『スター夢の代償』第1話の感想!大人版glee見たいで面白い

スター夢の代償の感想あらすじネタバレ

今回は、Huluで海外ドラマ『STAR 夢の代償』(以下、『スター夢の代償』)を見たので。

その感想を書いていこうと思います。

 

『スター夢の代償』は、タイトルを見ていただいたら、気づく方もいると思いますが。

大人気海外ドラマの『エンパイア成功の代償』と関係の深いドラマです。

おそらく別々の世界ではあるんでしょうけど。

製作総指揮者が同じリー・ダニエルズですからね。

同じ音楽業界の話だし、やっぱり似たテイストは感じられるんですよ。

(『エンパイア成功の代償』に関する詳しいことは、こちらからどうぞ。)

Empire成功の代償シーズン3の感想!クッキー泣けるぜ

2017.06.25

【エンパイア成功の代償】シーズン2の感想!クッキーがかわいそうすぎる

2017.06.02

【エンパイア成功の代償】シーズン1の感想!音楽と人間ドラマ

2017.05.23

 

では、そんな『スター夢の代償』第1話の感想を始めていこうと思います。

ただ、シーズン1だということで、作品を知らない方も多いと思いますし。

まずは、キャストや簡単なあらすじを書いた上で。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

 

『スター夢の代償』のキャストについて

キャスト名について整理していきますが、

とりあえず。

  • スター:主人公の白人の少女
  • シモーネ:スターの異父兄弟。ハーフの少女
  • アレクサンドラ:スター、シモーネのユニット仲間。黒人の少女
  • メアリー:スター、シモーネの亡き母
  • カルロッタ:かつてメアリーとユニットを組んでいた女性
  • ジャヒル:メアリー、カルロッタの元マネであり、スターたちのマネージャー

これぐらいは、『スター夢の代償』を見る上で、覚えておいて損はないと思います。

 

これ以外にも、第1話の段階でわかっているのは。

レニー・グラヴィッツ(第1話で登場済み)

ナオミ・キャンベル

パリス・ジャクソン(マイケル・ジャクソンの娘)

といった人たちにも、キャストが与えられているということ。

 

主人公格の3人の女の子をあんまり見たことがないので。

キャストが発表された時は。

「ナオミ・キャンベル、『エンパイア成功の代償』に引き続きかー」とか。

「レニー・グラヴィッツなつかしー」といった方が印象深かったですね。

 

あ、でも、「スターって、そっちの意味かよ!」とは思いましたけど^^

STARですから、大物とかそっちの方を想像していたのに。

まさか、主人公の名前だとは。

まぁ、EMPIREも、会社の名前だったんだから。

想像できた人もいたかもしれませんが。

でも、私には無理でしたねー。

 

『スター夢の代償』の簡単なあらすじ

では、次に『スター夢の代償』の簡単なあらすじについて、書いていこうと思います。

 

超簡単にあらすじをいいますと。

『スター夢の代償』は、白人、黒人、ハーフの3人の少女たちがボーカルユニットを組み。

歌手になって、底辺からスターダムをのし上がっていこうとする。

そんなドラマということになりますね。

 

こう書くと、かなり華やで、煌びやかなドラマになりそうと思いますよね?

キャストもそんな感じだし。

巨大な金額が動くアメリカ音楽業界で、スターやセレブなどとも共演していくドラマですから。

確かに、そういった面もあるにはあるんです。

 

でも、3人が3人ともわけありな女の子たちですし。

それだけじゃ終わりません。

むしろ、ドロドロした人間関係とか。

そういったことの方が目についてくるんですよ。

詳しくは、第1話の感想で、書いていきますね。

 

『スター夢の代償』第1話の感想

3人がわけありでやばい。

では、3人がどういった少女たちかというと。

 

スター

母亡き後、里親を転々としていく問題児で。

上に行くためには、なんでもやるタイプ。

別の里親に育てられていたシモーヌを、養父から助けるため。

養父に攻撃してしまい、逃亡中。

 

シモーネ

スターとともに逃亡中で。

依存度が非常に高く。

頼れるものを見つけると、それに飛びつく。

悪いことは、他人のせい。

 

アレクサンドラ

上昇気性がスター並みに激しいが。

お嬢様なので、苦労があまり得意ではなく。

なんでもやってやろうという気概は少ない。

親との仲が良くなく、家出中。

歌を歌いに家を出たのに、住み込みしているところでの作業に不満。

 

ね?

