【最新比較】おすすめVODランキングはこちら

シリコンバレーシーズン3の感想《第10話最終回追記》終わりよければ

海外ドラマ「シリコンバレー」シーズン3をHuluで見たので、その感想を書いていきます。

 

シーズン2は最終的に、フーリー社との仲裁で負けそうになったのを、逆転で勝つことに成功。

でも、負けそうだからと、パイドパイパー社のデータを削除してと指示した後だったので、やめるように連絡しようとするが、不幸なことが続き連絡できない。

ただ、帰ってみると、削除に失敗していて、なんとか生き延びる。

なのに、ローリーの判断で、リチャードはCEOをクビに!

そんな上下の激しい終わり方をしましたが、シーズン3はその続きです。

 

実際にリチャードはどうなったかは、シーズン2ではわからないままで。

内容をはっきりと理解するには、シーズン3を待つ必要がありましたが。

とうとう始まってくれました。

 

では、さっそくそんなシーズン3第1話の感想を始めていきたいと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

シリコンバレー・シーズン3の第1話の感想

ギャビンの責任の取り方がアメリカっぽい

今回一番面白いと思ったのは、フーリー社のギャビンの責任の取り方。

普通日本では、トップが責任とるとなったら、トップの降格か辞任なんですけど。

まさか、自分が責任とるというって、部門閉鎖。

その部門の社員を解雇。

そして、自分は、彼らがいなくなった大変さを、「社内」で味わうというんですから。

 

ついつい「そっちかい」と思ってしまいました^^

なんかこういうことって、最近の日本だと、ギャグネタとしても不謹慎だからとできないんじゃないかなと思うんですよね。

でも、さらっとこういったブラックジョークを混ぜてくる。

この辺り、凄くアメリカっぽいなと思ってしまいました。

また、この判断が世間に受け入れられ、株価アップまで果たしたなんていうのも。

まぁ、ここで辞めてるようじゃ、あんな風にはなりませんけどね。

 

アーリックは相変わらず適当

ギャビンも相変わらずなら、アーリックも相変わらずでした。

問題発言しまくりなのもそうですが。

リチャードの代わりの新CEOに文句いいにいったときの態度も。

ちょっと過去の自分をほめられただけで、掌が返り。

いきなり友好的な態度になるんですから。

自信家で、お調子者で、そしてチョロい。

リチャードがCEOをクビになったなんて一大事でも、全く変わりませんね^^

しかも、変わらないのが、全然安心につながらないのもいい。

 

リチャードの悩みは普遍的

シーズン2でクビだといっていたのに、ビビりまくりましたが。

ふたを開けてみると、CEOを降ろされ、CTO(最高技術責任者)にされるだけだったんですね。

でも、リチャードは、パイドパイパー社を自分の会社だと思っているので、当然反発しますし。

また、モニカや、掌が返ったアーリックに説得されますが、それも聞きません。

結局、どうしていくか悩み抜き、また新CEOと話をして、心変わりをし戻ってきそうなところで終わるんですけどね。

 

このリチャードの悩みって、新しいビジネスを始め、成功した人のほとんどに起きかねない話で。

シリコンバレーのような、ビジネスで成り上がっていこうとする物語を描く以上、決して避けては通れない話だったのかなと思いますね。

いや、シーズン2の最終話を見たときは、「まじかよ!」と思って、そんなに冷静に見てられませんでしたが^^

物語という面では、ひたすらパイドパイパー社が成り上がっていく姿を描いた方がわかりやすいですし。

一応コメディ的な作品ですから、面白おかしくできると思うんです。

でも、あえてこれをいれたおかげで、すごく引き締まった気がします。

シリアスな話になるので、笑いは必然的に少なくなりますが。

例え、それを犠牲にしても、よかったですね。

 

その転職先はないわ

最後に、物語からは、全く関係ない話を。

リチャードが転職しようとした会社のことですが。

あんなリア充御用達みたいな会社は、そりゃリチャードは無理だわ^^

パイドパイパー社のメンバーと違って、みんなおしゃれだし。

やたら彼女とかも呼んでパーティとかやりそうな雰囲気で、「うぇーい」とかやってそう。

技術を認められただとか、会社の格とかそんなんで流されなかったリチャードはグッジョブ。

あそこは、絶対に無理だもん^^

 

追記:リチャードはパイドパイパー社に戻れるのか

大事なことを忘れていました。

今回の終わりで、一度飛び出したリチャードがパイドパイパー社に戻りそうにはなったんですが。

これはすんなり戻れるのかって、一瞬気になりました。

ローリーに色々言って、反抗的な態度も取ってましたから。

 

