【2019年版】VOD/動画配信サービスおすすめ人気ランキング!話題の7つを徹底比較

おすすめVOD比較ランキング

この記事では、おすすめの動画配信サービス(VOD)について紹介しています。

  • VODを探してるけどれがいいのかわからない
  • 口コミやCMで見かけるのは本当にいいのかな
  • 飽きないか心配

こういったことで悩んでいませんか?

VODは返却の手間も延滞の心配もいらない便利なサービスですが、数が多くてどれを選んだらいいか困りますよね。

雑誌などには「自分にあうやつを選べばいい」とも言われますが、そもそもそれがわかりませんから。

そこで当記事では、あなたがずっと使っていけるVODを見つけられるよう、今人気の7社のVODを徹底比較しておすすめを紹介していきます。

2019年最新版のおすすめですので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ動画配信サービス(VOD)ランキングの判断基準

おすすめVODの判断基準

VODを選ぶ際のポイントはコンテンツの満足度です!

VODを選ぶ際、月額料金の安いものを選ぶ方も多いです。

しかし安くても満足できないと、その後飽きてしまって使わなかった・・・なんてことになり、結局損してしまうこともありえます。

ですので、ずっと使い続けられるVODを選ぶなら、コンテンツ満足度を最重要ポイントにするべきです。

 

この記事では具体的に、7社のVODを以下の5つのジャンルごとに比較し、それを総合して判断しています。

1.映画

2.海外ドラマ

3.国内ドラマ

4.韓流ドラマ

5.アニメ

 

一覧にしますと、このようになります。

映画国内ドラマ海外ドラマ韓流ドラマアニメ
U-NEXT
Hulu
FOD
Amazon
dTV
Netflix
dアニメ

 

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

当サイトおすすめVOD(動画配信サービス)ランキング

1位:U-NEXT


動画配信サービス「U-NEXT」

基本情報
コンテンツ14万以上
月額料金1990円
(実質790円)
無料期間31日
総合評価
U-NEXTの特徴
映画(1位)
(5.0)
海外ドラマ(2位)
(4.0)
国内ドラマ(1位)
(5.0)
韓国ドラマ(1位)
(5.0)
アニメ(2位)
(4.0)

まず1位は、U-NEXT。

一番のおすすめはこれ以外考えられません!

 

なぜなら、U-NEXTは全ジャンルのコンテンツが充実している唯一のVODだからです。

5つのジャンルのうち、1位が3つ(映画、国内ドラマ、韓流ドラマ)、2位が2つ(海外ドラマ、アニメ)。

コンテンツ数が多い上に、独占作品などが豊富でコンテンツの質という部分もハイレベルですからね。

圧巻の充実度です。

おかげでU-NEXTがあれば、どのジャンルでも質・量ともに満足することができるんですよ。

(具体的にどういった作品があるかは、こちらから確認してください)

 

また、U-NEXTは新作の配信がスピーディで次々に話題作が見れるのも大きいですね。

VODは、基本的にレンタルが始まった後に配信が始まるので、新作の配信が遅くなりがちです。

そのため、ラインナップがマンネリになって、使えば使うほど満足度が下がっていくことに・・・

最終的には新しいのが見たくなって、VODを利用しているのにレンタルショップに行くことなんてことにも・・・

実際こういう経験があったんです。

でも、U-NEXTを利用するようになって以来、そんなことはなくなりましたね。

U-NEXTは、毎月話題の新作をレンタルと同時、あるいはレンタルよりも先行して配信してくれたりますから。

例えば、

「ボヘミアン・ラプソディ」はレンタルと同時に

「デッドプール2」はレンタルよりも早く

配信が始まりました。

なので、満足度が下がることもなく、ずっと使い続けていけるんです。

当然、寒い日や雨の日にレンタルDVDを返す必要もなくなりました。

 

しかも、これらのコンテンツを楽しめる環境も万全で、コンテンツ満足度をさらに上げてくれています。

  • テレビでも見れる
  • 現在VODの最高画質(4K対応)
  • ダウンロード機能を装備

こういったVODサービスの便利な機能がすべて備わっていますからね。

 

そういった点から「一番のおすすめはU-NEXT以外考えられない」といえるんです。

どのVODにするか迷ったら、U-NEXを使ったら間違いないですね。

miya

無料体験できるから、まずはそのすごさを体験してみて!

