ドラマ「侠飯」をHuluで見たら、やっぱり腹が減って仕方がない

ドラマ「侠飯」の感想

今回は、Huluで配信が開始されたドラマ「侠飯」を見てみたので。

その感想を書いていこうと思います。

 

このドラマ「侠飯」は、福澤徹三の人気グルメ小説を原作にするドラマで。

リアルタイムでも見ていたんですよね。

やっぱり原作がしっかりしているだけあるのか。

最近のグルメ系のドラマとはちょっと違ったおもむきで面白くて。

録画とかではなく、毎週楽しみにしていました。

ここ最近のグルメ系のドラマの中では、トップ3に入るぐらい好きなドラマです。

 

では、そんなドラマ「侠飯」の感想を始めていこうと思います。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年3月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

ドラマ「侠飯」の感想

王道&どんでん返しにやられてしまった

まず、ドラマ「侠飯」の簡単なあらすじを。

就活に苦戦していた主人公(良太)は、突如ヤクザの争いに巻き込まれてしまいます。

その際、自分を助けてくれたヤクザ(柳刃)の怪我が治るまで、自宅で療養させることに。

そんな嫌すぎる共同生活を送るハメになってしまった良太ですが。

柳刃がつくる料理と、その料理を通して語られる言葉によって。

ダラダラと流されるままに生きてきた、ちょっと情けない自分からすこしずつ脱却していく。

そんな話になっています。

 

柳刃の料理を食べて変わっていくのは、良太だけじゃないんですけどね。

でも、情けない、辛い時間を味わっている人間が、おいしいご飯を食べ。

そして、その料理にまつわるちょっといい話を活力に、変化していく。

そういう今風のグルメ漫画やドラマよりも、少し昔な感じがするドラマになっているのは間違いないですね。

かなり王道的です。

 

でも、単なる王道的なグルメ系作品とは少し違っていて。

そういった作品には珍しく、大きなどんでん返しがあるんですよ。

最初に、最大のミスリーディングが設置されていて。

それが最終回あたりで、さく裂します。

正直、これにはやられたーって!思いましたね。

全然想像もしていなかったので。

このあたり、単なるグルメ系作品で終っておらず、かなり好印象ですね。

 

ご飯がおいしそうでたまらない

でも、やっぱりグルメ系作品ですから。

ご飯が美味しそうじゃないと。

 

柳刃が作る料理は、手の込んだ料理じゃないんですよ。

誰でもできるようなものばかり。

いくつかは手間がかかるものもありますけど。

ミルフィーユ風ハムカツとか。

でも、多くはすぐに取り入れられるものがほとんどですね。

香味スープの素を溶かしただけのスープとかあるぐらい^^

 

けど、見ていると抜群に美味しそうなんですよ。

マジで夜中に見るのは厳禁なレベルで^^

なんというか、日本人が本当に好きなのはこういうのだよなーって感じの。

ややB級よりの、でもヨダレがとまらなくなるようなご飯を作っていきますから。

まぁ、ステーキは、料理がどうとか関係なく、ヨダレとまらなくなっちゃいますけどね^^

 

我が家でも、出てきた料理を、詳しいレシピがないにもかかわらず。

たまらず真似していくつか作りましたよ。

そして、定番になったものもいくつかありますね。

 

ちなみに、今書いている書いている、美味しそうな見た目とは関係ないですけど。

味噌汁に鰹節をいれるというのは、我が家で絶対のポジションをしめるようになりました。

だしの素だけのものとは、別物の味噌汁になるので。

一時期出汁にハマって毎回、鰹節から出していた時期を思い出しちゃいましたよ。

 

生瀬勝久もいいが、柄本時生が最高のスパイスになっている

ドラマ「侠飯」のキャラに関しても、少し。

料理をつくる柳刃を演じている生瀬勝久さんがシブかったり。

ヒロイン(春菜)が腐女子だったりして、キャラもよかったんですよ。

生瀬さんには、どうしても「トリック」のイメージが強いので。

こういう演技もできるんだなーって感心させられたりしましたし。

 

でも、ドラマ「侠飯」で一番大事だったのは、良太役の柄本時生さんでしょうね。

彼の演技が、料理のおいしさを何倍にも膨れ上がらせてましたから。

めちゃくちゃ美味しそうな表示を作るんですよね、柄本さん。

このドラマ「侠飯」が始まる前にも、NHKドラマの「本棚食堂」というグルメドラマで主演(二郎役)をしていましたが。

その時も、ご飯食べてる姿がたまらなかったんです。

なので、柄本さんの抜擢は、ドラマの出来を左右する最高のスパイスになったんじゃないかと思うんですよ。

 

終わりに

というわけで、ドラマ「侠飯」の感想を書いてきました。

やっぱりいいですねー、「侠飯」。

これで3度目なんですけど、夜に見たのをやっぱり後悔させられました^^

また続編作ってくれませんかねー。

「孤独のグルメ」、「本棚食堂」、そしてこの「侠飯」は、どんどんシリーズが追加されていかないかと。

いつも待っているんですけど。

まぁ、シーズン1で完結しているけど、人気が出すぎてシーズン2を急きょ作ることになった海外ドラマとかもありますし。

気長にまっていきましょうかね。

以上、ドラマ「侠飯」をHuluで見たら、やっぱり腹が減って仕方がない、でした。

 

 

この作品を見るのに利用したHuluですが、現在2週間見放題の無料お試しが実施されています

見たい作品を無料で見て、そのままやめるということもできるので、この機会にお試しあれ

 

♥ あわせて読まれています