ウォーキングデッドシーズン7第15話の感想!決戦前夜?

ウォーキングデッド・シーズン7の感想ネタバレ

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

今回は、ウォーキングデッドシーズン7の第15話を見たので。

その感想を書いていこうと思います。

 

今回のエピソードは、盛りだくさんすぎですね。

気になっていたサシャのことはもちろん。

マギーのこと。

浜辺の村のこと。

そして、最後の最後でドワイトのことまで。

ぎゅうぎゅうに詰め込んだ、濃厚な1時間でした。

視点移動の忙しいこと忙しいこと。

 

では、さっそくそんなウォーキングデッドシーズン7の第15話の感想を始めようと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

ウォーキングデッドを無料で見る方法

以下の記事で、ウォーキングデッドを無料で見放題する方法をまとめています。

配信シーズンが最多なこと、無料期間が最長なことから、U-NEXTの利用をおすすめしてるのですが、そのことについても。

ウォーキングデッド1無料で見放題ウォーキングデッド|動画を無料で見放題できるおすすめの方法・吹き替えも

>>ウォーキングデッド|動画を無料で見放題できるおすすめの方法・吹き替えも

 

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

ウォーキングデッドシーズン7第15話の感想

浜辺の村ざんねんだ

今回の大きなのトピックスの1つとして、浜辺の村の協力が求められなかったことがあります。

タラが説得し。

攻撃を加えて従わせ。

やってきた大量のウォーカーを倒して、戦力と指揮能力を見せつけたのに。

ナターシャが、戦うことを一切認めないため、武器の調達はできましたけど。

協力を得ることはできなかったんです。

 

結構いい戦力が数人いたので、もったいないですねー。

ただ、シンディとタラの仲が壊れなかったことは良かった。

シンディは、ナターシャの意思には従いましたけど。

ぎりぎりまでタラたちについていこうという主張でしたからね。

タラとシンディが争うのは見たくなかったので、それだけは良かった。

一瞬、険悪にはなりましたけどね。

タラ約束破って戻ってきたわけですし。

 

でも、やっぱり浜辺の村のメンバーを戦力として数えられないのは、本当に残念。

もし、協力してくれたら、人数差を少しでも埋めることができたんですけどね。

 

サシャは無事だったけど

前回、救世主の所に一人で忍び込んだサシャでしたが。

なんとか無事でした!。

いきなり口説かれてたけどwww

 

その前に、マギーも口説かれてて。

このドラマで、まさかモテキを見せつけられるとはね。

 

まぁ、マギーは、畑で。

サシャは、拘束されてるところでだったので。

ロマンチックとはかけ離れてましたけどwww

 

決戦前夜なんだろう

そんなサシャは、閉じ込められていたところで、ニーガンに勧誘されます。

勧誘というよりかは、いつも通り煽っているようにしか見えませんけど。

でも、勧誘とサシャには通じたみたい。

ニーガン見境なさすぎますね。

 

その後は、ユージーンも説得にやってきて話をしますが。

それは拒絶。

 

でも、ウォーカーになりかけの人物と一緒に閉じ込められていて。

ウォーカーになったのを倒したことで。

サシャは、ニーガンに負けを認めます。

どうやら、ウォーカーにやられてしまえばサシャの勝ちで。

ウォーカーにやられず倒してしまったら、ニーガンの勝ちとなっていたみたいですね。

感覚的なところなので、どういう理屈なのかは、予想しかできませんけど。

でも、本人たちの中では決着がついたみたいなんです。

 

まぁ、本当に形だけで。

その後、サシャは泣きまねなどを駆使して、ユージンを騙して。

それで脱出を図ろうとしていただけなんですけどね。

そのときのサシャの顔の悪いこと悪いこと。

「デスノート」の月のようでしたよ。

 

けど、ユージーンを騙したくなったのもわかるかも。

なんとか脱出しないといけませんからね。

明言はしてませんけど。

ニーガンがリックが何かたくらんでいることを察知。

そして、明日は特別な日になるっていっていますからね。

おそらく、明日、決戦を仕掛けるつもりなんでしょう。

そんな決戦前夜にのんびりなんかできませんもんね。

ニーガンを倒すなり。

アレクサンドリアに戻って知らせるなりしないとね。

 

ドワイトはどういうこと?

サシャがそんなことになっているうちに。

リックたちはアレクサンドリアに戻ってきます。

それを向かい入れたのは、ロジータ。

 

ロジータは無事帰ってこれたんだなと思ったんですけど。

そうしたら、ロジータの近くにやってきた影は誰だったんだろうという疑問が。

てっきりダリル何だろうと思っていたら、話しぶりを見る限り違う様子。

だったら、誰なんだろうと思ったら。

まさかのドワイトですよ。

「は?」と間抜けな声をだしちゃいましたね。

 

だって、悪の道を突き進むと思っていたドワイトが、ロジータを助け。

そして、リックたちに協力したいと言ってきたんですもん。

何があった、ドワイト。

前回(第11話)見たときにしたことを考えたら、ニーガンに反旗を翻すとは思えなかったんですけど。

いや、本当に謎です。

 

浜辺の村はもうみたくない

そして、ストーリーに関係ないことですが。

今回、浜辺の村で、ウォーカーが大量発生しましたが。

やっぱり、海が近いこともあって、ウォーカーも海仕様。

それが気持ち悪くて気持ち悪くて。

だって、フジツボとかつきまくっているウォーカーがいますからね。

ぞわっときましたよ。

ぞわっと。

こんなのまた見る可能性があるなら、もう浜辺の村は二度と見たくないですね。

 

終わりに

というわけで、ウォーキングデッド・シーズン7の第15話の感想を書いてきました。

今回は、最大の見どころは、サシャの悪そうな顔でしょうね。

完全に悪役のそれでしたから。

しかも、キャットウーマンとかのかわいい感じのやつじゃなくて。

もっと高位な感じの。

次は、ドワイトがやってきたところ。

意味が分かりませんもんね。

いったいどういうつもりでやってきたのか。

続きが気になって仕方がありませんね。

以上、ウォーキングデッドシーズン7第15話の感想!決戦前夜?、でした。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

>>ウォーキングデッド・シーズン7第16話について

>>ウォーキングデッド全シーズンのあらすじ感想まとめ【ネタばれ注意】

(本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)