 

U-NEXTの月額料金は高い?

U-NEXTの月額は1990円と、少し高めな設定です。だいたい映画館で1回映画を見るぐらいの金額です。

 

しかし、1990円のうち、1200円分はポイントとして返ってくるので、こういったサービスを実質790円に利用できるんです。

・8万以上の動画が見放題

・70誌以上の有名雑誌が読み放題

・キャンペーン中の無料漫画が読み放題

 

またもらったポイントも、こういったお得な使い方ができるんです。

・最新映画2本

・新作漫画1~3冊

・映画館のチケットに交換

 

ですので、U-NEXTの月額料金に比べて満足度が非常に高く、値段が高いと思ったことは1度もありません

 

むしろ映画館で映画1回見る程度の金額でこれだけのサービスが受けられるので、安いとさえ思っています。

 

無料体験で600円分のポイントをもらう

 

2位:Hulu

動画配信サービス「Hulu」

基本情報
コンテンツ5万以上
月額料金933円
無料期間14日
総合評価
Huluの特徴
海外ドラマ(1位)
(5.0)
国内ドラマ(3位)
(3.0)
韓流ドラマ(3位)
(3.0)

 

次に2位は、Hulu。

安いVODの中で最もコンテンツに優れたVODです

 

Huluの月額は税抜き933円と1000円以下の安いVODです。

残念ながら新作映画などは見ることができません。

その代わりに、こういったことを実現させました。

  • 5万以上の動画が全部見放題
  • コナンやハリーポッターなどの一挙配信
  • U-NEXTを超える海外ドラマの充実度
  • 日テレ系ドラマの地上波未公開作品の作成
  • 完全オリジナル作品の独占配信

量だけで言えば、同じ1000円以下のVODであるdTVの方が上です(12万以上のコンテンツ)。

しかし、dTVは音楽動画などに強い反面、映画やドラマなどのラインナップは物足りないものがあるんです。

その一方で、Huluの場合、オリジナル作品、独占作品、日本初上陸の作品などもあり、コンテンツの質の部分で他を上回っています

 

そのため、質・量を総合的に判断すると、Huluが安いVODの中で最も優れていると言えます。

miya

新作映画が見れないことが気にならないならおすすめだよ!

 

3位:FODプレミアム

動画配信サービス「FODプレミアム」

FODプレミアムの基本情報
コンテンツ2万以上
月額料金888円
(実質最大412円以上得する)
無料期間1ヶ月
総合評価
FODプレミアムの特徴
国内ドラマ(2位)
(4.0)
アニメ(3位)
(3.0)

 

3位は、FODプレミアム。

最もコスパに優れたVODです。

 

FODプレミアムのコンテンツは2万以上と、他のVODに比べると少し少なめです。しかし、こういった他とは違った動画が楽しめるんです。

  • コードブルーなどの新しい人気作品の独占配信
  • 踊る大捜査線などのかつての名作の独占配信
  • 今後地上波で配信予定のドラマの選考配信

なので、満足度は決して低くありません。

 

その上、月額料金が888円なのに

  1. 100誌以上の雑誌が読み放題
  2. 毎月最大1300円のポイントがもらえる
  3. 電子書籍すると20%がポイントバック

明らかに月額以上のメリットを受けれるんですよ

(2だけでも月額料金よりも最大412円お得に!それに3を組み合わせると、さらにお得になっていきます。)

 

ここまでコスパが良いサービスは、VODにとどまらず、広くエンタメサービス全体で見ても見当たりません。

そのため「最もコスパに優れたVOD」と言えるんです

miya

FODプレミアムは他のVODと併用するのもおすすめ!使った方がお得だからね!

 

断トツでイチオシなのはU-NEXT!

