知らなきゃ損!映画を安く見る方法8選比較【最大800円割引】イオンカード、ムビチケ、dエンジョイパスなどのおすすめ

映画代を安くする方法

「新作映画はすぐ見たい」、でも映画代1800円は高い!という方は多いと思います。

家族で行くと結構な金額になりますし、また気になる作品の公開が同じ月に被るときだってありますからね(同じ月に5作品が被ったときは大変でした)。

そんな人たちのために、この記事では映画代を安くするためのおすすめの方法を紹介していきます。

知らないと毎回毎回損することになるので、ぜひ参考にくださいね。

miya

最大で800円割引になる方法も紹介するよ!

おすすめサービストップ5比較

イオンカード・ミニオンズデザインイオンシネマ800円割引いつでも月額無料
楽天PINKカードTOHO、MOVIX500円割引などいつでも月額324円
【dエンジョイパス】 109、MOVIX500円割引などいつでも月額500円
ムビチケ前売り券のみ400円割引いつでも月額無料
映画館の独自サービス平均600円割引月に数日月額無料
\当サイトイチ押し/

 

1.クレジットカードの利用

イオンカード・ミニオンズ【イチオシ!】

当サイトのイチオシはイオンカードのミニオンズデザインを持つこと。

イオンシネマズでのみの利用になるので、特に近くにイオンシネマズがある人には絶対にもっていて欲しい1枚です。

年会費無料なのに、通常1800円の映画料金が”いつでも”800円割引の”1000円に”なりますから!

※ノーマルのイオンカードは300円割引

 

800円割引は非常に大きいですね。

月に1回映画に行く人の場合

1月800円オトク7月5600円オトク
2月1600円オトク8月6400円オトク
3月2400円オトク9月7200円オトク
4月3200円オトク10月8000円オトク
5月4000円オトク11月8800円オトク
6月4800円オトク12月9600円オトク

通常料金のまま見に行ってると、年間9600円分も損しているわけですから。

本来ならもう9回分無料で見れるところだったのに。

 

しかも「いつでも」無料というのがいいです。

映画の日やレディースデーでも映画を安く見ることができるのですが、そういった日に休めるとは限りません。

そうなると、仕事帰りや学校帰りに映画館に行くことになりますが、みんな同じなので混んでること混んでること・・・

ゆったりした気持ちで映画を見ることができません。

でも、いつでも割引対象になってたら、空いている時間に映画を見に行くことができるので、そんな心配は無用。

わざわざ混んでる日に見に行くなんてもったいないですね。

 

ですので、イオンカードのミニオンズデザインは必ず持ってほしいんです!

miya

これを持ってると持ってないとでは、映画代が全然違いますよ

 

注意

ただ1つだけ注意してほしいのが、イオンカード・ミニオンズデザインの800円割引で映画を見るには、「暮らしのマネーサイト」という専用ページで購入する必要があります。

 

そのまま映画館に行った場合、通常の300円割引になるのでご注意ください。

 

一見不便そうに見えますが、普段ネットでチケットを購入するのと手間はそんなに変わらないのでご安心を。

 

 

その他のクレジットカード

「でも、近くにイオンシネマズがないんだよね・・・」

そういう方のために、有名シネコンに対応していてるクレジットカードを紹介していきますね。

TOHO楽天PINKカード(※)
→1300円
ユナイテッドエポスカード
→一部の映画館&Loppiで発券のみ1300円
109
MOVIX楽天PINKカード(※)
→1300円

このようになります。

もし近くにイオンシネマない方が、クレジットカードの映画料金の割引を利用しようとするなら、楽天PINKカード楽天PINKカードが第1候補になります。

特にTOHOシネマズ、MOVIXが近くにある方は。

イオンカード・ミニオンズデザインのように月額無料ではなく月額324円(※)が必要なのですが、映画館の割引以外にも特典が豊富にあるので、とてもお得ですから。

一部を紹介すると、

  • 楽天市場の買い物 500円off
  • 楽天トラベル 1000円off
  • 電子書籍 10%off
  • カラオケまねきねこ ルーム料金30%off
  • 上島珈琲 10%off

といった内容になります。

ですので、楽天PINKカードは持っていて損はありませんよ。

初回申し込み後最大2ヶ月、月額料金が無料になるので、まずはその間だけ試してみるというのもありです。)

 

一方で、それ以外の場合、これから紹介するdエンジョイパスを利用するのがおすすめです。

 

2.【dエンジョイパス】を利用

【dエンジョイパス】 は、月額500円で5万以上の優待を利用できるサービス

映画に関しては

  • 109シネマズ⇒1300円
  • MOVIX⇒1300円
  • TOHOシネマズ⇒1500円
  • イオンシネマ⇒1500円

となります。

イオンシネマに関しては、先ほど紹介したイオンカードのミニオンズデザインの方が。

また、TOHOシネマズに関しては、楽天PINKカードの方が割引料金がいいです。

ですので、109シネマズとMOVIXが近くにある人におすすめのサービスですね。

 

ただ、dエンジョイパスは優待が本当にお得で、月額以上にお得にすることも簡単なので、映画と関係なくおすすめのサービスではあります。

  • ランチがワンコインになる優待
  • 人気レジャー施設が半額・無料になる優待
  • 整体・ネイル・カット料金が割引になる優待

などなど、本当に便利な様々な優待がありますから。

31日間は無料で使えるので、気になる方はぜひ利用して見てください。

 

3.前売り券&ムビチケ

ムビチケを利用して、前売り券を購入して映画を見るのもおすすめの方法です。

ムビチケは、映画の前売り券をネットで購入できるようにしてくれるサービス。400円割引となる、1400円で購入できます。

他の前売り券を販売するサービスと異なり、アマゾンに対応しているので非常に便利ですね。

手続きが簡単だし、アマゾンポイントを利用できますから。

しかも、対応している映画館も多いのもありがたい。

ただ、前売り券なので公開前に購入しないといけない点で、1位、2位に比べて手間はかかりますね。

映画情報をゲットしたら、すぐに映画を見に行く予定をたてる人向けのサービスです。

 

4.動画配信サービスU-NEXTを利用して無料で映画を見る

U-NEXTは、13万以上の見放題動画と、2万以上のレンタル動画を持つ動画配信サービスです。

月額1990円するのですが、1200円分がポイントとして返ってくるので、実質790円で13万以上の映画やドラマをみることができます。

そして、もらった1200円分のポイントは、新作映画の動画レンタルに使ったり、漫画に使ったりする他、映画館の映画料金としても利用できるんです。

そのため

  • 普段⇒帰宅後あるいは週末に見放題の好きな映画やドラマを見る
  • 見たい新作映画や漫画を見つけた⇒ポイントを利用してそれらを見る
  • 見たい動画などがない時⇒ポイントを使って無料で映画館で映画を見る

といった利用ができます。

実際、私もこういった使い方をしていて、無料で映画館で映画を見るのも何度もしていますからね。

イオンカード・ミニオンズデザインなどとあわせて利用するのがおすすめですよ。

興味がある方は、31日間の無料体験があるので、一度お試しください。

13万本以上の動画が見放題、もらえる600円分のポイントを使って新作映画などをレンタルできる、70誌以上の雑誌が読み放題。

こういった特典がもらえてお得ですから。

 

5.イオンシネマズ独自のサービス

ここからは、シネコン・映画館独自のサービスについて紹介していきます。

いつでもは利用できないものもあるので、ご注意ください。

では、その中でもまずはイオンシネマズの独自のサービスについて紹介しますね。

 

安い時間・安い日に見る

ハッピーファースト1日⇒1100円
映画の日12月1日⇒1000円
サンクスデー(※)水曜⇒1100円
ハッピー5555歳以上の人⇒1100円
ハッピーモーニング平日10時まで⇒1300円
ハッピーナイト毎日20時以降⇒1300円
夫婦50割どちらかが50歳以上⇒合計2200円
お客様感謝デー20日、30日⇒1100円

miya

色々あるけど、やっぱりイオンカード・ミニオンズの方がお得だね!

 

会員サービス:ポイントをためる

イオンシネマズは、ポイントなどの制度は行っていません。

 

TOHOシネマズのサービス

安い時間・安い日に見る

TOHOシネマズディ14日⇒1200円
ファーストデイ1日⇒1200円
レディースデイ水曜⇒1200円
レイトショー20時以降⇒1300円
シニア割引60歳以上⇒1200円
夫婦50割引どちらかが50歳以上⇒合計2400円
障碍者割引1000円(付添人1人も)

 

会員サービス

シネマイレージデイ火曜⇒1400円
auマンデイ(※)月曜⇒1100円(高校生以下900円)

※auスマートパス・auスマートパスプレミアム・ビデオパス会員限定

 

TOHOシネマズを、いつでも安く利用したいなら楽天PINKカードを利用するのがおすすめです。

ただ、ファーストデイ(1日)、レディースデイ(水曜)、TOHOシネマズデイ(14日)などに関しては、TOHOシネマズ独自のサービスの方がお得。

ですので、両方を上手く使い分けてあげるのがベストですね。

 

その他シネコン・映画館の安くなるサービス

その他のシネコン・映画館の特徴的なサービスも紹介していきますね。

 

安い時間・安い日に見る

ユナイテッドファーストデー⇒平日の1回目の上映1400円
メンズデー⇒男性月曜1200円
レディースデー⇒女性木曜1200円
109シネマズペアディ⇒22日は2人で2400円
109シネマズの日⇒1200円
レディースデイ⇒女性水曜1200円
MOVIXシネマズモーニングファーストショー⇒平日の1回目の上映1400円
MOVIXデイ⇒20日1200円
メンズデー⇒男性月曜1200円
レディースデー⇒女性水曜1200円

 

会員サービス:ポイントや特別割引

ユナイテッドシネマ毎週金曜1100円
それ以外も1600円
2回鑑賞で1000円鑑賞に
109シネマズ毎週火曜日1300円
19日1200円
MOVIXシネマズ有料鑑賞1回で次回使える鑑賞クーポン(1200円/1300円)
誕生日に次回1000円になるクーポンプレゼント

 

6.フリマアプリで購入

すきま時間がある人には、フリマアプリも意外とおすすめです。

というのも、直前などには非常に安くで手に入ることもありますから。

ただ、割引は一律ではないですし、いつもいつもあるわけではありません。

また、他の人に先にゲットされる可能性も高いです。

ですので、「たまたまぐらいの気持ラッキー」ぐらいの気持ちでいくのがいいですね。

反対に確実性を期待するなら、イオンカードのミニオンズデザイン楽天PINKカードなどを利用するほうが絶対いいです。

 

7.株主優待を利用:金券ショップ・オークション

近くに金券ショップがあったり、オークションを普段から利用しているなら株主優待を利用して、割引価格で映画を見るのも手ではあります。

映画代が1300円~1400円ぐらいになることもありますし。

ただ、毎回毎回金券ショップに行ったり、オークションに参加・やりとりしないといけないのが、手間でめんどくさいですね。

イオンカードのミニオンズデザイン楽天PINKカードなどを利用しないほどのメリットはあまり感じれれません。

 

8.その他の映画を安くする方法

楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントをためて、それを利用して映画代金に使うというのも映画を安く見る方法としてあります。

実質的な割引とは言えませんが、楽天経済圏の方で楽天スーパーポイントがたまりやすい方は、費用かからずに映画を見ることができます。

ただ、楽天PINKカードをもって普段から映画代を安くし、その上で楽天スーパーポイントを貯めていくとした方が、よりお得なのは間違いないですね。

 

デイリーPLUS

Yahoo!が提供する、月額500円で様々な優待を利用できるサービスです。

その中には、映画館の割引も含まれています。

dエンジョイパスと似たサービスなので、普段からYahoo!を利用している方は、こちらを利用したら良いですね。

 

ドコモチューズデー・auマンデイ・ソフトバンクとく放題

スマホキャリアは、映画代などを割引サービスを行っています。

それらをそれぞれ比較しますと

映画代月額
ドコモチューズデーイオンで火曜に1100円不要
ただし、ドコモポイントクラブのステージが4th以上(ドコモ回線を10年以上使っているなど)
auマンデイTOHOで月曜に1100円スマートパス月額372円
auユーザー以外も使えるビデオパスは月額562円
ソフトバンクイオン1400円
TOHO1600円
MOVIX1300円
ユナイテッド1300円
月額579円
(ソフトバンクユーザー以外は保障が少なくなる代わりに月額500円に)

という風になります。

ただこれらなら、auユーザーでかつスマートパス会員の方を除くと、イオンカードのミニオンズデザイン楽天PINKカードを持つ方が便利ですね。

イオンカード・ミニオンズイオン1000円に無料
楽天PINKカードTOHO1300円
ユナイテッド1300円
月額324円