Huluの感想評価|5年以上利用して感じたメリット・デメリットまとめ

Huluの評判メリットデメリット

miya

この記事では、5年以上利用して感じたHuluの感想評価をまとめています。

 

Huluといえば、初期の段階からVOD(動画配信サービス)業界を引っ張てきた人気のサービス。

「よくわからないし、利用するのは不安だな・・・」

そんな風に思うかもしれませんが、5年以上利用し続けてている観点からいいますと。

  • 海外ドラマが充実
  • オリジナル作品が面白い
  • 国内ドラマやアニメも増加
  • 月額が安い(1日30円強)
  • 5万以上のコンテンツが全部見放題

といったよく言われる評判はそのままに、さらに+αのがある、多くのメリットのあるおすすめのVODだという風に感じています。

当然デメリットもありますが、それを踏まえても

 

以下では、そういったメリット・デメリットに詳しく紹介していきます。

また、他のユーザーの口コミ・評判についてもまとめていますので。

Huluを利用するかを悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

Huluのメリット①:4つの評判

miya

まず、最初にHuluといえば、よく評判に上がる4つのメリットについて紹介します。定番と言えば定番ですが、やはりHuluの大きな特徴ですので。

 

海外ドラマが充実

Huluの評判として、最もよく聞くのは海外ドラマが充実しているということ。

これに関しては、間違いないですね。

海外ドラマはHulu最大の魅力であり、その充実度は圧倒的です。

 

こういった有名作品を多数見ることができる上に。

  • ウォーキングデッド
  • ゲームオブスローンズ
  • 24
  • プリズンブレイク
  • glee
  • スーパーナチュラル
  • アウトラウンダー
  • ホームランド
  • クリミナルマインド
  • メジャークライム

 

ウォーキングデッドをはじめとした人気作を日本最速で見ることができるリアルタイム配信。

  • ウォーキングデッド
  • アメリカンホラーストーリー
  • NCIS
  • Empire~成功の代償~
  • アウトキャスト

 

さらに日本の動画配信サービス初上陸の作品を集めたHuluプレミアムまでそろっているんです。

  • 12モンキーズ
  • ヒューマンズ
  • マジシャンズ
  • ブラックセイルズ
  • オスマン帝国外伝

 

miya

やはり海外ドラマの充実度はピカイチですね。

一応、U-NEXTのように海外ドラマの数でHuluを凌駕するものもあります。

しかし、それは毎月配布される、あるいは課金してもらうポイントが必要なポイントコンテンツがあるだけ。

ポイントが必要全部見るのに課金するか、何か月に分けてみるかする必要があるので、比べられるものでもありませんね。

 

オリジナル作品が面白い

オリジナル作品が面白いという評判も、Huluにはよく言われます。

サービスが始まったころには全く言われていなかった評判なんですが。

2017年ごろからオリジナル作品にも力を入れる方向に、大きく方向転換した結果が出ていますね。

 

実際、Huluのオリジナル作品は面白いんですよ。

・人気映画の公開前にスピオフ作品の配信。

・ドラマの未公開部分の配信。

こういったものは、映画やドラマの面白さを補完するものとしての面白い作品ですが。

 

一方で、

・有名な映画監督を招いての完全オリジナルドラマ

・氷室京介や安室奈美恵のドキュメンタリー

こういった作品単体で面白さを感じられるものもたくさんありますからね。

 

月額料金が安い

月額料金に関しては、933円。

つまり、1日計算だと30円強ってところなので。

1週間利用し続けても210円強。

ジャンプ一冊分よりも。

スタバで一番安いショートのコーヒー(300円)よりも安いんですから。

それで5万以上のコンテンツを見ることができるって、相当お得ですね。

 

全話見放題

Huluの特徴の大きな1つ。

現在大手の動画配信サービスといえば、Hulu、U-NEXT、dTV、Amazonですが。

これら有名動画配信サービスの中で全話見放題なのは、Huluだけです。

どれ見ても追加料金がかからないというのは気軽だし。

また追加料金がかかるものが目に入ってこないというのはストレスがかからないので。

とてもありがたい特徴ですよ。

Huluのメリット②:その他のメリット

miya

次に、Huluには、よく評判に上がるもの以外にも、さらに+αのメリットが多数あります。ここでは、それらについて紹介していきますね。

 

画像の美しさ

HuluのフルHDに対応する画質、つまり解像度が1080p(以下p省略)になります。

以前は720だったんですが、アップデートの際により解像度が上がったんですよね。

Netflixのプランの中には4K(2180)に対応しているものがあって、残念ながらこれには負けてしまいます。

しかし、一般的なDVDが480、ブルーレイが1080ですので、Huluの画質はブルーレイレベルにあるんですよ。

なので、画質にこだわりがある人を除けば、十分すぎるレベルに美しいと言えますね。

 

家族共有がしやすくなった

Huluのアップデータになって良くなったポイントとして。

プロフィールの追加が簡単にできるようになったこともあげることができますね。

最大6人まで設定できるので、家族での共有がしやすくなりました。

家族それぞれで好みの作品は違いますからね。

お母さんは国内ドラマ好き、お父さんは海外ドラマ好き、子供はアニメ好きといった感じに。

 

