ウォーキングデッド・シーズン7第10話!キャロルにフラグが立った?

ウォーキングデッド・シーズン7の感想ネタバレ

今回は、ウォーキングデッド・シーズン7の第10話を見たので。

その感想を書いていこうと思います。

 

ゲイブリエルが倉庫から物資を持ち出したように見えた前回からの続きです。

いや、前回はどうしたもんかと思いましたね。

ユージーンとともに、見直したゲイブリエルが逃げてしまったら。

あの成長はなんだったのかってなりますから。

なので、できたらゲイブリエルが逃げたわけじゃないってのを祈っていたんです。

でも、ウォーキングデッドは、平気で話を次の回に謎を明かさないなんてザラにあるドラマ。

もしどうだったら、ヤキモキすることうけあいです・・・

そうならないようということも、祈っていました^^

 

では、そんな第10話の感想を、さっそく始めていこうと思います。

ネタバレ要素もあるので、ご注意ください。

(本ページの情報は2017年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

 

ウォーキングデッド・シーズン7第10話OP前の感想

今回、王国と救世主たちの取引から始まった時は。

非常に不味いと思いましたね。

このまま、この話がすすんだら、ゲイブリエルがどうして出ていったのか。

リックたちは、どうなったのか。

全く知ることができませんからね。

 

しかも、リチャードが、プチ暴走して、救世主たちと小競り合い。

その後、ダリルに、ボウガンを渡して手伝わせようとするんですから。

このときには、「ああ、王国のストーリーがメインだわ・・・」って、あきらめの境地に達しました^^

 

しかし、このとき、救世主との不満をもっているのが。

リチャード以外にも広がってきている感じがしてきましたね。

このままだと、エゼキエル王の信用が底についてしまいそう・・・

味方を守ろうとしたことを褒めるよりも、敵に攻撃しようとする姿勢をたしなめる感じになっていたら。

さすがにちょっとね。

 

ウォーキングデッド・シーズン7第10話の感想

ダリルがそんなこときくわけがない

リチャードは、ダリルに武器を渡し、救世主たちと戦う手助けをさせようとします。

そうやって、安全主義なエゼキエル王でさえも、戦う方向にもっていこうとするために。

これには、ダリルはもちろん賛成。

戦う気満々でしたし。

さらに、リックに、エゼキエル王の説得を頼まれていましたが。

言葉での説得よりも、行動での説得の方が、ダリルにはむいてますもんね^^

 

だから、観てる方としても、ダリル向きの行動だと思ったんですよ。

でも・・・

その後が、最悪。

 

怒った救世主たちの矛先を、キャロルに向けようとしてやがったんですよ、リチャードは!

 

キャロルがやられたら、エゼキエル王も立ち上がるだろうからって。

はあぁぁぁぁ?!って当然なりましたよ、聞いたときには。

エゼキエル王への説得を断ったからって、その仕打ちがこれかって。

王国のためなら、どんな犠牲も払う、自分だって犠牲になるといった。

中二病みたいなこというリチャードへの心象、一気にマイナスに。

 

もちろん、ダリルもそんな話に乗るわけがない。

ブチギレて、無理やりとめることになりました。

当然ですよね!

 

リックたちの行方

そんなことが、ダリルの身に起きている間に。

リックたちの方も進展がありました。

 

ゲイブリエルが出ていったのは、物音がしたから倉庫見回りに行ったけど。

そこで捕らえられてしまい、連れ出された。

とられた物資は、黒づくめの連中がもっていったとのこと。

いやー、信じていてよかった出す。

あんなに変わったゲイブリエルが、1人だけ逃げ出すとかないですもんね。

 

そして、ゲイブリエルを連れ出した黒づくめの連中は、粗大ごみ置き場で生活。

かなりの人数がいます。

リックが勧誘するけど、最初はNO。

でも、ゲイブリエルが人質をとり、説得することで、交渉のスタートをきることができました。

 

