ウォーキングデッドシーズン5全話のあらすじ感想まとめ&全体総括

ウォーキングデッドシーズン5全話のあらすじ感想まとめ&全体総括

今回は、ウォーキングデッド・シーズン5を全話見た感想。

そして、各話短感を書いていきます。

 

総督との戦いには勝利したものの、仲間はバラバラになるし、居場所を失ってしまった。

その上、長いことかけてさまよって安全だと思った場所にやっとのことでたどり着いたら。

そこは罠であり、仲間のほとんどが捕まってしまったシリーズ4。

ウォーキングデッドシーズン4全話のあらすじ感想まとめ
ウォーキングデッドシーズン4全話のあらすじ感想まとめ&全体総括

その続きとなるシーズンですね。

 

前作のシーズン4から、最終回をものすごい良い所で終了させ。

半年間視聴者を飽きさせずに待たせるという手法に変わっていました。

だからもう、このシーズン5への期待値がハンパなく高くてですね^^

今か今かと待っていたもんです。

そして、それにふさわしいレベルの内容だったので、最高に大満足させられたんですよね。

 

では、そんなウォーキングデッド・シーズン5の感想を始めていこうと思います。

この記事は、これまで同様、まずは全話の短感を書いた後。

全体の感想を書いていくことにしていきますね。

なお、各話の感想部分に関しては、初めて見たときに思ったことを中心にしています。

また、ネタバレ要素があるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。)

 

ウォーキングデッド・シーズン5第1話の感想

何をメインにとらえたらいいのか困る第1話。

今回は、終着駅の連中を倒し、抜け出せたこと。

そのために、リックに追い出されたキャロルが活躍してくれたこと。

キャロルとタイリースが仲間に戻ったこと。

などなど、重要なトピックスが多いですからね。

 

でも、個人的に一番印象に残っているのは、ジュディスに再開したときのリックの姿ですね。

消えない怒りがくすぶっていて、それに動かされていたのに。

ジュディスを見た途端、一気にリーダーに戻りましたから。

 

しかし、思えば、ここからですねー。

これまで戦力として大したことがないと思われていたキャロルが。

一気に主戦力の一員となったのは。

しかも、他のメンバー以上に、慈悲がないのですし。

ウォーキングデッドメンバーの中で、最も怒らせちゃダメな人物になった感がありますよ^^

 

ウォーキングデッド・シーズン5第2話の感想

やっぱり終わりじゃなかった第2話。

 

第2話は、小心者の神父ゲイブリエルが登場した話でもありますけど。

でも印象に残ったのは、最後の最後に、終着駅の連中がメンバーを見張っており。

そして、一人でいたボブを連れ去ったことの方がですね。

 

総督たちに比べると、終着駅の連中は小粒感がただよってますね。

狂ってる度だと総督以上ですけど、それ以外はちょっと。

シーズン5全体のラスボスになるかと思ったんですけど。

これだとあんまり長くもたないんじゃ・・・

どうなんでしょうね。

ウォーキングデッド・シーズン5第3話の感想

予想がそっこうであたった第3話。

 

うん、ダメですね、終着駅のボス(ギャレス)は。

すぐに取り乱すし、計画性もたいしたことないし。

リックに思いっきり罠にかけられて、捕まり。

こんなやつらに消耗品が減るのは、もったいないと思われてるじゃないですか。

 

これからどうするんだろう。

やっぱりユージーンを護衛して、世界を元通りにする旅がメインになるんだろうか?

 

ウォーキングデッド・シーズン5第4話の感想

ベスファン必見の第4話。

ベスをつれて行ったのは連中は、病院を寝床にしているので。

ちゃんと治療してくれたみたいで。

元気な姿を見ることができましたよ^^

 

ただ、病院の連中はルールにやたら厳しくて。

ここから出ていくのも大変そうなんですよねー。

実際ノア(病院にいた少年)と逃げ出そうとしましたけど。

ベスだけが、また捕まってしまいましたし。

なので、ベスの救出がシーズン5の大きな仕事になるかも。

真の敵は、ギャレスじゃなくて、ドーン(病院のトップ)なのかな。

 

ウォーキングデッド・シーズン5第5話の感想

エイブラハムがユージーンをボコボコにした第5話。

 

今回は、エイブラハムの過去をしることができたんですが。

どうもエイブラハムは、かつて生きる意味を失っていて。

ユージーンを護衛することで世界を救うことだけが生きがいだったみたい。

 

