【VOD比較】おすすめの7つの中からあなたに最適なものを

おすすめVOD比較ランキング

miya妻

動画って何で見ればいいんだろう・・・?

最近、VOD(動画配信サービス)の数が本当に増えてきましたね。

まだVODが1つか2つぐらいしかなかったころから利用しているので、選択肢が増えた今の状況はうれしい限り。

こういったメリットのある、とても魅力的なサービスだけありますね。

おすすめポイント
  • どこでも見れる
  • 見たい作品を一気に見れる
  • 返却のめんどくささがない

 

しかし、数が多くなったために、「これだ!」というのを選ぶのが本当に難しくなっています

どれもいいように見えますし、数が増えた分サービスの比較も難しくなってますから。

 

そこでこの記事では、あなたが後悔しないVODを選べるよう、いま人気の7つのVODの中から。

miya

おすすめVODをランキング形式で紹介していきます。

VODを選ぶ際は参考にしてください。

 

おすすめ動画配信サービス(VOD)ランキングトップ3

1位:U-NEXT

動画配信サービス「U-NEXT」

miya

第1位は全てがハイレベルなU-NEXT!

月額料金1990円と、他のVODと比べて高めではありますが。

それを覆すだけの満足度が得られるVODです。

 

その1番の理由は、コンテンツの充実度

VODをジャンル別にランキングにしたところ。

U-NEXTのジャンル別評価
映画(1位)
(5.0)
国内ドラマ(1位)
(5.0)
韓流ドラマ(1位)
(5.0)
海外ドラマ(2位)
(4.0)
アニメ(2位)
(4.0)

このようになり、全ジャンルでハイレベルのコンテンツをそろえているんです。

なので、1つのジャンルの作品を深く見たい人、また様々なジャンルを広く見たい人のどちらにもおすすめできますね。

 

また、U-NEXTは旧作だけじゃなく、最新作の配信も非常にスピーディ

VODは、基本的にレンタルが始まった後に配信が始まるので、新作の配信が遅くなるものなんです。

しかし、U-NEXTはレンタルと同時、中にはレンタルよりも先行して配信する作品だってあるんです。

例えば、

レンタルと同時:君の名は。

レンタル先行 :デッドプール2

旧作ばかりだとどうしても飽きてしまうので、ありがたいですね。

 

その上、U-NEXTは、コンテンツ以外の部分までハイレベルなんですよ。

  • テレビでも見れる
  • 現在最高画質の4K画質に対応(2160p)
  • ダウンロード機能を装備
  • 電子書籍販売(読み放題キャンペーンも)
  • 70誌以上の雑誌が無料で読み放題
  • アダルトコンテンツ対策(ペアレントロック)

こういったVODサービスのお得な機能がすべて備わっていますからね。

全部そろってるのはU-NEXTだけですから、サービスの品質の高さもずば抜けています。

 

miya

従って、U-NEXTは全てがハイレベルで、最も失敗の少ないだからイチオシなんです。

そのレベルの高さから、使っていると月額料金は高く感じず、むしろ安くさえ感じてしまうぐらい。

なので、VODに迷っている方には、まずはU-NEXTを利用することをおすすめしています。

選んだあとで、「しまった!」となりにくいですからね。

今なら31日間の無料体験も実施していますし、まずは気軽に試しを。

おすすめポイント
  • コンテンツ充実度NO.1
  • 新作のスピード配信
  • 高品質のサービス
31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

2位:Hulu

動画配信サービス「Hulu」

miya

Huluは、品質と値段のバランスの良いVODです。

 

まず、Huluのコンテンツに関しては、

Huluのジャンル別評価
海外ドラマ(1位)
(5.0)
オリジナルコンテンツ(3位)
(4.0)
国内ドラマ(3位)
(3.0)
韓流ドラマ(3位)
(3.0)


となっており、7つのVODの中でNO.2の充実度を誇ります。

 

