【注目】「鬼滅の刃」21巻を無料で読む方法

【2020年版】VOD比較ランキング|人気12社からいま1番おすすめの動画配信サービスを紹介

おすすめVOD比較ランキング

VOD(動画配信サービス)は、種類が多い上に、実際試してみないと違うがわからないので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

個人的にイチオシなのは、主要ジャンルの見放題作品数が最も多い上に、月額料金のコスパもいいU-NEXTです。

実際私も、様々なVODを試してきましたが、それでも長年メインのVODとして使い続けています。

ただ、「他のVODも気になる」という方もいると思うので、U-NEXTも含めた人気12社を徹底比較し、おすすめのVODをランキングにまとめました。

2020年最新のランキングですので、ぜひ参考にして下さい!

miya

▼いますぐU-NEXTを試したい方はこちらからどうぞ

おすすめVOD/動画配信サービスを選ぶ基準

VODのおすすめを選ぶとき大事にしたのは、「ずっと使っていける良いものか」です。

「料金の安いものにしたらいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、それで失敗した苦い経験があるのでおすすめしません。

いくら安くてもそれ以外がダメだと、徐々に飽きていき、利用しないのにただ契約だけしてる…なんてもったいないことになりかねません。

ですので、「ずっと使っていける良いものか」が大事で、具体的には、①見れる作品の多さ、②見れる作品の質、③コスパ、④視聴環境、の4つのポイントを総合的に判断しています。

①見れる作品の多さ

②見れる作品の質

③コスパ

④視聴環境

 

VOD/動画配信サービスおすすめランキングTOP5

ではさっそく、人気のVOD12社を手って比較した結果、特におすすめTOP5を紹介していきますね。

 

1位:U-NEXT


動画配信サービス「U-NEXT」出典:U-NEXT公式サイト

サービス内容
作品数20万以上
4K対応
DL機能
複数端末同時視聴
テレビ視聴
得意ジャンルALLジャンル
おすすめの使い方メインとして利用
月額1990円
無料体験期間31日間

1位は、U-NEXT

私自身、もう何年もメインのVODとして使い続けているイチオシのVODです。

 

ただ、そんなイチオシのU-NEXTですが、「月額料金が高そうに見える」というデメリットがあります。

VODの月額料金の多くが1000円前後なのに対して1990円ですからね。無視できない数字です。

でも、実際に利用している人間からすると、あまりにメリットの方が大きくて、それを高いと感じないんです。

その理由は3つあるので紹介していきますね。

 

1.圧倒的なコンテンツの充実

1つ目の理由は、U-NEXTのコンテンツ。

「エンタメはU-NEXT1つで十分!」といえるほど圧倒的な充実度です

miya

まずU-NEXTが素晴らしいのは、とにかく見れる動画が豊富なこと。

まずVODでもっとも利用する見放題動画、この数が驚きの18万以上と日本一。これはランキング2位のHuluの3倍以上にあたるすごい数です。

しかも、特定のジャンルに偏っているわけではなく、バランスよく配信されているのも特徴。

主要5つのジャンルのうち、見放題数1位が4つ(映画、国内ドラマ、韓流ドラマ、アニメ)、2位が1つ(海外ドラマ)というように。

おかげで、U-NEXTでしか見ることが出来ない独占作品も多く、数だけでなくその質まで高いんです。

 

また、U-NEXTは新作の配信がスピーディで次々に話題作が見れるのも大きいですね。

たとえば、こういった新作が素早く配信されています。

今月のおすすめ動画

  • 天気の子
  • ハーレークインの華麗なる覚醒
  • AI崩壊
  • アナと雪の女王2
  • ONE PIECE STAMPEDE
  • 屍人壮の殺人

