ウォーキングデッド・シーズン9第9話の感想ネタバレ!後半戦がついにスタート

ウォーキングデッド・シーズン9の感想ネタバレ

この記事では、ウォーキングデッドシーズン9第8話の感想を書いています。

 

ウォーキングデッド・シーズン9前半戦の最終話らしく第8話は、本当に盛りだくさんでした。

ウォーカーのふりをした敵が現れ、囲まれてしまった。

ジーザスが敵に倒れてしまった。

アレキサンドリアではニーガンが牢から脱出してしまった。

などが起こりましたから。

そして、第9話はそういったことがどうなってしまったのかがわかるエピソードになっています。

 

では、そんなウォーキングデッド9第9話の感想を始めていきましょう。

ネタバレ要素もあるので、ご注意ください。

 

ウォーキングデッド・シーズン9第9話の感想・ネタバレ

ウィスパラーズから逃れることはできたけど・・・

第8話でウォーカーと、ウォーカーのマスクをかぶった敵(ウィスパラーズ)に囲まれてしまったミショーンやダリルたち。

なんとか逃れることはできたんですが・・・

この敵は非常に厄介ですね。

 

普段ウォーカーと敵対する時、動きの遅いウォーカーの行動を予測して攻撃にうつりますが、ウィスパラーズがいるとそのタイミングを外してきますからね。

急に行動を変えるのは難しく、思いもよらない攻撃を受けてしまうことに。

(ジーザスがやられてしまったのも、これですね。)

 

また、ウォーカーを思いのままに移動させることもできるのも大きい。

閉じ込めても鍵を開ける。

後ろからこっそりウォーカーを引き連れて襲撃をしてこようとする。

これで今までウォーカーの意識をそらして誘導するといった手段が失われました。

シーズン6第1話の段階でウィスパラーズがいたらと思うと恐ろしすぎますよ)

 

そして何より、ウィスパラーズを意識していない人間には、気が付いたらいつの間にか敵に囲まれているといったことのがもう・・・

毎回毎回ウォーカーを見るたびにウィスパラーズを意識するのは難しすぎますから。

特にそもそもウィスパラーズのことを知らない人間にとっては、難易度が高すぎますよ。

実際、ミショーンたちを探しに出て、まだウィスパラーズのことを知らなかったルークとアルデンは、簡単にウィスパラーズにおびき出され囲まれてしまいましたから。

 

せっかくミショーンやダリルが逃げることに成功しましたが、一向に安心できるような状況じゃありませんね。

 

敵のボスは「ママ」

そんなウィスパラーズのボスは「ママ」と呼ばれている様子。

ウォーキングデッド史上、初の女性ボスですね。

今までシーズン4の病院の女性警察官や、シーズン7から登場した清掃人たちのボス(アン)といった中ボス的な存在はいましたけど。

 

シーズン6からシーズン8にかけてのボスがニーガンという最恐の相手だっただけに、このママがどういった行動にでるのか非常に気になるところ

ウォーカーのマスクをかぶることを指示。

人は攻撃してくるものだから先に攻撃しないとダメと少女を洗脳。

敵との攻防において最前線にでてくる。

などなど強力な敵の雰囲気は十分あります。

でも、ニーガンとの比較となるとどうなるかな???と、正直まだ疑問が残ってます。

 

まぁ第10話で、このママがとらえたルークとアルデンをどうするかによって、ちょっとだけわかってきますかね。

 

ニーガンとジュディスの大冒険

一方、ヒルトップを中心にそんな緊迫した状態になっている中で、アレキサンドリアは少しほのぼのとしていました。

ニーガンが牢から出たにもかかわらず。

 

牢から出たニーガンは、ジュディスに見つかり威嚇を受けますが、言いくるめて出ていきます。

しかし、聖域に行くなどして現状を把握するにしたがって、自分から牢に戻る決意をするんです。

自分には何もなくなっていたから、外にいる意味がないと言って。

 

ただ、こういうとすっと聖域に行って、その後すっと帰ってきたように聞こえますが、ニーガンはかつての部下のウォーカーと対決したり、野犬に襲われたりと大変だったんですよ。

挙句の果てに、もう帰ろうと思って向かっているのに、次会ったら攻撃するからと宣言していたジュディスに、ガチで攻撃を受けてしまうんですもん(笑)

