海外ドラマ・ビッグリトルライズの感想!ラスト5分まで動機も犯人もわからないサスペンス

海外ドラマ・ビッグリトルライズの感想

今回は、Huluで海外ドラマ『ビッグリトルライズ』を見たので。

その感想などを書いていこうと思います。

 

ビッグリトルライズは、今月1、2を争うぐらい、注目していた海外ドラマです。

HBOの中でも、面白い作品が多い1時間番組のサスペンスな上。

その作品の脚本担当が、『アリー my LOVE』など多くのヒットを生んだデイビット・E・ケリーですからね。

昔からの海外ドラマファンとして、期待しないわけにはいきません^^

 

では、そんなビッグリトルライズの感想を、さっそく始めていきますね。

まず第1話の感想を書き。

その後、最終回を見終わった後に、その感想を追記するという流れで。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

海外ドラマ『ビッグリトルライズ』第1話の感想

『ビッグリトルライズ』はキャストが豪華すぎる

まずビッグリトルライズを見ていて、驚くのはキャスト。

あっちこっちに有名人物を見かけるんですよ。

さすが、デイビット・E・ケリーの新作だということで。

気合入りまくりですね。

 

では、キャストを簡単に整理しつつ、もう少し詳しく書いてきますね。

(注目キャストについては、※をつけておきます。)

 

  • マデリン :専業主婦※
  • エド   :マデリンの彼氏
  • アビゲイル:マデリンの娘
  • クロエ  :マデリンの娘
  • ジェーン :シングルマザー
  • ジギー  :ジェーンの娘
  • セレステ :セレブ※
  • ペリー  :セレステの夫※
  • マックス :セレステの息子
  • ジョシュ :セレステの息子
  • レナータ :高学歴マザー
  • アマデラ :レナータの娘
  • ネイサン :マデリンの元夫
  • ボニー  :ネイサンの妻※
  • スカイ  :ボニーの娘
  • トム   :カフェの店員※

 

まず、メインで動いていく4人の母親のうちの3人、彼女らがヤバいです。

マデリン:リース・ウィザースプーン

セレステ:ニコール・キッドマン

レナーダ:ローラ・ダーン

上2人はもはや説明不明というか、代表作を何にしたらいいのか悩むレベル^^

ローラ・ダーンも、ジェラシックパークのエリー。

最近の海外ドラマだと、『エンライテンド』の主人公を演じていたりなど。

超有名女優ですからね。

>>エンライテンド(海外ドラマ)の感想!どん底から立ち上る女性を描いた海外ドラマ

 

それに加えて、セレステの夫役のアレクサンダー・スカースガード。

彼も『ターザン:REBORN』のターザン役。

また、これはアメコミが好きな人じゃないとなじみが深くないかもしれませんが。

ボニー役のゾーイ・グラヴィッツも、エンジェル・サルバドーレ役をこなしていますしね。

これ以外にも、いろんなキャストが、どこかの海外ドラマや映画なんかで見たことがある人が演じてますし。

それが第1話の前半で一気に出てくるもんだから、正直驚き疲れました^^

 

後これはビッグリトルライズを見た方で、わかる方がいらっしゃいましたら教えていただきたいんですが。

カフェの店員のトム、彼って『LOST』のチャーリー役のドミニク・モナハンじゃありませんでした?

一瞬しか映りませんでしたけど、かなり面影があって。

たぶんそうだと思うんですよね。

 

惹きつけられるまくる出だし・あらすじ

登場人物に次いで、印象に残るのは、ものすごくキャッチーな出だしですね。

 

ビッグリトルライズは、小学校の仮想パーティで、事件(あるいは事故)が起こったところからスタートし。

その事件・事故への目撃者たちの証言と。

それと同時に、マデリンとジェーンが小学校の説明会前に出会ったときから。

事件が起きるまでの両方を描いているサスペンスドラマです。

 

なぜミステリーではなく、サスペンスかというと。

第1話では誰が被害者かがわからない。

事件か事故かもわからない。

目撃者はたくさんいるのに、みながバラバラの証言をする。

そういった内容になっていて、犯人当てをするミステリーとは少し違うからですね。

 

でも、その事件・事故が起こった原因ははっきりしているんです。

それは、

 

「マデリンが小学校の説明会前に、足をくじいたから」

 

わけがわかりませんよね?

私もわけがわからなかったので、いつその説明がなされるのかと。

じっと集中して見ていたんですが。

第1話では結局説明してくれませんでした^^

 

どうもそれがどういうことかの説明は、ドラマの主軸を担う部分のようで。

じっくり説明がなされていくみたいなんですよ。

そうとも知らずに、思いっきり魅入ってしまっちゃいました。

でも、あんなキャッチーな始まりをされたら、みんな惹きつけられちゃいますよ。

これには自信がありますね^^

 

サスペンスと同時にそれぞれの問題が進んでいく

そして、そういったサスペンス部分と同時に進んでいくのが。

登場人物それぞれの問題。

 

目撃者たちが、口々に問題のある人物として名前を上げてくるマデリン。

彼女は、人を褒めることができると同時に。

ずけずけとものを言う、自分に自信のありそうな気の強い女性なんです。

でも、自分が手に職をもっていないこと。

自分はママでいることにしか価値はないと思っているけど。

反抗期みたいになっている娘たちが、別の女性と結婚した元夫とは仲が良いことから。

実は自分に自信がなくて、イライラ。

この感情とどうやって向き合っていくのか。

そういったことも描かれているんですよ。

 

