【注目】「鬼滅の刃」21巻を無料で読む方法

ニュースルーム・シーズン1・2・3の感想!面白すぎて一気見してしまった

海外ドラマ「ニュースルーム」の感想

この記事では、海外ドラマ「ニュースルーム」を見た感想書いています。

ニュースルームは、あるべきテレビ番組を模索する大人たちの熱いヒューマンドラマであり、かつ恋愛ドラマでもある作品。

番組全体はしっかりとしつつ、恋愛やちょっとしたジョークなんかで重くなりすぎない、絶妙な作りになっています。

おすすめの見方は、気軽に「ながら見」をするよりかは、ちゃんと時間をとって見るほうでしょうか。

そんなニュースルームを、これから見ようと思っている人のために、感想を書いていきます。

基本的に第1話だけの感想でだいたいのつかみを感じていもらうようにしますが、特に好きなシーズン2だけ全体の感想になっています。

ネタバレ要素もあるのでご注意を。

 

海外ドラマ「ニュースルーム」シーズン1・第1話の感想

ニュースルームは大人向け

ニュースルームは、テレビの報道番組を舞台にした。

報道番組の本当の姿を模索し目指していく海外ドラマです。

報道番組が舞台なので、扱っている内容は、ちょっと高度な社会問題も多く。

ある程度の基礎知識をもった方が楽しめるようになっています。

ただ、本当に難しいところは掘り下げていかないか。

知らなくても楽しめるようになっているので。

新聞やニュースをある程度追っていれば十分なレベルですが。

 

しかも、登場人物たちの多くが中堅からベテランの人材で。

彼らの悩みや葛藤は、大人としての物が多いんです。

 

そのため、対象を大人向けにしぼった感のあって。

楽しさとともに、こちらにいろんなことを考えさせてくるドラマになっています。

 

ただまぁ、個人的には将来テレビ番組に携わりたいと考えている子供にも見てほしいですけどね。

実際に主力として働くだんになったら、ニュースルームのようにはいかないでしょうし。

心もすれてしまってしまう人も多いでしょうが。

こういうメッセージ性の強い番組を見て。

メッセージが頭の片隅にでも残っていてくれたらいいなーと思うので。

 

冷え切った心を熱くさせてくる

主人公のウィルも、完全にすれまくり。

かつてあった報道への情熱が冷え切ってしまっているベテランのニュースアンカーですからね。

でも、かつての部下であり恋人で会ったマックの熱い思いに心を揺さぶられ。

乗せられまくった結果、情熱を取り戻しつつありますからね。

 

その情熱を取り戻し。

リスクを負いながらも、特ダネを報道したしていくんですが。

それをやりきり、報道ステーションから拍手喝さいが起きたシーンは、不覚にもちょっとうるっときてしまいました^^

情報は集まりきってなくて。

集まってきた情報は順次伝えられ、ウィルのアドリブで乗り切る。

自分がそんな場所にいることを想像したらぞっとしてしまう中で、最高の報道を見せつけるんですから。

その場にいたら、拍手したくなるのもわかりますし。

見てる側からしたら、大人になってから「どうせ」とか「そうはいっても」とか思いがちな心を揺さぶられますからね。

恋愛レベルの差

ニュースルームは、恋愛事情も盛り込んできていますね。

まぁ、ゾンビ物だろうがスパイものだって盛り込んでくる海外ドラマですから^^

当然と言えば当然ですが。

 

でも、ちょっと面白いのが。

大人の恋愛と未熟な恋愛の両方が見れるところ。

ウィルとマックは、やっぱり基本的に大人の恋愛といった雰囲気になっています。

ウィルが意固地で子どもっぽく。

マックが年に関係なくチャーミングな女性という感じなので。

ガキのようなになってしまうときもありますが^^

 

一方、マギー、ジム、ドンの恋愛は、完全に未熟な恋愛といった感じ。

マギーは、まだ自分に自信がなくて自立した女性といった感じではなく。

ドンに流されて、自分の意見が言えなかった期間が長かったですし。

ジムは、そもそも恋愛経験があまりない感じだし。

ドンは、自分勝手で、自分が自分がのタイプですから。

そんな3人の恋愛ですから、当然恋愛も未熟になってしまいますよね。

 