VODは基本的にレンタルが始まった後に配信が始まるので、新作の配信が遅くなりがち。

そのため、せっかくVODを利用しているのに、新しい作品が見たくなってDVDをレンタルしにいくなんてこともありました。

でも、U-NEXTを利用するようになって以来、そんなことはなくなりましたよ。

U-NEXTは、新作の配信が非常に早く、中には新作をレンタルと同時、あるいはレンタルに先行して配信してくれますから。

おかげでもう、寒い日や雨の日に無理してレンタルDVDを返しに行くといった生活から解放されましたね。

 

そして、見逃せないのがU-NEXTは、動画だけでなく電子書籍サービスも行っているところ。

  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • 常時500冊以上ある無料漫画が読み放題
  • 最新の漫画や小説も購入可能

おかげで、見たいもの、読みたいものごとに新しいサービスを追加していく必要がなく、U-NEXT1つだけで全部のエンタメサービスを管理することが出来るんです。

 

そういった点からU-NEXTは「これ1つあれば十分!」といえる充実のエンタメサービスなんですよ。

 

2.最適な視聴環境

2つ目に、U-NEXTの視聴環境。

コンテンツを楽しめる環境も万全でコンテンツ満足度をさらに上げてくれているんです。

こういったVODサービスの便利な機能がすべて備わっていますからね。

  • テレビでも見れる
  • 現在VODの最高画質(4K対応)
  • 高音質
  • 同時視聴機能〇
  • ダウンロード機能を装備

 

3.むしろコスパは高い

3つ目は、U-NEXTのコスパはむしろ高いということ。

というのも、U-NEXTユーザーは毎月1200円分のポイントがもらえますから。

つまり、月額料金こそ1990円ではありますが、ユーザーの実質的な負担は790円にすぎないわけです。

コンテンツ・視聴環境のどちらもレベルの高いU-NEXTを、たったこれだけで利用できるんですから高いとはコスパが低いわけありませんね。

 

以上の3つの理由から、U-NEXTはデメリットよりもメリットの方が圧倒的に大きい、イチオシのサービスと言えるんです。

どのVODにするか迷ったら、まずはU-NEXTを選んでおくと間違いないですよ。

31日間は無料で使えるので、ぜひ一度そのすごさを体感して下さい!

miya

 

 

2位:Hulu

動画配信サービス「Hulu」出典:Hulu公式サイト

サービス内容
作品数5万以上
4K対応×
DL機能
複数端末同時視聴×
テレビ視聴
得意分野海外ドラマ、国内ドラマ
おすすめの使い方メインとして利用
月額933円
無料体験期間2週間

2位はHulu

月額料金が安いVODの中でも、コンテンツに優れたメインとなれるVODです。

 

Huluには毎月のポイント配布はなく、新作を見るなら課金が必要というデメリットがあります。

でも、それを割り切るといいサービスですよ。

 

その一番の特徴は、料金とサービス内容のバランスがいいこと。

U-NEXTほど全ジャンルの作品が豊富というわけではないのですが、5万以上と一定の動画数をもち、かつ人気作品をバランスよく配信。

その上で、こういったことを実現させてくれているんです。

  • 5万以上の動画が全部見放題
  • コナンやハリーポッターなどの一挙配信
  • U-NEXTを超える海外ドラマの充実度
  • 日テレ系ドラマの地上波未公開作品の作成
  • 完全オリジナル作品の独占配信

量だけで言えば、同じ月額料金が1000円以下の安いVODの中に、よりたくさんの動画を配信しているものもあります。

しかし、Huluはオリジナル作品、独占作品、日本初上陸の作品などもあり、コンテンツの質の部分で他を上回っています

そのため総合的に判断すると、Huluが安いVODの中で最もおすすめできるんです。

U-NEXTの月額料金は出せないという方のメインVODにぴったりです!

miya

2週間以内の解約なら費用は一切不要

 

3位:FODプレミアム

動画配信サービス「FODプレミアム」出典:FODプレミアム公式サイト

サービス内容
作品数2万以上
4K対応×
DL機能×
複数端末同時視聴
テレビ視聴
得意分野国内ドラマ、アニメ
おすすめの使い方サブVODとして利用
月額888円
無料体験期間2週間

3位は、FODプレミアム。人気VODの中でも最もコスパに優れたVODです!

 

FODプレミアムには、ポイントをもらう仕組みが少し複雑というデメリットがあります。

でも、それが我慢できる方には、メリットの大きすぎるサービスです。

 

FODプレミアムは、合計のコンテンツ数が少ない上に、DL機能がないなど正直メインVODとして利用するのはおすすめできません。

でも、こういった他とは違った動画が楽しめて、サービスとしての満足度は低くありません。

  • フジテレビ系ドラマやアニメの独占配信
  • 踊る大捜査線などのかつての名作の独占配信
  • 今後地上波で配信予定のドラマの先行配信

 

その上、月額料金(888円)以上のメリットのある、こういったサービスまで受けられるんです。

  1. 100誌以上の雑誌が読み放題
  2. 毎月最大1300円のポイントがもらえる
  3. 電子書籍を購入すると20%がポイントバック

(2、3を組み合わせると、さらにお得に。)

 

ここまでコスパが良いサービスは、VODにとどまらず、広くエンタメサービス全体で見ても見当たりません。

サービスをちゃんと利用すれば、むしろ儲かっている状態ですからね。

メインVODのサブとして最も注目すべきコスパに優れた存在です!

miya

注意

ただし、もらえるポイントのうち100円は自動的にもらえますが、それ以外は自動的にはもらえません。

 

8のつく日にFODプレミアムにログインして、400円ずつもらうというシステムになっているんです。

 

これが我慢できそうか、無料体験で実感しておいてくださいね。

※無料体験でも最大900円分のポイントがもらえますが利用できるのはAmazonPayのみなのでご注意を

 

4位:Netflix

出典:Netflix公式サイト

サービス内容
作品数非公表
4K対応月額による
DL機能
複数端末同時視聴月額による
テレビ視聴
得意ジャンル映画、海外ドラマ
おすすめの使い方サブとして利用
月額800円~1800円
無料体験期間なし

4位は、Netflix。

Netflixには、配信されている動画が少ないというデメリットがあります。

でも、その分高品質なオリジナル動画を次々に配信するVODとしての地位を確立しています。

 

U-NEXTと比べると作品数が少なく、また一般的な作品の網羅性はまだまだ低い状態なので、メインVODとするのはオススメしていません。

特にVODを始めて利用する方にとっては、料金体験も含めてかなりクセの強いVODだという風に感じています。

 

でも、U-NEXTが弱いオリジナル作品については、大作映画のような予算をつぎ込んで非常に面白いものを連発

また、日本未公開のマイナーな映画やドラマも多数存在します。

ですので、U-NEXTなどメインとなるVODを補完してくれるサブVODとしては本当に優秀なんです。

無料体験がなく事前に試せないのは痛いですが、オリジナル作品を見たい方はぜひ一度試してみてください!

miya

 

5位:music.jp

出典:music.jp公式サイト

サービス内容
作品数18万
4K対応
DL機能
複数端末同時視聴
テレビ視聴
得意ジャンル映画
おすすめの使い方メインとして利用
月額1958円
無料体験期間30日間

5位は、music.jp。

music.jpには、見放題動画がなく基本的にレンタル作品だけというデメリットはあります。

そのためおすすめ出来る方は、動画を見るのは週末だけ、動画の他に漫画もお得に読みたいといった限定になってしまいますね。

 

他のVODの場合は、見放題作品をメインに、気になる作品だけレンタル作品を見るという使い方が主流です。

その流れに真っ向から反対するサービスですので、万人におすすめできるわけではありません。

 

ただ、週末しか時間がなく動画を見れる時間が限られているから、見放題作品がたくさんあっても利用できない。新作映画を順番に見ていくだけでいい。

そういった方にはぴったりのサービスなんですよ。

月額料金こそ1958円と高めですが、毎月これだけのポイントがもらえるので、レンタル作品をたくさん見るのに向いてますからね。

  • 通常ポイント:1958円分
  • 動画ポイント:3000円分

(動画ポイントは動画につかえる、通常ポイントは動画のほか漫画にも使える)