アニメ・国内ドラマの増加

かつてHuluは、海外ドラマが強い反面、国内ドラマやアニメは非常に弱かった時代がありました。

正直その当時は、その2つをメインに見たい人にはdTVをおすすめしていたんです。

でも、運営会社が変更されたあたりから、その2つにも力をいれるようになってきて。

アニメに関しては、数を増やすだけじゃなく、最新作の見逃し配信、アニメ映画の一挙配信をするようになりましたし。

また、国内ドラマに関しては、同じく数を増加させた上で、最新作の見逃し配信、地上波では見ることができないスピンオフ作品を次々と発表しています。

ですので、現在のHuluは国内ドラマやアニメに関しても、十分強い動画配信サービスになっているんですよ。

 

テレビでも見ることができる

動画配信サービスの中には、テレビで見ることができないものがいくつもあります。

それに対して、クロームキャストでつなげることで、Huluはテレビで見ることができるんです。

映画など、大人数で見るのに向いている作品では、このテレビで見る機能はとても便利。

 

英語学習にうれしい操作性

他の動画配信サービスにないHuluの特徴として、10秒巻き戻し機能があるんです。

ちょっと見逃した、聞き逃したというとき重宝するこの機能ですが。

もっとも威力を発揮するのは英語学習として海外ドラマを聞いているときですね。

ネイティブの発音を聞けるだけでなく、聞きとれるようになるまで。

また、同じ発音ができるようになるまで簡単に何度も何度も聞きなおすことができますから。

とても便利なんですよ。

Huluのデメリット

miya

続いて、Huluのデメリットについて言及していきます。

 

作品数が少なめ

作品数が少なめという問題は、かねてより言われているのですが、これは間違いなくありますね。

かつてコンテンツ数が2万ほどだったころは、それが顕著でしたが。

コンテンツ数が5万以上となった現在も、まだ残っています。

 

Amazonプライムの3万、Netflixの4万と比べると多いのですが。

U-NEXT見放題コンテンツの8万(有料コンテンツもいれると12万)と比べると低い数値ですね。

2倍近く差があります。

 

値段についても、Huluが月額933円、U-NEXTが月額1980円と2倍ぐらいですので。

月額料金よりもコンテンツ数が大事!という方は、U-NEXTを契約した方がいいですね。

逆に、5万もコンテンツ数があれば十分という方は、月額料金が半分以下になるHuluを契約するのがいいですね。

 

最新作品が少ない

最新作品が少ないというデメリットも、一部のジャンルに関しては間違いなくあります。

具体的には、映画ジャンルですね。

Huluでは、最新映画を見ることはできません

U-NEXT、dTV、Amazonプライムでは、ポイントを使うか、課金すれば見ることができます(見放題コンテンツでは他の動画配信サービスでもHulu同様見ることはできません)。

ですので、「課金やポイント利用してでも、最新映画を見たい!」のであれば、U-NEXTなどを利用することをおすすめしますね。

 

一方で、国内ドラマやアニメに関しては、見逃し配信が充実したことによって。

以前の少なかったころと同じように扱うことはできなくなりましたね。

 

また、海外ドラマに関しては、日本最速配信の作品も多数ありますし。

日本初上陸の作品数もかなりあります。

ですので、海外ドラマに関しては、最新作品が少ないというのは絶対に言えませんね。

 

ダウンロード機能がない

Huluには、ダウンロード機能がありません

U-NEXTなど他の動画配信サービスの一部には、オフラインでも動画を見ることができるダウンロード機能がついています。

ですので、人によってはこれが使えないからマイナスだという風にかんがえる人もいますね。

ただ、ずっとダウンロードされ続けるわけでないので、動画を見るためにはこまめにダウンロードする必要があること。

出かける前に毎回ダウンロードするのは手間な上に、ついつい忘れがちになります。

ですので、私のように不要だと考える人もいるんです。

ですので、デメリットかどうかは判断のわかれるところになりますね。

 

無料期間が短い

最後に無料期間ですが、これは他の動画配信サービスと比較すると短いですね。

dTVやU-NEXTなどは31日間なのに対して、14日間ですから。

 

ただ、お試しとみた場合、14日は別に短いわけではないんですよね。

以前実験してみたのですが、毎日ウォーキングデッドを2~3話ずつ14日見続けてみたら。

シーズン1、シーズン2を見終わって、シーズン3の途中まで見ることができましたから。

お試してしてみる分には十分な量ですね。

 

Huluの口コミ・評判

Huluの口コミ・評判についても、いくつかまとめていきますね。

 

Huluのおすすめ理由まとめ

というわけで、Huluについての評価、評判・口コミについて書いてきました。

課金コンテンツがないといったデメリットもあり、一部の方にはおすすめできないのですが。

でも、多くの人に対しては。

  • 海外ドラマが充実
  • オリジナル作品が面白い
  • 国内ドラマやアニメも増加
  • 月額が安い(1日30円強)
  • 5万以上のコンテンツが全部見放題

といったメリットのある、おすすめなVODなんです。

 

ですので、まずはぜひ利用してみてください。

今なら14日間の無料体験が実施されていて、見たい動画をお得に見ることができますから。

継続して利用するかは、その後に判断すれば十分ですしね。