この2つの恋愛模様が。

報道の在り方、ニュースの内容といった重い話の合間合間に見ることができるんです。

多分、これがなかったら、もっと重い番組になって。

こんな人気作品にはなってなかったような気もしますね。

 

海外ドラマ「ニュースルーム・シーズン2」を全話見た感想

マギーの変化

おそらくシーズン2を見て、多くの人が最初に、「誰だお前?」とマギーに思うんじゃないかと思うんです。

実際、私も「マギーがグレた!」と思いました!

朴訥とした、田舎の女の子が精いっぱい都会に慣れようとしている。

そんなかわいい女の子だったんですが。

ショートカットにして、赤色にしているんですから。

しかも、それがおそろしく似合わなくて。

番組でも似合ってないという評判ですが。

こんなにガチで似合ってないのは、テレビや映画で見たことがなく。

ちょっと戦慄をおぼえましたね^^

 

まぁ、それも仕方がないんですけどね。

アフリカ出張で、ゴタゴタに巻き込まれて。

恐怖やら後悔やらを持って帰ってきてしまったんですから。

思い切ったことをしなければ、心が持たなかったんでしょうしね。

しかも、恋愛も思いっきりうまくいってませんでしたし。

 

でも、初見では、二度見してしまう程のインパクトがあるのは間違いありません。

結構必見かも^^

 

第7話まで決して止められなかった

シーズン2は、シーズン1で最後にウィルが報道した議員にまつわる報道の影響から始まっていきます。

シーズン1の最終話を見る限りだと、大団円といった感じだったのに。

まさか嫌がらせとかを受けるようになっているんですから。

シーズン1を見終わった段階では、こんなこと予想していませんでしたね。

 

そして、問題は、それだけにとどまらず。

次々に降ってわいてくるんですが。

極め付けが、「ジェノア」というアメリカの作戦があるというガセネタをつかまされ、それを報道してしまったことです。

 

第1話では、この「ジェノア」という特ダネを得たけど、どうやらそれが誤報だったことをニオわすだけで、明言しないんです。

第2話から、第1話までにあったことを描いていく過去編になり。

結局、第6話の最後~第7話まで、誤報だったかの全容が明らかにならないんです。

 

第2話~第6話のエピソードも十分面白いんです。

マギーのアフリカの話もあるし。

「ジェノア」の情報を精査しているシーンもあるし。

他にも色々なことがあって。

でも、「ジェノア」がどうなっているのか、気になりすぎて。

第7話の終わりまで、一切の休憩を挟まずに見てしまいました^^

 

いや、無理ですって。

第1話のあの思わせぶりな雰囲気に。

それ以降に少しずつ進んでいく感じとか見ると。

どうなったかを見るまでやめられませんよ。

まぁ、結局、第7話どころか最後まで見てしまったんですけどね^^

 

レオナかっこいい!

そんな誤報を受けて、シーズン1では敵役で、ウィルをむしろやめさせようとしていたレオナの行動に注目してました。

チャーリーも、ウィルも、マックもみんなやめようとしていたので。

目の敵にしていたレオナは、嬉々として、それを受け入れるのかと思いきや。

まさかの、拒否。

 

誤報までに、精査に精査を重ねていて、ガセだなんて誰も気づけない。

責任は、ガセネタをもって、自分の城に土足で上がってきた人間。

だから、ウィルたちが責任をとることを認めないというんですから。

しかも、視聴者からの信頼を失ったというチャーリーに対して。

だったら、取り戻せと一喝。

 

いや、レオナかっこよすぎるでしょう。

シーズン1では、もう少し小物感がありましたが。

シーズン2では、大企業のトップにいるだけの胆力を見せつけてくれてます。

拒否したシーンですでにかなり見直しましたが。

一喝するシーンは、最高にかっこよかった。

しかも、その撮影の仕方が上手すぎる。

一喝した瞬間にエンディングに入るんですから。

まわりの反応など映さなくて。

ただただ、レオナのカッコよさだけが印象に残るシーンでした。

 