通常ポイントを漫画に使って日々の漫画代の節約にしている人もいて、そういった使い方もおすすめです

miya

※無料体験時はもらえる通常ポイントは600円、動画ポイントは1000円ですのでご注意を

 

断トツで最強!U-NEXTが今1番オススメな理由まとめ

U-NEXTの特徴
  • 見放題作品数No.1
  • 新作映画もスピード配信
  • 70誌以上の雑誌が見放題
  • 無料漫画も読み放題
  • 毎月1200円分のポイントもらえる

人気VODを比較していった結果、当サイトのイチオシのVODはU-NEXTになりました。

やはりまずはコンテンツの充実度が大きいですね。

見放題動画がたくさんあるので、飽きることなくいつでも動画を楽しむことができますし。

2、3本の新作動画が見れるポイントが毎月配布されるので、気になる新作動画などがあればすぐにそれも楽しめます。

見放題動画、レンタル動画ともに楽しめるハイブリッドなU-NEXTは、どんな人にもおすすめできるVODなんです。

しかも、オフラインでも動画が見れるDL機能や、設備さえ整えればTVでも見れるので、いつでもどこでも、1人でも家族と一緒でも動画を楽しむことができますしね。

もしどのVODにするか迷っているなら、とりあえずU-NEXTを利用し始めるのが間違いありませんね。

miya

31日間の無料体験をやっているので、まずは気軽にお試しください

31日以内に解約なら費用は一切不要

 

ジャンル別おすすめ動画配信サービス/VODランキング

ここからは、10つのVODを5つのジャンルごとに比較評価してわかった、主流ジャンルごとのおすすめVODを紹介していきます。

(music.jp、DAZNは特殊なVODのため除いて10つにしてます)

まずは比較した結果を一覧にしておきますね。

映画国内
ドラマ
海外
ドラマ
韓流
ドラマ
アニメ
U-NEXT
Hulu
FOD
アマプラ
dTV
ネトフリ
Paravi
dアニメ
ビデオマーケット
TELASA

映画好きにおすすめVODランキング

1位は、ダントツでU-NEXT!

見放題作品数NO.1な上、新作映画の配信速度が本当に速い。

多くのVODは、レンタルが始まって、ある程度たってから配信が始まるのに対して、U-NEXTの場合、レンタルと同時配信のものが多数

中には、レンタルよりも早く配信が行われることもあるんです!

例えば、あの超話題作の「君の名は。」はレンタルと同時配信。

「スタートレック」は、レンタル開始より3週間も”前”に配信されてましたからね。

これは映画好きにはたまりませんよね。

毎月もらえるポイントが、こういった最新作にも対応できる(毎月1~3作品無料で見れる)ので。

レンタル屋に行かずに、すぐに家で見ることができるのは、本当にありがたい。

31日以内に解約なら費用は一切不要

 

2位はNetflix

Netflixは数はそんなに多くなく、範囲も狭いです。

でも、結構マニアックな作品が揃えられていて、他のVODでは取り上げられていない作品に出会えることも。

その点、唯一無二の存在ですね。

「金曜ロードショーに取り上げられるような作品以外も見たい!」こんな風に思っている方には、おすすめ。

ただ、できたら英語の音声で見れる方の方がいいかも。字幕が結構特殊なので、字幕に頼らず見たいですから。

3位はAmazonプライム

Amazonプライムも数自体は多くないのですが、新作映画を見放題にしてくれるスピードが速いのが特徴。

他のVODではまだレンタル作品なのにAmazonプライムだと見放題作品になっているというのを何度も目撃しています。

「すぐに見たい!」というほどではない作品なんかは、Amazonプライムで待つのも手です。

ただ、オリジナリティの強いVODなので、どの作品が見放題になるかが全然読めないという欠点はありますけど。

詳しくはこちら

映画を見るのにおすすめのVOD【VOD比較】映画好きなら知らなきゃ損なおすすめを紹介!海外映画・国内映画もこれ1つでOK【2020年最新版】

海外ドラマ好きにおすすめVODランキング

1位はもちろんHulu

Huluは、もともと海外ドラマに強くて、長年海外ドラマジャンルをけん引してきたVOD。

過去の名作はかなり豊富ですし、またウォーキングデッド、アメリカンホラーストーリーなどのリアルタイム配信が行われていて、現在の超人気作も日本最速で見ることができます。

その上、Huluプレミアムという、日本初上陸の海外ドラマも毎月多数配信されています。

海外ドラマファンなら、とりあえず契約しておくべきVODです。

2週間以内の解約なら費用は一切不要

次に2位はU-NEXT

海外ドラマ全体で見ると一歩遅れをとる印象ですが、Huluにはない、U-NEXTでしか見ることができない作品も多数あります。

ものによっては、Huluではまだ配信が始まっていない新シーズンなんかもあるぐらい。

ですので、「海外ドラマだけを見たい!」というわけじゃなく、「いろいろ見るなかで海外ドラマも見たい」という方にはうってつけのVODです。

他のジャンルが充実していますからね。

あとHuluと両方契約して、それぞれ補完するパターンもありです。

3位は、Amazonプライム

これに関しては、ウォーキングデッドのスピンオフ作品である、フィアー・ザ・ウォーキングデッドを最速で見れること。

また、少ないですが独占作品もあることが大きいですね。

ただ、後者に関しては、英語音声、英語字幕の作品があるというデメリットもあるんですが、まだまだ海外ドラマの規模は少ないのでこれからの成長に期待です。

詳しくはこちら

海外ドラマ用おすすめVOD【VOD比較】マニア厳選!海外ドラマ見るなら必須のおすすめをご紹介【2020年最新版】

国内ドラマ好きにおすすめVODランキング

1位はU-NEXT

U-NEXTは、親会社にテレビ局がないため、2位で紹介するVODのようにどこかに特化した配信が行われるわけではありません。

しかし、そのおかげで様々なテレビ局の作品を紹介することに成功。

そのため見放題作品数はNO.1、また最新ドラマの見逃し配信も多いんです。

特に、ポイントを使うことで、NHKのドラマなども見ることができるのは大きいですね。

色々な国内ドラマを見たいとなると、質量ともに高いU-NEXTがNO.1ですね。

31日以内に解約なら費用は一切不要

2位はFOD、Hulu、Paravi

国内ドラマは少し特殊でして、テレビ局が関連しているVODがいくつかあって、それらはその局のドラマに特化した強味を持っているんです。

たとえば、ドラマが地上波よりも先に見れたり、過去の話題作の配信・新作の見逃し配信を独占したりして。

そのため、最も配信数の多いU-NEXTを除けば、好みにあわせてそういったVODを利用するのがおすすめなんです。

具体的には、このようになります。

日テレ:Hulu
フジ:FOD
TBS:Paravi

 

韓国ドラマ好きにおすすめVODランキング

1位はU-NEXT

U-NEXTの韓国ドラマは、作品数自体が多いのが魅力的。

ですがそれ以上に、見放題コンテンツ、ポイントコンテンツともに独占配信作品が多く、他のVODでは見ることができない作品が多いのが大きいですね。

充実した見放題作品を楽しみつつ、そして見たい新作ドラマの配信が始まったらポイントでもって一気に見る。

こういった楽しみ方ができますよ。

31日以内に解約なら費用は一切不要

2位はdTV

dTVも他のVODに比べて作品数が多いので、満足度は非常に高いです。

最近は独占配信作品も増えてきていますし。

ただ、他のジャンルと同様、基本的にラインナップがスタンダードなものが多いため、2位としました。

3位はNetflix

正直なところ、U-NEXTやdTVに比べて作品数は少ないです。

ただ、最近新作の配信が多く、かつそれが人気になっていることも多いんです。

ですので、メインとして利用すべきはU-NEXTだと思っていますが、予算に余裕がある方はあわせてNetflixを利用するのを強くおすすめします。

 