ジュディスお転婆すぎますよ。

さすがリックとミショーンの子供だけあります。

 

後、この2人に関して興味深かったのが、第6話でも感じた、孫とおじいちゃんみたいな雰囲気が2人の間に流れていること。

カールのときもそうでしたけど、基本的にニーガン子供が大好きなんでしょうね。

赤ちゃんの頃のジュディスを抱っこして、ベンチでくつろいでたりしてましたし。

ヘンリーは足を引っ張りそう

ジュディスはお転婆ですが、一番最初にニーガンを見つけ出した観察眼。

攻撃しないといけないと思うや否や問答無用で攻撃する胆力。

多少カールに似た危なっかしさはありますけど、リアルをちゃんと見極めてやることをやるできる女の子だといえます。

 

しかし、もう1人の子供(キャロルとエゼキエルの養子)であるヘンリーは・・・きつい・・・

ウィスパラーズの一員を連れてきたので、ダリルが脅してでも情報を吐き出させようとしているのに、それを邪魔する・・・

また、それが正しいとさえ思ってる・・・

変な正義感にこじれてるのがありありと伝わってきましたからね。

 

その上、ウィスパラーズの一員である女の子(リディア)にお礼を言われて恥ずかしがっているあたり、女性のころっと騙されそうだし

 

これはいざという時、みなの足を引っ張るタイプな感じがしますよね。

ウォーキングデッド、フィアーザウォーキングデッドあわせて、こういうタイプが出てくると、だいたいとんでもないことをやらかしてくれるんですもの。

なんとか良い方に向かってほしいけど、このフラグ感満載な状況からは、なかなか難しいかなぁ・・・

 

イーニッド、ロジータに恋の問題が

メインストリートはあんまり関係ないのですが、今回は少し恋愛に関する話題が多かったです。

しかも、かなりヘビーなのが2つもあるし・・・

 

1つは、イーニッドがアルデンと恋人になった模様。

うん・・・いいんですよ・・・

カールが亡くなって6年もたつんだし、新しい恋に進んでくれても・・・

でも、視聴者から見ると、カールの事件ってついこの間のように感じられますからね。

なので、2人のキスシーンをみて動揺してしまいましたよ(笑)

 

もう1つは、ロジータの妊娠問題ですね・・・

第8話では、ロジータがゲイブリエルと恋人になっていること、ユージーンからも好かれていることがわかっていました。

そんなちょっとした三角関係になっているので、妊娠が発覚したときは「ゲイブリエルとの子供か、ユージーンこれは仕方ないね」と軽く思っていたんですよ。

でも、まさかその父親がセディク(カールがウォーカーにかまれる直前に助けた研修医)って!

「おおぉぉぉぉい!ロジータぁぁぁぁ!」って気分になりましたね。

エイブラハムにサシャと二股かけられたとき、あんなに苦しんでましたから。

うう、かなり好きなキャラだっただけにショックでしたよ。

 

後、たまたま聞いていたユージーンが思いつめた顔してたのがちょっと気になりますね。

なんかまたとんでもないことをやってくれそうで・・・

ユージーンは何をしてくるかわからない存在ですからねぇ。

 

ウォーキングデッド・シーズン9第9話の終わりに

というわけで、ウォーキングデッド・シーズン9第9話の感想ネタバレについて書いてきました。

次回は、ルークとアンドレの2人がどうなるのか。

ママの詳しい正体といったところから始まりますかね。

ロジータの恋愛話も非常に気にはなるんですけど(笑)

とりあえず第10話も目が離せないのは確定ですね。

以上、ウォーキングデッド・シーズン9第9話の感想ネタバレ!ウィスパラーズのボスはママ?、でした

>>ウォーキングデッド・シーズン9第10話のあらすじ感想に進む

>>ウォーキングデッド・シーズン9のあらすじ感想まとめに戻る

 

ウォーキングデッド見るならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTでは31日間の無料体験を実施中

現在U-NEXTでは、ウォーキングデッド・シーズン1からシーズン9まで見放題。

また、最新のシーズン10のリアルタイム配信が行われています。

まだ見ていない方は、ぜひこの機会にどうぞ。

 

 

(本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)