映画「ジョーカー」の感想あらすじ【ネタバレ注意】ラストのホアキン・フェニックスの演技に鳥肌が立った

映画「ジョーカー」の感想あらすじ【ネタバレ注意】

この記事では、映画「ジョーカー」を見た感想などをまとめています。

映画「ジョーカー」は、バットマンシリーズの最強の悪役にして、悪のカリスマと呼ばれるジョーカーがどうやって生まれたのかが描かれた作品です。

そして、とにかくジョーカー/アーサー役のホアキン・フェニックスがすごいのが特徴!

英語見終わってそうそうに、「ホアキン・フェニックスの演技がヤバい(ヤバい)」という語彙力を失ったツイートを危うくしそうになってしまうほどに(笑)

では、そんな映画「ジョーカー」の感想などを始めていきますね。

ネタバレ要素もあるので、ご注意ください。

 

映画「ジョーカー」のあらすじ

人々を楽しませたいと常に考え、身体の不自由な母のケアをしながら、コメディアンを目指すアーサー・フレック。

しかし、脳の損傷が原因で意味のないところで笑ってしまう彼に、世間は厳しく、誰も彼のことを見てくれない。

徐々にストレスをためていくアーサー。

そして、ミスで仕事を失い意気消沈していたところに、酔ったビジネスマンに絡まれ、発砲事件をおこしてしまう。

それを皮切りに、次から次にアーサーの身に不幸が訪れ、アーサーは徐々に性格を変えていく。

 

映画「ジョーカー」の感想

見てる側を不安にしてくる世界観

映画「ジョーカー」の序盤は、後にジョーカーとなるアーサーの日々の生活を描いているだけでした。

でも、それが見てる側を不安にさせてくるんですよ。

 

まず、アーサーの状況が厳しすぎるんです。

  • 仕事は苦しい。
  • 脳の損傷で笑ってはいけないところで笑ってしまう。
  • 自分を気持ち悪がり、周囲の人間は話を聞いてくれない。
  • 身体の不自由な母親の面倒をみないといけない。

といった状況にアーサーはいますから。

 

この時点で、もう見ていて辛いものがありました。

でも、そんないろんな意味で身動きが取れない状況にあって、アーサーはそれでも人に優しくあろうとするのがさらに辛い・・・

無理しているのが手に取るようにわかるシーンが散見されていますから。

 

その上、そういったアーサーの現状を描く際に使われたBGMが的確でしてね。

重く、かつ心をざわつかせてくるような音楽が常に流れているんですよ。

 

そのせいで、映像を見ていると心がざわざわしてきて、とても不安になっていくんですよ。

状況・態度・音楽の全てが、アーサーの爆発を煽っているようで、

いつか絶対に爆発するのがわかってる爆弾を目の前に置いてあるような気持になります。

 

全てがアーサーの絶望的状況につながってしまう

でも、こんなものは序の口にすぎなかったのが、中盤に差し掛かってくるとわかります。

  • 自分のミス&仲間の裏切りで職を失う
  • 落ち込んでいる時にビジネスマンに襲われ発砲してしまう
  • 父だと思っていた相手は父ではなく母の妄想だった
  • 母が脳卒中で倒れる
  • 母親と血がつながってないだけでない事実が発覚
  • さらにアーサーの脳の損傷は母親のネグレクトが原因
  • 恋人と結ばれたと思ったらその女性は妄想(※)だった

といったことを中心に、アーサーに絶望的なことが次々に襲い掛かってきますから。

(※実在しているけど本当はアーサーとは交流がなかった)

 

この辺になってくると、映画を見てる人々から「えぇ・・・」といった声が出てきました。

私も全く同感で、これまでの状況でも十分アーサーは辛い思いをしている、それらがかわいく見えるようなことが次々に起こるなんて・・・

特に、母親からのネグレクトと、彼女が妄想だったというのがわかったときは、ゾクッとしましたね。

脳の損傷がなければ今のように苦しい人生を送らなくてもすんだかもしれないのに、その原因を作った人間の看病のため自分の人生をささげているというのはなんとも残酷なと思ってしまいましたから。

また、せっかくどん底のアーサーの最期の光となった彼女が妄想だったなんて、それほどまでに限界だったんだなと思い知らされましたしね。

 

