【最新比較】おすすめVODランキングはこちら

【感想評価】ファイアパンチはひどい?最初からめちゃくちゃ面白かった【ネタバレ注意】

ファイアパンチの感想ネタバレ

この記事では、藤本タツキさんの漫画「ファイアパンチ」の感想を書いています。

ファイアパンチは、人によっては「ひどい」と感じるかもしれない作品です。

というのも、かなりきわどい描写も多く、また想像をはるかに超えた展開が次々に起こっていく、なかなかの問題作ですから。

でも逆に言えば、類似作品が思いつかないぐらい尖っていて、読んでいてめちゃくちゃパワーを感じる面白い作品でもあるんです。

では、そんな「ファイアパンチ」が気になっている方のために、「ファイアパンチ」の感想評価を序盤を中心にまとめていきますね。

漫画「フィアパンチ」の序盤の感想評価

世界観がすごい

まず、「ファイアパンチ」のなにが凄いって。

世界観がものすごいです。

 

雪にとざされ。

病気も蔓延し、食料も当然ない。

祝福という、贈り物なのか呪いなのかわからない能力を持つものがいて。

皆生き残るために、少なからずどこか狂ってしまっている。

そんな世界なんです。

 

誰かがなにかひどいことをしたとしても。

それが自分の欲望のためにしたのなら、まだ普通だと思えます。

だって、それを行った人間が、自分の欲望のためにしたとは限らず。

人のために行動していることだってあるんですから。

どっちがたちが悪いんでしょうね。

 

キャラクター達もキテる

そんな世界なので、メインとなる登場キャラクター達は。

そろいもそろって、かなりキテる人物ばっかです。

 

主人公(アグニ)は、唯一の肉親だった妹(ルナ)の敵に、自分も攻撃を受け。

再生能力の祝福のせいで、8年間も炎に焼かれながら。

炎を消すのではなく、痛みを我慢する手段を身に着け。

敵を探しだそうとしています。

 

いくら強い再生能力をもっているとしても。

8年間耐えるというのは尋常じゃないし。

しかも、我慢してるだけですからね。

ぞっとする話です。

 

また、妹の敵が所属する国のトップ、ユダは。

アグニ同様、強い再生能力があるため、自身を顧みない戦い方や。

冷酷で合理的な戦い方をする女性。

そして、様々な祝福能力者を、国の生活維持のために利用します。

イメージとしては、「彼岸島」の吸血鬼が人間にしていたような感じ。

自分のしていることを自覚しながら。

それでも行動するたちの悪さをもったキャラクターです。

 

でも、現時点で最悪なのはトガタでしょう。

映画鑑賞が趣味だったけど、それが燃やされてしまったので。

代わりに、アグニを主人公とした映画を撮影して楽しもうとする女性。

自分の楽しさを優先するので。

映画の完成度を上げるためなら、なんだってします。

無関係の人を巻き込むことも。

人を惑わすことも、なんでも。

 

他にも、問題のある人物ばかり。

唯一、サンとネネトの少年少女がまだマシですが。

それ以外は、ね。

でも、長いこと生きていて、歯車の狂わないような甘い世界じゃないですから。

どこか普通じゃないと生き残れないんでしょうね。

 

終わりに

というわけで、「ファイアパンチ」の感想を書いてきました。

世界観はぶっとんでいますし。

そこで生活してきたせいで、同じくキャラクター達もぶっとんでいて。

非常に面白い漫画になっています。

まだまだ巻数が非常に少ないので。

追いつくにはちょうどいいですし、おすすめですよ。

以上、ファイアパンチの感想!これはとんでもない漫画だわ、でした。

 

この漫画を試し読みしたい方は、U-NEXTで読むのがおすすめ。

無料体験を利用して1冊無料で読める上に、気に入って続きが読みたくなったら40%ポイント還元で残りの巻を買うことができますから。

\好きな巻が1冊無料/

 

追伸:最終8巻まで読んで

なにはともかく「とんでもない作品だった」という感想以外思いつきません。

序盤からエゲツナイストーリーでしたが、中盤以降はそれを上回る内容が次々にやってきます。

しかも、まるで別作品になったかのような方向転換があった後に、また元の路線に戻り、さらに別の方向に方向転換が起こっていきますから。

ついていくのが大変で、完全に消化するまでに何度も何度も読み直しましたよ。

なので、これから読む方はかなり苦労するのを覚悟してくださいね。

でも、苦労しただけ報われるような名作なので、読んで後悔は全くしていませんが!

めちゃくちゃ面白かったので、おすすめです。

\好きな巻が1冊無料/

 

(本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)