【最新比較】おすすめVODランキングはこちら

ウォーキングデッド・シーズン10の感想評価は?あらすじネタバレ・何年何話・キャストなどドラマ情報とあわせて紹介

ウォーキングデッド・シーズン10 感想あらすじまとめ

世界中の人々を熱中させた大人気ゾンビサバイバルドラマ『ウォーキング・デッド』

前作に現れたウィスパラーズとの戦いに決着のつくシーズン10を見たので、ファンの視点から感想評価をまとめました。

まだ、シーズン9を見てない場合は、まずはこちらからどうぞ。

ウォーキングデッド・シーズン9の感想まとめウォーキングデッド・シーズン9がわかる!全話見た感想あらすじまとめ【ネタバレ注意】

リックの生きている痕跡がみつかったこと、マギーの復活など、今後に向けて重要なシーズンなので、まだ見たことない人はぜひ参考にしてください。

ウォーキングデッドが無料見放題

ウォーキングデッドを無料視聴できることを知っていますか?

 

動画配信サイト『U-NEXT』なら、130話以上あるウォーキングデッドの動画を最初の31日間無料で見れるんです。

 

もし気に入らなくても31日以内に解約すれば、0円でウォーキングデッドが楽しめるので全く損しません。

 

おすすめですよ。

 

ウォーキングデッド・シーズン10のあらすじ

(毎シーズンごとに公式が短いあらすじネタバレ動画をアップしてくれていますが、シーズン10はまだアップされていないようです。アップされ次第します。)

“囁く者”の報復を受け、衝撃的な仲間の死を目の当たりにしたダリルたち。

最愛の娘に続き、息子同然として育てていたヘンリーを亡くしたキャロル、そして自らの裏切りのせいで多くの命を犠牲にしてしまったリディア。

心の傷を抱えた彼らを待ち受けるのは…。

出典:ウォーキングデッドシーズン10 U-NEXT

ウォーキングデッド・シーズン10は変則スタイルで配信されたシリーズです。

まず本編として1話~16話、その後しばらくたってから17話~22話までの特別編が配信されました。

本編の内容は、シーズン9でウィスパラーズと強制的な休戦を結ばされたアレキサンドリアたちでしたが、キャロル&ニーガンのスタンドプレーからアルファ(ウィスパラーズのリーダー)を撃破。その後、ウィスパラーズとの全面対決を行う。そんなあらすじになっています。

一方、特別編に関しては基本的にはストーリーの進歩はなく、ウィスパラーズとの戦いで顕在化してきた人間関係、精神的な問題の解決。別動隊として動いていたユージンたちのその後を描かれていました。

 

ウォーキングデッド・シーズン10全体の感想評価

キャロルとニーガン

ウォーキングデッド・シーズン10は、とにかくキャロルとニーガンの活躍が素晴らしかったシーズンでした。

キャロルと言えば、か弱い女性で感情的に動く…と見せかけてからの冷静で冷酷な行動に移れる女狐感。

ニーガンと言えば、享楽的でクレイジーに動く…と見せかけてからの思いもよらない行動を冷静にとっていくトランプのジョーカーのような存在。

それが存分に表れていましたからね。

シーズン序盤は2人ともそこまで魅力的な行動をとっていたわけではなく、むしろ少し評価を下げていたぐらいだったんですが。

でも、第12話前後の流れは、2人の魅力が爆発して最高でした!

これまで、キャロルの最高のエピソードはシーズン5第1話だと思っていましたが、それに匹敵するぐらいの輝きが感じられましたよ!

他のエピソードが見れなくても、第12話だけは見てほしい、それぐらい神回だったと思っています。

 

ミショーンが離脱する納得の理由

シーズン10が始まるまえからリリースされていた、ミショーンの卒業。

正直、ミショーンの卒業の仕方って、カールのように死亡するか、リックのように大怪我して脱落するかの2パターンしかありえないと思っていました。

シーズン10が始まる前はもちろん、実際に離脱する13話が始まる前まで。

だって、子供がいるのに1人だけ去るというのも考えられないし、ジュディスがアレキサンドリアで重要な存在になりつつあるから子供たちを連れて去るというのも考えにくい。

(第12話の段階だと、ミショーンとジュディスたちは離れ離れになっているので余計に後者は考えにくかった)

なので、アレキサンドリアを去るようなやむにやまれぬ理由って、死亡か怪我しか考えられないかなと。

 

ですので、リックの痕跡が見つかってからの離脱するまでの流れは、素晴らしい展開で「おお!」とテンションが一気に上がってしまいました!

多少強引さはありましたが、それでもミショーンが1人で旅立つ納得の理由を提示してくれましたし。

なにより噂の映画「ウォーキングデッド」への自然に誘導してくれましたからね。

いや、この流れを作った製作陣は最高ですよ。

マギー!マギー!マギー!

シーズン9よりレギュラーではなくなっていたマギーの復帰。

これは、シーズン5でキャロル&モーガンの復帰、シーズン3でのメルルの復帰(、あとビックリ度だけでいえばシーズン9でまさかのモラレスの復帰も)を上回る衝撃でした。

事前にSNSなどで復帰の予定があるという情報は出回っていましたが、それでも実際に目にしたときは感動しましたね。

いまアレキサンドリア含め、どこもリーダー役が務まるのはニーガンぐらいしかいない状況でしたから、心強いリーダーの復帰は非常に楽しみ。

もちろん、いまだ根強く残っているニーガンとの確執、さらに同じくニーガンを憎んでいたはずのダリルがニーガンを許したような態度をとっていることへの反発など、見逃せないポイントがたくさんありますしね。

 

ウィスパラーズとの決着はついたけど・・・

シーズン9から続くウィスパラーズとの対決。

シーズン9ラストでの残酷な行動。シーズン10前半での容赦なさ。これらを考えると、ニーガンをしのぐ敵であり、どうやって倒せるのか全く予想がついていませんでした。

それがまさかのあっさり決着。

シーズン4でリックたちが住処をすべて破壊されたような、そんな状況になるんじゃないかとさえ思ったんですが、そうなりませんでした。

キャロルとニーガンの暗躍が素晴らしかったために起こったあっさり決着なので、おかしいとまでは言いません。

言いませんが、それでも肩透かしを食らった感はあります笑

 

追加エピソード17話~22話について

見ていてストーリー上の進行はそこまでなかったのかなという印象でした。

ただ、シーズン11後に始まるダリルとキャロルのスピンオフに向けて、少し変わり始めた2人の関係。

別動隊のユージーンたちを捕まえた相手たちが、敵として確定したこと。

新たなる敵となりかねない収穫者(リーパー)の存在。

そして、最終話でのニーガンのかっこよさ。

こういったことの確認のためには良かったと思っています。

新シーズンの本編でやるより、追加エピソードでやると決めた製作陣は英断ですね。

 

ウォーキングデッド・シーズン10の見どころ

エイブラハムの復帰

シーズン10では、なんとシーズン7でニーガンに倒されたエイブラハムが復帰しました!

とはいっても、シーズン9でリックが見た幻影で復帰したショーンたちとは違い、登場キャラではなく監督としてですが。

第4話と第7話の2話でエイブラハム役のマイケル・カドリッツが監督を務めています。

かつての仲間が別の形で関与してくれること自体うれしいですが、さらにこの前例によってシーズン11でも、すでに退場しているメンバーが監督として復帰するかもしれない。

そう思えるのが楽しくて仕方がありませんよ。

 

キャロルに騙され続けた

シーズン10でのキャロルは、第1話から第11話まで、それはそれは不安定な状態になっていました。

睡眠がとれず、幻覚が心配されるような体調になっていて、とても怒りやすくなっていたんです。

でも、仕方ないですよね。

ギルの息子が殺されたことで、かつて陥っていた神経疲労の極みに逆戻りしている状態ですもん。

もともと夫にも強く出ることことができなかった気の弱い女性だったのに、随分頑張った方です。

本来なら、ゆっくり休ませてあげたいところですが、そうも言ってられないのが辛いところですね。

 

・・・なんて思ってた裏で、ニーガンとの裏取引、アルファ討伐の状況づくりを行っていたんですから、本当に恐れ入りました。

そういったことが見て取れる第12話を見終わったときは鳥肌が立ちましたよ。

最後にキャロルの悪そうな顔が急に出てきてときは忘れられません。

「いつから?いつからキャロルとニーガンつながってたの?」

「ひょっとして、ニーガンを脱出させたのってキャロル噛んでる??」

「というか、錯乱した行動も、仲間が死んで(?)感情的になってたのも、演技なの!???」

そんなことが色々頭に浮かんできてしまいましたから。

いやー、シーズン10は、キャロルへの評価が下がり続けていたシーズンでしたけど、ここにきて最高の女狐感を出してきてくれるとは。

シーズン5第1話がキャロル最高の回だと思っていましたが、このままいくとこの回がキャロル史上最高の回になるかもしれません。

 