動画配信サービス「U-NEXT」

 

U-NEXTのおすすめな理由
  • 映画・国内・韓国ドラマが1位
  • 海外ドラマ・アニメが2位
  • 新作のスピード配信
  • 70誌以上雑誌見放題
  • 毎月1200円分のポイント

人気のVODの中でイチオシは、U-NEXTという結果になりました。

全ジャンル幅広く楽しめる、U-NEXTのコンテンツ充実度は非常に魅力ですね。見たい作品がすぐ見つかりますから。

しかも、新作をスピード配信してくれるので、新作・旧作ともに楽しめるのもうれしい。

おかげで、DVDをレンタルしてくるようなことは必要がなく、雨の日や寒い日に返却にしに行くといったことが全く不要になりました。

その上、オフラインでも動画が見れるDL機能もついてるので移動時間でも安心して利用できますし、またTVでも見れるのでリビングで家族みんなで映画を見るといったこともできるので、いつでも好きなときに動画を楽しむことができるんです。

そういった点から、U-NEXTがイチオシといえるんです。

ですので、どのVODにするか迷ってるなら、まずはU-NEXTを無料体験で試してみてください

miya

31日間無料で使える上に、600円分のポイントがもらえるから、一度も使わないのはもったいないよ!
31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

VOD(動画配信サービス)のジャンル別比較ランキング

ここからは、7つのVODを6つのジャンルごとに比較評価してわかった、ジャンルごとのおすすめVODを紹介していきます。

 

映画を見るのにおすすめなVOD

映画に関する1位は、ダントツでU-NEXT!

見放題作品が豊富な上、新作映画の配信速度が本当に速い。

多くのVODは、レンタルが始まって、ある程度たってから配信が始まるのに対して、U-NEXTの場合、レンタルと同時配信のものが多数

中には、レンタルよりも早く配信が行われることもあるんです!

例えば、あの超話題作の「君の名は。」はレンタルと同時配信。

「スタートレック」は、レンタル開始より3週間も”前”に配信されてましたからね。

これは映画好きにはたまりませんよね。

毎月もらえるポイントが、こういった最新作にも対応できる(毎月1~3作品無料で見れる)ので。

レンタル屋に行かずに、すぐに家で見ることができるのは、本当にありがたい。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

2位は、Netflix

Netflixは数はそんなに多くなく、洋画中心にはなるんですが。

でも、結構マニアックな作品が揃えられていて。

大手のVODでは取り上げられていなかった作品なんかにも出会えるんです。

その点、唯一無二の存在ですね。

金曜ロードショーに取り上げられるような作品以外も見たい!

こんな風に思っている方には、おすすめ。

ただ、できたら英語の音声で見れる方に特におすすめかも。

字幕の略が、私の好みとは少しあわないんですよねー。

 

3位は、Amazonプライム

数だけなら、dTVなどに負けるんですが。

Amazonプライムは、意外と新作映画を見放題にしてくれるスピードが速くて。

すぐに見たい!というほどではない作品なんかは、Amazonプライムで待つのも手です。

ただ、結構オリジナリティのあるVODですから。

どの作品が見放題になるかが全然読めないという欠点はありますけど。

 

海外ドラマを見るのにおすすめなVOD

 

海外ドラマ1位は、もちろんHuluです。

もともと海外ドラマに強くて、過去の名作はかなり豊富ですし。

ウォーキングデッド、アメリカンホラーストーリー、24やプリンズンブレイクなどのリアルタイム配信が行われていて、現在の超人気作も日本最速で見ることができます。

その上、Huluプレミアムという、日本初上陸の海外ドラマも毎月多数配信されますから。

海外ドラマファンなら、契約しておくべきVODです。

14日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

次に2位は、U-NEXT

海外ドラマ全体で見ると、一歩遅れをとる印象ですが。

でも、Huluにはない、ここでしか見ることができない作品があるんです。

ものによっては、Huluではまだ配信が始まっていない新シーズンなんかもあって。

ですので、U-NEXTを海外ドラマのメインにすえることはできませんが。

Huluを補完するサービスとして、欠かすことができません。

 

