【最新比較】おすすめVODランキングはこちら

《評価》TSUTAYA TVのメリット・デメリットは?実際どうなのかを徹底解説

TSUTAY TV レビュー

TSUTAYA TVはレンタルDVDでおなじみのTSUTAYAが行なっている動画配信サービス。

実店舗のあるTSUTAYA TVのサービスは他の動画配信サービスとはちょっと異なる点も多く、使い勝手もことなります。

Tポイントを使えたり、ネットでDVDを宅配レンタルできるサービスと併用すると見れる映画の幅がぐっと広がるなど、とても特徴の多いサービスです。

昔から映画をDVDレンタルして見ていた方にはTUTAYAが運営している安心感もありますし。

合う人にはかなりあうだろう…というサービスだと感じますね。

そこで、今回はTSUTAYA TVがあなたにあうか判断できるように、メリット・デメリットを詳しくお伝えしていきますね。

 

TSUTAYA TVのメリット

大手レンタルDVD会社TSUTAYAの動画配信サービス。

前々から名前が聞いたことある会社が行なっているという安心感もありますし

TSUTAYA TVの強みと言えるポイントもいくつかありますのでご紹介していきます。

 

月額料金より毎月もらえるレンタルポイントが多い

まず一番大きなメリットはこれでしょう。

TSUTAYA TVは動画見放題サービスの月額料金¥1,026(税込)に対して、1080円分のレンタルポイントがもらえます。

U-NEXTやビデオマーケットなど、他のVODサービスに比べて料金比で考えるとカナリお得。

1080円分のポイントがあれば、毎月2本はレンタル映画を楽しむことができます。
(※映画は1作品400〜500ポイント)

その上見放題動画8000本好きなだけ見ることができるので

できるだけお得に動画や映画をみたい!という方におすすめのサービスです。

 

レンタルの他ずっと見れる販売がある

TUTAYA TVのレンタルは48時間。

U-NEXTやビデオマーケットも2日間(48時間)なので同じですね。

TUTAYA TVはレンタル形式以外に、動画そのものを購入することができます。

「販売」はいつでも好きな時に見れる形式なので、DVDやBlu-rayを再生する機器をもっていないけど

大好きな映画だから何回もみたい!という人には嬉しいですよね。

価格形態はざっくりですがこんな感じです。

レンタル販売
映画300円〜1700円〜
ドラマ250円〜800円〜

※見放題作品など、購入できない作品もあります。

 

有料動画を見るのにTポイントが使える

TSUTAYA TVでは、1Tポイント=1円として、Tポイントを使うことができます。

Tポイントを使うことができる動画配信サービスは他にないので、Tポイントがたくさんある!という人には嬉しいですよね。

Tポイントを貯めるにはYahoo!JAPAN IDか、T-IDが必要になります。

 

評価システムの存在

TSUTAYA TV レビュー

他の動画配信サービスには中々ない動画の評価システムがあります。

その動画をみた人の「おすすめ度(星評価)」「感想」を見ることができるので、

自分が見る前につまらなそうな動画を知り、避けることができます。

その作品が有料動画で、低評価ならつまらない作品にポイントを消費することを避けられますし

見放題動画でも、いまいちな動画に30分〜1時間の時間を割かずに済みます。

有名な作品なら150〜300数ほどの感想がついていますし、感想を評価する制度もあるので

的外れな評価を目にすることなく、良質なレビューだけを見て「見るかどうか」を判断することができます。

 

倍速再生に対応。さっと見直すのに便利

TSUTAYA TV 倍速

YouTubeやDVDレコーダーでおなじみの倍速再生機能があります。

動画配信サービスで倍速再生に対応しているのは、TSUTAYA TVとビデオマーケットだけ。

かなり便利な機能ですが、動画配信サービスではレアな機能です。

ちなみに再生速度は、

  • 0.5倍
  • 0.8倍
  • 1.5倍
  • 2倍

一度みた作品をさーっと見直したり、時間がないけど沢山の動画を見たかったりする時に便利ですよ。

パック購入したドラマを素早く見たい時などに、ぜひ活用していただきたい機能です。

パック購入したドラマって意外とレンタル期間短いですからね。

1.5倍速でみれば通常速度で見るのと比べて3分の1の時間で見終わります。

もちろん初めて見る作品や、情報量の多い作品で倍速再生するのはおすすめできませんがとても便利な機能です。

 

デメリット

他の動画配信サービスと比べると使い勝手や動画本数が少ないなどの不満な点が多くあります。

ここが直ってくれたらもっと使いやすくなるのに!

という点を上げていますので参考にしてください。

 

ユーザーインターフェースが悪い

他のVODになれていると、動画の探しにくさが目につきます。

特徴的な構成なので、目当ての動画にたどり着くのが大変。

出演者毎に動画を絞り込む機能などはありますが、ざっくりしたジャンルで気になる動画を探すのは難しいです。

 

有料動画と見放題動画を一覧から見分けるのも難しく、一度動画を選択し「これ有料かぁ」と検索画面に戻ることもしばしば。

また、TUTAYAは動画配信サービスの他に、DISCASというレンタルサービスも行なっています。

そのせいか、TOP画面に戻ろうとロゴを押したらレンタルサービスのページに飛んでしまったり……。

 

サービスの種類が多く、実店舗のある会社が行なっているサービスだからでしょうか。

ここはもうちょっと改善してもらいたいですね。

 