アニメ好きにおすすめVODランキング

1位はU-NEXT

当初見放題数が少なかったU-NEXTでしたが、力を入れ始めると瞬く間に成長し、現在はアニメ見放題動画数NO.1のVODになりました(2019年12月)。

過去作品も多いし、最新作の見逃し配信も多い。

その上、映画系のアニメが、とんでもないスピードで配信が始まります。

毎月もらえるポイントで原作漫画を読むなど、幅広い楽しみ方ができるので、アニメを見るならU-NEXTはおすすめですよ。

31日以内に解約なら費用は一切不要

2位でdアニメストア

また、U-NEXTが台頭してくるまで不動のNO.1だったdアニメストアもおすすめ。

作品数に関してはU-NEXTとの差は僅差です。

声優によるミュージカルや歌などU-NEXTにはないコンテンツもある。

なにより値段が月額400円と激安(U-NEXTは1990円)で、ワンコイン以下、それこそ月に一回スタバを我慢すればOKな安さですから。

手軽にアニメがたくさん見たいという方には、いまだ外せないVODですね。

3位はFODプレミアム

フジテレビ系のアニメの過去作がかなり見れるので。

意外と大手のでは見つけられないのなんかもあって便利。

最新作の見逃しは韻の網羅性だと、大手に負けてしまいます。

でも、過去作を中心に見るとなると、一気に価値が跳ね上がります。

 

人気のVOD12サイトのメリット・デメリット徹底比較

ここからは、いま人気の12社のVODの基本情報とメリット・デメリットについてまとめます。

 

U-NEXT

U-NEXTのVOD。

コンテンツ数は20万(見放題は18万)以上。

月額は1990円(以下、すべて税抜き金額)。

メリット
  • 主要ジャンルの見放題数NO.1
  • 雑誌の読み放題も含まれており、1つのサービスでの網羅性が高い
  • レンタルよりも早く新作映画が配信されたり、NHK作品が見れたりと他のサービスにはない特徴
  • 付与されるポイントは、20万冊以上ある書籍や、映画の割引に利用可能
  • 男性にうれしいムフフジャンルも見れる
デメリット
  • 月額料金が他のVODと比べて高い
  • ポイントの利用によってしか見れないものも

 

Hulu

日本では日本テレビが運営しているVOD。

コンテンツ数は5万以上。

月額は933円。

メリット
  • 海外ドラマが充実している上に、次々に配信されるので、飽きが来ない
  • 国内ドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信に対応
  • オリジナルドラマや野球の配信、オンライン試写会など、新しいことにも取り組んでいる
デメリット
  • スマホアプリが使いづらい(リニューアルによって随分と使いやすくなりました)
  • DL機能がない(追加されました)
  • 映画の新作の配信数が少ない

 

music.jp

レンタル動画に特化したVOD。

コンテンツ数は20万以上。

月額は1958円。

メリット
  • 新作や話題作をたくさん見ることができる
  • 月額料金の2倍以上のポイントがもらえる
  • 毎月お得なクーポンが配布
  • 漫画も動画もといった使い方にもぴったり
デメリット
  • 見放題動画が基本的にない
  • テレビの代わりに動画を流すといった使い方はできない
  • 月に見れる動画数は少なくなる

 

FODプレミアム

フジテレビ系のVOD。

コンテンツ数は2万以上。

月額は888円。

メリット
  • 過去のフジテレビ系ドラマやアニメを多数見れる
  • オリジナルコンテンツ数が多い(2万コンテンツのうち5000)
  • 100誌以上の雑誌が読み放題
  • 毎月最大1300円分のポイントがもらえる
デメリット
  • 海外ドラマ・映画が少ない
  • 無料体験期間が短い
  • 無料体験を利用できるのが支払い方法をAmazonPayにしたときのみ
  • ダウンロード機能がついてない
  • テレビで見ることができない

