ウォーキングデッド・シーズン8第11話の感想!ゲイブリエル・・・

ウォーキングデッド・シーズン8第1話のあらすじ感想

今回は、ウォーキングデッド・シーズン8第11話をHuluで見たので。

その感想などを書いていきます。

 

第11話は、清掃人たちがジェイディスを除き全滅し。

また、カールが書いたニーガンあての手紙の内容を伝えるため。

リックがニーガンと連絡を取り合う。

そんな第11話からの続きです。

>>ウォーキングデッド・シーズン8第10話の感想!やっぱりニーガン好きだわ

 

今回は、ゲイブリエルの幸運と不運。

タラにいい加減にしろよといいたいことなど。

他にも話はありましたが。

でも、一番はヒルトップと救世主に関することが大きかったですね。

 

では、そんなウォーキングデッド・シーズン8第11話の感想などを始めていこうと思います。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2018年3月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。)

 

ウォーキングデッド・シーズン8第11話の感想

ゲイブリエルにとっての救いが訪れたと思ったけど

ユージーンの手引きによって脱走に成功したゲイブリエルと医師。

マギーのために、感染症の状態なのに、がんばってくれたようです。

しかし、感染症は思いの他、重かったようですね。

命の危険自体は、たまたま見つけた抗生物質で何とかなりましたが。

でも、ゲイブリエル、視界をほぼ失ってしまい。

これは治らない様子・・・

 

けど、それによって、思わぬことが起こるんですよ。

ゲイブリエルにだけ聞こえる幻聴に従って行ったら、休める家を見つけた上、たまたま抗生物質も見つけるし。

その後、医師が罠にかかるなか、ゲイブリエルはかからない。

その上、見えないはずなのに、ウォーカーを攻撃できると。

神の導きでも手に入れたんじゃないかというレベルで、すごいことが起こり始めるんです。

 

この辺り、ちょっと皮肉ですよね。

リックたちと出会った当初の、神の助けをずっと祈っていたときには手に入らず。。

それが長いこと続いた後に、これではイケナイと自分でも変わり始めた。

しかも、視界を失ったときになって、やっと手に入れることができたんですから。

昔のゲイブリエルの方が、こういうのを求めていたでしょうに。

やはり、犠牲なしにはダメということなんでしょうかね。

 

といっても、さらに皮肉なことがおきるんですけどね。

ここにきて、救世主に見つかり、連れ戻される。

そして、自分のことを捨ててでもマギーに届けようとしていた医師も攻撃されるんですから・・・

最近のかっこいいゲイブリエルを見ていると。

「なにもこんな状態にならなくても・・・しっかりとヒルトップに行けるようにしてくれたら!」と思っちゃいますが。

この情に流されてストーリーを歪めないクールなところが、ウォーキングデッドの魅力だけに。

なんともね。

しかし残念です。

 

タラいい加減にしろよ

一方で、タラにはかなり腹を立ててしまいました^^

というのも、ドワイトの知識がないと今後戦いが厳しくなっていくのに。

ダリルにまで止められているのに、ドワイトのことを攻撃し始め。

救世主に合流させることになってしまったんですよ。

(ちなみに、ドワイトは完全にリックたち側に立っていて、救世主の所に戻ったのは自分の姿を見せてダリルたちを救世主から隠すため)

 

これ自体は、普段だったら腹をたてたりしません。

タラも自分の恋人が、ドワイトの犠牲になったわけですからね。

むしろ、心情を理解する事させできますよ。

 

しかし、タラとダリルの暴走によって、ほぼ勝つ直前までいっていた計画が破たん。

それによってアレクサンドリアが崩壊ですからね。

しかも、カールが犠牲になった直後に、ジュディスの近くでそんな騒動起こすとか・・・

最終的にドワイトの機転でなんとかなったけど、ドワイトが何もしてくれなかったら全滅しててもおかしくなかったわけですからね。

 

今回に関しては、タラの擁護無理ですね。

ヒルトップVS救世主は明日

結局、ダリルたちはヒルトップに到着しますし。

すでにモーガンとキャロル、イーニッドもいる。

そして、最後の最後でリックも到着するので。

第1話以来の集結を果たしました。

 

まぁ、喜びの雰囲気ではありませんよね。

やっぱりカールのことがありますから。

特に初めて聞いたイーニッド、キャロル、マギーの女性陣の悲しみは・・・

 

とはいっても、悲しみに暮れてる時間も。

疲れをいやしている時間もないんですけどね。

 

マギーがニーガンに反抗の意思を見せつけたことで、ニーガンがヒルトップに攻め入ることを決め。

そして、それを次の日に結構しようとしているんですから。

つまり、作品内の時間では明日にもヒルトップVS救世主の戦いが勃発するわけです。

 

しかし正直なところ、かなりキツイですねー。

配給の物資がなくなってしまい、このまま長引いていったらじり貧になるので。

早期決着も全面的に悪いわけではないんですけど。

ニーガンたちも脱出劇の際に、かなり武器を使い果たしていますし。

でも、武器をあまりもっていないのは、リックたちも一緒。

今回は清掃人の助けもないし。

あげく、最高戦力の1人であるジーザスが、物資調達のために外にいて、戦力外ですから。

 

うーん、起死回生はあるのか・・・

かなり不安ですね。

 

終わりに

というわけで、ウォーキングデッド・シーズン8第11話の感想などについて書いてきました。

ゲイブリエルに起こった皮肉なこと。

タラに腹が立ったこと。

そして、決戦前日だけど、きつそうだなーということなど、ボリュームのありエピソードでした。

第12話はどうなんでしょうね。

おそらく戦いが始まるんじゃないかとは思いますが。

決着がつくのか。カールの願いはかなえられるのか。

気になる点がいっぱいです。

以上、ウォーキングデッド・シーズン8第11話の感想!ゲイブルエル・・・、でした。

 

この作品を見るのに利用したHuluでは、現在2週間の無料体験が実施されています。

見たい作品を無料で見て、そのままやめることもできるので、この機会にどうぞ。

 

Huluの無料体験をすでに利用してしまったいう方は、U-NEXTの無料体験をどうぞ。


ウォーキングデッド・シリーズを配信中で、今なら31日間の無料体験が実施中ですから。


さらに無料で見ることができますよ。

 

>>ウォーキングデッド・シーズン8第12話の感想!リックの暴走とニーガンの行方

>>ウォーキングデッドシーズン8全話のあらすじ感想まとめ【ネタバレ注意】