ウォーキングデッドがゲームオブスローンズになった

時間は前後しますが、全面対決が始まった第11話において、ウォーキングデッド史上最高のバトルシーンが行われました。

戦闘要員が数十人しかいないヒルトップに対して、数千体のウォーカーを流し込む。

それを防御しようとしているメンバーにガソリンをかけて、遠くから火矢を打ち込んでくる。

ヒルトップに逃げようとするのを先回りして、ヒルトップの壁にも火矢を打ち込む。

前はウォーカー、後ろは火、そしてその場にいても火が降り注いでいくなんて、一体どうしたらいいのか・・・

ウォーキングデッドというより、ゲームオブスローンズででてきそうなバトル展開でしたよ。

リアルタイム配信でこの映像を見てそう思いましたが、見終わった後SNS検索したところ同じように「ゲームオブスローンズだ」と感じた人もたくさんいて楽しくなったのを覚えています。

かなり熱いシーンですので、このシーンは絶対見た方がいいですね。

 

新キャラ「プリンセス」と謎の集団

ダリルたちとは別行動していたユージンたちの前に現れた新キャラ「プリンセス」。

次のシーズン11が最終シーズンなのに、なんでこんな扱いづらそうなキャラを出してしまったのか、度肝を抜かれました。

一人でいすぎたせいか、性格がプッツン気味でコミュニケーション能力に難あり。

ウォーカーをつかったオブジェを作る。

自分の行動なのか、他の人間の行動なのかが判別できなくなる。

などなど、味方にすることが必ずしもプラスにならなそうなんですよね。

しかも、出てきて早々、ユージンたちとともに謎の集団につかまってしまうし、さらに暴走まで始める。

出てきた当初から、「おそらくどこかのタイミングで、大変なひっかきまわしを起こしてくれる」と思いましたが、速攻やらかしてくれるなんて。

今後もひっかきまわしが起こるでしょうが、それがユージンたちにとってのひっかきまわしなのか、謎の集団にとってのひっかきまわしなのか。

トランプのジョーカーのような存在なので、不安で仕方ありませんが、それと同時にどうなっていくか楽しみでもある存在です。

 

ウォーキングデッド・シーズン10の残念なところ

シーズン10は、キャロルの本領発揮、ミショーンの納得の卒業、追加エピソードでのニーガンのかっこよさの再確認と盛りだくさんのシーズンでした。

ですので、基本的に満足しています。

でもしいて言うなら、ウィスパラーズとの最終対決はもう少し盛り上げてもいいんじゃなかったのかなという思いはあります。

アルファとベータの出会いを書いた過去エピソード、アルファのリディアへの思いの掘り下げ、ゲームオブスローンズ並みのバトルなど、最終決戦が盛り上がるような下地を順調に作っていったいたのに、アルファもベータも倒されるのがあっさりすぎて・・・

アルファは、まあまだいいんですよ、キャロルの魅力を際立たせる上で突然の討伐は必須だったでしょうし。

でも、ベータに関しては、もう少しニーガンとまではいかないまでも、総督との対決レベルの盛り上がりがあってもよかったと思うんですよね。

ベータが倒されるシーンを見て、「へ?」って声を出しちゃったぐらいです。

 

あと、シーズン10は追加エピソードがあったこともあって、全体的にキャラの内面を描写するシーンが多かったように思えます。

ウォーキングデッドの魅力は、サバイバルアクションドラマであるにもかかわらず、人間の内面の描写をしっかりするところにあると思っていますが、それでも多かったかなと。

シーズン4の後半~シーズン5の前半が頭をよぎってしまうほどでした。

残念だったことを強いてあげるなら、この2つぐらいですかね。

 

ウォーキングデッド・シーズン10のキャスト・登場人物

メイン登場人物&キャスト

  • ダリル/ノーマン・リーダス
  • キャロル/メリッサ・マクブライト
  • ミショーン/ダナイ・グリラ
  • ジュディス/ケイリー・フレミング
  • マギー/ローレン・コーハン
  • ニーガン/ジェフリー・ディーン・モーガン
  • マグナ/ナディア・ヒルカー
  • ユミコ/エレナー・マツウラ
  • ルーク/ダン・ドグラー
  • コニー(姉)/ローレン・ルドルフ
  • ケリー(弟)/エンジェル・セオリー
  • リディア/キャサディ・マクリンシー
  • アルファ/サマンサ・モートン
  • ベータ/ライアン・ハーストン
  • セディク/アビ・ナッシュ

 

その他の登場人物

  • ガンマ
  • アダム
  • ココ
  • ダンテ
  • バジール
  • アール
  • RJ

 