※現在はテレビ視聴できるようになっています

 

Amazonプライムビデオ

AmazonのVOD。

コンテンツ数は非公開。

↓ 月額料金はこのように複数

通常
年一括払いの場合4900円(月:約410円)
毎月払いの場合500円
無料期間30日
学生の場合
年一括払いの場合2450円(月:約205円)
毎月払いの場合250円
無料期間6ヶ月
メリット
  • 動画以外のサービスも豊富で、コストパフォーマンスに優れている
  • フィアー・ザ・ウォーキングデッドを見ることができる
  • Amazonのサービスなので、今後の伸びに期待ができる
デメリット
  • 動画のためだけに利用するというのは旨みがないのに、解約が年単位
  • コンテンツ数はまだ物足りない
  • アプリが非常に使いにくい

※月額制も採用されました

※アプリが非常に使いやすくなりました

 

dTV

NTTドコモのVOD(ドコモユーザー以外も利用可)。

コンテンツ数は12万以上。

月額は500円。

メリット
  • 日本で最も利用者数の多いVODサービス
  • スマホアプリの操作性が良く、使いやすい
  • 国内ドラマや音楽ジャンルに強く、中には貴重なライブ生配信なども行われる
デメリット
  • 全ジャンルを比較的満遍なく網羅しているが、ラインナップにあまり特徴がない
  • 全体的に古い作品が多い
  • PCで見たい作品を探すのが手間

 

Netflix

NetflixのVOD。

コンテンツは非公開。

月額は800円/1200円/1800円。

メリット
  • アメリカ最大のVODで、これからの市場拡大に期待できる
  • プレミアムプランにすると、4K対応の画質で見ることができ、ド迫力の映像を見ることも
  • オリジナル作品の配信
デメリット
  • コンテンツ数の少なさ
  • バラエティ作品が少なさ
  • 国内作品をメインに見るのに使うには、心もとない

 

Paravi

TBSなど複数のテレビ局で運営がなされているVOD。

コンテンツ数は不明。

月額は1,017円(税込み)。

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です

メリット
  • TBS系のドラマやアニメに強い
  • マツコの知らない世界、水曜日のダウンタウンなどバラエティに強い
  • ドラマのオリジナルストーリーが見れる
デメリット
  • 映画や海外ドラマなどに弱い
  • 配信数が全体的に少ない
  • 無料体験期間が2週間と短い

ビデオマーケット

ビデオマーケット独自のVOD。

コンテンツ数は24万以上。

月額500円。

メリット
  • 作品数が多い
  • 安い月額のVODなのに毎月1つ新作映画が見れるぐらいポイントがもらえる
  • グラビアやマイナースポーツの動画が多い
デメリット
  • 見放題作品が少ない
  • 1話だけ見放題、それ以外がレンタルというパターンが多い

TELASA

KDDIとテレ朝によって運営されているVOD。

コンテンツ数は不明。

月額562円。

メリット
  • 安い月額のVODなのに毎月1つ新作映画が見れるぐらいポイントがもらえる
  • テレ朝系バラエティが見れる
デメリット
  • 作品数自体が少ない
  • 見放題動画が少ない
  • 海外ドラマはかなり弱い

 

dアニメストア

ドコモのアニメ特化のVOD。

コンテンツ数は3万以上。

月額は400円。

メリット
  • 多くのアニメを見ることができる
  • アニメ映画やアニメミュージックなども楽しめる
  • 月額が安く、地方であまりアニメが見れない人の最大の味方
デメリット
  • アニメだけを見たい人以外は、サブとして使うしかない
  • 家族と共有というのは難しい

 

DAZN

DAZNグループによるスポーツ専門VOD。

コンテンツ数は非公開。

月額は1750円。

メリット
  • Jリーグや海外サッカーなどが低額で見れる
  • 野球・テニス・F1から、マイナーなものまで130以上のスポーツが楽しめる
  • うれしいスポーツの見逃し配信
デメリット
  • スポーツ以外の動画が見たいときは別途他のVODが必要
  • 全部の試合が見れるわけではない

VODに関するQ&A

そもそも動画配信サービス/VODとは?