唯一、新作映画に関しては配信が遅めという欠点はありますが。

それはHuluが全作品見放題のVODなためですからね。

どうしても、U-NEXTのようにレンタルと同時に、といったことはどうしても難しい。

 

一方で、海外ドラマに関しては、総合1位のU-NEXT以上

元々アメリカ発祥のサービスということもあって、Huluは昔から海外ドラマに強いことで有名なVODでした。

ウォーキングデッド、ゲームオブスローンズといった人気海外ドラマが豊富だし。

日本初上陸の作品や、Huluでしか配信していない作品も多数なんです。

海外ドラマファンの私はU-NEXTだけでなくHuluも利用しており、5年以上毎日海外ドラマを見ていますが、それでも見たい作品がなくなっていきません。

 

そして、そんなHuluは、月額933円と1000円を切る安さ。

miya

コンテンツの内容と値段を考えると、相当バランスが良いですね。

 

ですので、Huluは品質と値段のバランスを重視したい方に、Huluはおすすめです。

特に、私同様、海外ドラマファンの方は、ぜひ利用してください。

おすすめポイント
  • コンテンツ充実度NO.2
  • 海外ドラマの充実度
  • 品質と安さのバランスがいい
14日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

3位:FODプレミアム

動画配信サービス「FODプレミアム」

miya

FODプレミアムはコスパNO.1のVOD。

 

そのコンテンツは、

FODプレミアムのジャンル別評価
国内ドラマ(2位)
(4.0)
オリジナルコンテンツ(2位)
(4.0)
アニメ(3位)
(3.0)

このようになっていて、7つのVODの中でNO.3の充実度です。

 

数自体は、いま人気のVOD7つの中で最も少ない2万なんですが。

しかし、人気のドラマ(コードブルーや踊る大捜査線など)独占配信を数多く行っていますし。

今後地上波で配信予定のドラマを先行配信していて、他では見れない作品が多数あるんですよ。

 

でも、FODプレミアムで一番すごいのは、そのコスパ。

月額料金は888円なのに

  1. 100誌以上の雑誌が読み放題
  2. 毎月最大1300円のポイントがもらえる
  3. 電子書籍が20%オフ

明らかに月額以上のメリットを受けていますからね

しかも、②と③を組み合わせれば、毎月最大で1600円の漫画を読むこともできます。

これだけで月額料金の2倍近く。

全てのエンタメジャンルのサービスでも、FODプレミアムのコスパの良さは飛びぬけているんですよ。

 

miya

というわけで、FODプレミアムはコスパ最強のVODサービスといえるんですよ。

コスパ重視の方にはぜひ試してほしいですし。

月々の本代・雑誌代節約のため、他のVODを利用している方にも、併用をおすすめしています。

おすすめポイント
  • コンテンツ充実度NO.3
  • 人気作品の独占配信多数
  • コスパ最強
1ヶ月以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

VOD(動画配信サービス)のジャンル別比較ランキング

ここからは、7つのVODを6つのジャンルごとに比較評価してわかった、

ジャンルごとのおすすめVODを紹介していきます。

 

映画を見るのにおすすめなVOD

映画に関する1位は、ダントツでU-NEXT!

見放題作品が豊富な上、新作映画の配信速度が本当に速い。

多くのVODは、レンタルが始まって、ある程度たってから配信が始まるのに対して、-NEXTの場合、レンタルと同時配信のものが多数。

中には、レンタルよりも早く配信が行われることもあるんです!

例えば、あの超話題作の「君の名は。」はレンタルと同時配信。

「スタートレック」は、レンタル開始より3週間も”前”に配信されてましたからね。

これは映画好きにはたまりませんよね。

毎月もらえるポイントが、こういった最新作にも対応できる(毎月1~3作品無料で見れる)ので。

レンタル屋に行かずに、すぐに家で見ることができるのは、本当にありがたい。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

2位は、Netflix

Netflixは数はそんなに多くなく、洋画中心にはなるんですが。

でも、結構マニアックな作品が揃えられていて。

大手のVODでは取り上げられていなかった作品なんかにも出会えるんです。

その点、唯一無二の存在ですね。

金曜ロードショーに取り上げられるような作品以外も見たい!

こんな風に思っている方には、おすすめ。

ただ、できたら英語の音声で見れる方に特におすすめかも。

字幕の略が、私の好みとは少しあわないんですよねー。

 

3位は、Amazonプライム

数だけなら、dTVなどに負けるんですが。

Amazonプライムは、意外と新作映画を見放題にしてくれるスピードが速くて。

すぐに見たい!というほどではない作品なんかは、Amazonプライムで待つのも手です。

ただ、結構オリジナリティのあるVODですから。

どの作品が見放題になるかが全然読めないという欠点はありますけど。

 

国内ドラマを見るのにおすすめなVOD

国内ドラマ1位は、U-NEXT

ほとんどの局の見逃し配信を見ることができますし。

ポイントを使うことで、NHKのドラマなども見ることができるので。

色々な国内ドラマを見たいとなると、質量ともに高いU-NEXTがNO.1ですね。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

次に2位のFODプレミアムですが。

これはフジテレビ系列の作品に限定されています。

でも、限定されているからこそ、過去の作品なんかも積極的に配信されていて、深掘りされている感じがありますし。

また、国内ドラマのオリジナルコンテンツを、最も揃えているのはここですからね。

特化型ではありますが、2位と見るべきですね。

 

3位は、Hulu

国内ドラマの数自体はそんなに多くはないのですが。

最近は、地上波ドラマの最終回後のストーリーを配信するという、Huluを見て初めて完結するといった構成の作品があったり。

スピンオフ作品も多数用意されていたり。

その上、国内ドラマのオリジナルコンテンツが配信されたりしますからね。

もともと国内ドラマが弱点のVODだったのに、徐々に成長が見てとれるんです。

 

韓国ドラマ見るのにおすすめなVOD

韓国ドラマ1位は、U-NEXT。

U-NEXTの韓国ドラマは、作品数自体が多いのも魅力的ですが。

なにより見放題コンテンツ、ポイントコンテンツともに独占配信作品が多く

他のVODでは見ることができない作品が多いのがポイントです。

充実した見放題作品を楽しみつつ、そして見たい新作ドラマの配信が始まったらポイントでもって一気に見る。

こういった楽しみ方ができますよ。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

次に2位は、dTV。

dTVも他のVODに比べて作品数が多いので、満足度は非常に高いです。

ただ、他のジャンルと同様、スタンダードなラインナップなため、2位としました。

 

3位は、Hulu。

正直なところ、U-NEXTやHuluに比べて作品数は少ないですが。

全作品見放題で、何度も楽しみたい韓国ドラマ好きな人にとって悪くないというところを評価しました。

 

海外ドラマを見るのにおすすめなVOD

海外ドラマ1位は、もちろんHuluです。

もともと海外ドラマに強くて、過去の名作はかなり豊富ですし。

ウォーキングデッド、アメリカンホラーストーリー、24やプリンズンブレイクなどのリアルタイム配信が行われていて、現在の超人気作も日本最速で見ることができます。

その上、Huluプレミアムという、日本初上陸の海外ドラマも毎月多数配信されますから。

海外ドラマファンなら、契約しておくべきVODです。

14日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

次に2位は、U-NEXT

海外ドラマ全体で見ると、一歩遅れをとる印象ですが。

でも、Huluにはない、ここでしか見ることができない作品があるんです。

ものによっては、Huluではまだ配信が始まっていない新シーズンなんかもあって。

ですので、U-NEXTを海外ドラマのメインにすえることはできませんが。

Huluを補完するサービスとして、欠かすことができません。

 

3位は、Amazonプライム

これに関しては、ウォーキングデッドのスピンオフ作品である、フィアー・ザ・ウォーキングデッドを最速で見れること。

少ないですが、独占作品もあることが大きいですね。

ただ、後者に関しては、英語音声、英語字幕の作品があるというデメリットもあるんですが。

まだまだ海外ドラマの規模は少ないので、これからの成長に期待です。

 

オリジナルコンテンツを見るのにおすすめなVOD

オリジナルコンテンツの1位は、Netflix。

CMでもよく見かけるので、知っている方も多いと思いますが。

ちょっとオリジナルコンテンツの中では図抜けている作品を配信しています。

ブラッドピットやウィル・スミスを起用したオリジナルコンテンツって何よって感じですよ^^

これって本気の映画とかで使われるメンバーですからね。

お金のかけ方がすごい!