3位は、Amazonプライム

これに関しては、ウォーキングデッドのスピンオフ作品である、フィアー・ザ・ウォーキングデッドを最速で見れること。

少ないですが、独占作品もあることが大きいですね。

ただ、後者に関しては、英語音声、英語字幕の作品があるというデメリットもあるんですが。

まだまだ海外ドラマの規模は少ないので、これからの成長に期待です。

 

国内ドラマを見るのにおすすめなVOD

国内ドラマ1位は、U-NEXT。

ほとんどの局の見逃し配信を見ることができますし、ポイントを使うことで、NHKのドラマなども見ることができるので。

色々な国内ドラマを見たいとなると、質量ともに高いU-NEXTがNO.1ですね。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

次に2位のFODプレミアムですが。

これはフジテレビ系列の作品に限定されています。

でも、限定されているからこそ、過去の作品なんかも積極的に配信されていて、深掘りされている感じがありますし。

また、国内ドラマのオリジナルコンテンツを、最も揃えているのはここですからね。

特化型ではありますが、2位と見るべきですね。

 

3位は、Hulu

国内ドラマの数自体はそんなに多くはないのですが。

最近は、地上波ドラマの最終回後のストーリーを配信するという、Huluを見て初めて完結するといった構成の作品があったり。

スピンオフ作品も多数用意されていたり。

その上、国内ドラマのオリジナルコンテンツが配信されたりしますからね。

もともと国内ドラマが弱点のVODだったのに、徐々に成長が見てとれるんです。

 

韓国ドラマ見るのにおすすめなVOD

韓国ドラマ1位は、U-NEXT。

U-NEXTの韓国ドラマは、作品数自体が多いのが魅力的。

ですがそれ以上に、見放題コンテンツ、ポイントコンテンツともに独占配信作品が多く、他のVODでは見ることができない作品が多いのが大きいですね。

充実した見放題作品を楽しみつつ、そして見たい新作ドラマの配信が始まったらポイントでもって一気に見る。

こういった楽しみ方ができますよ。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

次に2位は、dTV。

dTVも他のVODに比べて作品数が多いので、満足度は非常に高いです。

ただ、他のジャンルと同様、スタンダードなラインナップなため、2位としました。

 

3位は、Hulu。

正直なところ、U-NEXTやHuluに比べて作品数は少ないですが。

全作品見放題で、何度も楽しみたい韓国ドラマ好きな人にとって悪くないというところを評価しました。

 

アニメを見るのにおすすめなVOD

アニメに関しての1位は、dアニメストア。

もう作品数が違うし、値段も月額400円と激安

ワンコイン以下、それこそ月に一回スタバを我慢すればOKな安さですから。

おすすめとか、おすすめじゃないとかそういうレベルではなく、地方に住んでいて、アニメがあまり見ることができない人は、絶対に入っておいた方がいいVODです。

私は過去の見たい作品が本当に多いので、アニメ見るときのメインとして、これを利用していますね。

ちょっと頭が1つ、2つ抜けています。

30日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

2位は、U-NEXT

大手三社の中で、作品数が多いし。

最新作の見逃し配信も多い。

でも、映画系のアニメが、とんでもないスピードで見れる点を一番買っています。

私は、dアニメストアのサブとして利用していますね。

 

3位は、FODプレミアム

フジテレビ系のアニメの過去作がかなり見れるので。

意外と大手のでは見つけられないのなんかもあって便利。

最新作の見逃しは韻の網羅性だと、大手に負けてしまいますが。

でも、過去作を中心に見るとなると、一気に価値が跳ね上がります。

 

7つのVOD(動画配信サービス)のメリット・デメリット

ここからは、いま人気の7つのVODの基本情報とメリット・デメリットについて書いていきます。

 

U-NEXT

U-NEXTのVOD。

コンテンツ数は14万(見放題は9万)以上。

月額は1990円。

【メリット】

・コンテンツ数が日本最大級(約14万)
・雑誌の読み放題も含まれており、1つのサービスでの網羅性が高い
・レンタルよりも早く新作映画が配信されたり、NHK作品が見れたりと他のサービスにはない特徴
・付与されるポイントは、20万冊以上ある書籍や、映画の割引に利用可能

