『スターウォーズ・エピソード9』を見たネタバレ感想|スカイウォーカーの夜明けはつまらないという予想を覆した

スターウォーズ エピソード9 感想

前作エピソード8で、ルークを失い、また一度は共闘したカルロ・レンと再び敵対することになった主人公レイ。

その後の彼女の姿を描いた『スターウォーズエピソード9/スカイウォーカーの夜明け』を見てきたので、感想を紹介します。

エピソード8の評判があまりよくなく、「このままではスターウォーズの完結編に当たるエピソード9までつまらないんじゃないか」という声がありましたが、その予想を覆す出来でしたね。

本公開されましたのでネタバレも追記しました、その点ご注意ください

『スターウォーズエピソード9/スカイウォーカーの夜明け』の感想(ネタバレあり)

序盤~中盤のレイのウザさに心配になった

さきほど「エピソード9もつまらないんじゃないかという声を覆した」といいましたが、これは全部見ての感想。

実は序盤は心配になるシーンがいくつもありました。

そのほとんどがレイの態度。

 

エピソード9は帝国との決着をつけるエピソードであるとともに、レイの出生の秘密、そしてレイの中に眠るダークサイドの力をどうするのかという問題を描くエピソードでもありました。

これは映画が公開される前から出されていた情報なので、多少はレイの性格にゆがみが出ることは覚悟して見に行きました。

でも、それを大きく上回るぐらい勝手な行動が目につきまして…

映画を見ている最中にもかかわらず、つい「レイうざっ!」と思っちゃいましたよ(笑)

仲間に気が付いたこと話さない。

勝手に行動する。

それによってチューイが捕らえられたのに、改善しないなどなど。

見ていてきつかった…

海外ドラマネタで恐縮ですが、登場キャラクターに海外ドラマ「LOST」のチャーリー役の彼が出ていたこともあって、レイとキャサリンが被ってしまうぐらいのウザさでしたよ!

miya

 

ですので、それが続いている間は正直「レイを主人公にしたのは失敗だったか、スターウォーズの結末として残念だったなぁ」と諦めの境地で映画を見ていたんですよね。

でも、中盤以降に行くにつれて見違えるように面白くなっていくんですよ。

 

アクション性はシリーズ最高

面白くなっていった要因の1つに、エピソード9のアクション性の高さがあります。

 

エピソード全てを締めくくる作品ということで、新三部作を彷彿とさせるレース的な(追いかけっこな)展開に始まり。

スピードあふれる空中戦。

敵味方の攻撃の飛びかう地上戦。

そして、レイとカルロ・レンによる海の上でのライトセイバー合戦。

そのどれもが、シリーズ最高クラスであり、しかも本作ではかなりの時間を費やして描いてくれました。

 

特に終盤に行くにつれての展開は、一時たりとも目が離せませんね。

絶体絶命な中でもあがいていくレジスタンスたち、そこに仲間が現れ「アベンジャーズ/エンドゲーム」的な逆転劇を見せるかと思ったら、さらなるピンチに。

ここのシーンを見に来るだけでもおつりがくるレベルで面白かったですよ。

SF映画にアクションを求める人は必見ですね。

 

キャリー・フィッシャーさんへのリスペクトにあふれた作り

また、監督によるキャリー・フィッシャーさんへのリスペクトに感動したのも、要因の1つですね。

 

レイア姫を演じていたキャリー・フィッシャーさんは、エピソード9の撮影が始まる前に急死され、撮影に参加することはできませんでした。

ただ、スターウォーズの重要なキーパーソンであるレイア姫を全く出さないわけにもいかない。

代役を立てるということもできたでしょうが、監督はこれを拒否。

「キャリー・フィッシャーがでれなくても、出ているように見せてやる!」そう言わんばかりの演出でもって乗り切ってくれました。

 

序盤は多少エピソード7の未公開シーンを使っていましたが、それでも最も大事な場面でしたそんな演出にはしびれましたね。

「レイア姫はキャリー・フィッシャーさん以外ありえない」

そういう制作陣の熱い想いが感じられるようでしたから。

スターウォーズの完結編として、往年のキャラクターを大事にするというのは、やっぱりうれしいですね。

もし代役を出したとしても、急に出さなかったとしても、ファンとしてはがっかりしたと思いますし。

 

ベン・ソロ待ってたよ

スターウォーズの続三部作の否定的な意見の1つとして、「カルロ・レン(ベン・ソロ)が魅力的じゃない」というのがあります。

私も、エピソード7では、ダースベイダー的存在として出てきたのに、フォースに目覚めたばかりのレイに負けるなんてがっかりとか。

スターウォーズエピソード7のあらすじ解説『スターウォーズ・エピソード7』あらすじネタバレ簡単解説!フォースの覚醒はつまらない?

エピソード8では、レイを捕まえたり、レイを助けたり、レイを殺すといったり、意見がコロコロ変わり過ぎ!といった風に思っていました。

スターウォーズ・エピソードのあらすじ&解説『スターウォーズ・エピソード8』あらすじネタバレ簡単解説!最後のジェダイはつまらない?

でも!やっとエピソード9で、待ち望んでいたかっこいいベン・ソロの姿を魅せてくれましたよ。

バトル面でもメンタル面でも。

 

特に、記憶の中のハン・ソロに説得された後、レイを助けるため一人敵陣に乗り込んで戦う姿のカッコよさ。

当初ライトセイバーを持っておらず苦戦しますが、レイよりライトセイバーを受け取ってからの動きは最高でした。

(ライトセイバーを受け取るシーン自体も最高なんですが)

おそらく映像を見たらベン・ソロに謝りたくなる人も多いはず。

かくいう私は完全に心の中で謝ってましたよ(笑)

 

完結編にふさわしいエピソードだった

エピソード9を全部見終えて、もう一度思い起こすと完結編にふさわしい内容だったなと思います。

  1. 皇帝パルパティーンが再登場
  2. ジェダイの血筋とシスの血筋による共闘
  3. ルークとレイア姫のライトセイバーがレイとベン・ソロの手に
  4. 大事な場面で現れるルークとハン・ソロ

といった、旧三部作・新作部作・続三部作の全てが収束してできたエピソードでしたから。

個人的に、③のルークのライトセイバー、レイア姫のライトセイバーが、次世代の2人が共闘するシーンで使われたのがツボでした。

子供の頃見た旧三部作が思い起こされて、人目に出れないぐらい涙がボロボロ出てきましたから。

 

【考察】「スカイウォーカーの夜明け」/レイ・スカイウォーカーの意味はどっちの意味?

最後の戦いを終えたレイは、砂漠に一人降り立つのですが、その時名前を聞かれ、本名ではなく、「レイ・スカイウォーカー」と名乗ります。

このシーンの意味は、2つの意味が考えられ、どっちかわからなかったんです。

 

1.ルークとレイア姫の想いを継いだ

まず最初に考えたのは、これでした。

というのも、名乗る直前にルークとレイア姫の幻影でてきて、これを見てレイは名乗りましたから。

ただ、本来の自分を受け容れろと言っていた2人の想いを継ぐなら、スカイウォーカーの名前を継がずに、パルパティーンの名前を受け容れ、そのまま堂々とした方がいいんじゃないかとも思うんですよね。

なので、こっちの意味なら、私はちょっと違和感を感じてしまいます。

 

2.スカイウォーカーの一員になった

もう1つは、ベン・ソロと一緒になったと考えていて、スカイウォーカーの一員になったからというのも考えました。

これを考えたのは、ベン・ソロによって助けられたレイが、ベン・ソロにキスをしたシーンを見たため。

レイはフィンでなくベン・ソロのことを愛したようで、その時ベン・ソロの想いと生きていくことを決めたのかなと。

ただ、これだと「なんで、ソロでもなく、オーガナでもなく、スカイウォーカーなんだ?」という疑問が残ります。

 

ですので、どちらが正しいのかわかりませんでした。

でも、個人的には後者のスカイウォーカーの一員になったという方が好きです。

 

魅力的なサブキャラの登場

最後に、エピソード9では、ポーとフィンにまつわる2人の女性キャラが出てきました。

それぞれ美味しいシーンに参加して映画に彩を与えてくれた2人ですが、どちらも非常に魅力的なキャラクターをしていました。

エピソード8で出てきたローズが「うーん」と思ってしまう、微妙なキャラクターだっただけに、もっともっと見ていきたいと思いましたね。

また、まだまだ深堀出来そうな設定も残していますし。

一応本編としてはこのエピソード9で完結してしまいますが、スピンオフ作品が出ることが決定しているので、そちらに出てこないかなと期待しています。

特に、フィンに関するキャラの方は、場合によっては恋愛にも発展していきそうで、ワクワクドキドキがとまりません。

 

過去のスターウォーズ作品を見る方法

私が愛用している動画配信サービスU-NEXTでは、過去のスターウォーズ作品を一挙配信中。

  1. スター・ウォーズ・エピソード4『新たなる希望』
  2. スター・ウォーズ・エピソード5『帝国の逆襲』
  3. スター・ウォーズ・エピソード6『ジェダイの帰還』
  4. スター・ウォーズ・エピソード1『ファントム・メナス』
  5. スター・ウォーズ・エピソード2『クローンの逆襲』
  6. スター・ウォーズ・エピソード3『シスの復讐』
  7. スター・ウォーズ・エピソード7『フォースの覚醒』
  8. スター・ウォーズ・エピソード8『最後のジェダイ』
  9. 『ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
  10. 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

過去のスターウォーズ作品を見たい方におすすめです。

見るのに220円分のポイントは必要ですが、会員登録すると600円分のポイントが付与されます。

登録は1分もあればできますし、もらったポイントは解約しても返還する必要はありませんし、まずは気軽にお楽しみください。

 

終わりに

というわけで、『スターウォーズエピソード9/スカイウォーカーの夜明け』の感想を書いてきました。

レイア姫の扱いなど、スターウォーズという壮大なストーリーを、しっかりとした形で完結させたのは素晴らしいですね。

また、映画単体で見ても面白い、アクション性の高さなども良かったですし。

間違いなくおすすめの映画ですので、まだ見てない方はぜひ見て、楽しんでくださいね。

以上、『スターウォーズ・エピソード9』を見た感想(ネタバレなし)スカイウォーカーの夜明けはつまらないという予想を覆した、でした。

(本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)