ただ、そのためにリックは、有能さをみせるために。

閉じ込められ、鎧と武装させられたウォーカーと素手で戦うことになっちゃいましたけどね。

攻撃はきかないし、攻撃したらケガするしで、久々の絶体絶命ですね。

最終的に、ミショーンのアドバイスで、倒すことはできましたが。

リックがウォーカー相手にこんなに危うくなったのは久しぶりかも。

第1話で、ニーガンにウォーカーの群れに連れられていった時でも、もう少し安心して見てられましたが。

今回は、かなりやばいと思ってしまいましたもん。

 

でも、倒したことで、やっと取引が可能に。

そして、救世主たちが抱え込んでいる物資を分けること。

武器を調達すること。

それによって、取引に成功するんです。

これで、強力な戦力ゲット!

 

ただ、その武器の調達が難しいんですけど・・・

今、リックたちはもってないし、どこにあるのかも不明。

唯一タラだけが知っていますが、約束を守って隠していますからね。

どう考えても、浜辺の村から調達するしかありませんけど。

どうするんでしょう。

とりあえず、タラは、板挟みでストレスがマッハになりそう^^

 

キャロルにフラグが立った?

ダリルは、リチャードのたくらみを抑えたあと。

たまたま見つけたキャロルのところへ向かいます。

そうすると、キャロルは、ダリルを見て涙ぐみ、抱き着きます。

やっぱり、キャロルとダリルは、不思議な人間関係がありますねー。

恋愛的なものではないようですが。

でも、深い絆で結ばれているのはわかります。

 

再開した二人は、ダリルがキャロルになぜ出ていったのかをきき。

キャロルは、みんなの安否を知りたがります。

でも、そのときには、キャロルは涙流しながらきくんですよ。

もう戦いたくない。

でも、みんなのだれかが傷ついちゃってたら、絶対に戦いに言いってしまう。

そのジレンマに挟まれて。

 

こういうとき、シーズン2ぐらいのダリルだったら絶対グレンやエイブラハムのことを言っちゃってましたね。

そして、キャロルを戦いの場に戻していたはず。

でも、少しずつ成長しているダリルは、もうキャロルの様子をみて。

どういう態度をとればいいのか考えます。

そして、だれも傷ついてない。

みんな無事だって嘘をつくんです。

 

これも普段のキャロルなら、絶対に見破ってたでしょうけど。

心が弱っている今は、ダリルの嘘にのっかってしまいます。

そして、すごくうれしそうにするんです。

この映像は、結構心にくるシーンでしたよ・・・

 

一応、これでキャロルは戦いに復帰する必要が無くなりました。

ただ、誰も傷ついていないという嘘を信じちゃったシーンが。

どうしても、キャロルにフラグが立ったようにしか見えない。

それが、復帰フラグなのか、それとも・・・

それは、今後見ていかないとわかりませんけど。

でも、どでかいフラグは立ったようにしか思えないんですよねー。

 

終わりに

というわけで、ウォーキングデッド・シーズン7第10話の感想を書いてきました。

今回は、観たかったエピソードがてんこ盛りで。

かなり充実のエピソードでしたね。

しかし、キャロルとタラはどうなるんですかね。

キャロルに立ったと思われるフラグがいつ発動するのか。

タラは約束を守るのか、それともみんなを守るのか。

非常に気になるところです。

次回も目が離せないですね。

以上、ウォーキングデッド・シーズン7第10話!キャロルにフラグが立った?、でした。

 

>>ウォーキングデッドシーズン7第11話の感想

>>ウォーキングデッドシーズン7全話のあらすじ感想まとめ&総括

ウォーキングデッドを無料で見る方法

この作品を見るのに利用しているHuluは、海外ドラマに強く、海外ドラマ好きな方におすすめのVOD。


そんなHuluでは、現在2週間見放題の無料お試しが実施されています。


見たい作品を無料で見て、そのままやめるということもできるので、この機会にお試しあれ。


ただ、もしこれからウォーキングデッドを始めようという方には、U-NEXTの無料トライアルがおすすめ。


映画に強いVODですが、ウォーキングデッドの配信を行っており。


しかも、無料期間が31日間と長いので、長期間楽しむことができますからね。