【デメリット】

・月額料金が他のVODと比べて高い
・コンテンツ数は多いが、中には毎月付与されるポイントの利用によってしか見れないものも
・新作映画やNHK作品は、定額の枠外でポイントを利用してみることに

 

 

Hulu

日本では日本テレビが運営しているVOD。

コンテンツ数は5万以上。

月額は933円。

【メリット】

・海外ドラマが充実している上に、次々に配信されるので、飽きが来ない
・国内ドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信に対応
・オリジナルドラマや野球の配信、オンライン試写会など、新しいことにも取り組んでいる

【デメリット】

・スマホアプリが使いづらい(リニューアルによって随分と使いやすくなりました)
・DL機能がない(追加されました)
・映画の新作の配信数が少ない

 

 

FODプレミアム

フジテレビ系のVOD。

コンテンツ数は2万以上。

月額は888円。

【メリット】

・過去のフジテレビ系ドラマやアニメを多数見れる
・オリジナルコンテンツ数が多い(2万コンテンツのうち5000)
・100誌以上の雑誌が読み放題
・経由して漫画・小説を購入すると20%オフ
・毎月最大1600円分のポイントがもらえる

【デメリット】

・海外ドラマ・映画が少ない
・テレビで見ることができない

 

 

Amazonプライムビデオ

AmazonのVOD。

コンテンツ数は3万以上。

月額は325円(年会費3900円)。月額制400円。

【メリット】

・他のサービスが豊富で、コストパフォーマンスに優れている
・フィアー・ザ・ウォーキングデッドを見ることができる
・Amazonのサービスなので、今後の伸びに期待ができる

【デメリット】

・動画のためだけに利用するというのは旨みがないのに、解約が年単位
・コンテンツ数はまだ物足りない
・アプリが非常に使いにくい

 

 

dTV

NTTドコモのVOD(ドコモユーザー以外も利用可)。

コンテンツ数は12万以上。

月額は500円(以下、すべて税抜き金額)。

【メリット】

・日本で最も利用者数の多く、またコンテンツ数も最大級(約12万)のVODサービス
・スマホアプリの操作性が良く、使いやすい
・国内ドラマや音楽ジャンルに強く、中には貴重なライブ生配信なども行われる

【デメリット】

・全ジャンルを比較的満遍なく網羅しているが、ラインナップにあまり特徴がない
・全体的に古い作品が多い
・PCで見たい作品を探すのが手間

 

 

Netflix

NetflixのVOD。

コンテンツは4万以上。

月額は650円/950円/1450円。

【メリット】

・アメリカ最大のVODで、これからの市場拡大に期待できる
・プレミアムプランにすると、4K対応の画質で見ることができ、ド迫力の映像を見ることも
・オリジナル作品の配信

【デメリット】

・コンテンツ数の少なさ(4万ほど)
・バラエティ作品が少なさ
・国内作品をメインに見るのに使うには、心もとない

 

 

dアニメストア

ドコモのアニメ特化のVOD。

コンテンツ数は3万以上。

月額は400円。

【メリット】

・多くのアニメを見ることができる
・アニメ映画やアニメミュージックなども楽しめる
・月額が安く、地方であまりアニメが見れない人の最大の味方

【デメリット】

・アニメだけを見たい人以外は、サブとして使うしかない
・家族と共有というのは難しい

 

 

終わりに

というわけで、VODのおすすめ比較などを書いてきました。

VODは非常に便利なサービスですが、その中でコンテンツ、そしてそのコンテンツを見るためのサービスが最も整っているのがU-NEXTでした。

ですので、どのVODを利用しようか迷っている方が利用するのに、ベストな存在だと思います。

最後に公式サイトへのリンクを貼っておきますので、ぜひそこで無料体験を利用してください。家でも外でも楽しい時間を過ごすことができますよ

 

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません