【最新比較】おすすめVODランキングはこちら

『SING』は何度でも見たくなるミュージカル映画?私の感想評価&口コミ評判まとめ

映画『SING』をU-NEXTでみた感想・あらすじ・ネタバレ

miya

この記事では、「SING」の感想について書いています。

 

「SING」はかわいくてコミカルなキャラクターと、超本格的な歌が聞ける大人気ミュージカル映画。

多くの有名アーティストが曲を歌っているので、曲が良いものが多くて、

映画を見終わった後も、何度もサントラを聞きたくなる映画です。

では、そんな映画「SING」を見た感想について書いていきますね。

 

映画『SING』の簡単なあらすじ

まず、映画『SING』を見たことがない方のために、簡単なあらすじを。

 

主人公のバスター・ムーンは、売れない劇場のオーナー。

子どもの頃から劇場にあこがれ、父親が30年頑張って働いてムーンのものにしてくれた劇場を大事にしているが。

あまりに売れなくて、手形の不渡りを出したり、銀行からの融資返還をせっつかれたりしている。

しかし、それらを覆す起死回生の案として、街の住人の中から。

スターを産み出すためのコンテストを開催することに!

そうすると、街中から多くの人が参加し、テレビでも取り上げられ。

久々に劇場に活気が戻った!

ただ、コンテストの賞金が1000ドル(約10万円)としたはずが、10万ドル(約1000万円)となっているんだけど・・・

 

そんなところからストーリーは始まります。

様々なお金やコンテストに関する問題。

それを覆すためのアイデア。

成長物語などなど。

歌と人間(?)ドラマに満ち溢れた物語になっていますね。

 

映画『SING』のキャスト

あと感想に入る前に、キャラクターが多めですので。

そのキャストたちについても、簡単にまとめておきますね。

  • バスター・ムーン(コアラ):劇場のオーナー、声はマシュー・マコノヒー
  • ロジータ(ブタ):主婦、声はリーズ・ウィザースプーン
  • マイク(ネズミ):流しの音楽家、声はセス・マクラーレン
  • アッシュ(ヤマアラシ):ロッカー、声はスカーレット・ヨハンセン
  • エディ(ブタ):ダンサー(?)、声はジョン・C・ライリー
  • ジョニー(ゴリラ):盗賊団、声はタロン・エジャトン
  • ミーナ(ゾウ):歌手志望の少女、声はトリー・ケリー
  • グンター(ヒツジ):ムーンの親友、声はニック・クロール
  • ミス・クローリー(イグアナ):ムーンの秘書、声はガース・ジェニングス
  • ナナ・ヌードルマン(ヒツジ):元大女優の資産家であり、グンターの祖母、声はジェニファー・ソーンダース

 

かなり豪華になっています。

吹替えで。

エディをトレンディエンジェルの斎藤さん。

ミーナをMISIA。

アッシュを長澤まさみさんが演じているのでも話題になりましたけど。

吹替え前の段階でも、十分豪華ですよね。

 

映画『SING』の感想評価:オススメシーン3選

映画『SING』の最大の魅力は、歌とそれにまつわる人間ドラマ、なのは間違いないでしょう。

いろんな年代の名曲をアレンジして、楽しむことができますし。

各キャラが最高の歌を歌う前に、様々な問題を解決していく姿を見ることができますから。

タイプ的には、海外ドラマ『glee』を楽しむのと同じ感じの楽しみ方ができる映画になっています。

 

でも、正直これは改めて詳しく書く必要はないかも。

ジョニーが父親に認められるシーン。

歌が歌えなかったミーナが、歌を歌えるようになるシーンなど。

数多くの名シーンがあるので、ここを詳しく紹介するだけで、2000文字は書けると思います。

でも、CMとか見てるだけでも、そこが面白いのはわかりますよね^^

だから、あえて書いていく必要はないんじゃないかと思いまして。

 

というわけで、ここからは、コンテストやラストのライブなどを除いた。

その他のシーンでオススメしたいものについて書いていこうと思います。

 

ドライブシーン

映画『SING』は、3Dのキャラたちが所狭しと動き回る映画になっていて。

最近の3D技術のすごさを、映像のあちこちで感じることができます。

 

そんな映像の中で、もっとも3D技術のすごさを感じさせてくれるのは、ジョニーによるドライブシーン。

本当に運転しているかのような映像と。

やっぱりアニメを感じさせる映像が、上手く融合していて。

他の作品ではなかなか感じられない臨場感を醸し出していました。

 

なので、見ていてついつい「おぉ!」って声を出してしまいましたよ^^

そんなことって、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!大人帝国の逆襲』において。

シンちゃんが階段をひたすら上っているシーンを見た時以来かも。

 

イカの光のショー

また、イカの光のショーも良かった。

 

ムーンが資金集めのために、かつての大女優ナナに対して。

劇場のポテンシャルを見せつけるために、ナナのための公演をやろうとします。

その最初の幕開けで、水槽に入った無数の光るイカが。

ムーンの指示によって、花火を模したり、隊列を組んだりしていく、ショーなんです。

 

これが幻想的で素晴らしい。

映像の中の世界だとわかってはいるんですけど。

これを現実で見たい!

もし見れたらどんなに素敵だろう!