なのに、ユージーンが、世界を救えるなんて嘘だったなんていうもんですから。

そりゃエイブラハムはキレますよね。

自分はなんのために、生きながらえたのかと思うし。

また、せっかく手に入れた生きがいを奪われたんですから。

 

しかし、終わりが見えたかと思いましたけど。

ウォーキングデッド・シリーズは、こりゃ当分終わりませんね。

また終結にいたる道筋がなくなってしまったんですもん。

 

ウォーキングデッド・シーズン5第6話の感想

ダリルとキャロルがベスの居場所を知った第6話。 

 

今回は、前半のダリルとキャロルのふたりの掛け合いが見れるんですけど。

やっぱりキャロルが近くにいるときのダリルはいいですねー。

強面さよりも、かわいさとか幼さがでてきますし。

ダリル&キャロルファンが多いはずですよ。

 

でも、ノアを捕まえ、ベスのことを知ることができてからは急展開。

なんてったってキャロルが連れていかれちゃったので。

これは絶対に争いになりますねー。

ダリルもリックも黙っているわけがありませんから。

 

ウォーキングデッド・シーズン5第7話の感想

ベス&キャロル救出作戦直前な第7話。

 

今回のメインは、病院のメンバーを捕まえたので、全面対決か人質交換だったんですが。

人質交換に協力すると言っていた人物が、裏切って逃げてしまったので・・・

このままだと間違いなく全面対決になりますね。

 

しかし、戦力の半分が、ユージーンの方にいっているし。

エイブラハムが茫然自失って感じになっているので。

戦力足りるのかな?

その点だけ、心配。

 

ウォーキングデッド・シーズン5第8話の感想

ああ、もう辛すぎる第8話。

 

第8話は、個人的にシーズン3第4話以来の辛い回なんですよ。

ウォーキングデッドシーズン3全話のあらすじ感想まとめ
ウォーキングデッドシーズン3全話のあらすじ感想まとめ&全体総括

全面対決しようとするのをダリルが止めたとか。

ハラハラドキドキする作戦をリックがこなしたとか。

色々あるんですけどね。

 

でも、ベスがドーンに攻撃されてしまい、その姿を見たマギーのことを考えると。

マジで胸が痛い。

やっと妹とあえると思っていたのに。

しかも、それが起こったのが、ドーンが権威性を示そうとして。

欲張ってしまったなんていうつまらないことを発端としているだけに。

「なんで?なんで?なんで?」

という気分ですよ、本当。

 

最悪の前半性の終了で、リアルタイムで見ていた時は。

この状態で数ヶ月続きを待たされるとわかっていたんですよ。

もうどうしたらいいのか・・・

 

ウォーキングデッド・シーズン5第9話の感想

ウォーキングデッド制作陣が容赦ないことを、改めて実感する第9話。

 

ベスのことでテンション下がったまま数ヶ月待った視聴者に対して。

今度はタイリース脱落を見せるとか、本当に相変わらずすぎる。

ある意味安定感は抜群ですけど。

でも、今シーズンはまだまだ行くからというメッセージのようでもあって。

ちょっと不安になってきますね。

 

そう考えると、迷惑ばっかかけて何の役にも立たないゲイブリエルを参加させたのって。

ひょっとして神父の仕事が必要になってくるからとも邪推してしまいますよ^^

 

ウォーキングデッド・シーズン5第10話の感想

移動中な第10話。

今回はストーリー的には、めだったことはおきませんでしたね。

ただ、ガソリンがキレて、徒歩で移動しないといけなくなるとか。

水が無くなるとか。

台風が来るといった。

やたらリアルな問題はおきましたけど^^

でも、こういうリアル描写も忘れないのがウォーキングデッドの魅力なので。

たまにこういうのがあるのは仕方がないですね。

毎週とかになると、さすがに嫌になりますけど^^

 

ウォーキングデッド・シーズン5第11話の感想

やっと安住の地が確保できそうな第11話。

 

簡単なあらすじを言うと、今回は不審な男(アーロン)につれられて、彼の所属するコミュニティに行くことになったことだけですね。

メンバーの葛藤が中心の回でしたから。

第10話同様静かな話ではありましたけど。

さすがにリックたちの疲労や装備の不十分さを考えると。

そろそろどこかで腰を落ち着けないといけないので。

それが確保できそうな今回は、イメージが全然違いますよ。

おそらく第12話も静かな展開は続くでしょうけどね。

 

