ZARDの25周年ライブをHuluで見た感想!想像以上にグッときた

ZARD25周年記念ライブ  “What a beautiful memory~25 Anniversary~” を見た感想を書いていきます。

2016年5月27日に開催されたライブが、3ヶ月ほどでHuluで配信されるということで、楽しみに待っていました。

事前情報を書いた記事では、友人が見つけられるかもなーなんて書いていましたが。

さすがに、あの暗さでは見つけられませんね^^

それは果たせなかったですが。

でも、想像以上に楽しくて、また同時にぐっとくるものがありました。

今回は、配信された映像を見たときに感じた感想を書いていこうと思います。

 

ZARDの25周年記念ライブパート1をHuluで見た感想

(紹介している作品は、2016年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

最初から卑怯

いや、この映像は、最初から卑怯ですよ。

だって、いきなり「負けないで」のオフボーカルから始まるんですもん。

世代的に、昔を思い出して、この時点でやばかった。

子供のころにみた「白鳥麗子でございます」(松雪版)とかが駆け巡って。

ちょっとした時間だけなんですが、すでにかなりノスタルジーな気分に^^

 

でも、敵の攻撃はこんなもんでは終わりません。

暗い会場で、だれもいないところにマイク。

そして、そこから「揺れる思い」ですから。

これまた、クリティカルな曲で。

多分疲れていたりしたときに、これを見たら。

この時点で、涙がどばっーって出ていたかも^^。

 

いや、最初から演出、卑怯すぎるでしょ。

たった数分でこんなにも揺さぶってくるですからね。

 

こんなにかわいかったっけ

そして、映像を見ていてちょっと違和感があったんです。

あれ、こんな感じだったかな?って。

坂井泉水さんって、もっと美人だと思っていたのに。

美人じゃなくて、超かわいいって思ってしまって。

 

これは、自分が年とったせいですかね。

子供のころは、綺麗な人だなーとひたすら思っていたんですけど。

そういや、子どもの頃に坂井さんのことを、大人がかわいいっていってたような気がしますし。

自分の年齢によって、こんなに感じる雰囲気が変わる人も珍しいですね。

 

ただ、子どもの頃に感じていた透明感は、健在でした。

さすがにファッションは、単体として見ると古く感じましたが。

でも、坂井さんの雰囲気に非常にあっていて、透明感をより引き出している感じがしましたね。

なんというか「泉水」という字にぴったりの雰囲気でしたね。

 

想像以上にライブだった

ライブの内容に関しては、想像以上にライブだったという感想を持ちましたね。

映像を使っていても、生演奏を使ったら、こんなにもライブ感がでるのかと感心しましたし。

また、ゲストにソロ演奏を利用するなどして、しっかりとしたオリジナリティのある感じにしていましたし。

 

友人からこういったライブがあると聞いたときは、ライブといえるのかと思っていたんですけど。

心配することは全然なかったですね。

ちゃんと趣向を凝らしていて、十分ライブ感がでています。

 

ただ、唯一残念なのは、ところどころに出てくる司会(?)でしょうか。

司会が出てくるライブって、複数の歌手による複合ライブに多いイメージで。

こういったソロライブにいると、なんとなく不思議な感じがして。

まぁ、これは好みの問題ですかね。

 

ファンは大丈夫なのか?と気になる

今回、この映像を見て、一番強く思ったのは、これなんです。

「ファンの人たち大丈夫なのか?」ということ。

 

先ほど書いた通り、私は、最初の冒頭から、結構ぐっときていましたが。

歌に集中してからは大丈夫になって、ライブ映像を完全に楽しんでいたんです。

でも、途中からダメでした。

映像の中の坂井さんが楽しそうに歌えば歌うほど。

もういないという現実とのギャップを感じて。

 

先ほどは「涙がどばっーって出ていたかも^^」なんて、書きましたが。

多分、あのライブの場にいて、そのことに思い至っていたら。

冗談抜きにどばっーって出ていました。

 

私なんてファンといっていいか微妙な存在です。

子供のころから、ドラマの主題歌になっていたのを聞いていたり。

CD買って、学校行くまでに聞く曲の1つにしたり。

カラオケで歌っている女の子にキュンっときたりする^^

そんな程度ですから、ファンというより好きな歌手レベルだと思うんです。

 

でも、あの会場にいるファンたちは、そんなレベルじゃないはず。

何度も行っている友人とか、もの凄かったですし。

 

私程度で、かなり危険なレベルになっているのに。

ファンたちは、どんなことになっているのか。

見終わった時には、それが気になって仕方がありませんでしたね。

 

終わりに

というわけで、完全に揺さぶられてしまいました^^

おかしいですね、見る前はこんな風になるはずじゃなかったんですが。

でも、実際見たらやばいですよ。

活躍していた時代に青春を送っていたというのはあるんでしょうけど。

しかし、これで友人が何度も行く理由がわかりましたね。

こんな気分になるんですから。

 

今回見たのはパート1ですが、9月3日からやるパート2も見ないといけませんね。

まだ聞いていない、思い出の曲もいっぱいありますから。

そこで聞けるでしょうし。

いや、楽しみです。

以上、ZARD25周年記念ライブ  “What a beautiful memory~25 Anniversary~” part1を見た感想、でした。

 

ZARDの25周年記念ライブパート2をHuluで見た感想

(紹介している作品は、2016年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

やばい、やばい、やばい

まず、時間あったし、心構えが出てきているから大丈夫。

それは大間違いでしたね。

だって、前回同様、開始数十秒の「負けないで」のオフボーカル聞いて、すでにぐっときているんですもん^^

いや、ありえないだろうとも思うんですけどね。

でも、なってしまったものはなってしまったんですもん。

私だって不思議ですよ、ある意味始まってもいないのに。

私って、こんなに感受性高かったっけ???