それ以外にも、悪魔城ドラキュラやデビルマンなど、日本初の作品をオリジナルアニメ化してくれたりしますからね。

もし、テレビでも映画でも見たことがない作品が見たいなら、Netflixは選択肢に入れておくべきでしょう。

30日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

2位は、FODプレミアム

Netflixが海外作品でのオリジナルコンテンツが多いのに対して。

FODプレミアムは、国内作品のオリジナルコンテンツが多いのが特徴。

ここでしか見れないもの。

その後、地上波で放送されるもの。

ちょっと違いますが、過去の放送されて他のVODでは見られないもの。

ここまで入れたら、5000コンテンツ以上あるわけですからね。

国内作品派だという方は、FODプレミアムでしょうね。

 

3位は、Hulu

完全オリジナルコンテンツ自体は、そこまで多いわけではありません。

一応「銭形警部」のオリジナルストーリーや、AKB・HTKメンバー主演のオリジナルドラマなどがあるにはあるんですけどね。

でも、その代わりに地上波のドラマを補てんするオリジナルコンテンツの配信が非常に多いんです。

地上波で放送中のドラマのスピンオフ。

ドラマでは語られなかったストーリー。

そして、ドラマの真のエンディング。

こういった配信が数多くありますから。

ですので、テレビで国内ドラマを見ている方には、Huluは大いに選択肢に入ると思いますね。

 

アニメを見るのにおすすめなVOD

アニメに関しての1位は、dアニメストア。

もう作品数が違うし、値段も月額400円と激安

ワンコイン以下、それこそ月に一回スタバを我慢すればOKな安さですから。

おすすめとか、おすすめじゃないとかそういうレベルではなく。

地方に住んでいて、アニメがあまり見ることができない人は。

絶対に入っておいた方がいいVODです。

私は過去の見たい作品が本当に多いので。

アニメ見るときのメインとして、これを利用していますね。

ちょっと頭が1つ、2つ抜けています。

30日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

2位は、U-NEXT

大手三社の中で、作品数が多いし。

最新作の見逃し配信も多い。

でも、映画系のアニメが、とんでもないスピードで見れる点を一番買っています。

私は、dアニメストアのサブとして利用していますね。

 

3位は、FODプレミアム

フジテレビ系のアニメの過去作がかなり見れるので。

意外と大手のでは見つけられないのなんかもあって便利。

最新作の見逃しは韻の網羅性だと、大手に負けてしまいますが。

でも、過去作を中心に見るとなると、一気に価値が跳ね上がります。

 

7つのVOD(動画配信サービス)のメリット・デメリット

ここからは、いま人気の7つのVODの基本情報とメリット・デメリットについて書いていきます。

 

U-NEXT

U-NEXTのVOD。

利用者は約100万人で。

コンテンツ数は12万(見放題は8万)以上。

月額は1990円。

【メリット】

・コンテンツ数が日本最大級(約12万)
・雑誌の読み放題も含まれており、1つのサービスでの網羅性が高い
・レンタルよりも早く新作映画が配信されたり、NHK作品が見れたりと他のサービスにはない特徴
・付与されるポイントは、20万冊以上ある書籍や、映画の割引に利用可能

【デメリット】

・月額料金が他のVODと比べて高い
・コンテンツ数は多いが、中には毎月付与されるポイントの利用によってしか見れないものも
・新作映画やNHK作品は、定額の枠外でポイントを利用してみることに

 