みんなわけありでしょ^^

みんながみんな地雷をもっていますからね。

だから、単に煌びやかな成功ストーリーで終るわけがないんですよ。

 

スターは、いつ捕まってもおかしくないし。

アレクサンドラは、いつキレてもおかしくない上に。

連れ戻されてもおかしくない。

そんな状態ですから。

 

けど、一番やばいのはシモーネでしょうね。

今は、依存対象を見つけてしまったら、スターのいうことを聞かなくなるだけじゃなく。

スターたちの敵にだってなりかねませんもん。

しかも、そういう描写って、『エンパイア成功の代償』の方でありましたからね。

現状、否定する要素がないのが、辛いところ^^

 

どうして「大人版glee」なのか

この記事のタイトルとして、私は「『スター夢の代償』第1話の感想!大人版glee見たいで面白い」とつけています。

でも、見始めた最初の頃は、「『スター夢の代償』第1話の感想!新しいドリームガールズ」という風に書く気満々だったんですよ。

3人の女性ボーカルユニットがのし上がっていく姿を描いた作品だし。

主人公こそ白人ですが、黒人が多数出てきて。

しかも、ブラックミュージックも多数出てきますからね。

 

でも、『スター夢の代償』は、歌を歌う時によく踊るんですよ。

しかも、歌い出した主人公のまわりで、関係ない人たちも一緒になったりして。

なんかその姿を見ていると、『ドリームガールズ』というよりも。

『glee』でメルセデスが歌っているところに近いなーって思ってしまいまして。

あと、年齢的にもかなり近いし。

なので、『ドリームガールズ』ではなく、『glee』にしたんです。

 

ただ、青春ドラマよりな『glee』に比べて、『スター夢の代償』の方が圧倒的に大人。

コメディ作品と、シリアスな作品の間には差あってしかたないですけど。

『スター夢の代償』で、スターたちがすることも。

あるいは、スターたちに対して周りが行ってくることも。

えげつなさがすごい。

なので、大人版というのもつけたわけです。

 

ドロドロの人間ドラマも健在

『スター夢の代償』は、監督が監督だけあって、やっぱりドロドロの人間ドラマから離れられない様子。

そういったことを強みとしている監督ですし。

当然といえば当然ですが。

 

たとえば、スターたちがのし上がっていく際には。

音楽業界内での足の引っ張り合いや攻撃。

そういったものは当然起こるでしょうし。

また、性格、育ってきた環境など大きく違う上。

性格がキツイ女の子があつまったユニットですから。

ユニット内部での、ドロドロの問題も必ずおきるでしょう。

 

でも、それだけじゃなく、音楽とは関係ないスターとシモーネの養父との問題もありますしね。

スターは、逮捕されないため。

あるいは、脅されたりしないためにに色々やるでしょうから。

このサスペンス的な人間関係

 

それに、個人的にかなり気になった、カルロッタ・メアリーとジャヒルの過去の問題。

なにか確執があったようで。

カルロッタはジャヒルを脅してまで、スターたちが音楽業界にかかわらないようにしています。

この過去の確執がどう影響していくのか。

スターたちはデビューできるのか。

デビューしたとして、問題は起きないのか。

すごく気になるところですね。

 

終わりに

というわけで、海外ドラマ『スター夢の代償』第1話の感想を書いてきました。

『glee』ぽいダンスや、ドロドロの人間関係など。

思っていたより、ずっと面白い海外ドラマでした。

始まるまでは、業界もタイトルも似すぎているし。

二番煎じで終るんじゃとかおもっていましたけど。

全然そんなことはなかった。

むしろ『エンパイア成功の代償』よりも好きだという方も、絶対いますね。

いやー、本格的な夏前に、当たりドラマが見れてよかった^^

 

以上、『スター夢の代償』第1話の感想!大人版glee見たいで面白い、でした。

 

この作品を見るのに利用したHuluですが、現在2週間見放題の無料お試しが実施されています

見たい作品を無料で見て、そのままやめるということもできるので、この機会にお試しあれ

 

♥ 関連記事

速度を速くして動画を快適に見たい!ドコモ光GMOとくとくBBが高速でオススメ

2017.07.19

おすすめはこれ!7つの動画配信サービス(VOD)比較【Hulu/dTV/Amazon/U-NEXT/Netflixなど】

2017.02.04

VODで動画観るならコレ!おすすめタブレットランキング7!iPad比較も

2017.08.14

iPhone7用のおすすめブルーライトカット液晶保護フィルム6選

2016.09.26
スポンサーリンク