ウォーキングデッド・シーズン5第12話の感想

メンバーたちの居住審査が行われた第12話。

 

リックたちがやってきたコミュニティ(アレクサンドリア)は。

近代的な装備が整っていますし。

また、生活も人間らしさが残っていました。

なので、リックたちが居住するのに値するのか。

居住審査するのも当然といえば当然ですね。

 

ただ、トップの女性(ディアナ)が、楽観的といいましょうか。

現実に即してないといいましょうか。

ちょっと、いやかなり心配。

ウォーカーの大群や、人間の敵が攻めてきたときに。

戦えるメンタルがあるとは思えないんです。

そして、それに引きずられるように、元からアレクサンドリアいるメンバーも甘ちゃんばかりですから。

どうみても、リックたちとあうようには・・・

 

一応、リックは乗っ取りも考えているみたいですけど。

どうなるんでしょうね。

もし一方的な力で押しちゃったら、総督とやってること変わんなくなってしまいますし。

 

ウォーキングデッド・シーズン5第13話の感想

キャロルが怖い第13話。

 

第13話は、一応アレクサンドリアのメンバーと仲良くしていくため。

パーティにお呼ばれしたりするんですが。

キャロルがすごいんですよ。

シーズン1では、穏やかな性格してたんですけどねー。

いつの間にか、公の場ではにこやかなマダムという雰囲気を出し。

裏では、秘密を知ったら子供でさえ凄むという。

強かな女性になっていて。

 

社交性、裏表の使い分け、戦闘力を考えると。

対人に関しては、ひょっとしてキャロルが最恐なんじゃないかと思ってしまいますよ。

 

ちなみに、リックはそのころ、アレクサンドリアの女性(ジェシー)といい感じになってました^^

 

ウォーキングデッド・シーズン5第14話の感想

見ていて腹が立ってくる第14話。

 

何が腹が立ってくるかといいますと。

偉そうにしているばかりで、いざとなったら小心者なアレクサンドリアの住人(ニコラス)のせいで。

ノアがウォーカーにやられるし。

グレンもピンチになる。

その上、1人で逃げようとしてきますからね。

見ていて本当に腹が立ちましたよ。

こういう嫌な人間的な弱さをもつキャラクターって、最近見なかったのも大きいですけど。

それにしたって、もう。

 

そして、もう一人腹が立ったのが、ゲイブリエル。

今までさんざん周りに迷惑をかけ。

独断での行動でカール達をピンチにしていたりしたのに。

安全な所に来たら、リックたちは追い出した方がいいですか。

そうですか。

本当になんでゲイブリエルは、メンバーに入ってるんでしょうね!

 

ウォーキングデッド・シーズン5第15話の感想

急に盛りだくさんになってきた第15話。

 

第14話も盛り上がってはいましたけど、第15話はいろんなことを起こり。

ストーリーが一気に加速していった感じがありますね。

というのも、大きなトピックスだけでも。

  • 額にWの文字が刻まれた謎のウォーカーの出現。
  • グレンとニコラスの関係が悪化。
  • リックとディアナが対立関係になった。
  • そして、カールにガールフレンド(イーニッド)ができそう^^

といったことがありましたから。

 

どれもこれも火種になりそうなものばっかで、ワクワクしてきます。

他のももちろん、カールのガールフレンド問題だってそう。

ほぼ彼氏面している男の子が別にいるので、絶対もめますからね。

しかし、ゲイブリエルの問題もあるのに、あと一話で一体どうなっていくのか。

 

ウォーキングデッド・シーズン5第16話・最終回の感想

ウォーキングデッド・シーズン5の最終回となる第16話。

 

やっぱり最終回は、シーズンの中でとびぬけて面白かったですね。

いくつかの問題が次々に解決するし。

また、予想外すぎることも置きましたから。

 

問題解決に関しては、誰かに罰して欲しかったゲイブリエルが心情を吐露したことで解決しましたし。

また、リックとディアナの関係は。

ディアナの夫が、興奮した住民(ジェシーの暴力夫)によって攻撃されて。

ディアナが現実を知ったことで、リックが受け入れられるという解決になったんです。

そして、グレンの問題も、ニコラスに攻撃され、ウォーカーに群がられながらも。

グレンがニコラスを倒すことで、決着がつきましたし。

 

これらだけでも十分面白かったと思うんですよ。

短い時間にドキドキハラハラが連続していきましたし。

 