Hulu

日本では日本テレビが運営しているVOD。

ユーザー数が約100万人で。

コンテンツ数は5万以上。

月額は933円。

【メリット】

・海外ドラマが充実している上に、次々に配信されるので、飽きが来ない
・国内ドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信に対応
・オリジナルドラマや野球の配信、オンライン試写会など、新しいことにも取り組んでいる

【デメリット】

・スマホアプリが使いづらい(リニューアルによって随分と使いやすくなりました)
・DL機能がない(追加されました)
・映画の新作の配信数が少ない
・韓流が弱い

 

FODプレミアム

フジテレビ系のVOD。

利用者は調査中。

コンテンツ数は2万以上。

月額は888円。

【メリット】

・過去のフジテレビ系ドラマやアニメを多数見れる
・オリジナルコンテンツ数が多い(2万コンテンツのうち5000)
・100誌以上の雑誌が読み放題
・経由して漫画・小説を購入すると20%オフ
・毎月最大1600円分のポイントがもらえる

【デメリット】

・海外ドラマ・映画が少ない
・テレビで見ることができない

 

Amazonプライムビデオ

AmazonのVOD。

利用者は約200万人。

コンテンツ数は3万以上。

月額は325円(年会費3900円)。月額制400円。

【メリット】

・他のサービスが豊富で、コストパフォーマンスに優れている
・フィアー・ザ・ウォーキングデッドを見ることができる
・Amazonのサービスなので、今後の伸びに期待ができる

【デメリット】

・動画のためだけに利用するというのは旨みがないのに、解約が年単位
・コンテンツ数はまだ物足りない
・アプリが非常に使いにくい

 

dTV

NTTドコモのVOD(ドコモユーザー以外も利用可)。

ユーザー数約500万人で。

コンテンツ数は12万以上。

月額は500円(以下、すべて税抜き金額)。

【メリット】

・日本で最も利用者数の多く、またコンテンツ数も最大級(約12万)のVODサービス
・スマホアプリの操作性が良く、使いやすい
・国内ドラマや音楽ジャンルに強く、中には貴重なライブ生配信なども行われる

【デメリット】

・全ジャンルを比較的満遍なく網羅しているが、ラインナップにあまり特徴がない
・全体的に古い作品が多い
・PCで見たい作品を探すのが手間

 

Netflix

NetflixのVOD。

2015年より始まったばかりのため、利用者数不明

コンテンツは4万以上。

月額は650円/950円/1450円。

【メリット】

・アメリカ最大のVODで、これからの市場拡大に期待できる
・プレミアムプランにすると、4K対応の画質で見ることができ、ド迫力の映像を見ることも
・オリジナル作品の配信

【デメリット】

・コンテンツ数の少なさ(4万ほど)
・バラエティ作品が少なさ
・国内作品をメインに見るのに使うには、心もとない

 

dアニメストア

ドコモのアニメ特化のVOD。

ユーザー数は調査中。

コンテンツ数は3万以上。

月額は400円。

【メリット】

・多くのアニメを見ることができる
・アニメ映画やアニメミュージックなども楽しめる
・月額が安く、地方であまりアニメが見れない人の最大の味方

【デメリット】

・アニメだけを見たい人以外は、サブとして使うしかない
・家族と共有というのは難しい

 

終わりに

というわけで、VODのおすすめ比較などを書いてきました。

ここまで読んでいただけたらは、それぞれがどういった特徴のものなのか。

あなたにとってあいそうなものはどれなのか、ある程度のイメージがついたんじゃないでしょうか。

そうなったら次は、興味がでたVODを、ガンガン利用してみてください。

実際使ってみることでわかるものもありますし。

せっかく無料トライアルがあるんですから、試してみて損はありません。

むしろ、しっかり試さず、あなたにあわないVODを使う方がもったいないですよ。

そして、色々試して、あなたにとって最高のVODを選んでくださいね。

以上、【VOD比較】おすすめの7つの中からあなたに最適なものを、でした。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません