ウォーキングデッド・シーズン7第16話最終回【感想追記】ニーガンとの決着はシーズン8へ

ウォーキングデッド・シーズン7の感想ネタバレ

※最終回を見終わって、感想を追記しました

今回は、Huluでウォーキングデッド・シーズン7が最終回(第16話)を見たので。

さっそくその感想を書いていこうと思います。

 

第15話の流れから、ニーガン率いる救世主たちが攻めてくるようですが。

リックたちはどうなるのか?

マギー、キャロルたちはそれに間に合うのか?

サシャ・ユージーンの扱いは?

などなど、気になる点は多いですし。

なんたって、シーズン7の最終回ですからね。

1週間楽しみでたまりませんでしたよ。

 

ただ、最終回を見る前でこそ書けることもありまして。

最終回の配信がはじまる前に、そのことについて書いておこうかと思い、まずそれを書いています。

 

そして、その後、最終回も見終わったので、最終回の感想も追記しました。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

ウォーキングデッド・シーズン7最終回前に思っていたこと

あたっていた予想と外れていた予想

まず、私、ウォーキングデッドシーズン7の最終回は、こうなっていると思っていたんですよ。

第5話あたりから。

 

リックは完全に心が折れた状態けど。

ダリルの救出&グレン・エイブラハムの敵をとるため、周りがニーガンへの攻撃を始める。

そのせいで、カールやジュディスを守るために、戦わざるをえなくなったリック。

ただ、アレクサンドリアのメンバーだけでは力が足りない。

そこで、グレゴリを蹴落としてヒルトップのNO.1になったマギー(あるいは、ジーザス)。

心の痛みが回復し、エゼキエル王を説得したキャロルが、参戦。

3つのグループの力を結集して、ニーガンたちに挑む。

 

そんな感じで。

その後、浜辺の村が出てきたり。

ゲイブリエルを捕まえたごみ処理場のグループも現れたりして。

3つのグループではなく、5つのグループになってとの変更はありましたけど。

だいたいこんな感じですね、思っていたのは。

 

いやー、だいぶ予想と違いますね。

周りがニーガンたちに攻撃するというのは、一見するとあっているようにも思えますけど。

カールやロジータがやっていたような単発なことではなく。

もっとグループだって、ガチで攻めていく感じだと思っていましたからね。

また、リックも嫌々立ち上がるのではなく、ミショーンの影響でしっかり立ち上がっていますし。

それに、現状のところヒルトップのNO.1はグレゴリーのままですからね。

 

他にも、キャロルは説得できたっぽいし。

ゴミ処理場のメンバーは戦ってくれるでしょうけど。

まさか浜辺の村が戦いに参加せずに、武器確保だけでおわるとは。

これはかなり予想外でした。

最終回で変わってくれるといいんですけどね。

 

後、ユージーンが救世主側に寝返ったのも、考えもしなかったことです。

てっきりゲイブリエルとともに、心を入れ替えたと思っていたのに。

でもまあ、考えもしなかったといえば、ドワイトほどではないですけどね。

第15話まで、そんなそぶりをみせなかったじゃん!って思い。

協力したいと言ってきたときは「は?」と、本気で思ってしまいましたよ。

 

全部の予想が当たってしまったら、つまらないのは間違いないのですけど。

それにしたって、予想外なことが多すぎる^^

 

出来ればこのまま終わって欲しくない

そんな感じで、当たっていた予想と外れていた予想もあるのですが。

第15話のニーガンの口ぶりから言って、救世主はアレクサンドリアにきっと攻めてくるんでしょう。

そこで、最終決戦が起こる可能性は高いです。

 

でもですよ。

反対意見の方が多いとは思いますが、こういいたい。

 

なんとかシーズン8の前半ぐらいまでひっぱってくれないかな、と。

 

すでにひっぱりすぎだという話も多いのはわかっているんですよ。

わかっているんですけど、せっかくここまで築きあげてきたものを1話だけで終わらせるのはもったいなさすぎると思うんです。

だから、できたらシーズン7の最終回は、アレキサンドリアに攻めてきた救世主を撃破して終わり。

シーズン8の始めにしっかりと準備をして、そして前半最終回で救世主たちのところに本格的に攻めていく。

そういった、ガバナーとの対決の逆の状況になってくれないかなって、ここ5話ぐらいの間ずっと考えています。

 

これは結論がでちゃう最終回を見終わってからだと書けず。

絶対に今しか書けないことなので、書けて良かった^^

 

最終回でエンディング無音は回避して欲しい!

もう1つ、今でしか書けないことをがあって。

それは、

最終回でエンディング無音は、勘弁してください・・・

ということ。

※ 主要メンバーがやられた時は、エンディングが無音になるといわれています。

ただ、多くの場合そうなのですが、たまに主要メンバーがやられたときに無音ではない時があるので。

本当にそうなのかは不明です。

 

シーズン6は、ニーガンの犠牲に誰かがなることが確定しており。

最終回で無音のエンディングを見ることになり。

めちゃくちゃ凹んだままシーズン7を待つことになりましたよね。

 

終着駅で罠にかかって、どうなっても絶体絶命なときもありましたけど。

そんなの目じゃないほど、凹みましたねー。

だって、絶体絶命ぐらいだったら、乗り切ってくれそうだけど。

無音を聞くと、もうどうしようもないですからね。

 

実際、シーズン7でフラグが立っている人物、多すぎでしょ。

キャロル、マギー、サシャ、ロジータの女性陣は、かなり強めに立っていると思いますし。

また、ユージーン、モーガンだってそう。

シーズン6では、まだ主要人物じゃないと思っていたアーロンも。

シーズン7ではバリバリの主力に変化した以上、主要人物といえる上に。

わだかまりのあった恋人との和解といった、順調にフラグをこさえていますからね。

もう本当に勘弁してほしい。

 

ここも、最終回を観ないとわかりませんけど。

何もないことを願うばかりです。

 

最終回前はここまで

最終回前に書いておきたかったことは、ここまでです。

心配なことは多いですけど、それでもやっぱり楽しみなウォーキングデッド・シーズン7最終回。

どうなることやら待ち遠しくてたまりませんね。

 

ウォーキングデッド・シーズン7第16話最終回の感想(追記)

悪夢再びかと思った

第15話の最後にやってきたドワイト。

そのドワイトによって、ニーガンがやってくることを知ることができ。

そして、万全の計画でいたリックたちでしたが。

まさか、仲間になったはずのごみ処理場の人間たちが、ニーガン側につくとは・・・

 

敵対するまでもなく、一気に準備が意味なくなり。

いきなり悪夢を見せられることになりかねない自体になるんですよ。

正直、ここからの逆転はムリじゃないかった思いましたね。

これまでもなんどもそういう悪夢みたいな事態になったことはありましたけど。

それに匹敵するか、それ以上の悪夢ですよ。

 

唯一、リックたちから離れていたミショーンさえも敵に攻撃くらっていますし。

どうしようもない。

例え、このタイミングでマギー達が来ていても。

リックたちが無事になる方法なんて・・・

そう思っていたんですけど、考えもつかない方法で逆転します。

 

サシャが最高すぎる

その逆転方法は、サシャがとった行動。

サシャは、聖域(ニーガンたちの本拠地)から棺に入ってやってきました。

というのも、ニーガンに協力を求められ、交換条件で協力を受け入れたから。

でも、まさかね。

ニーガンが、絶対に自分をリックたちの前にさらすということを予想し。

棺の中で、ユージーンからもらった薬を飲んで、ウォーカーになっているなんて!

 

これのおかげで、ニーガンがピンチになり、一瞬混乱が生じ。

その隙をカールが逃さずに、戦うことができるところまで持っていきました。

 

しかし、サシャですよ。

シーズン7の終盤になって、カブがあがりまくってましたけど。

最後の最後でこの選択するなんてね・・・

グレンやエイブラハムが犠牲になったときは、震えあがっていたのに。

この短時間での腹の座り方がすごすぎるでしょう。

シーズン7が始まるまでは、ちょっとわがままな行動もあって、そこまで好きではなかったサシャでしたが。

完全に掌を返してしまって、大好きになりましたよ。

 

熱すぎる展開

ただ、それでも混乱は一瞬なんです。

それに、リックのそばにいたのが、ゴミ処理場のトップでしたから。

攻撃された後に連行され、カールとともにニーガンの前にひざまづかされます。

あげく、ニーガンはカールを犠牲にするといい。

ルシールを振りかぶったその時、虎が飛び込んでくるんです。

 

王国がやってきて。

続いて、ヒルトップもやってきて、リックたちのピンチを救ってくれました。

このときの、流れは熱すぎますよ。

ピンチに仲間が助けにきてくれる流れだけでも相当なんですが。

さらに、ついにリックとモーガンが一緒に戦う姿がみれたんですから。

 

最初は、リックは、モーガンに助けられるだけだったし。

途中に再開したときは、モーガンは心が折れていて戦うことができず。

再び再開した時は、今度はモーガンが人間相手に本気で戦えなくなってました。

それがついに二人が並び立つんですもん。

こんなの興奮するなというのが無理。

私は、途中から見るようになったんですが。

ウォーキングデッドをシーズン1からリアルタイムで見ていた人は。

6年越しの悲願って感じでしょうね。

そういう人にとっては、さらに興奮したでしょうね。

 

リックは完全復活していると確信

ニーガンの前に、カールとともにひざまづかされたリックですが。

シーズン7の第1話以前のリックに完全に戻っているなと確信しましたね。

 