でも、第16話で一番印象に残ったのは、間違いなくモーガンの再登場。

シーズン1のちょっと臆病なモーガンでもなく。

シーズン3の疲れ果てたモーガンでもなく。

なにか凛々しく力強い姿で。

 

しかし、こんなところでモーガンを再登場させるなんて。

制作陣はいったいどういう考えなんでしょうね。

こんなところで再登場させられたら。

別方向に変わってしまったリックとモーガンの関係が一体どうなってしまうのか。

ウォーキングデッドファンは、半年ほどやきもきしながら待たないといけないじゃないですか^^

 

他にもWの文字が額につけられているウォーカーを作った。

おそらく敵になるであろうグループまでちょっとだけ登場するし。

シーズン4に続いて、こんな終わり方ないじゃない!

ぐぬぬぬぬぬ。

ウォーキングデッド・シーズン5全体の感想

メインキャストの入れ替わり

今回も大幅にメインキャストが入れ替わりましたね。

 

【脱落組】

  • ベス
  • タイリース
  • ベン
  • ノア

 

【参加組】

  • モーガン
  • アーロン
  • ディアナ
  • ジェシー
  • イーニッド
  • ゲイブリエル
  • (ノア)

 

ですから。

ベスはショックだし、モーガンにもびっくりしましたけど。

それ以外だと、アーロンはいいキャラかも。

これまでダリルの一番の理解者といえばキャロルでしたけど。

キャロルに匹敵しそうなぐらい。

アーロンはダリルを理解しようとしてくれてますからね。

ダリルが今後変化していくかもしれませんよ。

 

静かなシーズン

シーズン4までは、基本的に毎話とんでもないことが起こっていたウォーキングデッドですけど。

シーズン5は、敵2つも文明をもっているし。

最後のアレクサンドリアも文明のあるところだったので。

これまでにない静かなシーズンになりましたね。

 

この点については、賛否が分かれるとおもいます。

ただ、私は、次のシーズンへの布石のようなシーズンだったので。

結構肯定的にとらえてますよ。

先のことを知っている身としては。

アーロンが登場して以降のリックたちにおこった状況があってこそ。

シーズン6、そしてシーズン7が面白くなっていくと思っていますし。

すごく大事なシーズンだったと思っていますから。

 

テンションに強弱をつけたシーズン

とはいっても、第1話と、中盤の終盤、終盤の終盤。

この辺りは、めちゃくちゃ盛り上がりましたけどね。

 

第1話は、最初の頃はもうリックたちがどうなるのかハラハラして見てて。

キャロルの無双状態の活躍が始まったら、一気に興奮させられ。

最後にジュディスと再会するんですもん。

盛り上がらないわけないですよね。

 

そして、それはベスの件が起こった中盤の終盤も。

リックの考えが浸透していった終盤の終盤もそう。

 

だから、これまでみたいにずっとテンションが高い状態にするんじゃなく。

強弱をつけてストーリー展開をしていると見た方がいいでしょうね。

全体を見直してもやっぱり面白いと感じるのもそういう影響でしょうし。

 

終わりに

というわけで、ウォーキングデッド・シーズン5の感想を書いてきました。

シーズン4までと違い、静かな話も結構ありましたけど。

逆にテンションの高い回は、毎回ドキドキハラハラさせられてましたよね。

しかし、やっぱりベスの退場は残念だし。

モーガンの再登場の仕方はびっくりしましたよ。

どっちも予想外過ぎた展開でしたから。

でも、シーズン6はさらに面白くなりますよ。

リックとモーガンのおかしな関係や。

大規模なウォーカーの群れ。

そしてこれまでにない強敵が現れますから。

シーズン5まで見たなら、ぜひシーズン6一気に見ちゃってくださいね^^

以上、ウォーキングデッドシーズン5全話のあらすじ感想まとめ&全体総括、でした。

映像を無料で見る方法

この作品を見るのに利用したHuluでは、現在2週間見放題の無料お試しが実施されています。


シーズン1からシーズン8の最新のエピソードまでウォーキングデッド全話を見ることができますし。

見たい作品を無料で見て、そのままやめるということもできるので、この機会にお試しあれ。

 

次の記事へ

>>ウォーキングデッド・シーズン6全話見た感想!絶望感がハンパない

>>ウォーキングデッド・全シリーズあらすじ感想まとめ【ネタバレ注意】