【劇場版コナン】無料で過去作品を一気に見る方法

「カメラを止めるな」の感想あらすじ!くっそwみんな楽しそうだwww

カメラを止めるなの感想あらすじ

この記事では、映画「カメラを止めるな」の感想を書いていきます。

 

「カメラを止めるな」といえば、低予算にもかかわらず世界で評価され、

日本でも大ヒットした話題作ですね。

なので、どんなものか試したくて見てみたんですが、

序盤の絶望感たるやものすごくて・・・

そこからまさかの声出して笑うエンディングに向かうなんてw

とにかくアップダウンの激しい映画でしたw

 

「カメラを止めるな」を無料で見る方法

「カメラを止めるな」はU-NEXTで配信されています。

見るのにはポイントが必要ですが、U-NEXTの無料体験を利用すると、映画一本を無料で見れるだけのポイントがもらえます。

これを利用すれば、無料で「カメラを止めるな」を見ることができますよ。

 

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

映画「カメラを止めるな」の感想あらすじ

序盤の金返せ感はとんでもない

「カメラを止めるな」の序盤は、「ゾンビ物の映画を撮影してたら、本当にゾンビがでてきた!わぁぁぁ!」といった内容で進んでいきます。

本当にこれ以上でもなく、これ以下でもないぐらいにw

なんとなくひどい映像なんじゃと思いませんでした?

はい、ばっちり正解ですw

登場している女優さん、俳優さんに対して、死刑宣告をあたえるために撮影したんじゃないかと思うぐらい、大根&大根な演技のオンパレードw

学芸会だってもう少しましな演技するよというのが、ひたすら続くんですwww

 

ツラかったな~・・・

最初10分ぐらい本当にツラかった・・・

お金無駄にしてもいいからもう見るのやめようと思うぐらいツラかったですよ。

なんで金払ってんのになんでこんな目にあってるのか・・・

金無駄にしてもいいといったけど、やっぱり金返せよ・・・

そんなことばかり考えていました。

 

ひたすら女優の尻を楽しむ映画なの?

でもね、そこを過ぎると、もっとひどくなっていくんですよ、これが・・・www

へったくそな演技をひたすら見せられてるだけだったのに、

ある時から映像がぶれっぶれになるという現象まで加わってきて。

これがまぁ、酔うこと、酔うこと・・・

 

少ししたらそれがちょっとだけ落ち着くんですが、今度は一点だけをひたすら映し出してくるようになってきます。

具体的にはカメラの前を走ってる女優さんの尻w

ずーっと尻だけを見せつけられるシーンが本当に続くんですw

もうそれを楽しんでくれと言わんばかりに。

この頃は、愚痴だけでは終わらず、本当に帰ろうと思ってましたw

 

ああ!そういうこと!!

でも、すぐにエンドロールが映像が流れてきたので、実現しませんでしたけどね。

「はやすぎない???」となってしまい意味がわからなくて、固まっちゃいましたからね。

まさかたった37分で終わるなんて予想外ですもん。

 

海外で人気出る作品って、日本人にあわないの結構あるし、

やっぱ海外で称賛されてるから見に来るってダメだな。

しかし、テレビとかで称賛してたやつらいったい何なのwくっそwww

 

といったことまで考えていましたが、それは勘違いでした。

エンドロール後にこの映画の本当のストーリー、

「『ゾンビ映画を撮影していたらゾンビが現れた』という映像をリアルタイムで撮影する」

というのが始まりますからね。

私たちが最初の37分に見せられたのは、その映像なだけでした。

手が込んでますw

 

でも、シーンが進むごとに、もっともっと手が込んでいるのがわかってきます。

37分の映像中では、映っていた人が消えたり増えたりし、

また急にカメラ目線が始まって大根中の大根な演技をし始めたりするシーンがあったんですよ。

その原因は、リアルタイムで撮影していたために起こったハプニングが起こったため。

具体的には、腹痛になって撮影場を離れたり、機材や演出トラブルのためにとにかく引き延ばしに入ったためでした。

見進めていくうちに「ああ!そういうことか!!」と思わせてくる仕込みをこれでもかとしてくるなんて、

とんでもなく手が込んでいますよね。

 

おそらくこういったカタルシスを感じさせてくれるところが海外でも受けたんでしょうね。

いや、さすが映像慣れしている国は違いますわw

 

ちなみに、女優の尻をひたすら見せられるところ。

あれにも意味があって、本物のカメラマンが動けなくなり、素人が撮影したから、

距離感を考えず尻のアップを撮影し、そこからずっと動かなくなってしまっただけなんですよw

こんなのわかんないw

 

青春映画のような爽やかさなんだけどw

裏事情の発見で「おお!」という気分になり、「カメラを止めるな」を見直せるようになってくると、

徐々にキャラクターたちのトラブルが面白くなってきます。

このネタがめちゃくちゃ面白い!というのはないんですが、

地味な笑いが積み重なって、気が付いたら何かが起きるたびについ笑ってしまう感じになってきて。

 

ひどいトラブルも多いんですよ。

カメラマンが動けなくなるとかだけでなく、酒飲んで酔っ払って演技できなくなった俳優を監督が手で操って無理な動きをさせたりとかw

 

なので、最後のシーンは何か大笑いして終わりかな?なんて思ってたんですが、違いましたね。

最後にして最大の機材トラブルに対して、関係者みんなの協力で乗り切る、

そして、みんなでそれを倒れながら満足そうにするといったシーンが最後でしたから。

 

みんな、この映画にそぐわないようなレベルでいい顔してるんです。

文化祭の後の少年たちのような、屈託のない笑顔で。

まるで青春映画のような爽やかさでしたよ。

 

ただ、このころには見ている側も変なテンションになっていますからね。

「爽やかだなー」「感動的だなー」という気持ちもありつつ、強く思ったのは

「くっそwみんな楽しそうだwwウケるwww」というものでした。

ある意味正解の感想だと思うので、ここまで計算して作っていたんだったら、監督すごいですね。

 

一番の美人さんを一瞬でフェードアウトさせた決断

後、すごく印象に残ったことがありまして。

女性のキャラの中に、かわいい系の美人なママさんがいたんですよ。

なので、彼女がヒロイン的なポジションなのかななんて思っていたです。

その方が男性に人気出ると思うから。

 

でも実際は、彼女すぐにフェードアウト。

打ち合わせシーンを除き、全然ストーリーに絡んできませんでした。

これが面白いなーっておもいましたね。

より面白いこと(主人公の妻が急遽代役)のためなら、作品の財産になりそうなキャラも捨てるんですから。

 

終わりに

というわけで、「カメラを止めるな」の感想あるすじを書いてきました。

序盤はもうどうなることかと思いましたが、

最後には「面白かった!」と満足させてもらったので、良かったです。

こういった手の込んだアップダウンの激しい作品ってなかなかないし、気に入りましたよ。

ネタを知っていても、映像で見ると印象が大きく異なる作品ですから、

まだ見てない方は、この機会にぜひ映像も楽しんでみてください!

以上、「カメラを止めるな」の感想あらすじ!くっそwみんな楽しそうだwww、でした。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません