ウォーキングデッド・シーズン8第15話の感想!カールの手紙がついに明らかに

ウォーキングデッド・シーズン8第1話のあらすじ感想

この作品を見たい方は、Huluからどうぞ。Hulu会員なら無料で見ることができますよ。


まだ会員ではない方も、今なら14日間見放題の無料お試しが実施中ですので、ご安心を。

 

ただし、5月24日までの限定配信になるので、お早めにどうぞ。

今回は、ウォーキングデッド・シーズン8第15話を見たので。

その感想などを書いていきます。

 

第15話は、リックとモーガンが、暴走からヒルトップから脱走した救世主たちを一網打尽にし。

反対に、ジェイディスに拘束されていたニーガンが、誠意ある対応を見せることで拘束から逃れた。

そんな、どちらが悪役かわからない第14話からの続きです。

>>ウォーキングデッド・シーズン8第14話の感想!リックとモーガンの悲しい共闘

 

今回は、ついについに!

カールのリックへの手紙、そしてニーガンへの手紙の内容がわかってきました。

またダリルたちに狙われたユージーンと、意気消沈したゲイブリエルがどうなったのかも。

次回の第16話が、シーズン8の最終回となっているので。

徐々に盛り上がってきましたね。

 

では、そんなウォーキングデッド・シーズン8第15話の感想などを始めていこうと思います。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2018年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。)

 

ウォーキングデッド・シーズン8第15話の感想

帰ってきたニーガン

第14話で夜の聖域に帰ってきたニーガンですが、すぐには皆の前に姿を現さずにいた様子。

裏切り者たちの行動を、明らかにするために。

 

サイモンは、まんまとその罠に乗ってしまい、一度は現れたニーガンに忠誠を誓ったふりをしますが。

その後、反旗を翻そうとするところに、ドワイトにより連れられてきたニーガンによって倒されることに。

正直、ここまでは「まぁ、そういう展開もあるよね」とおもっていましたね。

理想を言えば、リック&ニーガンVS救世主ぐらいになることを望んでいましたが^^

 

でも、ドワイトまで罠にかけられていたのは意外でしたね。

ドワイトはニーガンからの信頼を得てはいるが、リックへニーガンの計画を伝えようとするとき。

その行動がバレてしまうって流れかと思っていたんですけどねー。

まさか、ニーガンが、ドワイトが裏切っていることを知っているローラ(第14話の最後のシーンでニーガンは驚いてるのは、これが原因でしょう)から話を聞かされ、ドワイトの裏切りを知っていて。

そして、それを逆に利用される流れだとは・・・

 

これで、ドワイトがピンチなのは当然なんですが。

これによって、リックたちも大ピンチになりそうな予感。

もしドワイトからの伝言を信じて行動してしまえば、ニーガンの仕掛けてくる罠にはまってしまうわけですから。

 

しかし、ニーガン、帰ってきたそうそう精力的に動きすぎですよ^^

 

ゲイブリエルとユージーン

第15話は、シーズン7までを見ていたファンにとって少し悲しい話になってしまいましたね。

その原因は、ゲイブリエルとユージーン。

シーズン7での落ち込んだ後に立ち直ったリックを除けば。

全キャラクターの中で、もっとも成長したのがゲイブリエルとユージーンでした。

 

そんなゲイブリエルは、卑怯で小心者だった自分を捨て去り。

仲間のために行動できる強い人物になっていたんですよ。

自分の身体に問題が起きても、仲間(マギー)のためにそれを受け入れ無理をできるレベルに。

でも、第11話において、マギーを助けるためにヒルトップに連れて行こうとした医師が救世主にやられてしまったことで意気消沈していました。

>>ウォーキングデッド・シーズン8第11話の感想!ゲイブリエル・・・

そして、今回ゲイブリエルの口から、生きていたいから命令に従う、自分は昔のままだという発言がでてしまったんですよ・・・

つまり、変わってくれたゲイブリエルは完全にいなくなり、昔の自信のなかった彼に戻ってしまったんだと見せつけられたわけです。

 

自分の身を守るために裏切ったユージーンと違い。

ピンチになっても戦い続けたゲイブリエルは本当に頼もしかったんですけどねぇ。

本当に本当に残念ですよ・・・

 

一方で、ユージーンは、すでに弱かった自分に戻っていましたが。

今回、一旦ダリルとロジータによって連れ出されて、ののしられた結果。

これまではそれでもアレクサンドリアへの被害を最小限にしようという努力をしていたのに。

ついに本気でリックたちを攻撃する意思をもってしまったんですよ。

「そっかー!そっち方面に成長しちゃったかー!」と思ってしまいますねー。

シーズン6の最終話で、仲間を守るため囮をかってでた。

そして、シーズン7第8話で、仲間に攻撃が及ばないように自分からニーガンに連れられて行った。

そんな勇敢で仲間思いのユージーン。

勇敢だけど完全に敵に回ってしまったユージーンになったわけですよ。

最後の最後で、ユージーンを見直したエイブラハムのことを思うと、心が痛いですね。

 

カールの手紙の内容

最後に、カールの手紙についてですが。

リックへの手紙も、ニーガンへの手紙も、最も大事な内容は同じ。

和解してということ。

リックへは、ジュディスのために。

ニーガンは、自分も変われたから、ニーガンも変わってくれ。

といった違いはありますけどね。

(ちなみに、リックは自分で読んだんですが、ニーガンは一人で聖域の近くにいったミショーンからトランシーバー越しで聞きました)

 

でも、その反応は正反対でしたね。

リックは、その手紙を読んで穏やかにしており。

和解の可能性を残していることを感じましたが。

ニーガン、和解の可能性はリックがつぶした。

リックたちが全員倒されることがニーガンにとっての勝利条件だ。

そういった、和解の可能性は一切ないと断言。

 

これはどうなりますかね。

ニーガンがそこまでやる気を見せていることを考えると、和解は絶望的で。

全面対決が第16話で行われることになると思いますが。

第15話でカールの手紙の内容が発覚し、リックが憑き物がとれたような表情をしていることを考えると。

なにか起死回生の手段がでてくるのか。

シーズン8の終わりまで、あと1話しかないことを考える。

本当どうまとめてくるんでしょうか。

最終回楽しみですね^^

終わりに

というわけで、ウォーキングデッド・シーズン8第15話の感想などについて書いてきました。

ニーガンが帰還早々に、裏切る者たちをあぶりだしたこと。

ゲイブリエルが元に戻り、ユージーンが完全に敵になってしまったこと。

カールの手紙に託した願いはかなえられるのか。

などなど、今回も盛りだくさんのエピソードでした。

とうとう次回はシーズン8の最終回。

どのように決着がつくのか、非常に楽しみですね。

以上、ウォーキングデッド・シーズン8第15話の感想!カールの手紙がついに明らかに、でした。

\まずは14日間無料体験を/

 

>>ウォーキングデッド・シーズン8第16話の感想!ダリル・マギーが敵に

>>ウォーキングデッドシーズン8全話のあらすじ感想まとめ【ネタバレ注意】