画質が悪い

VOD解像度

画質がSD・HDのみ。

HD画質を選べるのはレンタルと購入の作品のみで、見放題はSD画質のみ。

他の動画配信サービスと比べると、画質が悪く綺麗な画面で見たい人にはおすすめできません。

 

しかも、レンタル動画ではSD画質・HD画質の価格が100円ほど違うのも不満なポイントです。

他の動画配信サービスなら画質で価格差なんかないのに……と考えてしまいます。

 

動画本数が少ない

他の動画配信サービスと比較すると、TSUTAYA TVは圧倒的に動画本数が少ないです。

レンタルサービスと併用すると、動画配信に出てこないような作品も見ることができるので、全体的に見ると良いサービスではあるんです。

VODでは配信されてない作品も、レンタルなら見れるということも多いですし。

ただTSUTAYA TV単体でみると、他と比べて力不足を感じてしまいますね。

動画本数
TSUTAYA TV1万作品以上
U-NEXT21万作品以上
dTV15万作品以上
Hulu7万作品以上
Netflix4万作品以上
FODプレミアム2万作品以上

 

ポイントが使えない動画がある

月額料金¥1,026(税込)で、1080円分のポイントがもらえるとメリットの所に書きましたが

なんとこのポイントが使えない動画があります。

とても人気の新作映画などは、ポイントが使えないことがままあります。

ポイント払い不可の映画を見たい場合は、別途課金が必要になります。

とはいえ、数週間〜1ヶ月ほど待っていればポイントが使える状態になります。

今すぐみたい!!という場合じゃないかぎりは、ポイントが使えない!とイライラすることは少ないです。

 

まとめ

動画本数が少ない・動画を探しにくいなどのデメリットも多いサービスなので、万人受けするとはいえませんが。

名前を知っている会社が行なっていることや、実店舗のレンタルDVDを利用できる別サービスとの併用を考えると、ガチの映画好き中心に、あう人も多いサービスだと思いました。

ですので、まずは無料で体験できるトライアルを有効活用して、あなたにあうかどうか確認するのをおすすめしますよ

以上、《評価》TSUTAYA TVのメリット・デメリットは?実際どうなのかを徹底解説、でした。

 


 

 

「数が多くてどれがいいかわからない....」

「いま使っているVODがイマイチ」

 

そういった方のために、年間500以上の動画を観る動画マニアの視点から、VODおすすめランキングを作成しました。

 

無料視聴OKで気軽にお試しもできるので、ぜひあなたにぴったりのVODを見つけて下さい。

 

1位:U-NEXT

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、VODを超えた日本最大級のエンタメサービス。

イチオシする最大の理由は、「ないエンタメがない」と言うほどのコンテンツの充実度。

動画、雑誌、電子書籍すべてが楽しめるので、1つのサービスだけでエンタメを満足することができるんです。

特に動画が素晴らしく、20万以上の動画が見放題な上、新作も次々にスピード配信されていくので、見たい動画が見つかりますよ。

無料登録で31日間お試しができるので、気軽にお試しください。

おすすめ度
月額料金 1990円(実質負担額790円)
 ※1200円分ポイントで戻ってくる
サービス・20万以上の動画見放題
・80誌以上の雑誌読み放題
・500冊以上の漫画読み放題
・レンタル動画(ポイントor課金)
・電子書籍購入(ポイントor課金)
・課金額の40%ポイント還元
無料体験 31日間無料
 600円分のポイントもらえる

▶▶ 公式:U-NEXT

↓ U-NEXTの詳細はこちら ↓

U-NEXTのメリットデメリット《評価レビュー》U-NEXTのメリット・デメリット!5年以上使ってわかったユーネクストの特徴を徹底解説

 

2位:Hulu

Huluは、海外ドラマを見るなら絶対外せないVOD。

定番の作品が充実しているのはもちろん、ウォーキングデッドやNCISの日本最速で配信される作品、独占配信作品など、ここでしか見れない作品も多数ありますから。

他にも、日テレ系ドラマの見逃し配信や、劇場版コナン・ハリーポッターの一挙配信など、家族で楽しめるコンテンツも充実していますよ。

おすすめ度
月額料金 933円
サービス・7万以上の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
無料体験 2週間無料

▶▶ 公式:Hulu

↓ Huluの詳細はこちら ↓

Huluの評判メリットデメリット《Hulu感想評価》7年以上使ってわかったメリット・デメリットを徹底解説

 

3位:Amazonプライム

アマプラの特徴

Amazonプライムは、月額料金をとにかく少なくしたい人にイチオシのVOD。

月額料金は最安で、ワンコイン以下。それなのに、音楽聞き放題サービスなどの、Amazon独自のサービスまでついてくるんです。

見放題動画は少なめではありますが、それでも数万程度はありますし。

他のVODより新作が見放題になりやすい、バラエティやドラマのオリジナル作品が見れるといったメリットがあるので、安かろう悪かろうとはなりません。

メインは別に、2つ目のVODとして利用している人も多く、そういった使い方もおすすめです。

おすすめ度
月額料金 月額500円
 年額4900円(月408円)
サービス・数万程度(非公開)の動画見放題
・レンタル動画(課金のみ)
・音楽聞き放題などAmazonサービス
無料体験 30日間無料

▶▶ 公式:Amazonプライム

↓ アマプラの詳細はこちら ↓

《評価レビュー》アマゾンプライムはコスパ最高!料金に比べてメリットが多すぎる

 

その他の人気VOD

↓ 詳細はこちら ↓

おすすめVODランキング《2021》おすすめ!動画配信サービス(VOD)比較ランキング‐人気12社から今選ぶべきサブスクを厳選紹介!