【最新比較】おすすめVODランキングはこちら

漫画「約束のネバーランド」の感想評価|予想のつかない展開が連続

漫画「約束のネバーランド」の感想

この記事では、白井カイウさん原作、出水ぽすかさん作画の漫画「約束のネバーランド」を読んだ感想を書いています。

最近よく見かけて、「面白いのかなー?」と興味があったんですが、なぜかズルズル手に取らずにいちゃったんですよね。

でも、しないといけないことが終わって、やっと気が抜けるということで、自分へのご褒美のために、「約束のネバーランド」に購入し、やっと読むことができました。

正直、なぜもっと早く読まなかったのかと後悔したレベルの最高の漫画でしたよ^^

この記事では、そんな「約束のネバーランド」が気になっている方のために、「約束のネバーランド」の序盤の感想評価をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

あわせて読まれています

漫画「約束のネバーランド」とは?簡単なあらすじ

まず、「約束のネバーランド」ってどういう漫画かというと。

孤児院で、やさしいママと暮らしていた子供たちでしたが。

守らなければならないルールを破ってしまった主人公(エマ)とノーマンは。

孤児院のメンバーが、ママによって、化け物に引き渡されるのを見てしまいます。

どうも、ここが孤児院というのも、優しいママというのも嘘。

このままだと、仲間たちが皆化け物に連れていかれることになってしまいます。

そこで、ママを出し抜き、孤児院から脱出をもくろむことに。

でも、そのためには、様々な難問が次々に降りかかってきて・・・

 

そんな感じの漫画です。

ジャンプでは久しぶりの、心理戦&頭脳戦をベースにした漫画ですね。

上手くいけば、「デスノート」に匹敵しそうなぐらいになっていきそうなほどの。

ただ、単なる心理戦&頭脳戦なだけじゃなく。

アクションを含んだサバイバル要素も強く。

かなりオリジナリティにあふれた作品になって。

閉ざされたところからの脱出といったジャンルは、好きなジャンルですが。

なかなかない感じになっています。

 

漫画「約束のネバーランド」の序盤の感想評価

漫画「約束のネバーランド」は無理ゲーすぎる

約束のネバーランドを読んで、まず最初に思ったのが、「無理ゲーすぎる」でしたね。

 

そもそも、脱出が難しすぎる。

ママはかなりのキレ者なのに。

こちらは子供だけ。

せめて優秀な子どもたちだけで逃げるならともかく、エマは30人以上全員で逃げたい。

相当小さい子までいるのに。

さらに、発信機が全員につけられていて。

スパイまでいる(これは、その後問題なくなりましたが)。

こんな状態ですからね。

その上、子どもたちはママへの信頼が絶対的だし。

子どもたち同士の疑心暗鬼までつきまとってくる。

どうやって、孤児院から脱出しろというのか^^

 

そして、たとえ孤児院から脱出したとしても。

外には、ママに命令している化け物たちがうようよ。

しかも、人間並みかそれ以上の存在っぽい。

これで無事に安心できるところまでたどり着けるのか。

たどり着けたとして、追手の目をごまかしつつ生活できるのか。

そういった難問が次に潜んでいますからね。

 

いや、無理ゲーすぎるでしょ。

脱出したら勝ち系の漫画じゃないんですよね。

 

主人公が面白い

そんな無理ゲーの中で、中心となっているのは3人。

天才で深い考えができるけど、身体が弱いノーマン。

裏を読んだり情報集めたりすることに長けているレイ。

そして、主人公の女の子エマなんですが。

このエマが面白い存在だなーと思うんです。

 

エマも、2人ほどではないけど、頭がキレて。

さらに運動神経もある。

でも、理想論が強すぎて。

それをまわりにも押し付けてしまう傾向があります。

3人で逃げるなら大丈夫だけど、全員は無理といわれても。

なのに、絶対に全員で逃げる!って言い張ったりしますから。

こういうタイプの主人公って、最近は嫌われガチな傾向にあると思います。

私も、泥臭くて、目的のためにそれ以外を割り切ったりする感じのキャラが好きなので。

あんまり好きなタイプではないんですよ。

 

でも、なぜかエマには、悪感情を全然持たなかったんですよね。

これが不思議。

なんでかという部分は、自分の中でまだ消化できてませんので。

おそらくでしか話すことはできないんですけど。

多分、単純に理想を掲げるんじゃなくて。

現実を踏まえた上で、それでも理想に走るっていう姿がいいのかなーって思っています。

後、いざというときの冷静さになろうとしている姿も、そうかも。

特に、第2巻のp164あたりのレイの秘密を知った後の。

行動や表情とか、とてもいいと思うんですよね。

 

なので、エマのことが面白い存在だなーって思うんです。

 

絵は好き嫌いがわかれるかも

絵に関しては、どうですかね。

結構好き嫌いが別れるんじゃないかと思うんです。

 

背景に関しては、非常に素晴らしいと思います。

書き込み量がハンパないのに、細部まで書き込まれていて。

もしアニメ化したら、アニメの方が霞むんじゃないかってぐらい。

なので、背景が嫌いって人はいないかと。

 

でも、キャラたちの方は結構クセがありますね。

小さい子供や大人たちはいいんですけど。

でも、メインとなる主人公たちが、たまに西洋のクラシカルなお人形のような表情に感じることがあるんですよね。

というか、みんなのうたで流れていた、諫山実生さんの「月のワルツ」を何度か思い出いだしました。

特に、第2巻p84のギルダの表情で。

なので、私は感情が伝わりやすい感じでいいと思うのですが。

でも、人によっては、受け付けない人もいそうだなーって思ってしまいますね。

 

ゴールはどこなんだろう

まだ全然話が佳境にはいっていない段階でこの記事を書いているので。

今後どういった風に話が進んでいくのか、全くわからないんですけど。

このマンガのゴールってどこになるんだろうなーってところが気になって仕方がないですね。

上でも書いた通り、メインとなって行動するのは3人ですが。

その3人の考えが全然違うので。

 

エマは、現実を知った上で、全員で助かりたい。

ノーマンは、より現実を考え、全員で助かるのは無理だと思っている。

でも、エマに対するあこがれ(恋?)から、”エマのために”全員で助かりたいと思っている。

レイは、3人の中で最も深いところまで情報を知り、また完全な現実主義者。

だから、3人+αぐらいはともかく、全員は絶対に無理だから、切り捨てる。

 

子どもたちの頭にあたる3人が、このように全然違った考えをもっているんです。

なので、子どもたちの計画が完全に上手くいくとは限らないし。

また、どうしても現実と向き合わないといけない時がくるはず。

それが、レイの考えている現実かどうかもわかりませんし。

なので、どういう風に進んでいくのか。

どういうゴールになるのか、わからないんです。

でも、それと同時に、どういう着地になるのか期待できるんですけどね^^

 

漫画「約束のネバーランド」の感想評価

というわけで、漫画「約束のネバーランド」の感想を書いてきました。

いやー、もっと早く手にとっておいたらよかったですね。

相当面白いです!

これは巻数が多くなってくると、風呂敷を閉じるのが相当難しい漫画だと思いますが。

でも、少なくとも10巻以上は続けてもらいたいなーって思っちゃいますね。

それだけ質が高いと思いますから。

そして、上手に風呂敷をたためた暁には、かなりの名作って言われる存在になるでしょうね。

今後も楽しみです。

以上、漫画「約束のネバーランド」(白井カイウ&出水ぽすか)の感想!無理ゲーすぎる頭脳戦サバイバル、でした。

 

追伸:最終巻20巻まで読んで

最終的に20巻まで続きました。

途中、アクション要素の割合が高くなるなど、大きな方向転換が見られましたが、それでも最後まできっちり風呂敷をたたんでくれました。

難問が次々と訪れ、そのたびに大きく成長する子供たちの姿が描かれた名作です。

「最高」以外の言葉はないので、まだ読んだことがない方はぜひ読んでみてください!

 

追伸:漫画好きのための本代節約方法!買う冊数を減らさず本代だけ減そう

「本代が高くて怒られてるけど、買う漫画の数は減らしたくない」

私にも経験がありますが、この問題は漫画好きの永遠の悩みだと思います。

でも、この問題を驚くほど簡単に解決する方法があるんです。それは「まんが王国」で漫画を買うこと!

「まんが王国」で漫画を買うと、本代の最大50%がポイントとして返ってくるので、買う漫画の冊数はそのまま、月々の本代だけ減らすことができます。

本代以外に月額料金などは必要ありませんし、全く損せず始められる本代節約方法なので、おすすめですよ!