VODとは、簡単にいうと「ネットに配信された動画を契約者が楽しんでいく動画サブスク」といえるサービス。

より厳密にいうと、以下の6つのパターンに分類できます。

AVOD広告の掲載がある無料で利用できるVOD
SVOD定額見放題のVOD
PPV(ポイント配布あり)基本もらったポイントを利用する都度課金(レンタル)のVOD
PPV(ポイント配布なし)完全課金のみの都度課金(レンタル)のVOD
SVOD+PPV(ポイント配布あり)見放題+レンタル(基本もらったポイントを使用)
SVOD+PPV(ポイント配布なし)見放題+レンタル(完全課金)

どれにもメリット・デメリットがあるので、自分の生活にあったものを選ぶのがいいですね。

私は、見放題でたくさん動画を見つつ、見たい作品が公開されたらそれをすぐに見るという使い方はしていますので、U-NEXTのようなSVOD+PPV(ポイント配布あり)タイプが好みです。

毎月決まった額ポイントがもらえると、見たい作品がでたときレンタル作品をちゅうちょなく見れるのも気に入っています。

 

どれがお得?無料体験のコスパ比較

どのVODにも無料体験がありますが、それぞれついてくる特典が異なります。

そこでそれらを一覧にして紹介します。

期間見放題動画その他
U-NEXT31日18万・600円分のポイント
・雑誌見放題
・無料漫画
Music.jp30日なし・1600円分のポイント
FOD1ヶ月2万・最大1300円分のポイント
・雑誌読み放題
・無料漫画
アマゾン30日非公開・送料無料など
dTV31日12万×
dアニ31日3万×
Hulu2週間5万×
Paravi2週間非公開×
ビデオマーケット30日非公開・550円のポイント
TELASA30日非公開・550円のポイント
DAZN1ヶ月1万以上×
ネトフリなし非公開×

無料期間、見放題動画数の多いU-NEXT。

あるいはもらえるポイントの多いmusic.jp。

この2つが群を抜いて充実していますね。

お得な無料体験を利用したい方は、どちらかを利用すれば大丈夫です。

(FODプレミアムももらえるポイントは多いですが、もらう行動をおこさないと全部はもらえないことも)

 

4Kに対応してるのはどれ?画質比較

残念ながら、現在すべてのVODが4K対応しているわけではありません。

そこで、今回紹介した12社のVODのどれが4Kに対応しているかまとめますね。

4K
U-NEXT
アマプラ
dTV
ネトフリ
Hulu×
FOD×
music.jp×
Paravi×
dアニ×
ビデオマーケット×
TELASA×
DAZN×

Netflixはプランによっては4Kに対応していますが、4Kに対応していないプランもあります。

 

VODの視聴方法何があるの?/TVで見る方法

VODの視聴方法は基本的にこの4つの視聴方法があります。

  1. PCのブラウザで視聴
  2. スマホのブラウザ/アプリで視聴
  3. タブレットのブラウザ/アプリで視聴
  4. TVで視聴

この中でTVの視聴は、VODに対応しているテレビを購入するか、セットトップボックスやゲーム機を使って見る必要があります。

それぞれのVODによって利用できるものが違うのですが、ここでは一番おすすめのU-NEXTを視聴できるもの中から人気なものを紹介していきます。

  • Fire TV/Stick
  • Apple TV
  • クロームキャスト
  • Google Home
  • PS4

 

終わりに

というわけで、VODのおすすめ比較などを書いてきました。

VODは非常に便利なサービスですが、その中でコンテンツ、そしてそのコンテンツを見るためのサービスが最も整っているU-NEXTが、1番のおすすめです。

どのVODを利用しようか迷っているようでしたら、この機会にぜひお試しください。

無料体験があるので、安心して試すことができますよ。

31日以内に解約なら費用は一切不要

 

(本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)