恋愛模様に動き

シーズン1とでは、レオナの立ち位置が変わっていたように。

他の人間も変わっていきました。

マギー、ジム、ドンの恋愛模様も大きく変化しましたが。

それでも、一番の変化は、ついにウィルがマックにプロポーズしたことでしょう。

 

大事な番組。

しかも、最後の番組になるかもしれないものなのに。

休憩しているときに痴話喧嘩とか始めたりもして、どうかと思いましたが^^

でも、そこから急にプロポーズになるんですから、びっくり。

プロポーズの5分前とか、そうなるなんて予想もつかなかった。

多分シーズン3で仲直りして、元通りなんだろうと思っていたら。

まさかの事態ですから。

びっくりしました。

 

海外ドラマ「ニュースルーム」シーズン3第1話の感想

おめでたい話

シーズンの最初の話なので、ストーリーの中心は基本問題が山積みになるので。

最初にすこしだけおめでたい話を。

ウィルとマックの結婚の話は順調に進んでいる様子^^

一番最初の喧嘩が、結婚式の内容をどうするかだし。

シーズン1の頃の険悪な感じからしたら、雲泥の差ですね。

 

また、マギーがついに報道デビュー!

体調が悪くなった人の代役ですけど。

それ以外にも、仕事ができる女性といった感じになっていってましたし。

これまたシーズン1の頃の、田舎からでてきた右も左もわからない女性って雰囲気とは別人です。

あ、後、髪型がロングに戻ってて、それには安心させられました。

シーズン2のショートは、ちょっとなかったですからね。

 

誤報問題の影響

そんなことが起こっていたわけですが。

メインは、やっぱり重い話に。

 

実際の事件と連動し。

それを報道するという形をとっていくんですが。

報道の仕方にキレがないんです。

ジェノアの誤報問題があったので、行動がどうしても慎重になってしまい。

確定しているものしか流せなくなっていました。

これって、報道では、結構致命的。

正しい報道ではありますけど。

特ダネの取り合いをしていて。

他社にすっぱ抜かれたら、負けなわけですからね。

案の定、情報戦で負けてしまうわけです。

 

ただ、それに関しては、結果として他社の誤報だったために助かるわけですが。

でも、他社の誤報を喜んでしまうメンタルに、部下たちがなっていたのも問題。

チャーリーがたしなめたことで、反省しますが。

他社が自分たちと同じミスを犯す。

自分たちより下ができた。

自分たちは偉い。

そういう風に現実逃避しそうになってたわけですからね。

 

そうやって、正しい報道を行っていったんですけど。

でも、それだけじゃ足りなかったよう。

情報が遅かったこと。

誤報による信頼の欠如。

そういったことが重なって。

視聴率が1位から4位まで落ちてしまったんですから。

さすがに、ウィルが降板を考え始めたのも、致し方ないですね。

誰かが責任をとらないといけないわけですし。

 

新たな問題が立て続けに起こりすぎ

まぁ、ウィルの降板の問題は、すぐにふっとぶわけですけどね。

だって、事件は5日たっても、次々に問題が噴出し。

正しいかわからないSNSの情報に左右される人間が多数で始め。

それを報道でもって何とかしないといけないし。

 

ゲットしてしまった機密情報をどうし。

手に入れたニールをどうやって守っていかないといけないか。

そういった問題もありますし。

 

あげくに、AWM社が敵対的買収をかけられていて。

リースを救う行動をする必要があるわけですから。

まずはこれらを片付けないといけませんもんね。

 

しかし、シーズン3は、これまで同様、1つのテーマをベースに進んでいくんですかね?

第1話を見た限りだと、これまでとは雰囲気がちょっと違うかなと思ってしまったんですけど。

出てくる問題が複数ありましたし。

最後に1つの問題に集約していくのかもしれませんけど。

 

まぁ、それは最終話を見るまでわかりませんか。

とりあえず、シーズン2からの課題。

シーズン3から初めて出てきた問題。

そういったものをどうやって解決していくのか。

それを楽しむだけですね^^

(紹介している作品は、2016年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)