でも、きっとすんなり戻れるんでしょうね。

日本のドラマとかだと、謝ったりして許しを得るところから始まるんでしょうけど。

まずは上下とか、立場の差っていうのを大事にしますから。

でも、それもない、あるいは多少謝って終わりってことになりそうです。

個人の能力や価値を重視するアメリカのドラマですからね。

リチャードの能力を考えたら、彼を逃すなんてことラビーガとしても絶対に避けたいところだろうし。

また、リチャードがいないなら新CEOが就任しないと言っているんですから。

今回の件に関しては、リチャードにイニシアチブがあります。

 

まぁ、そもそもローリーがそんな感情的なことを気にするのかという問題もありますけどね。

ローリーは、ビジネスウーマンし、ひたすら合理化を望みますから。

リチャードが戻ってこなかったときの損失は、デカすぎますし。

戻さないという判断はしなさそうですね。

 

終わりに

というわけで、始まったシリーズ3を見てみました。

第1話は、あんまりコメディ色が強くない始まりでしたが。

まぁ、次回あたりから、また楽しくなっていくでしょうし。

やっぱり幅広い人にオススメできる内容になっていきそうですね。

 

しかし、このドラマは、他のドラマの3分の2ぐらいの時間しか使ってないんですが。

それでこれだけ盛り込めるのは凄いですね。

その上、駆け足感はなく、しっかり見せてくれるんですから。

むしろ就活で訪れた会社に行った際のエピソードとか、もっと削れそうなところがあるぐらいで^^

しっかりと構成しているおかげでしょうね。

以上、シリコンバレー シーズン3第1話の感想、でした。

 

シリコンバレー・シーズン3最終回まで見た感想

激怒するアーリック

今回の最大の問題は、ユーザーを買ってしまった問題をどうするかにつきます。

というのも、アーリックがそれを知らずに、投資家から投資話を持ってきてしまったため。

やっぱり、なにげに優秀なんですよね。

 

最初は、黙っていようとしたリチャードでしたが。

いつものように、最終的に良心が勝ってしまい。

自分から暴露してしまいます。

 

でも、タイミングが最悪でしたね。

なぜ、もっと早く言わないのか。

また、黙って居続けられなかったのか。

投資家の目の前でひよってしまうんですもん。

 

これのおかげで、アーリックは激怒。

そりゃそうですよね。

パイドパイパーが終わるだけでなく。

アーリックの社会的信用も、完全に終わってしまうわけですから。

 

ラビーガとの終焉

そして、その問題は飛び火して。

ローリーもリチャードに激怒し、パイドパイパーとの関係を終わらせるといいます。

パイドパイパー社の株を売って。

しかも、第1候補がギャビンですからね。

 

いつもなら、これも回避できるかなと思ったんですけど。

なんとこれは回避できませんでした。

いちおう紆余曲折はあったんですけどね。

モニカが反対したり。

なぜかモニカが求愛されたりとか^^

この求愛のくだりは、わけがわからないと思いますが。

モニカ達も見てた人間も、完全に置いてきぼりをくらったので。

もし見ていない方がいましたら、そのシーン見てください。

たぶん「へ?」ってなりますから^^

 

リチャードとアーリックの関係

そんなわけで色々ありましたが。

ラビーガとの関係は終わってしまい。

株式と取締役の地位は移っていくんですけど。

まさか、購入したのはアーリックとビッグヘッド!

 

ローリーが、購入した人間をこけおろしていたので、間違いなくギャビンだと思っていました^^

いや、あの流れでそう思っていない人いないでしょ。

リチャードもモニカもそうでしたもん。

 

しかし、あんなに激怒したのに、よく許したなと思います。

アーリック、シリコンバレーでの生活が終わったようなものなのに。

ただ、やっぱりリチャードには怒っていて。

信頼を取り戻すには、長い時間がかかるとすごんでいくのですが。

パーティが始まったら、いつものテンションに^^

シリアスが続かない病気にでもかかっているのかと思ってしまいましたね。

 

なんというか、リチャードとアーリックの関係って。

馬鹿な男友達の関係って感じでいいですねー。

8割がた、どちらかが暴走し、足を引っ張り合うんですけど。

一番大事なところではお互いのためになることをしてしまうんですから。

なかなか社会にでて、こういう関係って難しいですけど。

この辺りが、デメリットの多いと言われる。

友人同士で働いている会社のメリットですね。

 

終わりに

というわけで、「シリコンバレーシーズン3」第10話(最終回)の感想を書いてきました。

とりあえず、リチャードたちは、シーズン3でシーズン2以前に逆戻りな感じになってしまいました。

ちょっと残念ではありますが。

ベンチャーを題材にしているんですから、順調ばかりなわけはありませんよね。

シーズン4からどうなるのか、これまで以上にわかりませんけど。

でも、今は終わりよければすべてよしということにしておきましょう。

 

>>『シリコンバレー』シーズン4の感想《第10話最終回後の感想追記》別離からのスタート

(紹介している作品は、2016年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

こちらも読まれています

おすすめ海外ドラマランキング《2021》おすすめ海外ドラマ28選|マニア歴30年の選ぶ最高傑作をジャンル別に紹介海外ドラマ用おすすめVOD《VOD》海外ドラマ見放題比較!おすすめの本命サブスクを紹介|マニアが動画配信8サイトから厳選動画のためのおすすめタブレット動画視聴用タブレットおすすめランキング!youtubeやVOD再生するのに最強の1台を《2021最新版》

 


 

 

「数が多くてどれがいいかわからない....」

「いま使っているVODがイマイチ」

 

そういった方のために、年間500以上の動画を観る動画マニアの視点から、VODおすすめランキングを作成しました。

 

無料視聴OKで気軽にお試しもできるので、ぜひあなたにぴったりのVODを見つけて下さい。

 

1位:U-NEXT

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、VODを超えた日本最大級のエンタメサービス。

イチオシする最大の理由は、「ないエンタメがない」と言うほどのコンテンツの充実度。

動画、雑誌、電子書籍すべてが楽しめるので、1つのサービスだけでエンタメを満足することができるんです。

特に動画が素晴らしく、20万以上の動画が見放題な上、新作も次々にスピード配信されていくので、見たい動画が見つかりますよ。

無料登録で31日間お試しができるので、気軽にお試しください。

おすすめ度
月額料金 1990円(実質負担額790円)
 ※1200円分ポイントで戻ってくる
サービス・20万以上の動画見放題
・80誌以上の雑誌読み放題
・500冊以上の漫画読み放題
・レンタル動画(ポイントor課金)
・電子書籍購入(ポイントor課金)
・課金額の40%ポイント還元
無料体験 31日間無料
 600円分のポイントもらえる

▶▶ 公式:U-NEXT

↓ U-NEXTの詳細はこちら ↓

U-NEXTのメリットデメリット《評価レビュー》U-NEXTのメリット・デメリット!5年以上使ってわかったユーネクストの特徴を徹底解説

 

2位:Hulu

Huluは、海外ドラマを見るなら絶対外せないVOD。

定番の作品が充実しているのはもちろん、ウォーキングデッドやNCISの日本最速で配信される作品、独占配信作品など、ここでしか見れない作品も多数ありますから。

他にも、日テレ系ドラマの見逃し配信や、劇場版コナン・ハリーポッターの一挙配信など、家族で楽しめるコンテンツも充実していますよ。

おすすめ度
月額料金 933円
サービス・7万以上の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
無料体験 2週間無料

▶▶ 公式:Hulu

↓ Huluの詳細はこちら ↓

Huluの評判メリットデメリット《Hulu感想評価》7年以上使ってわかったメリット・デメリットを徹底解説

 

3位:Amazonプライム

アマプラの特徴

Amazonプライムは、月額料金をとにかく少なくしたい人にイチオシのVOD。

月額料金は最安で、ワンコイン以下。それなのに、音楽聞き放題サービスなどの、Amazon独自のサービスまでついてくるんです。

見放題動画は少なめではありますが、それでも数万程度はありますし。

他のVODより新作が見放題になりやすい、バラエティやドラマのオリジナル作品が見れるといったメリットがあるので、安かろう悪かろうとはなりません。

メインは別に、2つ目のVODとして利用している人も多く、そういった使い方もおすすめです。

おすすめ度
月額料金 月額500円
 年額4900円(月408円)
サービス・数万程度(非公開)の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
・音楽聞き放題などAmazonサービス
無料体験 30日間無料

▶▶ 公式:Amazonプライム

↓ アマプラの詳細はこちら ↓

《評価レビュー》アマゾンプライムはコスパ最高!料金に比べてメリットが多すぎる

 

その他の人気VOD

↓ 詳細はこちら ↓

おすすめVODランキング《2021》おすすめ!動画配信サービス(VOD)比較ランキング‐人気12社から今選ぶべきサブスクを厳選紹介!