 

でも、まぁ問題はそんなところにないんです。

本格的にやばいのは、中盤あたり。

「君がいない」からのラインナップが、もうね。

正直、始まりで躓いている人間には正直辛かった。

 

かなりど真ん中の曲が連続し。

そして、「こんなにそばにいるのに」ですよ。

ここの演出が、すごくライブっぽくて、感情を揺さぶってくるんです。

 

これが終わった段階では、かなりきていてやばかったですね。

パート1をい終わった時以上のやばさで。

いつ決壊してもおかしくなった^^

 

さらにライブらしくなった

ライブらしい演出として「こんなにそばにいるのに」を挙げましたが。

それ以外でも、ライブっぽさはかなりでていましたね。

手拍子を要求したり。

演奏者同士の目くばせなんかも増えてきて。

 

でも、やっぱり「こんなにそばにいるのに」ですよ。

まず、ゲスト演奏者の演奏が始まり。

コーラスはいますが、1番分ぐらいオフボーカルで演奏していくんです。

そして、それが終わってからの、坂井さんのボーカルありの演奏が始まっていく。

そんな趣向の演出がなされていましたから。

こういったことは他ではできないので、すごくライブっぽい。

映像を使ったライブでも、ここまでできるんだと感心させられたんです。

 

ただ、「こんなにそばにいるのに」に関しては、ライブ会場よりも、今回のHuluの配信の方が勝ったんじゃないかと思うんです。

というのも、ゲストの演奏部分は、ライブ会場だと一気に演奏しているだけだったと思うんですが。

今回の配信の場合、それぞれのゲストの演奏が、ソロ演奏みたいな編集がなされていたんです。

順番は「ドラム→ギター→ベース→ギター→キーボード→サックス→ギター&コーラス→コーラス→マニピュレーター⇒坂井さんの歌声」の順番で。

これが凄く熱くて良かったんですよ。

ライブ会場とかでも、演奏者がそれぞれ順番にソロ演奏するシーンってありますが、そういったのが大好きで。

なので、「こんなにそばにいるのに」に関しては、配信の方が上かなと。

 

そして、この編集の仕方は、またライブっぽくなっていて。

ますますライブ度が上がっていったんです。

 

最後の最後で決壊させに来る

そして、こんだけパート1よりもさらに盛り上げておいて。

最後の最後に、冒頭からこちらに攻撃を仕掛けてきていた「負けないで」のオンボーカルバージョンですよ。

なんというか、演出の人は天才かと思います。

的確にどうしたら、決壊させるか計算しつくされている。

で、実際に決壊したかですが。

言わせないでください。

恥ずかしい^^

 

ZARDの25周年記念ライブのセットリスト

パート1を含めて、歌われた曲名を何個か挙げているので。

一応セットリストも載せておきます。

多分これであっているはず。

  1. 揺れる思い
  2. 君に逢いたくなったら…
  3. Listen to me
  4. 好きなように踊りたいの
  5. サヨナラ言えなくて
  6. もう少し あと少し…
  7. ハイヒール脱ぎ捨てて
  8. 少女の頃に戻ったみたいに
  9. 永遠
  10. 愛は暗闇の中で
  11. 来年の夏も
  12. Forever you
  13. 愛が見えない(ここからパート2)
  14. MY Baby Grand ~ぬくもりが欲くて~
  15. Today is another day
  16. きっと忘れない
  17. 君がいない
  18. マイフレンド
  19. Don’t you see!
  20. Oh mylove
  21. こんなにそばに居るのに
  22. あの微笑みを忘れないで
  23. 負けないで

改めて見直すとすごいセットリストですね。

全部わかるのばっかりですもんね。

 

終わりに

というわけで、ZARD25周年記念ライブ  “What a beautiful memory~25 Anniversary~”は、パート1もパート2も見ることができました。

いや、パート2は、パート1よりも、さらにやばかったですね。

私は、それぞれ時間をおいて見て、アレですが。

ライブ会場で全部一気に見た人たちの感動は凄かったでしょうね。

その会場にいたのは、ファンの中でも比較的濃い人たちだったでしょうし^^

 

でも、やっぱり一気に見た方が、より入っていけるかもしれませんね。

なので、これから、25周年ライブを見る方たちへ。

もし時間があるようなら、一気に見るのがオススメですよ!

以上、ZARD25周年記念ライブ  “What a beautiful memory~25 Anniversary~” part2を見た感想、でした。

 

動画を無料で見る方法

この作品を見るのに利用したHuluですが、現在2週間見放題の無料お試しが実施されています。


見たい作品を無料で見て、そのままやめるということもできるので、この機会にお試しあれ。