アーサーが悪のカリスマ・ジョーカーになったシーンに鳥肌が立った

そんなことが次々に起こる中で、アーサーの怒りがついに爆発してしまいます。

我慢するのをやめ自分の心の赴くままに行動することことを決意。

その一環として、自分をだましていた母親や、自分を裏切った元同僚を手にかけ、さらに大道芸時代に扮していたピエロの化粧を顔に施していくんです。

アーサーからジョーカーになり替わった瞬間ですね。

 

そして、その後ジョーカーは、暴徒と化した若者たちの真ん中で神のように扱われるんです。

このシーンは鳥肌ものでした。

テレビでしたジョーカーの怒りの演説をきっかけに、町中に火をつけ車などを破壊して回る若者たち。

そんな若者たちが、ジョーカーを見つけるやいなや、暴走をやめジョーカーの周りに集まり、称賛をあびせかける。

そしてそんな狂信者の中心で、ジョーカーは笑顔でダンスを踊り続ける。

そんな狂気に満ち溢れた状況を、不器用で優しいアーサーが作り出したと考えるとたまりません。

社会に搾取され続けてきた人物が、一転して絶対的なカリスマ性を見せつけてくるんですもん。

鳥肌だって立つってもんです。

 

ちなみに、ジョーカーが行った演説は、映画の中の人間だけでなく、映画を見ている人間にも影響を与えかねない凄みのあるものでした。

内容の良し悪しはともかくとして。

 

ジョーカーのキャストはとにかくホアキン・フェニックス!彼の演技を見てほしい

これまでストーリーを中心に感想を書いてきましたが、演技についても映画「ジョーカー」は素晴らしいので、その点についても言及しておきます。

基本的に、どの登場人物も素晴らしい演技を見せてくれますが、その中でも特にすごいのがジョーカー/アーサー役のホアキン・フェニックス!

もう映画見終わって秒で彼のファンになりましたよ。

 

何が凄いって、アーサーがジョーカーになっていく説得力が凄い。

アーサーは優しいのですが、気弱で争いを好まない、ちょっと不気味な男性でした。

なので、絶対的な狂気を孕んだジョーカーとのつながりが、最初見えにくく、アーサーがジョーカーになるのは「不自然なんじゃないか?」とも思っていたんですよ。

でも、アーサーの絶望が増すごとにその不気味さが徐々に変化してきて、狂気をはらんでくるんです。

そしてホアキン・フェニックスは、それをダンスや表情でうまく表現していき、完全にアーサーからジョーカーに変化する頃には、アーサーがジョーカーに変化したとしても何ら不自然じゃないと思わせるようにしているんですよ!

 

むしろ映画「ジョーカー」を観終わった後となっては、アーサー以外ジョーカーの中の人としてふさわしい人間は決していないと思わせてくれました。

それぐらいホアキン・フェニックスの演技はピカイチだったんですよ。

もう彼の演技を見に行くだけでも、映画「ジョーカー」は見ておいて損はないといえるぐらいです。

 

ヒースのジョーカーと比べて見るのも楽しい

今回の映画「ジョーカー」のホアキン・フェニックスの演技は最高だと思うのですが、同じくらい称賛を浴びたジョーカーとして、映画「ダークナイト」に登場するヒース・レジャーのジョーカーがいます。

こちらはすでにジョーカーとなり、バットマンと戦う姿が描かれているので、少し傾向は違います。

でも、どちらも素晴らしいジョーカーなので、どこが違うかなど考えながら見てみてください!楽しいですよ!

 

まだ「ダークナイト」を見たことがない方は、U-NEXTで見ることが出来るので、映画「ジョーカー」を見た後にでもぜひ一度見てみてください。

見ないのがもったいない素晴らしい演技を見ることができますから。

それに31日間の無料体験を利用すれば、費用かけずに見ることができますよ。

(本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

終わりに

というわけで、映画「ジョーカー」の感想などをまとめてきました。

ジョーカーの誕生秘話、ホアキン・フェニックスの演技など、見どころの多い作品だったので、これは見ておいてほしい作品です。

2019年見た映画の中で間違いなくトップ3に入るであろう作品ですから、おすすめですよ。

以上、映画「ジョーカー」の感想あらすじ【ネタバレ注意】ラストのホアキン・フェニックスの演技に鳥肌が立ったでした。

関連記事

映画代を安くする方法知らなきゃ損!映画を安く見る方法8選比較【最大800円割引】イオンカード、ムビチケ、dエンジョイパスなどのおすすめ