも書いたような、人の悩みを解決しているけど、ときにより残酷な結末を迎えるホラー作品で。

他に類似する作品がなかなかありません。

今敏さん監督の『妄想代理人』が多少近い匂いがしますが。

でも、そういった作品でも非常に少ない。

だから、その雰囲気が好きなら、『地獄少女』を見るしかないんですよ。

 

ちなみに、昔『紅屋25時』というドラマCDがありまして。

ストーリーは別物なんですけど。

なんとなく、根底に流れるものが似ているなーって、個人的に思ってるんです。

あまりに昔の話過ぎて、伝わらないと思いますが^^

 

映像の上手さ

2つ目は、映像の上手さ。

シリーズ当初から、『地獄少女』は、ストーリーの重苦しさをしっかりと伝えるような。

全体的に仄暗く、そしてそんな中で赤を上手く使った。

ドクドクしさを感じさせるような映像を見せてくれていました。

それと同時に、キャラたちのデザインなどが可愛くしたりして。

重苦しさを出し過ぎないようにもしてくれてるんです。

そして、このバランスが絶妙だなーといつも感心するんですよね。

 

能登麻美子さんの声

最後に3つ目は、やっぱり能登麻美子さんの声でしょうね。

すごく透き通っていて、キレイ。

だからこそ、彼女の声って、閻魔あいの感情を感じさせないキャラに非常にあうし。

また、作品の雰囲気を何倍も良くしてくれている感じがします。

おそらく、他の声優さんが閻魔あいを演じていたら。

ここまでハマらなかった自信がある^^

 

そして、そんな彼女の歌う曲が、また作品にあうことあうこと。

以前、どこかのラジオで能登麻美子さんが『通りゃんせ』を歌っているのを聞いたことがありますが。

あれは怖くて、ある意味放送事故って感じでした^^

『地獄少女』での曲は、そこまでではありませんが。

でも、聞いてると呪われそうな感じは、抜群にでています!

 

そんな感じの能登麻美子さんの声が聞けるのが、大変すばらしい。

私が今年見たアニメだと、あんまり能登麻美子さんの声って聞くのにあたらず。

お世話になっているのは、スマホゲームの方ばかりだったんですよ。

最近のだと、残酷な童話的なこれとか。

SINoALICE ーシノアリスー

SINoALICE ーシノアリスー
開発元:Pokelabo, Inc.
無料
posted with アプリーチ

クールな三国志美女な、これとかですね。

我が天下【世界配信一周年】

我が天下【世界配信一周年】
開発元:Fly Li
無料
posted with アプリーチ

 

でも、こんな能登麻美子さんの代表作って感じのアニメでその声が聴けるんですから。

幸せな話ですね^^

 

『地獄少女・宵伽』のキャラの整理

次に、キャラの整理を。

左側がキャラ名で、右側が声をあてている声優さんになります。

(各話の主人公は、毎回変わるので省略してます)

  • 閻魔あい:能登麻美子
  • 輪入道(黒い藁人形):管生隆之
  • 骨女(赤い藁人形):本田貴子
  • 一木蓮(青い藁人形):松風雅也
  • 山童(黄色い藁人形):椎名へきる
  • きくり:さかいかな

 

これらとは別に、今回は新しいキャラが追加されていますね。

  • ミチル:和多田美咲

 

『地獄少女・宵伽』第1話の感想

いきなり誰も救われない話になっていて。

「さすがは『地獄少女』製作スタッフたちだ!」と、感心させられた第1話。

 

久々の新作だからって、いい話にもっていかないブレなさが最高すぎる^^

自分を救ってくれ、信じていたのに、実は裏切られていた。

でも、その裏切られたと考える根拠自体が間違っていて。

意味もなく、恩人を地獄におくり。

自分自身も、永遠に救われない地獄に行くことになるとか。

本当に、とんでもないな。

 

後、『宵伽』では、新キャラ(ミチル)が出てくるみたいですね。

口ぶりから、閻魔あいのことを知っていそうな感じの。

ひょっとしたら、10年近くぶりのこの新作で。

今までなかったところを深堀してくれるのかも。

他のシーズンに比べて、話数が少ないようで心配していましたが。

でも、ミチルのおかげで、俄然期待感が高まってきましたよ。

 

以上、『地獄少女・宵伽』第1話の感想、でした。

 

『地獄少女・宵伽』第2話の感想

原因も恨んでいた相手も予想外だった第2話。

 

女性お笑いコンビ(ナナコとハル)のうち、ハルが今回の依頼主。

何でもできて全てをもっていく美人ナナコに、どんくさくておんぶだっこしているだけのハル。

そんな風に世間では見られていたけど、実は・・・

というあらすじになっています。

 

なので、最初はハルが恨んでいるのは、ナナコで。

原因は、美味しい所をもっていかれるのが嫌なだからという風に思っていました。

でも、展開が進むごとに、「え?」と思うことや、「ハルはなんで依頼したんだ?」という思いが強くなってきましたねー。

予想がことごとくと外れていって。

 

第2話は、他の話に比べて、比較的ハッピーエンドな感じ(地獄に行くけど)ですが。

複雑な心理を描いていて、「これこれ、これが見たかったんだよ!」って思える出来でしたよ。

ひょっとしたら、『宵伽』で一番好きな話になるかも^^

以上、『地獄少女・宵伽』第2話の感想、でした。

 

『地獄少女・宵伽』第3話の感想

どこに出しても恥ずかしくないバッドエンドだった第3話。

 

今回は、わかりやすいぐらいに家庭崩壊している兄妹がメインのお話でした。

ただでさえ、家にいることが恐怖になってもおかしくないなのに。

さらなる恐怖がやってきて、目も当てられない状況になってしまう。

そして、地獄にいくのを怖がって、色々画策している間に・・・・

 

そんな感じですからね。

一応、復讐は果たしますが。

当然ハッピーエンドになんかなりません。

兄も妹も、別々の種類の狂い方をしてしまうんです。

 

そのせいで、第2話が、地獄に行くことになっても、ハッピーエンド調だったのに対して。

第3話は、地獄にいくかどうかに関係なく、バッドエンド。

しかも、かなり上位にくるぐらいのですから。

なかなか強烈な話が続きますねー。

 

しかし、兄はともかく、妹の方はマジでかわいそうでした。

どんなにひどいことをされても、母親が地獄にいくことに心を痛める、優しい少女だったのに・・・

そんな彼女でも、救いのない結末に導くんですから。

ほんと『地獄少女』は、えげつない^^

 

以上、『地獄少女・宵伽』第3話の感想、でした。

 

『地獄少女・宵伽』第4話の感想

胸が痛くて仕方がなかった第4話。

 

今回の話は気がめいりますよ。

悪徳老人ホームが舞台で。

ひどい目にあっているのが、ものすごく心優しいおばあさんですから・・・

前半のパートを見ている時の、胸が痛いこと胸が痛いこと。

 

もう大人になったからなんですかね。

自分の親の年齢とかも上がってきていますし。

こういった感じの話は、見ていて心苦しくて仕方がありませんよ。

しかも、全くない話どころか、実際に似たような話を聞くことがありますから。

そのリアルさも、くるものがあります。

だからか、復讐を果たしたシーンも、こんなにすっとしなかったシーンはなかったかもと思えるぐらい。

まったおくすっとしませんでした。

普段ある多少のものでさえ、なくて。

それは、地獄に行くのが、他の人たちと違って。

すぐそこにある話だというのも影響してるのかも。

 

はぁ。

今回の後味は、本当の意味で一味違った、後味の悪さでした。

 

以上、『地獄少女・宵伽』第4話の感想、でした。

 

映像が気になった方は、Huluからどうぞ。

会員でない方も、今なら無料お試しが実施中なので、ご安心を。

その期間中に解約すれば費用は一切かかりませんよ。

▼無料お試しはこちらから▼

 

♥ 快適な動画ライフのために

動画再生が遅くてイライラ?ドコモ光GMOとくとくBBが高速でオススメ

おすすめはこれ!7つの動画配信サービス(VOD)比較【Hulu/U-NEXTなど】

VODで動画観るならコレ!おすすめタブレットランキング7!iPad比較も

iPhone7用のおすすめブルーライトカット液晶保護フィルム6選

スポンサーリンク