他にも、セレステは、夫が支配的だし。

ジェーンは、母親とのもめごとがあるし。

レナーダは、高キャリアだけど、それに疑問をもっていますから。

 

まだ本格的に、それが表にはでていませんけど。

今後そちらも進行していくんでしょうね。

 

映像の美しさ

最後に、ビッグリトルライズの映像の美しさは無視できませんね。

 

12モンキーズ・シーズン3で、ファンタジー系の作品の中では、グラフィックがとびぬけている海外ドラマと思ったんですが。

>>12モンキーズ・シーズン3の感想!ついに息子との対決の始まり

それに対して、ビッグリトルライズは、ナチュラル系の映像美を見ることが海外ドラマでして。

その映像は本当に美しいですよ。

なんというか、アメリカの作品なんですが、北欧的といいますか。

太陽光がさんさんと降り注いでいるのではなく。

ちょっと曇った海の美しさといいますか。

そういったタイプの。

 

上手く言い表せませんけど。

でも、少なくともこの映像美を見るためだけに見てもいいといえる。

数少ない海外ドラマの1つなのは間違いないですね。

 

終わりに

というわけで、ビッグリトルライズ第1話の感想を書いてきました。

サスペンスの方も、メインキャストの問題の方も、今後どうなっていくんでしょうね。

一応、誰かが事件か事故に巻き込まれたのは確定していますけど。

なぜだとか、どうやっての部分は全く見えてませんでしたから。

いや、気になるところです。

以上、海外ドラマ・ビッグリトルライズ第1話の感想、でした。

ビッグリトルライズ・第7話(最終回)後の感想

人間関係は悪化の一途

ビッグリトルライズは、大きく分けて2つのテーマのある海外ドラマでした、

1つは、それぞれの人間関係の問題。

もう1つは、誰が犠牲者で、誰が犯人なのかというサスペンス的問題。

この2つです。

一応、アマデラをイジメたのが誰かという問題もありますけど。

それぞれの人間関係の問題の範疇だと思いますしね。

 

そして、それぞれの人間関係の問題についてですが。

話が進むにつれて、まぁ問題はこじれていきますよ。

アマデラをイジメたのがジギーだと思っているレナータ(アマデラの母)とジェーン(ジギーの母)。

両者の争いが激しくなっていくのをはじめとして、色々と。

 

なにより、セレステとペリー(セレステの夫)の問題がね。

ペリーが直接的な支配を行っていくようになっていき。

セレステがもうついていけなくなってしまうところまで来てしまうますから。

しかも、ペリーの行動を見ていたマックス(セレステの息子)が。

それをアマデラにしていたということまで発覚すると・・・

 

いやー、完全にドロドロしてましたよ^^

 

動機も犯人もラスト5分までまったくわからない

そして、そんなドロドロが、事件を引き起こすんですよ。

 

おそらくビッグリトルライズを見ていた人は、途中で4パターンのうちのどれかを考えていたんじゃないでしょうか。

  • レナータとジェーンが争い、犠牲者がレナータになる
  • 逆に、ジェーンが犠牲者になる
  • ペリーが激高してセレステが犠牲者になる
  • セレステが反撃してペリーが犠牲者になる

この4パターンの。

ちなみに、私は4つ目のセレステが反撃してペリーが犠牲者になるというのを予想していましたよ。

結局私の予想は外れていたんですけどね。

 

いや、予想できませんよ、そんなの。

ラスト5分まで予想つかなかった。

それどころか動機も全くわかりませんでした。

そして、皆が皆、事件ではなく事故だということにし。

それの口裏を合わせる理由も。

 

【ここから完全なネタバレが入ります。視聴予定な方は飛ばすことをおすすめ】

 

 

 

だって、犠牲者がペリーなのはわかりますけど。

犯人がボニーだなんて!

しかも、動機が、興奮したペリーが、マデリン、ジェーン、セレステ、レナータ。

彼女たちの前で暴れ始めたので。

彼女たちを救うために攻撃したというのなんて予想つくわけがない^^

そりゃみんな口裏をあわせますよね。

ボニーがみんなを救ってくれたんですから。

 

 

 

【ネタバレ終わり】

 

シーズン1だという衝撃

犯人も、犠牲者、動機、皆が口裏を合わせる理由もわかり。

ある意味すっきりとして、第7話を見終えることができました。

 

でも、ですね。

そんだけはっきりと問題が解決しているにもかかわらず。

ビッグリトルライズは、シーズン1だというんですよ!

 

え?これ以上、何の問題を解決するの?って感じですよ。

単なるヒューマンドラマと考えれば、それぞれの問題はほぼ解決していないので。

話が進むというのもわかりますよ。

でも、サスペンス部分完璧に解決しちゃってるんですけど・・・

 

それに、探偵的な存在がいるわけでもなく。

みんな普通の生活をしているメンバーですから。

そうそうサスペンス的な問題なんてでてこないはずですから。

本当、シーズン2って何をやるんでしょう?

 

かなり謎で気になっていますよ^^

 

終わりに

というわけで、ビッグリトルライズの第7話最終回を見終わった後の感想を書いてきました。

いやー、最初はアリーMy Loveの方が作ったサスペンスだということで興味が沸いただけだったんですが。

こんなにもギリギリまで、誰が犯人何だろうなどの問題を考えさせられる作品だとは思いませんでしたね。

でも、おかげで大層満足させてもらいました。

本当にシーズン2が始まるなら、そちらはどのようになっていくのか気になりますし。

見ていかないといけませんね。

以上、ビッグリトルライズの第7話最終回を見終わった後の感想、でした。