ウォーキングデッド・シーズン10のドラマ情報:何年・何話かなど

監督:フランク・ダラボンなど

放送年:2019年、2020年

話数:本編16話、追加6話の合計22話

主題歌:The Walking Dead Theme

 

ウォーキングデッド・シーズン10感想評価まとめ

というわけで、ウォーキングデッド・シーズン10の感想評価をまとめてきました。

全体を通して満足していますが、その中でも最後にキャロルの魅力が爆発した第12話、ミショーンが離脱し見ててウルっときた第13話は群を抜いて面白いエピソードでした。

シーズン10はこの2つを見ないと始まらないといえるぐらい、絶対におすすめです。

次のシーズン11で、ウォーキングデッド本編は終了予定ですが、ここからどうなっていくのか楽しみですね。

以上、ウォーキングデッド・シーズン10の感想評価は?あらすじネタバレ・何年何話・キャストなどドラマ情報とあわせて紹介、でした。

 

 

\ウォーキングデッドが全話見放題/
31日以内に解約すれば費用は一切不要

 

 

(本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。)

 

 


 

 

「数が多くてどれがいいかわからない....」

「いま使っているVODがイマイチ」

 

そういった方のために、年間500以上の動画を観る動画マニアの視点から、VODおすすめランキングを作成しました。

 

無料視聴OKで気軽にお試しもできるので、ぜひあなたにぴったりのVODを見つけて下さい。

 

1位:U-NEXT

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、VODを超えた日本最大級のエンタメサービス。

イチオシする最大の理由は、「ないエンタメがない」と言うほどのコンテンツの充実度。

動画、雑誌、電子書籍すべてが楽しめるので、1つのサービスだけでエンタメを満足することができるんです。

特に動画が素晴らしく、20万以上の動画が見放題な上、新作も次々にスピード配信されていくので、見たい動画が見つかりますよ。

無料登録で31日間お試しができるので、気軽にお試しください。

おすすめ度
月額料金 1990円(実質負担額790円)
 ※1200円分ポイントで戻ってくる
サービス・20万以上の動画見放題
・80誌以上の雑誌読み放題
・500冊以上の漫画読み放題
・レンタル動画(ポイントor課金)
・電子書籍購入(ポイントor課金)
・課金額の40%ポイント還元
無料体験 31日間無料
 600円分のポイントもらえる

▶▶ 公式:U-NEXT

↓ U-NEXTの詳細はこちら ↓

U-NEXTのメリットデメリット【評価レビュー】U-NEXTのメリット・デメリット!5年以上使ってわかったユーネクストの特徴を徹底解説

 

2位:Hulu

Huluは、海外ドラマを見るなら絶対外せないVOD。

定番の作品が充実しているのはもちろん、ウォーキングデッドやNCISの日本最速で配信される作品、独占配信作品など、ここでしか見れない作品も多数ありますから。

他にも、日テレ系ドラマの見逃し配信や、劇場版コナン・ハリーポッターの一挙配信など、家族で楽しめるコンテンツも充実していますよ。

おすすめ度
月額料金 933円
サービス・7万以上の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
無料体験 2週間無料

▶▶ 公式:Hulu

↓ Huluの詳細はこちら ↓

Huluの評判メリットデメリット【Hulu感想評価】7年以上使ってわかったメリット・デメリットを徹底解説

 

3位:Amazonプライム

アマプラの特徴

Amazonプライムは、月額料金をとにかく少なくしたい人にイチオシのVOD。

月額料金は最安で、ワンコイン以下。それなのに、音楽聞き放題サービスなどの、Amazon独自のサービスまでついてくるんです。

見放題動画は少なめではありますが、それでも数万程度はありますし。

他のVODより新作が見放題になりやすい、バラエティやドラマのオリジナル作品が見れるといったメリットがあるので、安かろう悪かろうとはなりません。

メインは別に、2つ目のVODとして利用している人も多く、そういった使い方もおすすめです。

おすすめ度
月額料金 月額500円
 年額4900円(月408円)
サービス・数万程度(非公開)の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
・音楽聞き放題などAmazonサービス
無料体験 30日間無料

▶▶ 公式:Amazonプライム

↓ アマプラの詳細はこちら ↓

【評価レビュー】アマゾンプライムはコスパ最高!料金に比べてメリットが多すぎる

 

その他の人気VOD

↓ 詳細はこちら ↓

おすすめVODランキング【2021】おすすめ!動画配信サービス(VOD)比較ランキング‐人気12社から今選ぶべきサブスクを厳選紹介!