って本気で思っちゃいましたよ^^

 

ただ、すぐに終わってしまうんですけどね・・・

 

ちなみに、エンディングでも見ることはできます。

個人的にこれがとても大好きなんです。

最初は劇中で行われたものほどの魅力は感じず、スティビー・ワンダーとアリアナ・グランデの歌声のそえものぐらいに思ってたんですけどね。

その後、何度も何度もこれを見るようになって、とても気に入ってると気づいました。

遅いですよね(笑)

 

ロジータがコンテストに行くための仕掛け

ロジータは、毎日へとへとになって帰ってくる夫の助けを借りず。

25人の子供を育てている主婦です。

なので、コンテストにでる、練習するだけでも大変。

だって、夫に見ていてもらうのは不可能だし。

25人も面倒見てくれるシッターもいませんからね。

 

だから、コンテストにも出るし、練習にも出た上で、子育ても自分でしてしまいます。

子どもたちや夫の行動パターンを読み切って。

料理も、洗濯も、子どもの準備も。

ぜーんぶ全自動で行える機械を設置することで。

 

これが、もう『ピタゴラスイッチ』たドミノ好きにはたまらないんですよ!

様々なギミックたちの連鎖していく動きや。

計算しつくされた設置や時間管理などなど。

機能美の極致を見ることができるので。

 

私も妻も『ピタゴラスイッチ』などが大好物なので。

ひょっとしたら、ここのシーンが一番興奮したかもしれません^^

 

映画『SING』の口コミ評判

 

終わりに

というわけで、映画「SING」を無料で見る方法と、その感想について書いてきました。

いやー、2度目でも楽しんで見てしまいましたね。

ストーリー、歌だけなく、いろんな見どころポイントがあってそのときの気分で、注目していくポイントが変わりますから、毎回新鮮な気持ちで見ることができるんですよ。

以上、『SING』の動画を見た感想!何度でも見たくなるミュージカル映画、でした。

 


 

 

「数が多くてどれがいいかわからない....」

「いま使っているVODがイマイチ」

 

そういった方のために、年間500以上の動画を観る動画マニアの視点から、VODおすすめランキングを作成しました。

 

無料視聴OKで気軽にお試しもできるので、ぜひあなたにぴったりのVODを見つけて下さい。

 

1位:U-NEXT

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、VODを超えた日本最大級のエンタメサービス。

イチオシする最大の理由は、「ないエンタメがない」と言うほどのコンテンツの充実度。

動画、雑誌、電子書籍すべてが楽しめるので、1つのサービスだけでエンタメを満足することができるんです。

特に動画が素晴らしく、20万以上の動画が見放題な上、新作も次々にスピード配信されていくので、見たい動画が見つかりますよ。

無料登録で31日間お試しができるので、気軽にお試しください。

おすすめ度
月額料金 1990円(実質負担額790円)
 ※1200円分ポイントで戻ってくる
サービス・20万以上の動画見放題
・80誌以上の雑誌読み放題
・500冊以上の漫画読み放題
・レンタル動画(ポイントor課金)
・電子書籍購入(ポイントor課金)
・課金額の40%ポイント還元
無料体験 31日間無料
 600円分のポイントもらえる

▶▶ 公式:U-NEXT

↓ U-NEXTの詳細はこちら ↓

U-NEXTのメリットデメリット《評価レビュー》U-NEXTのメリット・デメリット!5年以上使ってわかったユーネクストの特徴を徹底解説

 

2位:Hulu

Huluは、海外ドラマを見るなら絶対外せないVOD。

定番の作品が充実しているのはもちろん、ウォーキングデッドやNCISの日本最速で配信される作品、独占配信作品など、ここでしか見れない作品も多数ありますから。

他にも、日テレ系ドラマの見逃し配信や、劇場版コナン・ハリーポッターの一挙配信など、家族で楽しめるコンテンツも充実していますよ。

おすすめ度
月額料金 933円
サービス・7万以上の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
無料体験 2週間無料

▶▶ 公式:Hulu

↓ Huluの詳細はこちら ↓

Huluの評判メリットデメリット《Hulu感想評価》7年以上使ってわかったメリット・デメリットを徹底解説

 

3位:Amazonプライム

アマプラの特徴

Amazonプライムは、月額料金をとにかく少なくしたい人にイチオシのVOD。

月額料金は最安で、ワンコイン以下。それなのに、音楽聞き放題サービスなどの、Amazon独自のサービスまでついてくるんです。

見放題動画は少なめではありますが、それでも数万程度はありますし。

他のVODより新作が見放題になりやすい、バラエティやドラマのオリジナル作品が見れるといったメリットがあるので、安かろう悪かろうとはなりません。

メインは別に、2つ目のVODとして利用している人も多く、そういった使い方もおすすめです。

おすすめ度
月額料金 月額500円
 年額4900円(月408円)
サービス・数万程度(非公開)の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
・音楽聞き放題などAmazonサービス
無料体験 30日間無料

▶▶ 公式:Amazonプライム

↓ アマプラの詳細はこちら ↓

《評価レビュー》アマゾンプライムはコスパ最高!料金に比べてメリットが多すぎる

 

その他の人気VOD

↓ 詳細はこちら ↓

おすすめVODランキング《2021》おすすめ!動画配信サービス(VOD)比較ランキング‐人気12社から今選ぶべきサブスクを厳選紹介!