ニーガンに、カールを攻撃して、その後はリックの両手も攻撃すると言われました。

また、その間に女性の悲鳴が聞こえ、ミショーンがやられてしまったとも言われました。

でも、リックは、びびったりしません。

むしろ、いまニーガンのことを倒せなくても、いつか絶対にニーガンを倒すと啖呵をきるぐらいです。

エイブラハムとグレンがやられた後に、ニーガンにぶつけた言葉を再度ぶつけたわけですね。

 

いやはや、完全にリーダーの目になっていましたね、リックは。

以前、ミショーンに、自分や君がやられたとして、未来のためにニーガンを絶対に倒すと言っていましたが。

完全に本気だったんですね。

こうなったら、もう何ら不安もなく、リックは完全復活したといってもいいでしょう。

 

チャリで来た

今回のシーズン7は、基本ドシリアスですが、たまにギャグを挟んで行くスタイルみたいですね。

ゴミ処理場のところで、猫の置物にこだわったり。

遊園地で、普段ならあり得ないミスからのもぐらたたき状態といった。

ちょっとくすっとなるのが、ちょいちょい挟み込まれてましたからね、シーズン7は。

前半の重苦しい雰囲気の緩和のためですかね?

 

その影響は、第16話でもみることができまして。

ゴミ処理場の面々の中に、自転車でやってくる人間がいるんですよ。

いや、機動力があるのはわかりますけど。

わかるんですけど、結構遠い所から、決戦のためにチャリでえっちらほっちら漕いできたところを想像すると。

それまでのシリアスな空気と相まって、ついつい吹き出しちゃいましたよ。

いやいや、落差はズルいですよ^^

 

ドワイトは本当に裏切ったのか

前回やってきて協力するといったドワイト。

元妻がいなくなったいま、ニーガンに従う理由がないといい。

リックたちに協力を申し出ていました。

確かに、計画通りのことは途中までやっていたんですけど。

攻撃時には、ニーガンにところにいました。

 

最初それを見たときは、「やっぱり裏切ったのか!」って単純に思っていたんですけど。

いまこの記事を書きながら思ったんですよ。

ドワイトって本当に裏切ったんだろうか?と。

 

というのも、ドワイトの考えた計画は実際に実行され。

ニーガンたちも不利益をこうむっていますし。

また、ドワイトの目を見たダリルが、ドワイトが嘘を言っていないと判断した上。

最後に「知らなかった」というメッセージを残しているんです。

 

こういうことを考えると、ドワイトって本当にリックたちを裏切ったのか。

ちょっと疑問に思えてくるんですよ。

ひょっとして、シーズン8で本格的に仲間になるのかも。

そういう考えが、ちょっと脳裏に浮かぶんです。

 

願いがかなった

最終回を観る前、最終回はニーガンを撃退させるだけで。

本格的なニーガンとの対決はシーズン8になって欲しいと書いていましたが。

それがどうやらかないました!

 

ニーガンは、聖域に逃げ帰っていってしまい。

まだまだ対決は続くことになってしまいましたから。

 

これはうれしいですねー。

もう少し、ニーガンとの対決を見ていきたかったですしね。

それに、今度は完全な総力戦が見ることができ。

ウォーキングデッド史上、最高にド派手な攻防が期待できますからね。

 

無音じゃなかったのはなんでだろう?

もう1つかなっといえば、かなったことが。

一応、エンディング無音じゃなかったですね。

ただ、サシャがウォーカーになっていまして。

なんというか、そういうことじゃないんだよ!って気持ちになってしまいますけどね^^

私が望んだのは、メインキャラが誰もやられないことでしたから。

 

でも、今回なんで無音じゃなかったんでしょうね。

サシャは、バリバリのメインキャラだと思うんですけど。

ひょっとして、自分からウォーカーになったとか、そういうときはダメで。

敵にやられたとかそういうのが必要なんですかね。

また、この音の謎が深まってしまいましたよ。

 

終わりに

というわけで、ウォーキングデッド・シーズン7の最終回(第16話)を見る前に思っていたことと。

見終わった感想を書いてきました。

シーズン7の最終回は、ボリュームがすごかったですね。

CMなしで、ずっとでしたから、飲み物とってくるのも難しかった^^

でも、それでも解決しきりませんでしたから。

続きが気になりまくっていることも多く。

もうシーズン8が待ち遠しくてたまりません。

はやくシーズン8来ませんかねー。

以上、ウォーキングデッド・シーズン7第16話最終回【感想追記】ニーガンとの決着はシーズン8へ、でした。

ウォーキングデッド・シーズン7第15話の感想

ウォーキングデッドシーズン7全話のあらすじ感想まとめ&総括

 

 

映像を見たくなった方は、Huluの無料視聴をお試しください。

会員でなくとも、2週間全作品を見ることができてお得ですし。

また、あわないときは期間中に解約すれば費用もかからないので、安心ですよ。

▼詳しくはこちらから▼

 

スポンサーリンク